カテゴリ:食べ物( 1235 )

ブドウの葉を食す

外国料理ではブドウの葉をキャベツ巻きのように料理する
と聞いたことがありました。
また、外国ではキャベツ巻きは
そのままではなくさらにチーズなどを掛けてオーブンで焼いて、
グラタン料理のようにするとも聞いていました。

さて、我が家のブドウ(デラウエア))が
今年は何房か実を付けたのですが、
いまの季節は葉が茂り蔓を伸ばして
ちょっと手に余る状態になっています。
ん、葉っぱを食べちゃおうか?

ということでネット検索。
どうやらトルコやその辺りの国で食されているのが
サルマとかドルマとか言うキャベツ巻きのブドウ版
肉有り肉無しでタマネギ、お米などが入るようです。

ということで、見切り発車
c0021551_21135230.jpg
柔らかそうな葉っぱ10枚ほど収穫。
あまり若いと小さいので、ほどほどのサイズを収穫。
軸の所はちょっと切り取りました。

中身が余ったのでさらに何枚か追加で摘んで・・・
c0021551_21150875.jpg
見本の写真は細巻きでしたが、
ブドウの葉の形から、やっぱりこうなっちゃうんですね。
中身は米、挽肉、タマネギ、
(ニンニク、ベーコン、マッシュルームで風味付け)

茹でますが、キャベツ巻きと同じ様にスープの素で味付け。
1時間ほどコトコトと煮て
あとはシャトルシェフに入れて保存。

c0021551_21283508.jpg
すっかり茶色くなりました。
ちょっとお米が迷い出ちゃいましたが・・・

c0021551_21291723.jpg
一個試食してみました。
うっ、酸っぱいです!
でも、葉っぱは柔らかいです。
中身は柔らかすぎで、歯ごたえなさ過ぎです。

大ばあちゃんは甘酸っぱいのが好きだけど・・・
味付けが薄いので、どうすれば、より美味しくなるかしら。

ということで、
グラタン皿に入れ
チーズを載せてオーブンで焼き
上からぬか漬けのキュウリと大根を刻んで
ヨーグルトで和えケチャップで味を付けたものを
上に乗せました。
さらにトッピングにサルサ(甘酸っぱくて辛い)。
c0021551_21352053.jpg
見かけはイマイチですが、
大ばあちゃんは美味しい美味しいと言って食べました。

葉の酸味を何とかするのに
チーズとサルサが効きましたが
サルサが残り少なかったのが残念。

この日は町内の防犯見回りがあったので
帰ってから、夫につきあって
もう一回食べ直し。
ん、落ち着いて頂けば、美味しいじゃん☆
最初は気がせいていたので酸味がやや苦手でしたが、
味付けやソースを工夫するとまた美味しくなりました。

普通のお米はお粥状になってしまうので
もう少し別物(餅米とかブルグルとかインド米とか)
を使うとまたいいカモ。

雨が多く、ブドウの葉がどんどん伸びる
この季節の料理ですね♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-20 21:59 | 食べ物 | Comments(4)

スイカの桃ゼリー他

昨日は午後次男家がお土産のスイカなどを持ってきてくれる、
と言うことだったので、
んじゃ、おやつに何かスイーツを作ろうと・・・
c0021551_21040576.jpg
今季節の桃を買ってきて、
分量の水に味を付け、軽く煮て
分量のゼラチンを入れ、型に並べた桃の上から流しました。
氷水で冷やし固めている間に
ヨーグルトを牛乳で薄め
ジャムと甘酒と蜂蜜で味を調えて
溶かしたゼラチンを混ぜました。

ココでちょっと誤算・・・
最初に入れたゼリーがなかなか固まらない(T_T)

c0021551_21113015.jpg
氷を何度も入れ替えてやっといいかな・・・
と言うところで流し込みましたが、
おっとっとぉ~まだ完全に固まっていなかったようです。
ちょっと混ざってきたので
全体に少しだけ優しく流し込み、もう暫く冷やします。

ヨーグルトは冷たいので、すぐ固まったので、
残り全部入れて冷蔵庫へGO!

