2007年 12月 19日 ( 1 )

今日のお稽古着物

さて、いよいよ新年お弾き初めが1月30日に決定したので
それに向かってお稽古開始です。

前回のお稽古のあと、お茶しながら
どの曲を誰が三味線を弾くのか、唄うのかとか、
一人で唄うのはどの箇所か(分け口と言います)
三味線のタテ(主役)は誰かとか、皆でわいわい話し合い。
替え手がある曲は寒山拾得だけなので
それは私がとんぴ!
こういう時、
今のメンバーは気軽にほいほい決まるので嬉しいです。
全員がどの曲かのタテ三味線を弾くことになりました。
ごく簡単な曲からそれなりまで様々です。

今日は神田祭、お月様、曽我の五郎時致、寒山拾得の後半を
お稽古しました。
五郎は一年半前以来なので
唄に合わせて、三味線を弾くのが難しい・・・・

さて、ここまで引っ張ってようやく(苦笑)着物です。
ペイズリー柄のウール(プリント柄)です。
薄手なのでポリの着物地でリバーシブルに仕立ててもらいました。
裏は先日の忘年会で三味線を弾いている時の水色梅柄です。
c0021551_18402355.jpg

この帯は引き抜きでも結べるのですが、そうすると
お太鼓が裏になってせっかくの刺繍やらキラキラやらが
見えないので、普通に結びました。
といっても短めなので柄を合わせるため、角出し風です。
結び目もハリもないので横から見るとぺちゃんこですが、ま、いいか。

せっかく昨日半襟をアップしたので
よく見えるようにuzuzさんの角度に倣って、こんなカンジ♪~
c0021551_1850857.jpg

牡丹の葉っぱの色に似た半襟の部分が後ろに行ってしまったので
雰囲気が似ているという印象が薄れましたが
布だけ見ている時よりなんだかステキ・・・・
と地下鉄の窓ガラスに映ったのを見て、一人で悦に入っていますが
襟に付けたまま洗濯機に入れると、いつまで色柄が残っているかしら・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2007-12-19 19:02 | 着物 | Comments(4)