2007年 12月 18日 ( 1 )

古布で半襟

さて、着物の収納場所が一杯になってきて
最近は骨董市に行くのもちょっと気が重いのですが
かと言って着物を処分する気にもなれません。
ごく初期の頃は勢いで買って、結局着ても似合わない
ということで何枚か人にあげたりしましたが
最近は、あまり勢いで買うこともなく
勢いで人にあげることもなく(苦笑)、
実はそちらが本当だったりして・・・・

閑話休題
ということで骨董市へ行っても買うのは古布だったり。
c0021551_22545386.jpg

ところが◎枚いくらの安物を買うと上のようなことを発見。
実はちょっとした細工物をしようと洗ったところ
乾いたのを見たら破れています。
さらによく見ると、模様の輪郭に沿って破れているのです。
さらによく観察すると、この模様は金が塗ってあることが判明。
どうも金を塗ったところが硬くなっていて
布が弱ってきて柔らかいところの境目が裂けた、と言う感じなのです。
模様を切り取ったみたいでちょっと面白い・・・
でも、この裂け具合を利用するアイデアも浮かばず。
結局裂けてないところだけ切りとって半襟にしました。
金はごく一部だったので、縦半分にしただけですけど・・・
c0021551_2313833.jpg

ちょうど似た配色の帯(これも以前骨董市で買った物)があったので
それに合わせようという魂胆です。
明日のお稽古に着ていく予定です。
この半襟はしばらく付けたまま洗います。
次第に色が褪せていきますが、
半襟は色が薄いくらいが、ちょうど良いと思っています。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-12-18 23:10 | 和装製作 | Comments(4)