ピアノ演奏会のマゴ君の番が終わったあとで帰ってから
c0021551_21154301.jpg
お持たせのスイカを飾りました。
おぉ~、甘いスイカです!
ゼリーは型から外すとき
ちょっと焦ったので表面が充分溶けてなくて
肌がざらざらになって、見栄えが悪くなっちゃいました。
残念。


午後ずっとマゴ君達と遊んでいたので、
夕食はやる気が出ない・・・・

それでも何とか、
チーズ入りスパムの缶詰があることを思い出したので
c0021551_21191213.jpg
ジャガイモ、ニンジン、ベビーコーン、ピーマン、赤パプリカ
を四角に切ってベーコン、ニンニクとともに油で炒め
ジャガイモに半ば火が通ったところで
同じサイズに切ったチーズ入りスパムを入れて炒めました。

さあ、コレをどうするか・・・

c0021551_21230352.jpg
茹でた”とびきりそば”Ⓡに乗せました。
蕎麦にはめんつゆがあった方が美味しい感じだったので、
後からかけました。

この”とびきりそば”は滑らかでほどよい腰で
こういう変な料理にとてもよく合います。
前回の茹でジャガイモ料理より
こちらの方がさらに馴染んでいます。
やはり油で炒めた物の方が合うようです。

今回スパムが塩辛かったので
他の味は控えめにしたのですが、
ご飯と違い蕎麦にはその手が効かなくて、
やはり麺つゆが必要でした。

スパムを炒めたのも初めてでしたが、
炒めても形が崩れずいいですねぇ~☆
でも、やっぱりずいぶん塩辛い(>_<)
とは言え、最近は蒸し暑く汗をかくので
これくらいの塩辛さでもいい感じですね。


最後にカリモリの漬け物話。
前回塩漬けして乾かして粕漬けの残りカスに漬けた物を
思い出して朝のおかずにしようかと思って
c0021551_21413970.jpg
出してきました。(クリック)
まだ中の方は白くて一分漬かりと言った感じですが
塩漬けになっているので
味は取りあえずいいです。
他の粕漬けと混ぜちゃいました。
嵩増やしとも言います(^_^)v
ちなみにナイフの下の焦げ茶色のカケラが
本物の粕漬けです。
本物は3年じっくり漬けるのだそうなので
それから言えば、かりもりは粕に入れてまだ数日なので
粕漬けというより塩漬けでしたね(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-10 21:59 | 食べ物 | Comments(0)

漬け物色々漬けた

悩んでいましたが、
500g入りの梅が見切られていたので・・・
c0021551_19585606.jpg
やっぱり買っちゃいまして、
梅味噌になりました。
c0021551_19584603.jpg
梅、味噌、砂糖同量です。
以前安くて柔らかい味噌を使ったら
何だかイマイチだったので
今回は、八丁味噌を・・・あ、でも300gしか残ってなかったので
あとは麹味噌を混ぜちゃいました。

さて、そんなある日・・・いえ、今日です
c0021551_20164209.jpg
梅がなっているを発見!
しかも庭中でこの一個だけ☆
早速収穫して
c0021551_20173823.jpg
後ろの大きい2個は桃
桃も今年はこの2個だけ(^_^;)
それにしても大きくて美しい梅です。
今まで花が終わると木の保護のため花を落とし
実を付けないようにしていましたが
こんな立派な実が付くのなら花を落とすのは止めようかな。

そして梅味噌にこの一個追加!

さて今、スパーでよく見るのが
c0021551_20321381.jpg
かりもり。
悩んで買っちゃいました。
で、普通は皮のまま漬けるのですが・・・
思い切って皮剥いちゃいました。
半切して種を取って皮も剥いて3%程の塩で漬け、
水が出きったところで水を捨て洗って乾燥させて・・・
粕漬けの残りカスに漬けました。
これで早く粕漬けになるかな?

