2017年 09月 13日 ( 1 )

現代物の麻上布

今日は良いお天気です。
朝は涼しかったので、
このところ考えていた銘仙を着ようと思っていました。
せっかく単衣の季節ですからね♪~

ところが日が高くなるにつれ、次第に蒸し暑くなってきました。
お散歩に出たとき帽子だけで日傘を持ってこなかったことをちょっぴり後悔。
未明の雨のせいか、台風のせいか
湿度が高い感じです。
結構汗ばむので、銘仙は・・・・と
もったいないお化けが頭をもたげます(T_T)
あ、もったいないお化けって時代によって解釈が微妙かも・・・

未練がましく銘仙を取り出し・・・・
c0021551_16464395.jpg
とその時、隣にあった"上布”を見つけました。
c0021551_16474486.jpg
右が銘仙
左が”上布”です。
上布に””を付けたのは、
ヤフオクでそういう名前で出品されていたからです。
素材は平織りの麻です。

あら、ぱっと見て似てるわよね。
この銘仙が単衣ならこちらの麻だって同じ様な見かけよね、
と一人で納得。

どちらが涼しいかは、わかりません。
銘仙は大変に軽く(320g)
麻の480gと量るまでも無くふんわりとしています。
ひょっとすると、涼しさから言えば銘仙の方が涼しいかも。

でも、自分で水洗いができるのか、わかりませんからね。
どれだけ涼しくても今日の蒸し暑さでは汗をかきますから
麻なら気兼ね無しに洗えるところが違います。
いえ、銘仙だって洗らえるのかもしれませんが、
もし変なことになってしまったら後悔先に立たずです。

実はこの上布でもだんだん角が白っぽくなってきているので
あまり酷使したくはないのですが、
それでも着てなんぼですからね。チャンスがあれば着なきゃね。
この週末にも能楽堂に着て行けるといいな。
とか、お仲間さんの個展に行けるといいなとか・・・
だからすぐには洗いません☆

さて、お弾き初めのことが少しずつ決まってきます。
準備準備。今ならまだ慌てなくてもゆっきり出来ます。
5ヶ月ほど有りますからね♪~
c0021551_16585166.jpg
まずは、童謡集の上調子を考えなきゃです。
上調子は替え手と違って
メインの曲と同じ節を高い音(1オクターブ上とか)で弾くのが基本なので
結構単純作業。
でも、その場ですぐ弾けるほどは慣れていないので
ゆっくり時間を掛けて音を拾っていきます。
まだ譜をコピーしただけです。
上調子の音を拾うのはまた次回ですね。
そして主旋律を録音してそれに合わせて弾いてみます。
いろいろ作業がありますね。

曲は、村祭り、かごめ、どじょっこふなっこ、うれしいひなまつり、
の4曲です。
ま、ボチボチやっていきましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-09-13 17:14 | 着物 | Comments(0)