カテゴリ:食べ物( 1218 )

烏骨鶏の卵とふきのとう

中日ビルの地下一階には色々面白い食料品店が並んでいます。
栄に行く用がある時はできれば覗いてみようと思っています。
もう先週のことになってしまいましたが、
いつも覗く乾物屋さんの向こう側の八百屋さん?を覗くと・・・
今年は値段が高くあまりお目にかかれないふきのとうが☆
お会計をと並んでいると、他のお客さんに烏骨鶏の卵を勧める店主さん。
産みたての烏骨鶏は珍しいのよ♪~
だれかが壁のポスター(映画:人生フルーツ)のことを話すと
この奥さんごく普通の奥さんの様に見えるのに
最近はすっかり有名人になられちゃったわね~
以前はよくこのお店にも来られていい方だったわよ~、って。
へ~、そうなんだぁ~・・・
というわけで、話のネタに烏骨鶏の卵4個入りも買ったというわけ。
c0021551_21221008.jpg
長男家と山分けで
左2個が烏骨鶏の卵(1個150円あまり)
右1個は普通の鶏の卵(10個100円の安売り)

さて、濃厚で美味しいというのを、どう味わいましょうか?

c0021551_21243923.jpg
取りあえず1個はお勧めの卵掛けご飯
夫と半分こだからちょっとしか無いわね(^_^;)

c0021551_21261325.jpg
そして週末の朝食にベーコンエッグを
三人なので3個
左の色の薄いのが烏骨鶏の卵。
半熟にして夫と半分こ

卵掛けご飯って、何年ぶり?
普通の卵掛けご飯の味忘れちゃったんで
フツーに美味しかった(^_^;)

半熟目玉焼きは
普通の卵と食べ比べ・・・・
どちらもフツーに美味しかった(^^;)

結論
ケチケチ食べたせいもあるけど・・・・
あまり違いがわからなかった(-_-)
ま、いいか。話の種にはなりましたね!

さて、ふきのとうは
c0021551_21323380.jpg
毎度おなじみの蕗味噌になりました。
でも、今回は白味噌を使ってみました。
c0021551_21331883.jpg
さすがに色が白いですね。
ふきのとうの緑の色がよくわかります。
たまに見るこういう色の蕗味噌は
こういう感じなのでしょうか?

色がキレイで、イイ感じと思ったのですが
味を見ると・・・
ちょっと頼りない・・・
いえ、かなり頼りない(-_-)

仕方が無いのでごっつい八丁味噌(皇室御用達)を
味を見ながら足していくと・・・・
折角キレイだった蕗味噌が・・・・
見かけがイマイチになってしまいました(^_^;)
だから写真は・・・無しで
でも、味はまあ満足
いつもの蕗味噌の香りになりました。

次回からは白味噌はやめよう・・・
(普段はないから心配ないけど)

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-13 21:48 | 食べ物 | Comments(2)

ランチはハンバーガー

今日のお昼は夫と二人。お昼は何を食べましょうか?
昨日作ったハンバーグを使ってハンバーガーを作りますか?
テキトーなパンが無かったので
ちょっくら、近くのスーパーまで行って買ってきましょう。
c0021551_20361895.jpg
ハンバーガー用のバンはなかったので、
なるべく丸いロールパンを買って、
半分に切り、挟む面をトースターで焼きました。

辛子マヨネーズを塗ってレタスを敷き
昨日のハンバーグをレンジで解凍しフライパンで少し焼いて
ケチャップ、ソース、辛子を混ぜた物を塗って
c0021551_20401478.jpg
4つにスライスしたトマトを乗せて
パンで蓋をして・・・・
壊れない様にしっかり手で持って
がぶっ!

