漆工芸

さて、高校の同期生が自宅において漆工芸展を開きました。
5月2~6日なので今日行きました。
とっても暑いので今日はポーラ。
サマーウールよりもう一段薄手のウールです。
この時期限定の帯に鯉の帯止め。お池の半襟。
ズバリ池の鯉ですが、鯉のぼりもにもあやかっています。もちろん。
c0021551_2230344.jpg

さて、昨日は初日ということでお客さんが押しかけたそうですが
今日は私の前に一組いただけで
その人達が帰ったあとはとうとう座り込んでおしゃべり。
芸術論から三味線の皮と漆ぬりの牛革の共通点とか、
螺鈿に使う貝の話から、鰆の異常な大漁。輪島のおいしいお魚。
東谷山の古墳から桶狭間、鳴海一帯の古墳、云々・・・
はてはお菓子にお料理まで。ふと気づく夕暮れも迫っています。

だから漆器の写真はありません・・・撮るの忘れました。

7月には東京の有楽町のギャラリーで一般向けの展示会があるそうです。
近くなったらまたお知らせしますので
お時間があれば寄ってみてください。
得意技は木地蒔絵なので、そんなものも面白いと思います。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-05-03 22:26 | 外出 | Comments(4)
Commented by ぶり at 2008-05-04 22:54 x
木地蒔絵、ぜひとも拝見したい♪ ご案内よろしくお願いいたします♪
Commented by yamamotoyk at 2008-05-04 23:08
はい、ぶりさん。是非おいでください。
今回はホトトギス(花)の木地蒔絵のえ~っと
ものは何だったっけ、忘れましたが
50cmくらいの置物と
猿の壁掛け絵がありました。
この辺りのものは見るだけですが・・・
ン十万なので・・・
ちっちゃくてかわいい額絵はテントウムシ、雀
南蛮(とうがらし)、メザシ・・・いろいろありました。
奥様作の装身具(漆です)も色々・・
木地蒔絵のスズメの帯留めは売却済みでした・・・
乾漆のぐい飲み、
(これは外国に行ってもひびが入らないのだそうです)
をじっと見るだけ・・・してきました。
丸いお重もいいねえ、という話もしました。
手入れが楽だから・・・
四角より丸の方が作るのも楽なんだそうです。
Commented by 花兎 at 2008-05-05 19:06 x
その方(だと思うのですが)の個展のチラシを去年拝見しました。
すてき、いいなー、と思っていたのですが、日程が合わず・・・
名古屋での展示会もありましたら、また教えてください。
Commented by yamamotoyk at 2008-05-05 19:33
はい、花兎さん、多分名古屋では
あまり一般にチラシを配っていないかと思いますので
違うかもしれません。
鳴海の山の上(アピタの近く)なので、
ちょっと交通が不便ですが、
年に2回ほどあるはずなので、次回お知らせします。
<< 歳時記 初夏の縄張り >>