今日のお稽古

今日は唄の先生でした。
そして、唄がうまく唄えるように三味線の弾き方を教えてもらいました。
小鍛治は簡単で譜さえ見ればすぐ弾けるけれど、唄はそうはいかない、
のだそうです。・・・納得。

で、唄もいろいろ教えていただいたのだけれど、
結論は、うまい人をとにかく真似る。これも、納得。

なんだか楽しい。
唄も嫌いで替え手や上調子もいや、という人がいるのだけれど、
本当にもったいないことだこと。
もっとも私は自分が主役で三味線を弾くというより
替え手などでたて三味線(主旋律)に合わせていく方が好きだし、
その段で行けば、唄に合わせる弾き方が好きかもしれない。
時々合わせすぎるというか、唄に引っ張られて注意を受けるくらいだ。
三味線がしっかりしてなきゃ唄えないでしょ、というわけ。
ものには程度があります。はい。

というわけで、今日も若草着物。
もっとも襟を縫い直したので私としては今日もではなく今日は、なのだが、
そんなことは他の人にはわかりっこない。
で、帯は唄う鳥。偶然?いえ、必然。いえ、こじつけ。
c0021551_22101947.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2007-05-23 22:13 | 着物 | Comments(4)
Commented by ぶり at 2007-05-24 00:04 x
おぉ、草原のかなたの水辺には、
フラミンゴが踊って、唄っているのね♪
Commented by uzuz at 2007-05-24 11:21 x
なるほど~
着物を草原に見立てると、いくらでもお話が湧き出てくるのですね・・・
今回も野生の息吹を感じます。
Commented by yamamotoyk at 2007-05-24 19:50
はい、ぶりさん、その通り。
先週に引き続き、今週も野生シリーズ。
先週は草原のヒョウとシマウマ。
今週は草原の此方、インドの蓮池に唄い踊る水フラミンゴ。
Commented by yamamotoyk at 2007-05-24 19:50
はい、uzuzさん、野生の息吹たっぷり、感じてください。
草原のさわやかな風、さんさんと(ぎらぎらとも言う)降る陽。
遠目には見えませんが、
虫喰い補修でできた輪っかは実は太陽かも・・・♪~
<< 歳時記 ホワイトソックス氏負傷 >>