今日のお稽古

今日は東京のお師匠さんのいらっしゃる日。
という訳でもありませんが・・・
c0021551_23334510.jpg

縞の小千谷縮みに絽綴れ(風?)帯
模様をさざ波と読み替えて鮎の帯止め。
ところがあとでアップで撮った写真を見ると・・・
なんと鮎が逆立ちしていた・・・(T_T)
何せ時間がなくてこれは家に帰り着いたあとの写真。
かなりよれてますね・・・
右の背中に皺が寄るのは右肩が下がっているのもあるでしょうか。
三味線を弾けば、ますます左肩が上がって
右肩が下がる癖になりそうです。

今日は小鍛冶の絵本の絵が出来てきて
皆で舞台の背景にする絵を選びました。
楽しい舞台になりそうです。

また三味線と唄のこまかい指摘がされました。
長い合方では私の替え手のテンポが慌てていると
2度も指摘を受けました。
焦ってスタートを切らないように注意注意です。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-06 23:42 | 着物 | Comments(8)
Commented by bananamama at 2008-08-07 19:09 x
着物を着ての演奏って 筋力勝負なんでしょうね・・・
着付けの方法は、基本+αがあるんでしょうか・・・
着物を着て歩くだけで 普段より肩や足が張る私zzz
Commented by のんこ at 2008-08-07 19:15 x
ワタシも 筋肉痛になったりします。歩き方が変わるのかしら?
Commented by yamamotoyk at 2008-08-07 23:16
はい、bananamamaさん
三味線はもともと三味線を着ていた時代の楽器ですから
着物を着ている方が演奏しやすいです。
腰紐と帯で腰が安定するし
洋服の袖より着物の袖の方が腕が自由です。
正座の時の膝の巾も
着物自身で押さえてくれるので
下半身の力がいりません。

着物を着て肩が張るのは
変な力が入っているからでしょう。
肩や上半身の力を抜いて
いわゆる腰が据わるという感じにできるといいです。

足は時々歩き方を歌舞伎役者風に
同じ側の腰と足と腕を同時に前に出す歩き方で
ちょっと腰を落として膝から下で歩く感じにすると
着物風の筋肉の使い方になります。
すぐには難しいので時々練習するといいですよ。
Commented by yamamotoyk at 2008-08-07 23:25
のんこさん、足さばきが悪かったりして
案外足の筋肉が洋服と違うところで
力が入っているのかも。

着物は要するにコスプレなわけで、
つまり着るだけでなくて
動作もコスプレしないと完全じゃないというか
車に乗るには車の運転を覚える必要があると同じに
着物の着付けだけでなく
着物を着て動く方法も(運転技術に相当する?)
きっとあるんですよ。

一番わかりやすいのは歌舞伎役者(女形)かも。
現代物の時代劇は洋服動作をしているから
真似しちゃいけない。
真似するなら戦前の時代劇。
ちょっと研究してみてください。

手っ取り早くはちょっと腰を落として膝を少し曲げて
同じ側の腕と足を同時に出してしゃなりしゃなり。
これをすると身体をねじらないので
いわゆる足さばきがあまり関係なくなります。
Commented by fuuki-no-botan at 2008-08-08 10:03
着物を着たほうが三味線の座りがいいですよね
あたしは着物を着ると肩こりが和らぎます(笑)
Commented by bananamama at 2008-08-08 18:22 x
貴重なコメント 有難うございます。
着物を着ている時 力んでるように感じでどことなく不自然です凸凹
どこに力が入っているのかさえ分からないです。
今日は、お稽古で「何事も気長におやりなさい。」と
先生に言われました。
習うより慣れろ・・・って事なのかしら?と思い直し 
少し肩の力が抜けた感じがしました。
「和」の道は遠い~けれど、魅力的です(#^.^#)
頑張ります♪
Commented by yamamotoyk at 2008-08-10 22:27
はい、ぼたんさん、そうですね。
三味線はたしかに着物を着たときの方がすわりがいいですね。
着物を着ると肩こりが和らぐと言うことは
洋服の時はきっと肩肘張って頑張っていて、
着物を着ると身も心もリラックスできるんでしょうね♪~
Commented by yamamotoyk at 2008-08-10 22:29
はい、bananamamaさん、
習うより慣れろは確かに着物の場合はあると思います。
まだきっと着物を着ると緊張されてるんですよ。
お稽古になるとさらに緊張が増すので、大変ですね。
でも、その緊張もきっと心地よい物になっていくと思います。
楽しんで着てください♪
<< 高校同期会 歳時記 >>