アボカド埋めたら・・・

焼け付くような暑さの一日でした。
ここまで暑いと湿度が下がるので単純に暑い~という感じです。
午後ベランダに出ると床は焼け付くような暑さで、
サンダルも熱くて履けなくて
裸足であるくと足の裏がやけどをしそうです。
映画カサブランカの最後で砂漠を歩く足が靴を脱ぎますが、
あれはあり得ないでしょう。
ハリウッドで撮られた映画だから、砂も冷たかったのね・・・
c0021551_2126010.jpg

さて、この画像はまだお昼頃なので、
ベランダに出て外を見てもヤケドしません。
目の前に見えるのはアボカドとしだれ桜。
ともに高さを競っていますが2階のベランダまでは到達していません。
約十年前生ゴミを庭に埋め始めた頃、アボカドのタネも一緒に埋めたので
庭のあちこちから芽を出しどうなることやらと見守るうち
日陰の芽は冬の寒さで枯れ、日当たりの悪い芽は成長せず、
残った一本がどんどん成長して、とうとう、こんなに大きくなりました。
花はまだ見たことがないのでもちろん実も見ませんが、
冬の寒い名古屋でアボカドの実はなるのでしょうか?

欲しいなと思った物をどんどん植えたので
庭はすごいことになってきました。
期待を裏切った木をこの際、文字通り切り捨てようかと思い始めたが、
アボカドはどうしようかしら?
実生のものでは良い実はできないと言うことですが・・・・
虫が付かなくて手がかからないおりこうさんではあるけれど。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-08-10 22:28 | 園芸 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2007-08-11 09:26 x
うま子さんちもジャングルなんですね!!
家も大変なことになっています・・が、ここ2.3年で家の周り3方の畑が駐車場になって、もう1方は道路なので、アスファルトに囲まれることになりました。駐車場というのは、道路より排気ガスが気になります。
期せずして、ジャングルに守られる格好になりました。北側一方は植え込みが薄いので、壁も窓もすごく汚れます。
目隠しと空気の浄化も兼ねてくれるジャングルが大事になってきました。
Commented by yamamotoyk at 2007-08-11 15:10
えぇ!しんのすけさんのお隣が
駐車場というのは読んでいたのですが、
まさか、まわり全部とは、思っていませんでした。
本当にコンクリート砂漠のオアシスなんですね!
建物に囲まれた我が家より(その向こうはビルだけど)
もっとスゴイ状況ですね。
植え込みというのは大切ですね。
シダレ桜ももう少し散髪しようかと思っていましたが
ほどほどにしてアボカドはもうしばらく
このまま(多少は剪定しても)いて頂きましょう。
伐採するのはもう少し小さい木、例えば
全く実を付ける気配のないサクランボにレモン、
場所が狭すぎるコデマリ、花が極小さい椿
色が薄くて木が大きすぎるアジサイ、
日陰になって花が咲かなくなったノウゼンカズラ等
(結構大変そう・・・)
<< きむらさん 歳時記 >>