カテゴリ:食べ物( 1286 )

中華変じてイタリアン

冷蔵庫を見ると豚肉が残っていた。野菜として、
キャベツ、小松菜、にんじん、キノコ、タケノコ、キクラゲがあった。
ショウガとニンニクも入れようと思った。
夕食は暖かいものにしたかったので、
やっぱりとろみをつけた中華炒めかなぁ、と思って材料を切り始めた。

夫が帰ると、赤ワインがあるから(我が家は3日で1本消費する)
合う物をというので、味としてクリームシチューの素を入れた。
ついでにベーコンも入れた。
夫が、職場に訪日しているオーストラリア人が
高野豆腐が何かわからなくてまずかったと言った、という話をしたので、
面白がって高野豆腐も入れた。
で、ペンネも茹でたので、
中華炒めのはずが中華雰囲気クリームペンネになった。
c0021551_2231796.jpg

味は全然中華風ではなくて、美味しかった。
もちろんパルメザンチーズもかけた。

最近、ルーを使ったカレーとかシチューとかあまり作らなくなったので
買い込んだルーをこうして使えばいいかも、と思いました。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-02-16 22:08 | 食べ物 | Comments(7)

一日早いけど

昨日焼きました。
チョコケーキとチーズケーキ。
職場の昼食に間に合うように今から持っていきます。
手に持っているのはチーズケーキの断面見本。
c0021551_1056139.jpg

チョコケーキはなかなか甘くて美味しくなったんですが、
チーズケーキはかなり酸っぱくて、
おまけに表面が焦げて、ちょっとにがい(>_<)

でも、数がこれで良いのか、よくわからない。
本当のところ、一体何人が給食食べるんだろう?お弁当の人は?
ま、いいや。

持って行った時に聞いたら、50数人だって・・・
それぞれ45こくらいなんだけど・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2006-02-13 11:00 | 食べ物 | Comments(0)

ポーク&ビーンズ・あら・トマト?

お正月の黒豆以来、お豆づいています。

新聞で白インゲンと骨付き鴨の煮込み(フランス風?)
の記事を読み、やってみたくなり、でも、白インゲンがなかったので、
金時豆と鶏の手羽元煮込みを作ったのですが、
金時豆の匂いがイマイチで息子にも不人気だった。

節分が過ぎ、豆まき用の豆が半額になっていたので、
(生の豆と単価が同じで煎ってあれば、光熱費が浮く♪)
早速買って、また挑戦。

今回はポークアンドビーンズ・ア・ラ・うまこです。
煎った大豆を水で煮て煮立ったところで
骨付き豚(これも半額だった)を入れて煮る。
この日は別のメニュー予定だったので、食べずに、
次の日に固まった脂を取り、もう少し、豚のかたまりを入れて、
これだけがおかずではちょっと野菜不足かと思い、
缶詰のトマトを入れて、マイタケも入れて、塩で味を付け、
はいできあがり。
チーズをふって、タバスコをかけて赤ワインとともに。
c0021551_2291422.jpg

ご飯はこの日頂いた黒豆おこわ(ほんのり梅干し風味)。
違和感なくとっても美味しかったです。

ポークアンドビーンズはあこがれるのですが、いつ食べてもまずい。
でも、カウボーイの常食だから、素朴で飽きが来ないはず。
とりあえず、トマトを入れれば、普通に美味しいことがわかった。
とくに骨付き豚がとても美味しかった。
これは、バーベキューにすることしか知らなかったので、
煮るのは新発見。肉の量としては割高なので、
売れ残りをねらえば、デイリーおかずに昇格できるかも。
でも、ちょっとくどいので、今回のように一人一本程度で、
あとは普通の豚(カレー用)がいいですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-02-07 22:22 | 食べ物 | Comments(2)

