今日の着物

さて、今日の着物は今週の水曜日と同じ。帯も同じ。
でも、帯は反対側を表にしました。
c0021551_21202377.jpg


この帯の裏は納戸色といった感じのちょっと抑えた紺色。
ナスの模様で、ちゃんとした名古屋帯の生地です。
10年ほど前、セールで生地だけ買ったので、
その後、いろいろ苦労して何度も作り替え、
最後には切って付け帯にしたものの、どうもうまく使えなかった帯です。

さて、この表地は実は端切れ。
新しい布ですが、おそらく売れなかった着物を解いて売っていたのでしょう。
袖でしょうか、同じような柄と長さのものを2枚買いましたが、
そのまま、ずっと置いてあったのです。

さて、金比羅さんに行く予定ができたので、
リバーシブルの帯を考えたとき、頭に浮かんだのはこの2枚の布。
お太鼓部分と前の部分に持ってくるのにちょうど良い長さです。
そしてナスの帯はすでに切り刻まれているので、
足らない部分を補うのに切ることに未練がありません。
開き名古屋帯を作ろうと思ったのですが、
袖布の不足分にナス帯のお太鼓裏の長さがちょうどよかったです。

さて、1泊2日の旅行用に、印象が違っていて、
しかも比較的色が合った2本の帯ができました。
と思ったのですが、この帯を見る限り、どうやら3本分できたようですね。

ちなみに後ろはこれ。
c0021551_2282159.jpg

御所車が菊の花に囲まれていますので、
どちらかというと秋の雰囲気ですが、
まあ、様式的なので、あまり気にしないことにします。

ナスは夏のものですが、
ナスは成(な)すに通じる縁起物だそうなので、語呂合わせに使えます。
今回は望みを成す(金比羅さんへ行きたかった)と言うつもりだったのですが、
使わなかったので、成してませんね(ノ_-;)
[PR]
by yamamotoyk | 2007-04-21 22:17 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2007-04-22 21:49 x
こんにちは。
うまこさんのお着物のアレンジ方法は
発想のひらめき・チャレンジ心があふれていて
目からうころ状態で拝見しております。
若き母の帯が どう頑張っても若干短くて
箪笥の肥やし状態でした。
うまこさんの方法を拝見しながら
思い切って「つけ帯」にしました。
(切る時 勇気が要りましたが エイって★)
見事!私の手におえる帯に変身♪~
嬉しい♪♪♪
GWに締めてお出かけしてみます。
Commented by yamamotoyk at 2007-04-22 23:10
はい、bananamamaさん、ありがとうございます。
私も約10年、失敗失敗の連続でしたが、
このところその結果を糧にして、要領が良くなってきました。
それを披露しているわけですが、
参考にして頂けると、発表のしがいがあります。
いくら大切にしていても、タンスの肥やしでは
大切のしがいがないので、
たとえ惜しくても切って利用できれば、それが一番ですよね。
<< 三味線の会と着物 鉈薬師と伊兵衛織り >>