そして新生姜も、なくなる前にもう一度、
c0021551_20325515.jpg
たっぷり甘酢漬けにしました。
切ってミツカンのラッキョウ漬けの素に入れただけです。
この切り方が一番使いやすいです。
そしてこの時期のショウガは色がきれいです☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-07-06 20:50 | 食べ物 | Comments(0)

シャキシャキジャガイモ麺

テレビ和風総本家でフランスのレストランで愛されているという
茶そばの話を見ました。
どこかで見たような気が・・・
あぁ、近くのスーパーで見るとびきりそばのようですね。
山形の小川製麺所だそうですが、
後ろを見ると小麦の方がそば粉より多いようです。
シンプルな蕎麦で頂くよりは
料理に使うのに適しているのかも・・・

と言うわけで、買ってみたのですが、
ふと思いつきました。

シャキシャキ茹でジャガイモ料理を考えて、
ご飯に乗せてみたのですが、
かなりイマイチだったのです。(記事無し)

ジャガイモなどと一緒に豚肉や他の野菜も茹でるのですが
みな細切りに合わせるのですが、
ご飯が細切りじゃない(^_^;)
だからご飯には合わないんですね、きっと。
あぁ、だったらこのお蕎麦が合うかも。

めんつゆや和風ドレッシングをかけたのですが、
冷や麦に乗せたときはまあまあだったのですが、
ご飯では何かとても物足りないのです。

というわけで、
わかりやすい様に少し混ぜてから撮りました。
c0021551_21354422.jpg
蕎麦を下に敷き
上からゆで豚(細切り)、茹でジャガイモ等をのせ、
(ぬか漬けのキュウリと水茄子も細切りにして)
麺つゆと和風ドレッシング、
そしてごま油をタラタラタラ~っと
かなり景気よく回しかけました。

ごま油で食べ応えのある感じに仕上がりました。
蕎麦もこの麺ならクタクタにならず
しっかりしていて大丈夫です。
やっぱ、蕎麦って油が合いますね~♪

麺類に具を載せるのは
あまり好きではありませんが、
この茹でジャガイモ料理は
このとびきりそば(限定)に乗せるのが一番かな。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-30 22:28 | 食べ物 | Comments(0)

ミョウガ寿司

朴歯寿司とか柿の葉寿司とか
美味しそうな話題に触れて・・・

でもうちには柿の木も無いし・・・
とか思いつつ、ネットでレシピを色々見ていると、
見つけてしまったんですね、
ミョウガ寿司とミョウガ団子を

ミョウガなら捨てたいほど有りますよ。
しめ鯖も賞味期限ギリギリの見切り品を
何パックか買っちゃったところですしね(^^)/
サバ寿司のような感じで作ることにしました。

というわけでほとんど自己流で開始
c0021551_21591292.jpg
まずは葉っぱ。
なるべく大きくてきれいな葉を摘んできました。
流しでスポンジ使いでざっざっとあらい、
お皿拭き用タオルで拭いて
ザルに拡げ乾かします。
c0021551_22015305.jpg
寿司飯を作って(ミツカン寿司酢を使いました)、
庭の大葉と市販のミョウガをみじん切り

c0021551_22042375.jpg
ちょっと試行錯誤の結果、
まずはサランラップを使って
酢飯の平たいおにぎりのような感じ、
上にしめ鯖1~2枚、甘酢ショウガ少々、大葉とミョウガものせて
ぎゅっと握ったら、裏返して
c0021551_22074238.jpg
ミョウガの葉の裏側にぱたっと乗せます。
1枚の葉で包むと、横が空いてしまうので
2枚使いで包むことにしました。

ご飯とサバとミョウガの葉のバランスが知りたいところです。
今回白米2合、しめ鯖2枚、ミョウガの葉26枚で
c0021551_22140773.jpg
13個できました。
3個はマゴ家用(まだお試しなので)
10個は3人で夕食に食べました。
c0021551_22202421.jpg
ぬか漬けの水茄子とキュウリ、もずくと
野菜を増強したインスタントスープ
ご飯多めで、サバが少なめですね。

ご飯からするとマゴ家を半分こにすれば良かったかな。
ご飯の量からすると一人2個で充分です。
その代わり具にしめ鯖を使うなら
もう少し多くしないとタンパク質不足ですね。