マドレーヌ

別の方法でマドレーヌを焼いてみた。
c0021551_10422052.jpg

今回は、まず、卵を泡立てる方式。別立ては面倒だったので、
白身と黄身を分けず、いきなり泡立て始めた。
ちょっと泡立ちがイマイチだったので、
大鍋に熱い湯を入れてそこへボールを入れて続けたら、
大変泡立ちが良くなった。

泡が立ったところで、砂糖と蜂蜜を入れ、さらに泡立てる。
かなり良い感じになったところで、
小麦と重曹を振り入れる。さっくりと混ぜる。
あれ?溶かしバターは、と思い、ここで混ぜる。
ひょっとしたら、ここで順序が違ったかも・・・・

ここで、4~50分置く。混ぜたことによって出てきたグルテンを
落ち着かせるのだそうだ。
それから、型に入れる。
試し焼きだし、おやつ用なので、お弁当用アルミカップにする。
ここでさらにしばらく落ち着かせる。
c0021551_1047301.jpg

170℃20分で焼く。
ここで三味線を弾いていたのが、ちょっとまずかったか・・・
時間ですぐ出さなかったせいか、そもそも設定時間が長すぎたせいか、
昨日の写真のようにずいぶん焼き色が付いてしまった。焼きすぎ?

結果は前回のよりはさっくり焼けている。
しかし、今回はちょっとぱさぱさする。
今回はベーキングパウダーを使用せず、ベーキングソーダ(重曹)のみ。
でも、この手の物を入れるとどうしてもぱさぱさする気がするが。
そういえば、柑橘類の皮をおろした物を入れなかった。
家のユズがあったのに・・・・
アーモンドの粉を入れる方式もあるが、おやつ用にはちょっと贅沢かな。
でも、そのうちまた試してみよう。

とりあえず今回のはプレゼント用にはイマイチだ。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-02-06 11:01 | 食べ物 | Comments(2)

だまこもち

秋田のきりたんぽというのは有名ですが、
きものくらぶさんに教えてもらったのは、だまこもち。
きりたんぽは、どちらかというと観光客用で、
一般家庭ではだまこもちの方が主流だとのこと。

どちらも、普通のごはんを搗いてお餅のようにして、
形を作って、鍋に入れるという物。
c0021551_1755626.jpg

だまこもちは丸めるだけなので、家庭用なんでしょうね。
そのまま、あるいはちょっと炙っていれるとか。
少しに崩れてきた時がおいしいとか。

ご飯を搗くのは男性の仕事。
なので、いつも次男がかり出されます。
すり鉢に入れたご飯をすりこぎでとんとんと搗きます。
今回はとても頑張ったので、ほとんどつぶつぶがないくらいになりました。
丸くおだんごにしてして、網の上で炙って、ちょっとだけ焦げ目をつけて、
今回はアンコウとカキのお鍋にいれました。
そして煮くずれる前に食べちゃいました。

これで、五平餅が作りたいね、と毎回言いますが
まだ実現してません。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-31 18:03 | 食べ物 | Comments(4)

スープ料理

寒いと、ついつい夕食には暖かい物をと思います。
それが和風なら、ヤッパ鍋物。

洋風なら、とりあえず、洋風の雰囲気の食材を使ったスープ料理。
タマネギ、にんじん、ジャガイモ、キャベツ
ニンニク、ベーコン、豚の角切り。
ペンネと菜の花もいれて。

味付けは塩。食べる時にパルメザンチーズをかけて。
c0021551_23121963.jpg


あとご飯を少し、甘辛に煮たお豆さんで食べました。(←和風だがね)
(お豆さんの早煮を覚えたので、嬉しくてまた作っちゃったの)
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-27 23:17 | 食べ物 | Comments(0)

カップマドレーヌ

さて、マドレーヌを作ってみたくなりました。
といっても、何年も前に作ったことがあって、
バターの代わりにオリーブオイルを使い、
とっても簡単だった記憶があるのですが、
ま、とりあえず、ネットで作り方を検索しました。

