カテゴリ:着物( 971 )

サンタ猫ちゃん帯デビュー

サンタ猫ちゃん帯デビューします。
帯が映えるようにシンプルな着物を選びました。
c0021551_20403803.jpg
今日は津賀田中学で、長唄講習会の日です。
サンタ猫ちゃんの帯は
皆にかわいぃ~☆って、好評
うふふ、ちょっと嬉しかったりして・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-11 20:52 | 着物 | Comments(0)

サザンカ銘仙帯

もう師走なのに、頭が付いていかない・・・
せめて・・・
あ、サザンカが咲いているので
サザンカの帯を出してきました。
c0021551_23180675.jpg
叔母の若い頃の銘仙の着物をほどいて
黒い帯の反物に縫い付けた物です。

半襟はまだツタの枯葉のままです。
今年はとにかく何でも追いついていません・・・

がんばれ
でも・・・頑張れないm(_ _)m
(弱気だね~)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-07 23:24 | 着物 | Comments(0)

クズの葉帯

忙しさもあるのですが、
紅葉狩りとか紅葉とか考える前に冬になってしまったような気候です。
いえいえ、普段なら紅葉真っ盛りのシーズンのはず。
だったら今シーズン真っ盛りの着物を着ないと・・・・ね。
c0021551_19335887.jpg
だったら、まとめて帯も着物も枯葉の面倒をみましょう!
着物はモミジ
帯は枯れた葛の葉

同系色の組み合わせになりました。
タレと帯〆の濃い色がアクセントになっています。

今日は1月14日(土)に中日ビル1階ロビーで行われる
ロビーコンサートについての話し合いをしました。
問題はそのコンサートでは椅子に腰掛けて三味線を弾くことです。
足の長さと椅子の座面位置の関係で
足の角度が変わると
三味線の角度が変わってくるので
演奏に支障が出るんですね。
それをどう克服するか・・・
と色々知恵を出しあって・・・来週に持ち越し。

さあどうなりますか、
皆様、1月14日(土)午後3時ころ、栄においでの際は
中日ビルのロービーをちらっと通過して下さい
よろしくお願いいたします。 m(_ _)m


[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-30 20:29 | 着物 | Comments(0)

イギリス標識帯を締める

さあ、標識帯が完成したので、今日締めてみましょう。
帯が一番映える着物にしましょう。

というわけで・・・
c0021551_21245879.jpg
えんじ色の無地ウール(地紋有り)に合わせました。
帯〆は着物と帯に溶け込む色合い。
帯揚げは青ですが、ほとんど見えてませんね。

ちょっと半襟の見え方が変ですが
これに付いては、またいつか。

さて、気になっていた重さですが、
それほどは気になりませんでした。
着物にもよるかもしれませんけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-16 21:46 | 着物 | Comments(0)

ちょっと生暖かい日?

今日は13時から津賀田中学校でNPOの長唄講習会です。
なかなかハードスケジュールです。
12時20分に家を出れば、地下鉄でも間に合います。
車があいていればもう少し遅くても大丈夫かな?
着物を着る時間を取って・・・
でも朝はスーパーにも買い物にも行くし、
日曜日で大ばあちゃんが居るので
あまりに早い昼食にもできないしぃ~
と一人でイライラ。

それでも、11時になったので、勝手に昼食の準備を開始。
11時30分にはできちゃったので、昼食で~す!
大ばあちゃんまだ早いとか何とか文句を言いながらも
食べることの好きな人なので、それはありがたい。
私はさっさと食べて、さっさと準備した着物を着て
c0021551_21415957.jpg
お先に失礼しま~す

今日はこのところの寒さが一段落しているので、
さらっとした薄手の純ウール
ウールは本当に着ていて快適です。
文化の日の大正浪漫着物ウォークでは
ポリを着て行ったので、寒いか蒸し暑いかの極端。
外歩きの時はウールにすべきだったと後悔。

帯はあまり複雑なことを考えないで
白っぽいバティック帯を手に取り、
白黒の方と白茶の方のリバーシブルで
白茶の方が気分が良いので↑に決定☆

今日の講習会では
来年4月16日(日)の発表会に向けて参加表明ですが・・・
午後2時間ほどの講習会でも
家を空けるのは色々と大変なのに、
日曜日の朝から夕方まで出かけているのは可能なんでしょうか・・・
一番の問題は午後のお風呂。
色々細かい問題のある作業です。
入浴そのものは自分でできるのですが、
その前後のことがね。

発表会本番では、自分の出番が終わったところで
さっさと帰らせてもらうことができれば
大丈夫なかな、ということで一応参加表明。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-13 22:19 | 着物 | Comments(0)

泥縄・標識帯

またまた急激な気温の低下です。
12月の気温ですって?
12月と言えば冬ですよ、冬!

