バテイック・スカート

さて、先日仕事の帰りに大須に寄りました。
なんだか久しぶりであちこち寄ってついつい買い物を・・・

三味線屋さんの向のエスニックのお店にも。
あら、バテイックやエスニックな布地で
浴衣と甚兵衛さんが作ってありますよ・・・
んんん微妙だけど・・・・

やっぱり二階へ足が向きバテイックの棚に目が行きます。
手描きバテイックの安いものと高いものがありますが、
その横にリーズナブルな値段でバテイック+プリントの布。
あまりバテイック風な柄ではないけど、
インドネシア製のラベルが貼り付けてありますね。

               こちらが表で、
c0021551_21432935.jpg


               こちらが裏です
c0021551_21461311.jpg


藍色の部分はちゃんと裏まで通った染めになっています。
表はそれにうす青の縞模様がプリントがされています。

薄手で目が詰まっていて、しなやかないい感じの木綿です。
あまり帯という感じではないので、
今年の新しいスカートにしましょう。

さて、サーキュラースカートがとても気に入っています。
1950年代に流行ったスカートですが、
小学生の私には高嶺の花で・・・・・
ちびまる子ちゃんを想像してください。わかるでしょ?
それで、今頃になって何枚か作ったのですが、
欠点は布地がずいぶん無駄になるということ。
そこでなんとか布を無駄にせずに
似たような形にならないかと、色々考えて作ったのがこれです。
c0021551_21554415.jpg


さて、どうやって、布地をめいっぱい使ったかというと
c0021551_22463072.jpg

これが裁断図です。

そして、それを縫い合わせたのが、下の図。
ただ、図は一部だけを表示しました。
なぜなら、ぐるり丸く表示するのは立体で、できないからです。
c0021551_23291655.jpg

図がうまく描けなくてごめんなさい。
c,d,e,fの長方形の布は長さ65cm、膝下くらいの長さです。
この長方形の布の間にg,h,i,j,kの△の布が挟まります。
a,b,l,mの細長い布を長くつないで、裾のフリルにしました。
それほど長くはないのであまりフリフリしません。
ほんのり裾が開くぐらいです。
もとの布の短い方の巾は、私のヒップと約同じ長さです。
つまり、完成したスカートの穴はヒップのサイズ。
そこにゴムが通るようにすれば、
楽にはけるウエストゴムのすっきりフレアースカートの完成です。
切り取ったのは△の端の方少しだけ。
ほとんど無駄なく布が使えました。
ただ、円錐形のセミサーキュラースカートと違って
四角と三角の組み合わせなので△のところに
フレアーが集まってしまうのですが、
模様が複雑なのであまり気にしないようにしましょうか。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-06-22 23:09 | 手芸 | Comments(4)
Commented by しんのすけ at 2008-06-24 14:26 x
かなり前に同じようなことを考えて作ったことがあるけれど、なかなかややこしかったです。あれ、どこにしまったっけ??
ティアードより腰周りがすっきりしていいですよね。
昨日私も大須で、あの甚平と、浴衣を見てのけぞって来ました。
ニアミスですね!
Commented by yamamotoyk at 2008-06-24 22:30
はい、しんのすけさん、着物と接していると
なんとか布を有効に利用しようと考えますよね。
どこかにしまったということは
完成しなかったか、完成してもお気に召さなかったか、
はたまた、あまりに昔でもう着なくなったか・・・・

ギャザースカートやティアードスカートは
確かに腰回りがね・・・・
細長い人にはいいんですがね・・・・
それもあって、
最近はすっきり円錐形のスカートにはまっています。

うふふ、バテイック浴衣にのけぞりましたか。
私もちょっとぎょっとして・・・
どこが悪いのかしばらく立ち止まって
改善点を考えましたが・・・
着付け方かな?とか・・・
でも何も思いつきませんでした。
Commented by しんのすけ at 2008-06-25 18:56 x
太ってスカートが似合わなくなってしまったので、しまいこみました。
痩せたら着ようって・・・あれから何年・・・
Commented by yamamotoyk at 2008-06-25 21:18
そうですか、しまい込んで何年も経ったのですね。
私の場合、ギャザースカートがどうにも似合わなくなって
お気に入り3枚がお蔵入りして、20年。
3年前、めでたく復活しました。
痩せたわけではありません。
着方を変え、かつ
ちょっと太めでも良いかなという年代になったので
現在の年齢相応の着方にすべく復活させたわけです。
ただし、どうにもウエストが入らない1枚は
巻きスカートに作りかえ、
ウエストゴムの2枚は化繊の裏地を切り取り
木綿のアンダースカートを合わせて快適にしました。
<< 内野薫漆芸展@東京・銀座 カレイの揚げ煮もどき >>