カテゴリ:和装製作( 406 )

浜松木綿完成♪~

昨年10月に開始した遠州木綿(クリック)
袖付けを残すばっかりになってまた止まっていたのですが、
今日中に完成させようと決心しました。

案外時間がかかりましたが
完成☆
c0021551_21004851.jpg
昨日からの高温がまだ続く暑い日でしたが、
ちょうど良い感じでした。
(家の中は扇風機の弱で快適)
いいかも☆

引っ越しの時にグレーのポーラー(クリック)を
処分してしまったので
それの替わりのグレーになりそうです。
こちらの方がやや色が明るいかな。

袖付けは確認しいしい用心したので
失敗なくできましたが・・・・
やっぱり失敗箇所を発見!
それは前身頃の内揚げ
計り間違えたか、計算を間違えたか
数cm上過ぎました。

だから、帯の上に分厚いところが見え過ぎてしまい、
悲しいことこの上ありません(T_T)
胸の横シワの原因になってます。
袵と脇縫いをほどくだけで直せますが・・・
よほどの気力が無いと直せません。
当分、このままで行きましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-05-22 21:41 | 和装製作 | Comments(0)

苦悩の襟付け&エコ掛け衿

今日も頑張りました。
はい、再開したグレーの木綿着物です。
何事にも目標という物が必要ですね。
行けるかどうかは別にして
6月の絞りまつりまでに何とかしたい・・・・・ので、

さて、もう一つ目標があります。
それは江戸時代風に・・・
ということで・・・

c0021551_22480584.jpg
黒い布が見つからなかったので紺で(^_^;)
掛け衿

共布の掛け衿を付けた上にこれを縫い付けました。
何だか、こうして写真にすると男物の長襦袢みたいですね。
これを着ると本当に江戸時代のおばちゃん(おばあちゃん?)になれるのか?
全く自信はありませんが、
何事もやってみないと・・・わかり・・・いえ、納得できません(^^;)

さて、常日頃不思議に思っていたことがあります。
それは掛け衿のこと。
掛け衿が絶対必要と思うのは、
着物を着る時で
本来の目的とは違うんですが、
襟が左右対称になっているかどうか
掛け衿の位置で判断するからです。

でも本当は襟が汚れたり擦れたりしたときの
安全装置なんですよね。
位置や裏表を変えたり
あげく取っ替えちゃうこともできる(^_^)v

でも、今の仕立て方では取り替えるのは簡単ではないですよ。
だって、襟と掛け衿と一緒にして襟付けしちゃうんですから。
掛け衿をはずそうと思えば
襟まで取れちゃうじゃないですか・・・

ちょっと時代が古い着物を見ると
仕立てたあとに掛け衿がつけられています。
いえいえ、私の仕立ての本のなかにも
そういう仕立て方が載っている本があります。

せっかく着物は構造がエコに出来ているんだから、
それを守りたいです。
だから、布は大事にしたいので、前にも後ろにも揚げを取ったし
背縫いと袖口から袖下に掛けてはミシンですが、
それ以外は手縫いです。
寸法直しが簡単なように。

だから、今回は掛け衿も襟付けをしたあとに
縫い付けました。
でも、本を見ないでテキトーに縫ったので
方法が正しいかどうかわかりませんケド。

でもやってみてわかったことは
なぜ後付けの掛け衿の場合、
襟の裏が中途半端な位置に付けてあるか、
それは、簡単ってこと。(多分)
布地も少なくていいし(^_^)v

さあ、次はいよいよ、恐怖の袖付けです。
(おちついて)頑張るぞ!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-05-07 23:32 | 和装製作 | Comments(0)

おくみつけ

マゴ君一家は旅行に出かけました。
しかも、車で・・・・
ということは・・・連休中車が無い?
あらら・・・

通常この連休は冬物と春、夏物の入れ替えなんですが、
今年はまだ寒いし、着る物もそれまでとは替わったので
入れ替えも簡単におしまい。

そこで、ここいらで決心して
そろそろ袵付けを再開しなきゃ・・・(^^;)
例の遠州木綿の着物、(クリック)
あら、10月に縫い始めて以来、まだこんな状態ですか?

というわけで、久しぶりなので
本と首っ引き。
小首をかしげ、かしげ・・・
c0021551_20435304.jpg
何とか、袵が付いて、さあ、端の始末ですね。
それが終わったら、袵の端の始末をして、
いよいよ、襟付けかな?
いやいや、まだまだですよ、きっと・・・(^^;)

ぢつは野望があります。
有松絞まつりに着ていきたい・・・かも。
だから、頑張りたいと思います☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-05-04 21:23 | 和装製作 | Comments(0)

帯締め収納

ずっと以前、帯〆は余分な折り目を付けないために
あまり細かく折りたたまない方がイイ、と聞いたので、
真ん中で2つ折りにしただけで着物用引き出しに長々と入れていました。
長さもぴったりでした。