でも、全然気分が乗っていないので、
季節を考えずに暖かそうな気分の着物
ということで、伊勢木綿の着物を考えました。
木綿ということで、つい毎度暑い時期に着て、毎回失敗・・・・
と言うことで、今回は急に寒くなった今日着てみることにしました。

で、帯は?
帯合わせもいつも失敗するのがこの着物の常。
今回も色でそれらしい帯を合わせてみますが、
どうもイマイチです。
では、素材感では?
ということで思いついたのは、大塚屋で買った布。
クリスマスではありません。
行くたびに迷っていたもう一枚の布ですが・・・・

思いついたときがその時です。
何の時?
泥縄といわれようとも・・・
お太鼓だけでも縫い付けちゃいましょう!
ということで、ギリギリ時間内でできちゃいました!
最後は昼食を準備しながら、食べながら・・・(^_^;)
何とか遅刻しない時刻にできあがりました(^_^)v
c0021551_22032360.jpg
前帯はモナコグランプリ帯(クリック)
そして、今回慌てて縫い付けたお太鼓部分が
c0021551_22185080.jpg
上のグランプリ帯は麻混ですが、
今回の標識柄の布は木綿
ただ、布の感じや色が似ているし、
自動車関連の布ということでま、いいかな、って。

さ、次は前部分の布も縫い付けねば☆
この際なのでもう少しがんばりましょう。

で、この上に羽織ったのは、
早くもいつものマント!(クリック)
だって冬と同じ気温だそうですからね(^o^)
結果は丁度よい感じでした。
この着物はちょっと寒い時期に着るのが良さそうですね。
さすが空気をたっぷり含んだほっこり厚手(中厚手?)の木綿ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-09 22:59 | 着物 | Comments(2)

大正ロマン風(のつもり)

さて、今日は文化の日。
例年、東区では歩こう文化の道、というイベントが開かれます。
しかしこのところ、出かけられないでいました。
ところが昨夜、mixiを見ていると千夏さんの書き込みを発見。
大正浪漫着物道中というイベントがあるようです。
正式参加表明は時間的な関係で、むつかしいのですが、
道中の時間は午後1時から、二葉館前からと言うことで、
一緒に歩けそうです。

いつも飛び入り参加ばかりですが、
今回もドタキャンならぬドタ参させて貰おうと思います。

というわけで、大ばあちゃんのタンスから発見された
誰の物かわからないアンティークな羽織デビューということで。

決まっているのは羽織だけ。
着物はどれにしましょうか。
あまり大正浪漫的な着物は持ち合わせがないので
羽織に合うものといういうことで選択。
c0021551_22074368.jpg
羽織を引き立てる江戸小紋は
英のポリ(シルック)
帯はお召しの羽織から作った雲龍帯(クリック)

こってりしたイメージにしたかったので赤い半襟。
午前中にチクチクした物です(クリック)
羽織紐も取り替えておいてヨカッタ♪~(くりっく
でも、後から考えてピンクのベレー帽にすればもっとヨカッタかも・・

さて、午後からは・・・次に続く

さて、ポリの着物で歩き回るのはイマイチでした。
薄ら寒いか、急に蒸し暑くなって羽織を脱ぐ羽目になったり、
でまた寒くなったり・・・・
外歩きはいつもウールの私にとって
ポリの気温調節性はかなり悪いという印象でしたね。
とは言え、絹物の方がまだ良かったのか、経験不足で不明ですが・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-03 22:17 | 着物 | Comments(0)

初羽織とヒョウ柄帯

なんだかとても寒いです。
風通しが良いようにあちこちの部屋の戸を開けていた我が家も、
さすがに一番寒い北の部屋(玄関と洗面脱衣所)の戸を閉めたら、
外の温度がわからなくなって・・・外へ行ったら寒かった(^_^;)
かなり断熱性が良い家なので未暖房ですケド。

なので、ちゃんと薄い着物肌着も忘れずに・・・
ぢつは最初忘れて、寒かったので、また着た(^_^;)
その次はショールだけで外に出たら寒くて、
絞りの羽織(クリック)をまた着て出直した(^^;)  とか・・・

で、今日はもう一つミッションが・・・
そう、例の改造(改良?)ヒョウ柄帯の試着ですね。

というわけで、
c0021551_19574910.jpg
今日は所々地紋のあるグレー無地のシルクウール
に合わせました。
ま、無難なコーデですね(^^;)
新しい部分のヒョウ柄は多少見えていますが、
ほんのちょっぴり。
多分気づかないほど。
少なくとも真っ黒がチラ見えするよりはずっとマシでしょう。
c0021551_21192528.jpg
あ、出かけたときの羽織姿は時間が無くて、画像無しです。

かわりに・・・
c0021551_20044872.jpg
最初ちょっと着てみたピンクの羽織です。
大ばあちゃんのタンスから出てきたふる~い羽織です。
ちょっと着てみると、振り袖だったので
改善が必要と言うことで却下するも・・・・

羽織紐が太すぎて使いづらいので取り替え。
上がオリジナル。
下が取り替えた物。
ちょうど色の合う羽織紐が出てきたのは幸い。
ちなみに帯のように見えるのは
とっさに置いたスカーフ。

ステキな色柄なので何かに作り替えようと思っていましたが・・・・
袖丈以外は裄や羽織丈、身幅などぴったりなので
ひょっとしたら、私が着る?

