イチジクのコンポート

夕食あとのデザートに食べようとイチジクを買ってきてあったのに、
食べるのを忘れてしまいました。
あらら、傷んでしまったら困るわ・・・

という訳でイチジクのコンポートにしようと思いました。
確か先月買ったNHKの今日の料理に出ていたはず・・・

砂糖を入れた水と赤ワインでイチジクを煮るという方法です。
一応ネットでも調べると
白ワインに砂糖を入れたシロップでさっと煮て漬けておく方法。
さっと煮たイチジクにレモン汁と蜂蜜をかけ30分弱火で煮る方法。

以上3種のレシピがあります。
シロップが無駄に残るのも面倒だし、
家には手頃なワインが・・・と言うか一本もワインがありません
(あら、買ってこなくちゃ・・・)

という訳で最後の方法を選択しました。
c0021551_2232572.jpg


イチジク500gにレモン一個分と蜂蜜140gだそうですが、
量は全部適当です。
落としぶたはベーキングペーパーを切って使いました。

まずイチジクを洗って、鍋に入れます。
沸騰した湯をそっと回しかけ再度沸騰するまで煮る。
煮え立ったら、湯を捨て、イチジクを
なるべく小さい鍋(出来ればホウロウ)に移す。

レモン汁(レモン1個分ほど)かけ、
蜂蜜も適当量(たくさんかけたら甘すぎた)かけ
弱火で30分ほど煮る。
オーブン用ペーパーで落としぶたにすると
吹きこぼれず、煮汁がよく回って良い。
レモンを使うのはきれいな色になることと
酸味を加えおいしくするため。
皮は剥かない。

保存する時はできあがったらすぐビンに詰める。
そうでない時は蓋付き容器に移し冷蔵庫で保管。
(甘くなっちゃったから、ヨーグルトと一緒に食べよう~)
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-15 22:06 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by tanunyaon at 2007-10-16 22:57 x
うまこさん、こんばんは。たぬにゃおんです。とってもおいしそうです(おいしいんだろうなあ)。レモンがポイントなのですね、メモメモ。赤ワインを使わなくてもこんなにきれいな色になるんですねえ。
シソジュースを作るときも、クエン酸もしくはレモン汁がポイントです。色が変わるときは科学の実験みたいですよね。草木染めとかやりたくなっちゃう。赤紫蘇はもう終わったので、青紫蘇で作っています。今年初めて作った梅シロップ、梅2㎏分漬けたのに一人で使ったのにもう終わっちゃいました。それで紫蘇で代用です。うまこさんのお家のお勝手にも勝手に入って、おいしそうな梅シロップ眺めちゃいました。ポカリを入れるのはナイスなアイデアです。
Commented by yamamotoyk at 2007-10-17 09:33
はい、たぬにゃおんさん、ありがとうございます。
レモンがきれいな色のポイントのようです。
つぶせばジャムになりますが
その時もレモンが色と味(酸味)のもととなるようです。
食べ残したイチジクがあれば、簡単で良い方法です。
お試しください。

草木染めは化学実験みたいでうまくいくと楽しいですね。
反対に色が消えちゃったりもしますが・・・
梅シロップ、よかったですね。
紫蘇シロップもきれいでいいですね。
<< 歌舞伎三昧 古武道@熱田神宮 >>