う~ん、美味☆

パンはフワフワで
中身を邪魔しません。
トマトは分厚くて、こちらはしっかり主張しています。
あ、もちろん2個で一人分です。
だからハンバーグを4つ消費しました。
あとはカップスープ☆
食後のコーヒー★
ごちそうでした!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-11 21:01 | 食べ物 | Comments(0)

保存食・ハンバーグ

安売りだったわけではありませんが、好みの豚肉があったので・・・
牛モモの方はずいぶん安かったので・・・
つい買っちゃったまではよかったけれど、
ずいぶんたくさんありますね~。

午後から時間を取って一気に処理しちゃいましょう。
冷凍の挽肉はまだあるので、
ハンバーグまで作っちゃいましょう。

脂を取って小さく切り、全部挽肉にしちゃいました。
量ると、900g弱あります。
300g3回分と考えて
それなりの量のタマネギ、シイタケ、ニンジン
ニンニク、ベーコンをみじん入りにして、
(タマネギ、ニンジン、シイタケはフードプロセッサー使用)
炒めました。
c0021551_21120772.jpg
パン粉と牛乳も合わせて、
こねない様によく混ぜて、
まあるい形にしました。
ハンバーガーにするのに調子がいいから♪~
1個50g、でも小さめのも欲しかったので
1個余分にできました☆合計19個
やや高めの200℃で焼いたので
c0021551_21123901.jpg
ほんのり焦げ目がついて良い感じです。

冷めるまでオーブンの中に置いて
あとで・・・
c0021551_21125337.jpg
1個ずつラップに包んで
さらにジップ袋に入れて
冷凍庫へGO!

パンに挟めばハンバーガー☆
色々なソースで煮込めば気分も変わります。
ここまで作ってあると、便利です。
これでしばらく楽できるかな?

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-10 21:34 | 食べ物 | Comments(2)

柚餅子試食

2回目に仕込んだ柚餅子そろそろ一ケ月になるので(クリック)
ちょっと触ってみて、硬そうなのを切ってみました。
c0021551_20373615.jpg
まだちょっと柔らかいです。
切る時ゆがんでしまいました。

前回の物(クリック)より
クルミがたくさん入っているし、さらに甘め?
かなり柔らかいので
もう少し乾燥すると・・・つまり時間が経つと
いいかな。
酒の肴というよりお茶請けによさそう♪~


ジョージアの保存食
チュルチヘラ
今テレビで見たので早速メモっておこうと思います。
クルミを6個ほど糸に通し
ブドウ果汁と小麦粉を煮詰めた物に浸けて
乾燥させた物
一見でかいソーセージのように見えます。
薄く切って食べるのだそうです。

美味しそう~☆
作ってみた~い!

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-07 21:20 | 食べ物 | Comments(0)

トルタ・ディ・メーレ風ケーキ

そろそろサツマイモのお菓子も飽きたので
鬼まんじゅうの最後の一個を食べちゃったのを機に
何か、なかったかなぁ~
と自分のブログを探していたら、見つけちゃったのです。
トルタ・ディ・メーレ
イタリアのリンゴたっぷりケーキ、朝ご飯用?
しかし、どうも、自分のレシピとして完成していないままなのです。

コレを自分のものにできれば、
家庭用の気軽な、でも美味しいおやつにできそうです。

というわけで、これまで何度も挑戦したレシピを検討して、
今一度挑戦してみました。
c0021551_21013774.jpg
今回の材料

バター 50g
砂糖  80g
ダースホワイトチョコ  2かけ
卵1.5個(1個+たまたま余っていた1/2個)

小麦粉  100g
ベーキングパウダー  2.5g(1/2パック)
(合わせて振るう)

リンゴ  小2個(300g強)
8割は小さめの薄切りに切り
2割は櫛形の薄切りに切る

バター、砂糖、チョコを蓋付き容器に入れてレンジでチン
卵を入れてよくかき混ぜる。
しっかり混ざったら振るった粉を混ぜ込み、
小さめに切った、リンゴを混ぜ込み
焼き型に入れる。
表面には大きめ櫛形リンゴを飾り用に差し込む
表面にグラニュー糖を振りかける

予熱した170℃オーブンに入れ40分
串に何も付いてこなければ完成
c0021551_21020764.jpg
実は焼き時間を10分追加しました。

冷めて生地が落ち着いてから切ってみました。
c0021551_21202147.jpg
リンゴもたっぷり良い感じです。

試食☆結果
ちょっと甘すぎるかな・・・
チョコはしっとり感のためですが甘みもあるので
1かけにしましょう。
砂糖も80gはちょっと多いので
次回は60gにしてみましょう。
卵は通常は1個です。

