ポーラ着物

c0021551_21511910.jpg先週の金曜日から雨模様の天気。
今日も晴れだけど、雲行きが怪しい。
月曜日からとても蒸し暑くなって
昨夜はちょっと寝苦しかった。
しかし、やはり空気はまだ涼しく、
道行き人々は長袖です。

と言うわけでまだ6月なので
わたし的には単衣物のジャンルに
分類しているポーラ(極薄ウール)を
今日のお稽古に着ることにしました。

この着物はつやのないグレーなので、地味~な雰囲気です。
そこで少しでも涼やかに見せる様な帯を選びました。
母のお古で、薄くて締めやすい付け帯です。
帯締めも色々あわせてみます。
最後に帯揚げですが、これがうまくいきません。
同じような寒色では寂しい感じになってしまうのです。
サーモンピンクが合いそうですが、ちょうどよい色のがないので、
白地に黒と黄色の花柄のロングスカーフにしました。
でも、写真ではよく見えませんね。
半襟もあまり出ない方が涼しげですが、
ウールの着物は襟元がイマイチうまくできません。
たぶん繰り越しが少ないんですね。
ま、でも、これでいいことにしましょう。

そう言えば、今年初のメントール化粧水とボディーパウダーを使ってから、
1台だけ出してある扇風機を回しながら、着物を着ました。
でも、まだ寝室の扇風機が出してない・・・
ま、いいか、今夜からは涼しいようだし。。。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-06-13 22:11 | 着物 | Comments(0)
<< 歳時記 ビワの葉酒 >>