さて、ミョウガの葉で包む必然性はどこにあるのでしょうか?
香りを愉しむ、という意見もありますが、
はっきり言って・・・
そこまで香りません。

ま、見た目を愉しむのと
食べ易い、ってことでしょうか・・・・
普通のサバ寿司は直接手で持って食べる訳にはいきませんが
コレならサンドイッチかおにぎりのように手で持って食べられるので
楽しいというか、外で食べるのに良さそうです。
でも、お弁当にするならこれでは野菜不足です。
葉っぱを食べるわけにはいかないからですね。
おぼろ昆布で包んでから葉に包むというのも
食べやすさアップと野菜の替わりとしていいかな。

ゴミが多いのも問題かも。
1個に2枚の葉ではゴミが多すぎるかも。
包み方の工夫が要りますね。

今回わかった問題点を解決して、
レパートリーを増やしたいです。
なんと言ってもミョウガをもっと利用したいからです。
スイーツの開発もね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-20 23:00 | 食べ物 | Comments(0)

長芋☆ぬか漬け☆梅干し

ビンチョウマグロが安く出ていたので
いつものようにアボトロ丼にしました。
c0021551_22123485.jpg
マグロを薄めに切って醤油とめんつゆとワサビでヅケにします。
アボカドも適当に切って
マグロとなるべく数が合うといいですね。
ご飯の上にマグロとアボカドを交互に並べます。
最後に長芋のとろろを乗せますが・・・
(庭の青じそも散らしました)

いままで長芋はおろし金でおろしていましたが、
テレビ(朝イチだっけ?あ、見つけました) (クリック)を見て、
真似をしてみたら、なかなかいいので
以後その方式を採用しています。

簡単です。
皮を剥いた長芋を袋に入れ
口から飛び出さないように注意して
すりこぎでべんべん叩くだけ。
だいたい潰れたら、麺つゆをちょっと入れ、
揉んで味を馴染ませます。
袋から直接お丼に出して乗せるだけ。

おろし金で指を傷つけたり、
最後に持つところがなくて困ったり、
おろし金を洗うのに苦労したり、
そんな苦労がなくなるばかりか、
時々しゃきっとした歯ごたえが、なかなか美味しいんですね☆

☆☆☆

ぬか漬けを袋で漬けていました・・・
ちょっと面倒になって・・・・
c0021551_22311058.jpg
結局いつもの容器に移し替えました。
蓋代わりのハンカチは水を蒸発させるため。
夕食の準備の時に漬けるようにしたので
ま、何とか続けることが出来そうです。

☆☆☆

今日、八百屋さんに行ったら
もう黄色い梅になっていました。
梅シーズン終了間近?
前回ほど安くはなかったけれど
近くのスーパーよりは安かったので
また1kg買っちゃいました(^_^;)
c0021551_22323213.jpg
そして袋に仕込みました。
10%塩、20%砂糖
前回あまり揉まなかったら
梅酢がしっかり上がってくるまで2日ほどかかったので
今回は時々思い出したときにモミモミ中です。

今年は梅の入荷が少なかったそうです。
そう言えば、次男家の小梅もあまり実が付かなかったそうです。
だから今年は我が家にやって来ませんでした(T_T)
今年は全般的に梅が不作なんですかね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-17 22:44 | 食べ物 | Comments(0)

シャキシャキ ジャガイモ

学生時代に通っていた料理教室でジャガイモ炒めという料理を習いました。
もともとは違う材料の炒め物だったけど、
その材料は手に入れるのが難しいとかで
代わりにジャガイモを使う、と聞いた気がしますけど、
そこは追求せずに私のお気に入りのメニューになりました。
ジャガイモはシャキシャキ感を出すために、
一度水で洗ってデンプン質を流してから炒めるというのがコツでした。
c0021551_21291353.jpg
ニンニク、ベーコンを炒めたところに
細切りの豚肉、ニンジン、シイタケを入れて炒め
次に
火が通りやすいピーマン(緑と黄)とジャガイモを入れて炒め、
ジャガイモの色が透明になったら完成。
ご飯にかけたいので片栗粉でトロミを付けました。
ぬか漬けキュウリは添え物。