ところが・・・

引っ越し後は、収納場所が減ってしまい、
優雅に帯〆を着物引き出しに入れることが出来なくなったのです。
場所がありませ~ん(T_T)
どうしましょう・・・

洋服箪笥の引き出しの一段に
他の和物と一緒に入れることになったので、
2つ折りの長さでは、邪魔邪魔・・・

折り目を付けないように、と考えると
んじゃ、丸くして、っと。
最初のうちは、それでよかったのですが、
絡まってしまったり、だんだんと
ぐちゃぐちゃになってきました。
入れてあるのが帯〆だけでは無いので
引き出しの中が次第にカオスになっていきます。
一本出そうとすると、絡まってしまったり(>_<)

仕方が無いので折り目を少なく、というのをあきらめました。
こうなったら、開き直って・・・
c0021551_20005634.jpg
縛っちゃいました。
でも、これでも長すぎます。
c0021551_20010370.jpg
一方の端を結び目に通します。
房の方の端でも構いません
c0021551_20011012.jpg
こんな具合に無理なく通したら
c0021551_20012004.jpg
端の長さを合わせてから
結び目をぎゅっと締めます。

その後で房を奥の方にして
引き出しに直角に収納します。
左右から他の小物(着物肌着とか、うそつき、足袋とか)におされて
狭いところにかたまっていますが、
全部がこちらから見えるので探しやすいというわけ。
とは言え、引き出しの深いところに行ってしまうと
掘り出さないと
いつも上の方のばっかり使うことになりそうですが・・・
あ、夏物とそれ以外、それぞれの箱に入れて
上下に重ねればいいかな。
あぁ、それ良い考えです。
後日、良い容器を探してみましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-31 20:36 | 和装製作 | Comments(0)

浅草金竜山帯・完成

広重・江戸百景浅草金竜山帯、完成しました。
案外早くできちゃいました(^_^)v
c0021551_19124707.jpg
場所も取らなくて、ひたすら単純作業(くけるだけ)なので、
手持ちぶさたの待ち時間が多い生活では、
こういう作業がはかどるということですね。
つまり、大ばあちゃんのデイケアのお迎えと帰りを
ひたすら待っているとか、(時間に幅がある)
今日はケアマネさんの訪問日だったので、
その待ち時間もあったし・・・ということでね。

よく見れば、雪景色ですよ・・・
早く完成してヨカッタ。
この帯は暮れからお正月、寒中という時期でしょうか・・・・
次のお稽古に早速締めていかなくっちゃね。

一応、場所決めは他の帯を参考にしましたが、
巧く柄出し出来るかな?
ちょっと楽しみですね☆

ところで、浅草金竜山って浅草寺ですか?
この大提灯は雷門の提灯ですね。
今は雷門って書いてあるあそこですよね。
遠景に見える建物は宝蔵門と五重塔ですね。
今の浅草寺の五重塔は
宝蔵門の左手に見えるそうですが、
この時代は右手にあったと書いてありました。
私ここ行ったことがありますか?
10年以上前?下駄の長谷川さんへ連れて行って貰ったことがあるから
ひょっとすると近くへは行ったかも・・・・
しかし、ちゃんと行ったことは無いと思います。
行ってみたい気もしますが・・・・
(思っているだけでは行け~へんよ)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-20 20:00 | 和装製作 | Comments(0)

江戸百景浅草金竜山風呂敷で帯

お正月に大須で買った風呂敷、
広重の江戸百景のなかの浅草金竜山、
縮緬地なので早く帯にすれば、すぐ使えるかな?
と思いつき、早速実行。

全体の写真を撮るのを忘れたので・・・・m(_ _)m
c0021551_20193932.jpg
この部分をお太鼓にと切り分けました。

そして、前帯は
c0021551_20201915.jpg
こんな感じ。

さあ、がんばりましょうか。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-19 20:32 | 和装製作 | Comments(0)

春の半襟

タンスの中のうそつきを見ていると、
まだ秋とクリスマス柄の半襟が付いています。
コレは付け替えないと使えるうそつきが減ってしまう・・・
ということで、先日大須で買った半襟と以前買ってあった物に
急遽、付け替えることにしました。


c0021551_20594304.jpg
一枚はコレです。
コレはもっと以前に買ってあった半襟ですが、
右に見えるツタの半襟と付け替えることにしました。

実はこの黄色い刺繍半襟を選んだ理由は
うそつきのお袖に合わせたからです。

当然のことかもしれませんが、
いままであまり深く考えないで
季節感だけで付け替えていて、
いざ着るときに
着物と半襟の色を合わせると、うそつきお袖の色が合わない・・・
と言うことがありがちだったのです。

だから今回は慎重に、色を合わせました。
と言っても迷うほど持っているわけでもありませんが
ピンク系の刺繍半襟の方が多かったので
ちょっと慎重になったのです。
c0021551_21101144.jpg
はい完成。

