2007年 11月 02日 ( 2 )

富樫帯

大塚屋さんで見つけた歌舞伎柄の布。
大須のエスニックグッズ屋さんで見つけた手描きバティック布。

この2枚の布でリバーシブルの帯が出来ました。
帯の前が勧進帳の富樫なので
名付けて富樫帯。
c0021551_22101190.jpg

こちらはちょっと怖い顔つきの鳥と花。
c0021551_22104880.jpg
このバティック布は同じデザインの物が数枚あったのですが
皆模様の形が違うのです。
たとえばポチポチがただの点だったり
この布では小さな花になっています。

手描きではありますが、模様が少ないためか、お手頃価格だったので
とりあえず買っておいたのが役に立ちましたね。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-11-02 22:43 | 和装製作 | Comments(4)

悪戦苦闘

さて、三味線屋さんに言われたことをちょっと復習。
c0021551_21425442.jpg
いつもこんな感じで撥尻が上がっているのかしら?
でもって、
c0021551_21434631.jpg
こんな風に、下げるといいということかしら?

でもって、私の撥は上の平らなところが斜めにすり減るのですが、
c0021551_21454342.jpg
もっと横が減らないといけないのかしら?
たしかに大先輩のお仲間さんの撥は
まあるく減っていました。つまり上の平らな部分だけでなくて
横も同じくらい減っていたんですね。

ま、でも、皮を張り替える前(1年目)は
撥が撥皮でないところ、枠とか、枠の外とか・・・(^^;)にあたって・・・
それを思うとこの2年間は撥皮の中に当てようと思って、
当たっただけでもいいかな、とか。
これからは、撥の横が減るように
つまり、撥尻が下がるように気をつけてたたいてみようと思います。

イマイチ、確信がないのですが・・・・ね
とりあえず、ちょっとヒントが得られたことは収穫でした。
また、上手い人の動きをよく観察しましょう。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-11-02 22:01 | 三味線 | Comments(0)