さて、茹でジャガイモでも同じ様に
シャキシャキに仕上げるという食べ方を書き込んで下さる方がいたので
ちょっと考えてみました。
c0021551_21360025.jpg
今回は茹でて美味しい材料を同じ様な拍子切りにして茹でて
(ただしニンジンは極細、豚は別茹で)
冷や麦の上に乗せ
薬味にミョウガと青じそ
ぬか漬けのキュウリも一緒にのせちゃえ☆
麺つゆ(と隠し味に青じそドレッシング)をかけて
いただきま~す。

どちらもシャキシャキジャガイモの食感が似ていますが、
他の材料や合わせる主食によって
料理方法を変えられるのはいいですね。
メニューの幅が広がりました。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-12 21:47 | 食べ物 | Comments(0)

17減塩甘梅干し

今年も梅干し用の梅が出てきたので、
早速梅仕事第2弾。
昨年の作り方を参考にして(クリック)

梅を洗って、小さなヘタを取り
ザルに取って乾燥後、
ファスナー袋2つに分け入れてから
c0021551_22393245.jpg
梅3kg
塩10%
砂糖20%(ただし予定よりやや少なめにしました)
入れました。

さあ、梅酢出てくるかな?

LLサイズ1kg、Lサイズ2kg
いつもの八百屋さんでLLサイズを1kg買って、
数を数えてみると・・・予想外に少ない(T_T)
これはマズいです。
と言うわけで、残りの2kgはLサイズにすることに・・・
幸いLサイズはセール中。
最初の想定よりは数が少なくなりましたが、
ま、いいか(^_^)v

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-10 22:58 | 食べ物 | Comments(0)

17梅仕事第1弾

UFJ貨幣資料館の帰りに(クリック)
小さなフルーツ屋さんがあって
店頭に出ていた格安の青梅を買ったので・・・・
c0021551_20535531.jpg
その日から始めて次の日にかけて梅仕事

今回のは訳あり梅(^_^;)なので、
梅シロップに・・・
c0021551_20590020.jpg
梅は全部で約2kg
だから砂糖も2kg

梅を洗って乾かして
瓶は焼酎で中を洗って・・・いざ☆

ところが大きい4リットル瓶に入れ始めると・・・
梅が入りきらない(>_<)
仕方がないので小さい瓶に・・・
重さを量ると1.3kgと700g
砂糖もなんとなくその割合に・・・
誘い水の感じで酢を掛けましたが・・・
なかなか水が上がってきませんね。
心配です。
一日経ってちょっと出てきたかな?

梅干し用の梅は下旬になるようです。
そして次男家の梅はまだかな?

ところで今回2kgの梅の数を数えました。
平日の朝梅干しを一個食べる大ばあちゃん
1年には200~250個ほど必要になりますが
200個まで行かないんですね・・・
3kg必要?

そして昨年の経験を生かして
今年も減塩甘梅干しにする予定(クリック)
出てきた梅酢と梅シロップで
熱中症予防ドリンクを作る予定です。(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-08 21:34 | 食べ物 | Comments(0)

ブルガリアヨーグルトを醸す

2012年初めの頃に始めたR-1ヨーグルト作りですが、(クリック)
まだちゃんと作っています。

最近ブルガリアヨーグルトのドリンク用3本セットを見つけました。
試しに醸して夫に試してもらうと、これは大丈夫とのこと。
更に息子一家はヨーグルトを食べる人口が増えたせいか
500mlのパックを追加購入しているようです。

3本セットなので、どうしたものかと考えた結果、
1リットル2本と500mlを2本2回に分けて作ることにしました。
c0021551_22041636.jpg
ブルガリアヨーグルトのドリンクタイプは
R-1 ヨーグルトより量が少ないので
牛乳1リットルに1本入ってしまうし、
3本セットなので、節約する意味が無いのです。

というわけで、
ヨーグルトメーカーが2個あるので
金曜の夜中に1リットルを2本、
火曜日の昼間に500mlを2本
作ることにしました。

火曜日の昼間というのは
500mlは量が少ないので
まだ何時間かかるかはっきりわからない上
8時間以下には違いなく、
そうなると時間的に夜中ではちと辛いので、
昼間に作ろうということです。

そんなわけで、
しばらくはこの方法でヨーグルトを作ってみようと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-06-05 22:28 | 食べ物 | Comments(0)