かぶら寿しの行方

さて、お正月、私の母方の親戚にはかぶら寿しがあります。
ご馳走になるだけの年もあれば
運良く家まで持ち帰る年もあります。
今年は一部お持ち帰りが可能となりました。(うふ、ラッキー)

で、酸っぱくなる前に家族揃ってぺろりと頂きましたが
付け汁が少し残っていたので、その行方は・・・
c0021551_18243691.jpg

なにという程の物ではないのですが、
ほうれん草やら水菜やら小松菜やらとにんじんの細切りを茹でて、
その上にかぶら寿しの残り糀を乗せて、
ついでにやはり一緒に頂いたじゃこをふんだんにのせて(左)
混ぜれば、どこかに行ってしまっても(右)
これだけの味でおいしく頂けました。

は~、今年のかぶら寿しもこれでおしまい。ちゃんちゃん。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-07 18:30 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by at 2008-01-07 19:12 x
 かぶら寿司というと、金沢でしょうか?
 前に金沢に住んでたとき、同僚に名人がいてよく分けてもらっていました。美味しかったぁ。市販品もいいですが、やっぱり美味しいのは名人主婦が作ったものだったのでした。

 なつかすい~~。
Commented by yamamotoyk at 2008-01-07 22:06
はい、葉さん、そうです。
名人主婦の作ったもの・・・・!
いいですねぇ、そういうの。
それがやっぱいちばん、ですね。
<< 七草がゆ 黒豆の行方 >>