中日芸能発表会

さあ、とうとう本番の日がやってきました。
昨夜の内に三味線の糸を張り替え、
折りたたんでケースに入れてあります。
着物も一度試着して、小物も準備してあります。

朝起きると台風一過、とても良いお天気です(わ~い♡わ~い)
朝起きて、いつもの週末よりやや早めの朝食をとり、
こんな良いお天気なので、ためておいた浴衣2枚を洗って干します。
朝のいつもの洗濯物は夫が干してくれました(感謝♡感謝)

2人分のお弁当(おかずだけ)を作り
自分の顔も作り・・・・着物を着ると、はや出発予定の時間です。
さめたおかずをサランラップに包み冷凍庫からパンを出しお弁当完成。

楽屋に着くと、おや、もうお弁当を食べている人がいますね。
おはようございます。お願いします。の挨拶の後
とりあえず、三味線を組み立ててから、
隅でお弁当を食べますが、なんだか落ち着きませんね。

先生方も到着されて、
三味線の糸の調子を見ていただいたりと色々忙しいです。
全員そろって、三味線の調子もそろい、譜面台も組み立てて
さあいよいよ、最後のお浚いです。
お化粧をなおしたり、トイレに行ったり、
象牙の駒に替えた方が音がいいと言われ、貸していただきます。
そんなこんなで時間になりました。

中日劇場の舞台です。天井が高いこと。
回り舞台のうしろに私たちの台があってそれに乗ります。
前の人たちが終わったところでいよいよ台が回ります。
おっとっと~!回ると次は少し前にせり出します。
幕はまだ下りているので客席からは見えませんが。

いよいよ幕が上がります。真っ暗です。スライドはついたのでしょうか。
私たちの周りも明るくなって拍手が聞こえます。
c0021551_16485234.jpg

わぁ、こんな風だったんですね。
家に帰って写真を見て初めて分かりました。
後ろのスライドが次々と変わっていきますが、
私たちには全く分かりません・・・・
c0021551_1651343.jpg

とうとう、刀鍛冶の宗近(むねちか)を助けるために
お稲荷様のお使いの狐が変身していた童子が
刀が完成したので飛んでいってしまうところになりました。
私たちの演奏もいよいよおしまいに近づきます。
c0021551_16545869.jpg

文を書いた作者とスライドの絵を描いた作者も紹介されました。
おつきあいいただきまして、本当にありがとうございました。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-09-20 17:07 | 三味線 | Comments(4)
Commented by may at 2008-09-21 14:18 x
お疲れ様でした~
舞台の写真、かっこいいですね~曲が流れないのがとても残念!
こういうときの着物は色とか、色無地で袋帯とかやっぱり指定されるのですか?

Commented by やるまいぞ at 2008-09-21 20:51 x
お疲れ様でした♪小鍛冶、私も好きな能のひとつです。

着物は・・一張羅だったりいろいろでしょうね。あんまり一人だけ目立つ、なんてことはないように・・だけど?
Commented by yamamotoyk at 2008-09-21 23:42
はい、mayさん、ありがとうございました。
家に帰り着いた途端、どっと疲れが出ました。
相当、緊張していたものと思われます。

着物は通常、色無地以上で、
先生方は黒紋付き(襲ね無しの留め袖)が通常で、
その会の申し合わせによります。
長唄は2クラスあって一年交替ですが、
もう1クラスは全員おそろいの無地を着ていました。

前回、皆自前の色無地(先生方も)で、
観客の評判が良かったので
今回も先生方は黒を着られませんでした。
写真では色はよく見えませんが
全員違う色で結構綺麗だったんじゃないかと思います。
前で本を読まれた先生が一番鮮やかな青でした。
Commented by yamamotoyk at 2008-09-21 23:47
はい、やるまいぞさん、ありがとうございます。
小鍛治は物語として
とてもよくまとまっていていいですよね。
長唄では易しい曲という扱いのようですが・・・・

着物は私たちの教室は結構自由で楽しいです。
こまかい取り決めのあるところが
ほとんどのようですけどね。
<< 中日芸能発表会の着物 直前リハーサル >>