歳時記

c0021551_18372055.jpg我が家の西王母という名の早咲の椿。
まだまだ幼木なのであまり蕾が付きません。
今年は一つだけ、まだまだ硬いと思っていたら、
気づいていなかったところで咲いていました・・・
点々は小鳥さんがつついた跡かしら。

c0021551_18384013.jpg
こちらはサザンカの
白楽天
[PR]
by yamamotoyk | 2007-11-27 18:41 | 園芸 | Comments(4)
Commented by ぶり at 2007-11-27 20:02 x
おぉ、西王母、咲きましたね♪
蜜が美味しいのか、蕾がふっくらし始めた頃から
鳥さんにつつかれてしまうと嘆いている方がいます。
そちらでも、同じようですね。
Commented by yamamotoyk at 2007-11-27 22:08
はい、ぶりさん、咲きましたよ。
椿の花は本当に小鳥さん達につつかれますね。
サザンカはそれほどでもないんですけどね。
(そういえば芯の見えない乙女椿はつつかれないかも・・・)
Commented by at 2007-11-27 22:09 x
 西王母!不老長寿の実が成るという‥(by西遊記)。

 名前の印象はゴージャスですが、可憐な花ですね~。
Commented by yamamotoyk at 2007-11-28 18:35
はい、葉さん、そうらしいですね♪~
孫悟空が西王母の宴会に乱入したのは
3千年に一度実を付けた不老長寿の桃を
食べる宴会だったとか。
この椿の蕾がその実に似ているからだそうですが
蕾に気づかぬうちに開花してしまいました。
<< ひっそりゾロ 谷汲山 >>