昼夜帯

さて、今日のお稽古は唄の先生でした。
小鍛治の唄と吾妻八景の唄です。
これでいよいよ吾妻八景も終わりです。
なんだかとても残念。とても好きだったし、
あともう少しで暗譜で弾き唄い出来そうだからです。
ま、あとは自分でちまちま練習しましょうか。

4月からお稽古の時間が遅くなったので
午前中なんとか時間が取れて昼夜帯が完成しました。
c0021551_21512592.jpg

表の赤い縞布は、自分で買った帯。
と言っても、実は半幅帯で途中に縫い目があるのです。
でも、お太鼓で締めたかったので、赤い帯に縫いつけてあったのですが
とても重くて使いにくく、ほとんど締めずにしまわれていました。

最近それをなんとかしようと解いてあったのです。
黒い方は喪服用の九寸名古屋帯の反物。
芯を入れて仕立てるのも面倒だしと、長らく箪笥の底にいました。
ふと、芯なしで赤い縞帯とミシンで縫い合わせるだけなら
とても簡単だと思いついたのです。
とんぼさんの昼夜帯のアイデアに感謝です。
しかも帯地の適度な張りが芯の代わりになります。
という訳で早速、今日のお稽古に締めていきました。
c0021551_21594356.jpg

先の引っかけで結ぼうとするとあまりにお太鼓部分が長くなってしまうので
普通の引き抜き角出しで結びました。
とても良い感じに出来ました。
これなら帯締め無しでもサマになります。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-04-23 23:02 | 着物 | Comments(6)
Commented by メイ at 2008-04-24 13:03 x
素敵な帯になりましたね!鮮やかな色がキレイ~。
Commented by ずず at 2008-04-24 15:17 x
きれいな帯ですね~
いつも思うのですが、この大量の帯や着物を
どのように収納してらっしゃるか、興味津々です。
そのうち収納のアイデアもお教えくださいませ。
Commented by bananamama at 2008-04-24 17:17 x
あやめ 杜若 花菖蒲~のような色あいですね(^^♪
すてき~♪
Commented by yamamotoyk at 2008-04-24 18:54
はい、メイさんありがとうございます。
まだ着物に目覚めたごく初期の頃
この色に引かれて衝動買いしました。
(と言うほど高価ではありませんでしたが)
これでやっと、使いやすくなりました。
Commented by yamamotoyk at 2008-04-24 19:01
はい、ずずさんありがとうございます。
収納、悩みの種です。箪笥の一段に押し込んで
いよいよすき間が無くなり・・・
http://umacco3.exblog.jp/3415426/
夏物(主に浴衣)は洋服用の別の棚を占拠中。
そのせいで骨董市も着物展示も布地屋さんからさえも
足が遠のいているのです。
それなのに、あぁそれなのに
新しいこの方法(織り帯で腹合わせにする)で、
手持ちの布を帯にしようと画策している・・・
どうするのだ・・・
(ま、手持ち布だから置き場所が変わるだけだけど)
Commented by yamamotoyk at 2008-04-24 19:04
はい、bananamamaさんありがとうございます。
この黒い部分で全体が引き締まって
とても良い感じに見えます。
写真ではよく出なかったのですが
帯揚げは抹茶色、半襟は水色と緑で
大成功の色コーデになりました。
<< 歳時記 古くて新しい三味線 >>