それにしても誰の羽織だったのでしょうね・・・・
結婚前の大ばあちゃんのもの?
大ばあちゃんに尋ねて、やぶ蛇になってもつまらないので
尋ねるのはやめておきましょう(^^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-02 21:21 | 着物 | Comments(0)

改造ヒョウ柄帯

気候(気温)が乱高下しています。
昨日は急な気温低下、一転、今日は10℃も気温上昇だそうです。
しかし午前中はそれほど暑くも感じなかったので、
とりあえず、ウール混の薄手の着物に決め、
帯を選んでいるとき、ふと思い出したのです。
修理したばかりのヒョウ柄帯があるじゃないですか。
幸い選んだ着物は格子で、色もよく合います。
んじゃ、この組み合わせに決定ですね♪~
c0021551_21371106.jpg
あとは小物。
ちょっと変わった色を選択しましょう。
まず、半襟は渋いグリーンとオレンジのチェック柄。
そこで、帯揚げは半襟と似たグリーン。
帯〆はあまり目立たないグレーを選択。
印象を和らげたかったからです。
でも、今この写真を見ると、
もう少し濃い色でも良かったかな、と思いますけど。

格子とヒョウ、そして半襟にはちょうちょも飛んでいます(あまり見えないけど)
では、動物園のヒョウ、っていうテーマはいかが?

ところで今日の唄の先生、私の帯をまじまじと眺め、
ひょっとしてヒョウ柄?
梅柄にしては色がおかしいし、ヒョウ柄なんて信じられないけど、
ヒョウ柄ってあるのね・・・って☆
ええ、本当にヒョウ柄なんですよ。
でも、普通の布で自分で作ったんです。
大塚屋へ行くと全部帯に見えちゃいます・・・って。

1月14日(土)午後3時からの
中日ビルロビー・ミニコンサートの形が
次第にできあがってきているようです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-26 22:31 | 着物 | Comments(2)

羽織のたけくらべ

さて、いよいよ明日は次男家の七五三です。
自分の着物の準備もせねば・・・
ところがいつもマゴの行事に着ていた柏の葉の着物が・・・
すぐに出てきません。
丹念に探せばきっとあるはずですが、
その前に見慣れない色無地が出てきました。
姑、つまり大ばあちゃんの着物のうち
処分するには惜しかった物の中にあった物と思われますが、
子細に検討すると・・・

裄は1尺6寸7分ほど、前や後ろの巾もほぼ標準。
丈は十分そう(計ってないけど袖丈の3倍以上ある)
袖丈も普通。
大丈夫着れますね。
サイズが大体合う白の長襦袢もあります

今日、更に子細に検討すると、
裏地はキレイ、松坂屋のラベルが縫い付けてあります。
しかもしつけ糸が現代物(しっかりした糸)
かなり念入りにしつけ糸がつけられています。さすが松坂屋のラベル付(^_^;)
え、一体いつ仕立てたの?
しかもこんな普通寸法(^_^;)本当に大ばあちゃんの物?
謎だらけですが、無視してしつけ糸を取りました。(^_^)v
松葉の地紋がめでたい雰囲気に合いますね。

ついでに発見された同じくしつけ糸の付いた単衣の黒羽織。
しかもうちの紋付きです。
コレもかなり新しいしつけ糸ですが・・・
この羽織の丈は・・・・短い(>_<)
一体いつ誰が・・・何の目的で・・・?

明日もひょっとして暑いかも・・単衣の羽織いいカモ
取りあえず、ちょっと着てみましょう。
c0021551_21485285.jpg
自分の羽織と、発見された羽織を着比べ
こうして並べてみると
ずいぶん長さや雰囲気が違いますね。

c0021551_21501623.jpg
後ろの感じもこんなに違います。

こりゃダメだ・・・
単衣の羽織は折り返しが少しあるので
伸ばせるかと思ったのですが、
折り返しの分がたとえ全部伸ばせたとしても
これでは足しにはなりません。

ちゃんとした紋が付いていて、
地紋もあるこの単衣の羽織は重宝かと思ったのですが、
お金を掛けるのはやめにしましょう。

わたし、丈の短い羽織はとても嫌いなんです。
何か意識下に嫌なイメージがあるようです。
厳かな雰囲気の時にこの羽織は・・・
やっぱりね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-21 22:10 | 着物 | Comments(2)