東坡肉(トンポーロー)

近くのスーパーにアメリカ豚の皮付きバラ肉がありました。
ふと思いついて買ってみました。

せっかく皮付きのバラ肉ですから豚の角煮がいいですね。
東坡肉(トンポーロー)かラフテー(沖縄風)を作ろうと思います。
ネットで作り方を探して、どちらにしようかしばらく悩んで
いいとこ取りをすることにしました・・・・・
c0021551_2295746.jpg


1)鍋に入るように3つに切って1時間ゆでました。
申し訳程度のネギと、ショウガはチューブショウガをちょっとだけ(^_^;)

2)鍋から出して醤油を表面に塗ります。
垂れた醤油はゆでた湯を少し捨てた後の鍋に入れておきます。

3)表面をペーパータオルでさっと拭いて
油で揚げます。(ここが中国風)
と言っても本格的な油揚げはいかにも大変なので
多めの油で表面を焼く感じですが結構大変でした。
なかなか焼けない割には油がはねたりはぜたり、
その辺が油でべとべとに・・・・・(^_^;)

4)紹興酒も泡盛もないのでホワイトリカーでも使うか・・・・
茹で湯の一部に醤油とホワイトリカーと日本酒とみりん、
五香粉(ウーシャンフン)オイスターソース
そして黒糖(ここが沖縄風)を入れて2時間とろとろ煮る、
というところですが、ここで時間終了。
あとはシャトルシェフに入れておきます。

5)次の朝1時間とろ火で煮ます。ここで出勤。
あとは仕事から帰って1時間煮ます。

6)ところで、野菜は何にしよう?気分を変えてジャガイモでも。
というわけで、残り30分でにんじん、ゴボウ、小ジャガイモ。
さつま揚げも一緒の鍋にいれちゃおうっと。

完成!(お得意の一皿料理・・・・)
c0021551_228489.jpg

う~ん、おいしぃ!
皮はとろとろ、肉はほどよく軟らかく、
ちょっとだけ中華風の風味(ウーシャンフン)で
野菜もほどよくできていました。
ごっつぉさま~
[PR]
by yamamotoyk | 2008-03-18 22:32 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by すばる at 2008-03-19 10:20 x
皮付き、手にはいらないんですよねー、この辺りでは。沖縄へ行ったとき買って来るしかないかと思っていました。
皮がよく煮えてむっちりしたところがないと、味半減、と思います、
皮があれば長時間煮てもくずれないし。

朝からおいしい映像ごっつぉさまでした~
Commented by yamamotoyk at 2008-03-19 18:13
はい、すばるさん、楽しんで頂いてありがとうございます。
イオン系列のスーパーですが、
時々アメリカ豚のめずらしい部位を販売します。
本当に皮付きで初めてわかるおいしさですね!
養豚業者から直接買うとか、
肉屋さんに注文するとかはいかがでしょうか?
鶏の丸のままは年末になると鶏屋さんに頼みますが。
<< 本日の着物 梅は~咲いぃたかぁ~ >>