バナナに挑戦2

さて、冷蔵庫を開けると料理用バナナの束に出くわしました。
c0021551_19441785.jpg

牛筋と牛ハツ(心臓)のパックも変色している。
牛すじと言ってもここのお店のは最近ほとんど筋はなく
値段の安い牛肉(すね?)として食べられる。
ただ、脂をこそげ落とすので、手間ですが・・・

とりあえず、バナナの皮を剥きます。
今回のは普通のバナナのようには剥けません。
料理用バナナの方法で剥きましょう。
つまりある程度に切って(もっと硬い時は薄切り)
皮に切れ目を入れて剥くのです。
c0021551_19443329.jpg

乱切りにして、ニンニク、タマネギ、セロリ、マシュルム
そして一口大に切った牛(すじ肉とハツ)も一緒に油で炒めます。
c0021551_1946371.jpg

何となくタマネギとバナナが透明になったら
トマトの缶詰を入れて塩(スモーク塩とクレージーソルト)。
そう言えば、隠し味程度のカレー粉も使いました。
c0021551_1948948.jpg

ほどほどに煮込んで完成。タバスコと粉チーズをたっぷり。
ワインの代わりにビールと田舎パンで、いっただきま~す!

今日のバナナは全然甘くない(よくよく味わえば、多少甘い)
堅めのお芋(サツマイモ?)って感じ。
違和感なし。但し特徴もなし。
わざわざ料理用バナナを買って作るほどの物でもなし。
ただ、バナナの産地に行けばこういう料理も良いよ、
と言う感じですね。

さて、こそっと私の料理という物に対する考え方を書こうと思います。
料理とは・・・・
より健康に生きるためは、各種食材を食べるを必要があるのですが、
それをなるべくおいしく、食べやすくするため加工すること。
ただ近年になって開発された化学薬品は効果が定まらず、
アレルギーその他の危険もあるためできれば使いたくない。
さらに、微量栄養素も摂取したいので
変わった食材、珍味とか山菜などの季節限定品、
さらに言えば、他地方の生活の必要に迫られたときにも
とまどい無く食べ物にありつけるよう。
さらに言えば、より経済的に安く暮らせるよう。
もっと言えば、大量に食材にありついたときに食材を無駄にしない方法。
そんな状況も想定した工夫が料理です。

アイデアをひねり出すため、他人のレシピや
食材の現地のレシピ、プロの料理人のレシピも参考にしますが、
それらを再現することが目的ではなく、
むしろそのような料理法が存在する目的、メリットを考え、
現在の自分の台所事情にあった方法に改良するのが目的です。

以上のような状況は誰にでもあり得るので
そんな場合を想定して参考にしていただけると嬉しいです。
じぶんの工夫を忘れないためのメモだっちゅうのもありますけどね。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-07-17 19:52 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by ぶり at 2008-07-17 22:34 x
このバナナ入りトマト煮込み、うまこさんらしい手順♪
そう、未熟バナナを使った料理は、澱粉質の芋と同様の料理ができます。
学生時代に試せる食材は片端から試したことがありますので。

うまこさんの考え方は、どちらかと言うと、食材の加工に近い雰囲気があるかも。
私は、手元にある食材の組合せから出来上がりのイメージを完成させて、
おもむろに調理に取り掛かるタイプですので、作り始めたら迷わないっす。
これの利点は、味見をほとんどしなくても、出来上がったものと、
頭の中でイメージしたものとに、それほど差がないことでしょうか。
Commented by yamamotoyk at 2008-07-17 22:40
食材加工。なるほど。
今の私がやっていることは、そう解釈できそうですね。
<< 夏の対策 今日の着物 >>