秋の味覚 M

もう一つ。昨年覚えたナマの栗。
今年もうきうききものの離れ家さんで栗の記事を見つけて
あぁ、もうそんな季節かと思っていたら、
野菜売り場で見つけました。茨城産の栗。
これも写真を撮るのを忘れて、処理しちゃいました。
最近写真の撮り忘れが多いですね、反省。

で、半分は栗ご飯にして、残り半分を砂糖煮にして瓶詰めにしました。
今日はふとそれが食べたくなってビンを開けました。
c0021551_18563559.jpg

アイスクリームの横に甘く煮た栗です。
保存用の砂糖濃度(栗の半分強)なので甘くて美味しいです。
栗ご飯の栗はあまり甘くなかったので、
甘めに煮ておいてよかったかも。

この時は、あまり時間がなかったので
買ってきた栗をとりあえず、鬼皮(固い皮)だけむいて
水に浸けておき、翌日時間がある時に
皮むき(普通のピーラー)で渋皮を剥きました。
熱湯に10分ほど浸してから渋皮を剥けとか書いてあるけれど
ピーラーも簡単でした。
ひたひたの湯に栗を入れてしばらく煮た後、
栗の重量の1/3~1/2の量の砂糖を入れて
ほとほとと30分ほど煮ましたがちょっと長く煮すぎたかも。
全部で30分くらいで良いかな?
だったら最初5分煮て砂糖を入れたら25分とか。
次回(多分正月用)はそんな感じにしてみようかしら。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-09-12 19:08 | 食べ物 | Comments(0)
<< 立体だまし床絵 秋の味覚 I >>