お雑煮

まだ松の内ということでお正月ネタで引っ張ります。σ(^∇^;)

今日はお雑煮。
まずはお椀だけ。(蓋は実際には使いませんでしたが・・・)
このお椀も30年ぶりに(やっと)登場ですねぇ・・・・
c0021551_1130866.jpg

お雑煮ネタは全国、あるいは各家庭ごとに違っていたりして
話題になりやすいのですが、
いつも一番つまんないことで有名なのがこの地方。
とりあえず、名古屋は餅菜(小松菜とそっくり)と
(焼いてない)お餅と鰹節しか入らないくて
質素の代表みたいに言われます。

でも、いいんじゃない?
そのかわり、最近の我が家では三日間三食、お雑煮。
ご飯とお汁の代わりというわけで、
そういう意味では便利です。
(あ、3日のお昼は中華風雑煮でしたけど)

それでも、去年からは多少気合いを入れてお雑煮を作ります。
いえ、なに、ちゃんと昆布と鰹節からダシを引いて作るというだけ。
暮れにけずり節の大袋を買って、
(ここで今年は削ってないカツオブシを発見!)
お節料理とお雑煮に全部使いました。

で、基本は餅菜と餅と鰹節ですが
お正月の最初はサトイモとギンナンとかまぼこも入れました。
お昼には鶏を入れたりもしました。
で、私は焼いた餅の方が好きなので、
魚焼きグリルでお餅を焼いていれました。
c0021551_1132371.jpg

三日でお椀は片付けたので、この写真ではいつものお椀です。
今回も餅菜の下にギンナンとかまぼこが隠れていますが・・・

で、ダシを取ったあとの鰹節と昆布は
昆布を細く切って椎茸の煮汁(または醤油と味醂と酒)
で、煮て昆布とおかかの佃煮です。たくさんできちゃったよ・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-05 11:52 | 食べ物 | Comments(3)
Commented by ぶり at 2008-01-06 19:56 x
あっ、お碗に写ってる♪ この椿のお碗、とってもよいですね。

最近、この手の塗り物、法外な値段にタメ息ついて見送ってます。
なんだかんだいって、昔は、値段もほどほどでよいものが供給されていたんだなーと感慨深いです。
(あっ、うまこさん家のお碗が安いという意味ではなく。。。)
Commented by yamamotoyk at 2008-01-06 20:47
はい、ぶりさん、本当ですね、写ってますね、あは。
どうもありがとうございます。
私も今頃しげしげと眺めています。
こんなお椀だったかしらって・・・・(苦笑)
Commented at 2008-01-07 07:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< オアシス21の笑劇場 3ヶ日も着物 >>