守口漬けではないけれど・・・

ウリなどの粕漬けは奈良漬けという方が通りが良いでしょうか。
名古屋には守口漬けというのがあります。
木曽川河畔の砂地で栽培したきわめて細長い大根を
奈良漬けと同じく、一旦塩漬けにしたあとで
粕に漬けた物ですが、長い期間粕を替えながら漬けるので
白い大根が透明感のある茶色になっています。

ということは、のんびり者には好都合の漬け物です。
大根を塩漬けにして粕に漬けてあったのを思い出して
あぁ、そうそう、もう食べなくちゃと出してきて、刻みました。
c0021551_18301539.jpg

いつ漬けたのか忘れてしまうほど前に漬けたもので
しかも粕を替えるなどとしゃれたことはしてませんが
中までしっかり透明かつ茶色くなって見た目は守口漬け♪~
味はもちろん勝てないし、
歯ごたえも守口大根と比較するとちょい頼りないですけどね。
でも、忘れていてもカビが生えたりしないし、粕漬けは便利~
粕に漬けるのを忘れた塩漬けはカビが生えます・・・σ(^∇^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-23 18:36 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by may at 2008-01-23 20:34 x
私はやっとひのなのさくら漬けに挑戦しました。
お酢と砂糖の分量がよく分からずに適当にしたら
ちょっとお酢が多かったみたい・・・
ラッキョウの時期に素を今度は買っておきます。
でも綺麗なピンク色にできて嬉しいです。
漬物も自分で作ると楽しくなってきました。次は粕漬けも挑戦してみます。
Commented by yamamotoyk at 2008-01-23 22:27
はい、mayさん、挑戦されましたか!よかったですね。
お酢が多かったって事は酸っぱかった?
お茶漬けにはその方が美味しいかも♪~
粕漬けは意外に簡単です。
一発勝負でないので甘さが足りない時はまた砂糖(ザラメ?)を
足せばいいと言うことで・・・・
なんでも試行錯誤、最初から巧くできないからこそ、
おいしくできると嬉しくなります。
これに懲りずにどんどん作っていけば
mayさんが私の年になった時には
漬け物大名人になってる(^_^)v わ~い!
<< 今日のお稽古 旧正月は2月7日 >>