リンゴはこれくらい思いっきり多い方がいいです。
厚め耐熱ガラスの鍋を焼き型にしたので
少々焼き時間がかかるようです。
今回は50分、ひょっとしてもう少し。

あと一歩で完成かな。
パウンドケーキより軽いので
おやつとして丁度良い感じです。

金曜日に焼いたのがもう無くなったので
(マゴ君一家と山分けしたし)
また時間があったら焼いてみましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-05 22:07 | 食べ物 | Comments(2)

新タマネギ

数年前、ご近所の方に教わった新タマネギのポン酢ジュレおかか掛け。
この時期、健康のため毎朝食べるんですって。
なぜジュレかというとだし醤油では下に落ちて
タマネギに味が付かないからです。
しかし、最近ジュレを見ないんですね。
だから考えました。
c0021551_21095370.jpg
ちょっと濃いめの土佐酢に直接漬けちゃえば?
鰹節もたっぷり掛けて。

土佐酢・・・簡単に
濃縮めんつゆとラッキョウ酢を混ぜて
やや濃いくらいまで水で薄めるだけ。
(味を見ながら調節します)
スライスした新タマネギを漬けておいて毎朝少しずつ頂きます。

スライスしただけですが、
毎朝少しをご飯にのせて、
他の物も色々のせるので
少々辛くても大丈夫。
多少は健康に良いかな?

[PR]
by yamamotoyk | 2017-03-02 22:00 | 食べ物 | Comments(0)

鯛のおにぎり

また、勇気を出して魚屋さんに入ってみました。
でも、前回密かに狙ったサバはこの日はなかったし
大ばあちゃんにマグロのお刺身を買ったあと、迷って・・・・
鯛の鎌詰め合わせに決めました。
ま、切り出しみたいなもんよね(^^;)しょーもない客だこと・・・

だから、また塩水に浸けてほぼ一昼夜干しました。
c0021551_16371965.jpg
オーブンに入れて焼いて、
ほぐします。

c0021551_16444381.jpg
ほぐている時
どこかで見たことのある物が出てきました。
これって胸びれの根元だったのね。
これがひょっとして鯛中の鯛?
c0021551_16420591.jpg
へたっぴいな絵になりましたが
赤い線で囲った部分が
鯛に見える、
ということで鯛の中の鯛と言うんだそうです。

さて、ほぐした鯛の身は・・・
c0021551_16470917.jpg
ご飯と混ぜておにぎりにしました。
ちょっと味にパンチが無かったので
塩漬けのシソの実も混ぜました。
で・・・
c0021551_16475806.jpg
おぼろ昆布をまぶしました。

実はこの数日前、
インフルエンザで食欲がないお嫁ちゃんのために
焼いた塩鮭をほぐして同じ様におにぎりにして
海苔がなくておぼろ昆布で巻いたら
なかなか美味しかったので
今回鯛で試してみたと言うわけです。

おにぎりの困ったところは中におかずを入れようとしても
あまりたくさん入らない、という点です。
お魚もこのように混ぜて握っちゃって何かで巻けば
壊れないし、具がたくさん入るというわけ。
お茶碗いっぱいのご飯で2個、お魚も一人前入りました。

よしよし☆

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-28 16:57 | 食べ物 | Comments(0)

べったら漬け風大根

べったら漬けは名古屋ではあまり馴染みがないのですが、
子供の頃、父の東京土産で食べた記憶があります。
昨今では近所のスーパーにもべったら漬けと称した商品がありますが、
後ろを見ると、味付けやら添加物やら、
おそらく、発酵商品は制御困難なので
似せて味を付けたものかと思います。

そろそろ、ヨーロッパを真似て
本物しか名乗れないようにした方が
商品価値が上がると思いますので、
今回はべったら漬け風、と題しました。

本物は色々厳密な手順があるかと思いますが、
殺菌していない甘酒がある間に
家庭用の真似製品を作ってみました。

c0021551_18115200.jpg
大根の塩漬けを作ります。
家庭用なので
食べたい形にあらかじめ切っておきます。
本来は4%+呼び水の塩と記載されていましたが、
だったら3%でいいんでない?
しっかり空気を追い出して一晩おきます。
使い古しの乾燥気味の大根なのであまり水が出てきませんね(^^;)

c0021551_18143625.jpg
翌朝、漬け容器の底にできた甘酒を敷きます。
その上にしっかり水を絞った大根を乗せ、
さらに大根が隠れるほどの甘酒を乗せました。

c0021551_18160640.jpg
輪切りの鷹の爪、細切り昆布も一緒に入れてしばらく置くと
水が出てきたので、
かき回しました。

一本試食

ん☆美味しいです。
やや、ひ辛い大根の風味と
甘辛い麹の味。
いいですね~☆
本物のべったら漬けは
もう少し違う味だったような気がしますが、
こちらの方が漬け物らしくて好きですね。
2~3日するとよく漬かってくるという話ですが、
何発酵が起きるのか不明なので
冷蔵庫で保存します。