さて、問題は次です。
c0021551_21094287.jpg
こちらが大須で見つけたおひな様の半襟です。
かわいい~☆
クリスマス用の半襟と付け替えましょう。
お袖はピンクのサクラ柄なので
合わせる着物の雰囲気にも合いそうですね。

さあ、付け替えましたよ♪~
c0021551_21102456.jpg
あら・・・・
女雛が二人になってしまいます。
男雛くんどこ行っちゃったん?
c0021551_21111234.jpg
裏にいます(>_<)
悲しぃ~
泣き別れじゃありませんか・・・
何とかなりませんか?
色々考えてみるも簡単にはいかないようです。

あと、実際着たときに
どの辺りがよく見えるところに来るか・・・
というのもありますね。

私にとって一番簡単な方法は
この半襟を実際着て、それを参考にして
上のツタの半襟のように
ぺんてる布絵の具で描いちゃうことですね(^_^)v

ま、それはもっと先の話ですね(^_^;)

さ、明日のロビーコンサートの準備も済んだことだし
あとは雪に負けないように頑張るだけすね♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-13 21:37 | 和装製作 | Comments(0)

サンタ猫ちゃん帯もう一枚

今日は皆様、お誕生日おめでとうのメッセージを頂きまして
ありがとうございます!
今朝、最初に言ってくれたのはまご君だったけど
もちろんパパかママが言わせたんだけどね、ありがとうね☆
本当だったら、もう誕生日なんか嬉しくない・・・
な~んていう人も多いお年頃ですが(苦笑)
例えば私の母なんかはとても抵抗していたけど、
私は、抵抗なんかしませんよ、
だって、名古屋市は大盤振る舞いしてくれてますから。
有料ですが、元はすぐ取れますから。

それは、敬老パスですね☆
名古屋市の交通機関乗り放題券
施設も割引になります。
中でもやっぱり嬉しいのが
市バス地下鉄、敬老マナカですね☆
昨日から有効だったので早速使ってきました。
これからも一生懸命使って、あちこちへ行きたいと思います。

閑話休題

さて、サンタ猫シリーズ、もう一枚大きい絵があります。
これもお太鼓の反対側に縫い付けましょうね。
c0021551_14165752.jpg
お買い物サンタ猫一家、と言ったところでしょうか。
水曜日のお稽古の日までには間に合わせたいですね。

さて、今日はちょっとそこまで行って・・・
(でも、ケッタで・・・自転車ですが)
c0021551_14170583.jpg
買ってきちゃいました。
こだまさんの対談が載っているはず。
この本を買うことによって応援してるつもり。
(本当は反物とか着物とか買う方がですけどね・・・)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-12 14:33 | 和装製作 | Comments(6)

にゃ~クリスマス帯

今日は前帯を作りました。
作ったと言ってももちろん、縫い付けただけですけど・・・
c0021551_22080896.jpg
裏側は
c0021551_22082284.jpg
明日、締めてみます。

咳がひどくて、薬を飲んでますが、
そのせいか、眠くて眠くて・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-10 22:10 | 和装製作 | Comments(2)

クリスマス帯

10月の初めに大塚屋さんへ行った時に見つけた布(クリック)
クリスマスの柄なので、まだまだと思って次回用の棚にいれていたけれど・・・
おっとぉ~!クリスマスってもうすぐですよ!
早く何とかしないと・・・

と言うわけで、ちょっと考えてみました。
手っ取り早く使えるものにするには・・・?
色々考えて、良いことを思いつきました。

それは・・・赤い帯に気に入った柄だけパッチワークにすること☆

と言うわけで、先日柄を切り出し、
縫い付けやすいように縁を折ってアイロンを掛けておきました。

で、今日、外の仕事をしないで縫い物をすることにして・・・
母がつきあいで買った(苦笑)結城のしゃれ袋帯にちくちく。
c0021551_19413264.jpg
お、意外に短時間に出来ちゃいました。
絵の縁取りの赤がこの帯の色とほとんど同じなのは
幸運でしたね。
お太鼓部分にこの柄があるだけで、クリスマス気分ですよね☆
明後日はNPOの長唄講習会があるので
取りあえず間に合いますね♪~

この布には大きい絵が2枚、
前帯によさげな小さい絵が3枚。
一柄分買ったらそれぞれ2枚ありました。

この布で帯を作るつもりだったので
絵柄以外の部分に合う別布も買ったのですが、
この帯にパッチワークするなら
別布やら難しいデザインやらも不要ですね。

2セット絵柄があると言うことは帯2本出来るってこと?
時間があれば、その別布で帯を作り
そこにパッチワークする、という方法もありますね。
あるいは、帯でない別の物を作ってもいいということかな。

さあ、このあとはどうしようかしら。
取りあえず、前帯にも絵をパッチワークしますか。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-09 20:23 | 和装製作 | Comments(2)