お稽古着物

さて、名古屋はそろそろ30℃になろうかという気候ですが、
まだまだ空気は熱くないし、
建物や地面もそれほど熱せられている訳じゃないので
暑いのは日差しだけ。
日差しはしっかり黒の日傘で遮って、
下着もしっかり涼しい物に替えれば、着物は今までと同じで大丈夫。
c0021551_17531080.jpg

ただ、本格的な暑さはまだ2ヶ月半も先なので、
(何しろその時期は夜に窓を開けても32℃以下にならないのですから)
麻の長襦袢はそれまでお預けです。
綿レース袖のうそつきに木綿の半襟で、
サマーウールの着物です。
帯は半襟の雰囲気にあったタイヘンプの染め帯。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-05-09 18:11 | 着物 | Comments(4)
Commented by 中村屋ダン之助 at 2007-05-09 19:30 x
5月からお茶を始めたのですが、お稽古はすでに木綿の単衣に袴です。襦袢は衿元の乱れを気にしないですむ「和装Tシャツ(通称大嘘つき」ですよ~。
本来なら5月までは袷なのでしょうが、もう単衣じゃなきゃ汗だく必至です。
Commented by yamamotoyk at 2007-05-09 21:59
はい、ダン之助さん、お稽古楽しそうですね(うふふ)♪~
和装Tシャツ見せて頂きました。あれは良いですね。
女性にも使えるような設計ができればいいな、
と思いますが、お茶室ではないので(?)難しそうですね。

木綿やウールはもともと普段着で
単衣が常識なのでありがたいです。
お稽古も洋服よりマシ、と開き直れば
木綿の単衣もいいですよね。
Commented by uzuz at 2007-05-10 15:21 x
今日はうってかわって、風がびゅーびゅー雷ごろごろ雨がぱらぱらですが、昨日は良いお天気でこちらもとても暑かったです。
本格的な暑さが始まるまで、麻の長襦袢はお預けなどとは、思いつきもせず、とっとと着てしまいました。
白地のサマーウールにヘンプの染帯、涼しげで素敵です。
Commented by yamamotoyk at 2007-05-10 19:51
はい、uzuzさん、ありがとうございます。
昨日は実はわたし的にはとても快適な気候で
真夏もこれくらいだったら
どんなにすばらしいだろうと思ったのですが、
名古屋の真夏がこれでは
日本中冷夏でまた米不足になりそうなので、我慢します。
今は暑さに慣れるよう身体調整期間です。
なので、無理しない程度の厚着(?)です。
それにしても今日はまた寒いくらいになりましたね。
<< そばの蕎麦屋@豊月 衣替え >>