坊ちゃんカボチャのクリームソース・ノンオイル

先週、スーパーで大きめの坊ちゃんカボチャを見た。
オーストラリア産だったが、とりあえず買った。

さて、今日のご飯は何にしましょう。相変わらずぎりぎりに考えます。
あるものは豚肩かたまり1回分。
野菜はと見ると、あら、例の坊ちゃんカボチャがちょっと傷んできています。
すぐ食べなくちゃ。
買ったときに売り場に書いてあった料理を思い出します。
坊ちゃんカボチャをくりぬいて
ホワイトシチューのようなものを入れるお料理です。
ふむふむ。それ良さそうですね。

坊ちゃんカボチャを蓋付き電子レンジ対応容器に入れチンします。

その間、豚肉を薄切りにしてさらにテキトーに細かくします。
炒めるのはくどそうなのでごく少量の湯を沸かし、塩で味付け、
そこへ豚肉を入れ、あくが出たらテキトーに取り、
マカロニとシメジを入れ、豚肉にしっかり火が通って、
マカロニがゆであがるくらいの時間煮ます。
c0021551_21251883.jpg

上新粉を大さじ1強くらいを牛乳少量で溶かします。
ちょっと風味付け(きまぐれ)にアーモンド粉もちょっと入れました。
粉を溶かした牛乳を鍋のゆで豚に入れ、
とろみがつくまでちょっと煮込みます。

電子レンジから坊ちゃんカボチャを出して(熱いので注意!)
蓋を切り取りスプーンで中から種を掘り出します。

シチュー皿に坊ちゃんカボチャを載せ、
中に豚ホワイトソースを入れます。
c0021551_21254985.jpg


でも、この大きめ坊ちゃんは2人分だし(500g)、
中身も入りきらなかったので、半切にして、
残りのホワイトソースを横にのせて完成です。
挽きたて黒こしょうをふります。
c0021551_21272334.jpg


ワインがなくて、日本酒とご飯をあわせました。
カボチャは柔らかくなっているのでお箸で食べられます。
ちょっと塩味つきすぎたと思ったけど、
坊ちゃんカボチャがずいぶん甘くて味付けはちょうど良かったです。
ふつうのホワイトソースと違って油使わなかったし♪~

買ってこいよ、ワイン。 はい、わらって、わらって。
でも、そろそろビールの方が・・・
それにしても家中カボチャの匂いがすごいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-05-25 21:42 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2007-05-26 08:25 x
黒こしょうが決めてですね。いつもおいしそうな創作料理をありがとうございます。上新粉を使うんですね。久々のほーへー塾です
Commented by yamamotoyk at 2007-05-26 18:16
はいしんのすけさん、ありがとうございます。
上新粉でなく小麦粉でも一向かまわないと思います。
たまたま上新粉が残っていて、
お団子作るほど無いし、
消費期限も切れるので使っただけです。
というか、色々買うのに残ってしまう粉を
あれこれ目的外に使ってみているのですが、
案外良いじゃない♪~と思っているのです。
上新粉は米の粉ですから馴染みがあって良い感じです。
次回はライ麦粉を入れようかとか・・・
<< 歳時記 初物ラベンダー >>