蕎麦の一心16

かねがね行ってみたかったのが、蕎麦の一心
やっと、都合がついたのですが、出発が遅れて、時間が・・・

名古屋駅でおあなみ線に乗り名古屋競馬場前で降り、
大通りを東に向かって歩くこと約15分。これでやっと信号2つ。
左に曲がって最初の信号のすぐ手前、
住宅街の中に突如ぽつんと白熱灯がついています。
c0021551_22335218.jpg
平日昼の12時半ですが、店の前に行列が・・・
え~っ時間が・・・でも、すぐでしたけど。
いす席を通り越して一番奥の2部屋あるお座敷に上がりました。

とりあえず、木曽十割ざる。200gだそうです。
(同じ値段でこれが一番多かった)
c0021551_22343754.jpg

おお、結構たくさんありますよ。美味しいですね。いいですね。
おつゆはちょうどよい量です。
c0021551_22363644.jpg

そば湯が出てきました。
ちょうど蕎麦ちょこ一杯の量で残ったつゆにぴったりでした。
このほかにもまだ違った蕎麦があったり、
お昼時のお値打ちメニューがあったり、サラリーマンに人気のようでした。

でも、二時までに栄に行く用があります。あわただしくて残念ですが・・・
名古屋駅からは、タクシーに乗って辛くも間に合いました。
蕎麦食べるのに・・・なにやってんだか・・・
でも、機会があったら、また違った蕎麦が食べてみたくなるお店でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-06-04 22:49 | 蕎麦 | Comments(0)
<< また蕎麦のとう松だ四 けんか猫 >>