長唄大会

2月27日の日曜日は長唄大会に行ってきました。
我々はこの大会には出ないようです。
第1部は先生と生徒さんが出ています。
第2部は先生方の演奏です。
金山の市民会館中ホールで10時30分から6時30分頃まで。
一番最初は今習っている松の緑なので、模範演奏を聴こうと最初から行きました。

長唄の発表会というのははじめて見るので、珍しいことばかり。

舞台の上に赤い毛氈をかけた台が作られ、
その上で正座して演奏します。後ろは金屏風。
人数が多いとおひな様のように何段にもなります。
最前列はお囃子。笛や太鼓ですね。
唄の人は譜面台を前にしますが、三味線の人はありません。
先生は黒紋付きで帯は銀系が多いです。
黒無地の人や留め袖のような裾模様の人もいます。
生徒さんは多くは色無地ですが、訪問着の人もいました。
1人だけ白地にメロングリーンの熨斗目模様の女性がいました。
若い美人でかっこよかったです。唄うまかったし。
グループによっては同じ色や同じ模様、同じ帯締めに統一していました。
(お金かかりそう・・・)
男性は袴姿ですが、長着だけのように見える人もいました。
笛の人は長い笛と短い笛を1人で使い分けていました。
お囃子の人は演奏していない時は袴の中に手を入れていました。
大鼓の人は演奏のたびに鼓を持つ手に袂を掛けて隠します。
どうも手が見えるのはまずいことのようです。
唄をうたう人は前に置いた扇子を手に持ちます。
女性は膝の上に置きますが、男性は扇子の先は下に付いたまま。
いま誰がうたっているのかこれでわかります。
締太鼓は両手を前にならえの状態にしてたたくので、
女性がするとある意味かっこいいです。(芸者さんみたい・・・)

だんだん難しい曲になっていくようで
ラスト2番目は超絶技巧(?) ひょっとしてあの人って・・・

最後は159人の総出演。なかなかの迫力でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2005-03-01 19:22 | 三味線 | Comments(0)
<< 三下がり 春? >>