それにしても、年末に作った
かぶらの塩漬けに麹を入れた物や
大根寿司と似た物なのに
なんとなく違うのは
やっぱり甘酒になってしまっているからでしょうか?
研究の余地があります。
今週の朝ご飯のお供になります♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-27 18:27 | 食べ物 | Comments(0)

餅米甘酒

餅米を使って甘酒を造ってみました。

餅米1カップ
水3カップ
電気釜でお粥を炊きます。
c0021551_23003424.jpg
炊けたようです。
よく混ぜてみます。
c0021551_23011753.jpg
温度を測ると75℃ありました。
前回の経験から、ここで麹を入れると
麹が冷たいので一気に温度が下がります。
c0021551_23030847.jpg
案の定58℃になりました。
丁度いいですね。保温は切って、
このまま蓋をしてしばらく置きましょう。

2時間ほど他の仕事をしていて、覗いてみました。
c0021551_23045492.jpg
かき回して測ると
おや、47℃に下がってますね。
ほんのり甘くなっています。
では、ここで保温スイッチを入れましょうか。

30分タイマーを掛けてから見ると60℃弱になっています。
何だか急に甘酒っぽい雰囲気になっています。
温度も丁度いいので
ここでまた保温スイッチを切って1時間放置。
良い感じに甘くなってきたので、

もういいかな、
c0021551_23115297.jpg
では、ここでウィ~ンとやっちゃいましょうか。
滑らかになったところで
ファスナー付バッグに移して
冷めたところで冷凍庫へ・・・

あ、少しだけ味見
c0021551_23140428.jpg
カップに入れてお湯を少し追加
火入れがしていないので
ちょっと麹臭いというか、かび臭いというか
ちょっとこの匂いが気になるので
刻み塩ショウガを入れて・・・っと。
おぉ、急に甘酒っぽい感じになって来ました。
不思議ですね。

べったら漬けを作ってみたいと思っていたので
まずは大根を塩漬けしておきます。
あすはべったら漬けですね♪~


[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-26 23:24 | 食べ物 | Comments(0)

辛子レンコン

ちょっとした企みがあります。
それは・・・
4月2日の酒蔵開放@勳碧酒造と運が良ければ五条川のお花見散歩
昔の職場の連中と行く予定。(平均年齢かなり高いが健脚揃い)
だから、ランチ兼肴になる物をいくつか作りたいな・・・って。

色々考えていくうちに、辛子レンコンに行き当たりました。
もちろん、前回は葉さんが作られて(クリック)
それにいたく感激したので、ね。
辛子レンコンは以前は時々催事などで見かけたし、
今よりずっと身近でしたが、
食中毒事件(ボツリヌス)以来、ほとんど見られなくなってしまって、
かなり懐かしかったんですね。

そこで、作り方を調べて、作ってみました。
レシピが結構色々あるんですね。
好みが色々あるんでしょうね。
c0021551_22315385.jpg
さて、お味は?
それが・・・イマイチで・・・
中に詰める辛子味噌、研究の余地有り。
衣・・・揚げ物へたっぴぃの私なので
研究の余地大いにあり。

というわけで、
また何回か作ってみて
納得できたら、ちゃんとしたレシピを書こうかな、って・・・
ダメなら止めかな。

チビちゃんが先々週インフルのAになって、
そのママが今インフルAで、
今日から爺ちゃん(夫)までインフルAになっちゃって・・・
私はマゴ君の送り迎えと食事担当になっちゃいました。
食欲のない連中でも食べ易そうなのは何かな、とか・・・
記事の貯金が無くなってきましたよ~

[PR]
by yamamotoyk | 2017-02-24 22:43 | 食べ物 | Comments(0)