ノン・アルコール・ビール 2

暑い記事を続けてお読みの皆様に、ちょっと一服。

もう夏も終わろうという今頃、ノンアルコールビール話第2弾です。
実はもっと前に書こうとしたところが
夫が空き缶を処分してしまって、画像がそろわなかったということで、
(ダメ主婦ぶりが露呈・・・)
c0021551_2228945.jpg
最初の記事を書いた時にはブローリーがなかったので、
その後で再度挑戦というわけです。
前回は味の点でポイントワンに軍配を上げたのでしたが、
今回は後ろの原材料を調べました。
それによると味の良かった
アサヒのポイントワンとキリンのモルトスカッシュは
かなり味付けに工夫がされているのです。
美味しいわけです。その分、値段も高くなります。
それに対して、オーストラリアのブローリーとドイツのホルステンは
ビールからアルコールを抜いただけ。
添加物による味付けがありません。値段も安くなります。

さ~、これをどう考えるか。
材料にこだわるか、味の追求にこだわるか。
国産にこだわるか、値段を考えるか。
いろいろな人がいろいろな考え方でいろいろな製品を選ぶ。
これも大切なことだと思います。

私は、工業製品の食べ物を選ぶときは材料の単純さも大切と考えるので
今回は味の点からもホルステンよりブローリーを選びました。
(ホルステン、ちょっと甘いんですよ)
[PR]
by yamamotoyk | 2007-08-23 22:00 | 食べ物 | Comments(0)
<< 処暑の慈雨 処暑だけど・・・ >>