今日のお稽古着物

まだ梅雨ではっきりしないお天気です。
おかげで湿度は高いものの気温が低めなのでありがたいです。
着物は麻でも襦袢は木綿で充分です。
c0021551_1922720.jpg

小千谷縮みですが、呉服屋さんの売り出しの際に
いわばおつきあいで買ったもの。
仕立てもそこでお願いしたので衿は広衿、身幅が広め。
中心線がずれてます。
でも、襟元がしっかりきまるのは広衿で衿が厚いせいでしょうか。
後ろもきれいに抜けます。繰りこしが多いのでしょうか。

麻の帯は大塚屋で買った生平で付け帯にしてあります。
結ぶと麻がしわくちゃになりそうだったからです。
鮎の塩焼きの写真を見て墨で描いたのですが、
アユを強調するあまり、まわりの竹串とか笹の葉とか
あまり見えないですね。
帯の前には何もないのと聞かれるので
またいつか気が向いたらもう少し手直しをして
前には鮎釣りの人か鵜飼の絵でも描いてみようかしら。
人は難しそうなので小舟だけでもいいかも・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2007-07-18 19:33 | 着物 | Comments(8)
Commented by すばる at 2007-07-18 21:26 x
帯、描いちゃうんですか、すごいですねー。小千谷縮涼しげです。
先日小千谷で、好きな色と柄の縮みを見ました。見ただけでもいい気分です。

地震から三日目、余震はありますが、ずいぶん落ち着いて来ました。
Commented by yamamotoyk at 2007-07-18 22:29
はい、すばるさん、落ち着いてきましたか。
それはよかったです。
皆さん後かたづけなどでお疲れが出ませんように。

何ができて何ができない、あるいは難しいのか
そういうことが知りたいので
ほしい物は何でも作ってみよう、という気分なのです。
麻は染色も容易、墨で絵を描くのは
なかなか上手くいくということがわかりました。
ただ自分の絵はどうにも好きになれないので
写真を見て書いたというわけです。
いつかは本当の意味で自分で描けたらいいなと思いますが・・・
Commented by bananamama at 2007-07-19 12:21 x
知人とお買い物ついでに大須散策。
骨董市の日でした。
100円帯2本買いました。
①花と蝶の柄がとっても好みですが 汚れがひどい夏袋帯凹
②竹の見事な刺繍ですが コルセットのように堅い名古屋帯凹
友人に「そんなのどうするの?!」と言われつつ・・・
度胸と試行錯誤の末 なんとか使えるようになりました。
一度は 締めると思いますが
その後は自分でどうするのか分からないです~
愛着が沸いてくるのか?処分してしまうのか?

Commented by yamamotoyk at 2007-07-19 20:55
はい、bananamamaさん、よかったですね。
何事もお勉強、お代は授業料。
堅い帯は帯板不要で便利な場合もありますし、
帯がだめなら何にできるかしら、
と考えるのもまた楽しいですね。
Commented by しんのすけ at 2007-07-20 14:03 x
そーかー書いちゃえばいいんだ・・子供に書かせるという手もあるぞ!!
ダックスフンドの帯が欲しい。欲しいけどない。やっと見つけるとすごく高いの繰り返し。そーかそーか・・書いちゃうぞ!!
Commented by ずず at 2007-07-20 19:29 x
懐かしいアユ発見\(^o^)/
Commented by yamamotoyk at 2007-07-20 21:27
はい、しんのすけさん。
絵は描いちゃえば良いんです。
ひょっとするとTシャツをプリントするみたいに
写真だってプリントできるかも!
アクリル絵の具を使えば扱いやすさもOK!
プリントやアクリル絵の具はごわごわしますが
帯なら気になりません。
描きやすい為にはしっかりした生地がお勧めです。
麻とか帆布やシャークスキンとかね。
Commented by yamamotoyk at 2007-07-20 21:29
は~い、ずずさん。
ちょっと久しぶりのアユの笹焼き(愛の囁き♪)でした。
<< 布わらじ 歳時記と台風と地震 >>