ずいぶん色々作り方があるんですね。
でも、要するに、フルーツケーキと同じような材料で(ただしフルーツ抜き)、
マドレーヌ型に入れて焼けば、マドレーヌになるらしいのです。
幸い、マドレーヌ型が3個とそれ用の紙がたくさんあったので、
フルーツケーキを焼くついでに、
種を少量だけをマドレーヌ型に入れて焼いたのですが、
さくさくして、フルーツケーキとは、違う感じでした。

これに気をよくしたのですが、マドレーヌ型が3個では
材料が余ってしまいます。
では減らせば、と言っても、ふくらし粉を使いたくない私は
あまり少なくてもうまく作れない気がしたので、また考えました。

結局、お弁当などに入れるアルミカップケースを使うことに。
さらに、少量はクッキーのように、
そのままベーキングシートを敷いた天板にのせて焼いてみました。
c0021551_1917796.jpg


お弁当用アルミケースはそのままでは開いてしまうので、
カップに入れました。
大きいのはマドレーヌ型用です。
カップに入っていないように見えるものは、
マドレーヌ型にはいっているのです。
種を入れすぎたのは本当のカップケーキのように
上がちょっと割れてしまいました。
まだ食べてないんですが、大きさで違いがあるかな?

ところで緑の部分は冷蔵庫の中ですっかり古くなっていたお抹茶です。
お茶を点てるにはもう色が悪いので
この際、生地に入れて使ってしまいました。いい色になりました。

→食べた感想: もう少しですね。焼く温度と時間に工夫を。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-27 19:30 | 食べ物 | Comments(0)

レンコンバーグ

レンコンが安売りになっていたので、ついつい買い込み。
で、他の野菜を食べ尽くして、挽肉料理をするのに、え~っと、何作ろうか。

よ、レンコンハンバーグを作ってみよう。
ふんだんにレンコンをすりおろして挽肉と混ぜて、
上下をレンコンの薄切りで挟んでフライパンで焼きました。
c0021551_2054980.jpg

はい、レンコンバーグの出来あがりでござい。

カラシではちょっと物足りなかったので、
SBのユズコショウを付けたらおいしかったです。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-22 20:57 | 食べ物 | Comments(0)

かぶら寿し

実家の母の父方の祖先は富山の出身である。
そのため、北陸に親戚が多い。巡り廻って、かぶら寿しを頂いた。
母や親戚も年老いたので、
あと何回かぶら寿しにお目にかかれるかわからない。

これはぶりのかぶら寿しである。地元で評判の良いお店らしい。
味は極く淡泊。ごはんのおかずというより上品な一品である。
記録に残しておこう。
c0021551_19281020.jpg
c0021551_1928194.jpg

かぶら寿しは、塩漬けにしたカブラに塩漬けにしたぶりをはさみ、
細切りのにんじんを散らして、さらに米糀で漬けたものです。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-16 19:45 | 食べ物 | Comments(7)

チーズ餅

中華風雑煮に引き続き、お正月餅消費メニュー(笑)

これは実に簡単。我が家の1月の休日朝食メニューです。
小鉢にお餅を入れナチュラルチーズをのせ、電子レンジでチン。終わり。
c0021551_1634561.jpg
チーズは料理用、ピザ用、
豪華上等チーズなんでも可。
ただしプロセスチーズは
溶けないので不可。


お餅とチーズの溶け具合を合わせるため、
常温のチーズの場合はお餅を先に少しチンをしてから、チーズを載せる。
今回はお餅が常温でチーズが凍っていたので
同時にチンをしました。
熱々を食べてください。冷めるとすぐ硬くなってしまいます。
以前はこれに刻み海苔をかけたりしましたが、最近はシンプル。
チーズ餅+フルーツ&ヨーグルト+牛乳で、日曜日の朝食です。
c0021551_1635821.jpgc0021551_16403766.jpg


チーズが溶けすぎてお皿にくっつくので、
きれいに食べるのが大変。スプーンでガリガリしなくっちゃ。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-16 16:46 | 食べ物 | Comments(2)