カテゴリ:三味線( 228 )

折りたたみ椅子用(隠し)座布団

1月14日(土)午後3時からの
ロビーコンサートで使用する折りたたみ椅子は
座面がメッシュになっていて、腰掛けるとお尻が沈んで
特に背の低い4人は三味線の構えが不安定になります。
そこで小さめの座布団を作ることにしました。
背の高い一人もお尻が沈んで足が痛いというので
5人分の座布団を作ることになりました。

丁度いいことにずっと以前に余った布団綿で小さな枕状のものを作って
教室に置いてあったので、その綿を再利用することにしました。
相引(正座椅子)としては利用しずらかったからです。

家にあったぬいぐるみ用のポリエステル綿も動員して
c0021551_21184852.jpg
古いタオルで綿を包んで
1辺約30cmのミニ座布団が5つ出来ました。
ざくざくと粗い手縫いで
このままではとても弱いので・・・
c0021551_21185588.jpg
青い袋に入れて使います。
これは椅子の色に合わせた・・・というか偶然なんですが、
解き洗いしてそのままになっていた青の色無地の反物、
その有効利用です。
仕立てるには色々難有りの反物だったのです。

しかもこの青袋は
控え室から会場へ行くまでの小物や譜本入れにもなります。

さ、次は残りの反物で袋も何枚か作る予定です。
もちろん縫い目の見えない袋の作り方を参考にしてね(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-15 21:33 | 三味線 | Comments(0)

長唄演奏会

私の流派の長唄の会は毎年色々趣向を凝らした会になっています。
昨年は落語とコラボしていました。
今年の第一部は生け花とコラボしました。

c0021551_17154653.jpg
花にちなんだ曲目が5曲
うち3曲は菊がテーマです

その3曲が演奏される間に
舞台の下手(しもて)客席から見て左側に
テーブルがしつらえてあり
小原流の先生が花を生けられる
という趣向
c0021551_23440219.jpg
こちらが完成後、ロビーに飾られた生け花です。
ビワ、菊、斑入りのススキ

次の曲、あやめ浴衣にあわせた舞台では
カキツバタとアジサイの盛られた生け花が
山台の前に飾られていました。
c0021551_17321456.jpg
ずいぶん端っこですね
c0021551_17323708.jpg
アップです

次の梅の栄は題名だけでしたね(^^;)

ここで、休憩 後半になります
残念ながら私はここで次の会場に向かいましたが・・・

後半の趣向は雨乞い・・・?梅雨のシーズン物?
というかめったに演奏されない曲シリーズです
2010年は三国妖狐物語の上(クリック )
(下はおなじみの那須野)

虎・少将道行き
虎とは虎御前、曽我十郎の彼女
少将は化粧坂の少将(けわいざかのしょうしょう)、
曽我五郎の彼女です。

曾我兄弟は赤穂浪士の前の仇討ち物の一番人気
今でも歌舞伎や長唄ではよく登場しますが
その兄弟の彼女連合チームが
仇討ちを成功させるために雨乞いをするというお話

予定されていた富士の裾野の巻狩が中止になり
頼朝ら一行が帰ってしまうことになったので
雨乞いをして帰るのを阻止し
仇討ちを決行させようということで、
無事大雨になり巻狩の一行がとどまるなか、
仇討ちが成功したという。

以来旧暦の5月28日は当地では必ず雨が降るという
それを虎が雨、ということですが、
ネットで調べると
虎御前が十郎が仇討ち後、落命したことを嘆いて泣く雨
と、もっぱら書いてあります。
いずれにしても旧暦の5月28日は
梅雨のさなかで雨が多いとのこと。
今年は7月2日がその日です。

名古屋では初演、以後もまず演奏されないであろう曲が聴けないのは
残念至極
この日の着物は(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-26 18:09 | 三味線 | Comments(0)

笛・鼓・三味線・長唄交流会

今日は舞台本番です。
伝統の音と舞・実行委員会主催の舞台で
笛・鼓・三味線・長唄交流会と銘打つだけあって
今回は実に多彩な発表となりました。
c0021551_21490859.jpg
私が唄で出た長唄あり、

c0021551_21484980.jpg
篠笛だけの発表あり、

c0021551_21485889.jpg
小鼓、篠笛、お箏(おこと)の合奏あり
ちなみにこの舞台では最年少の小学一年生が
(年長さんの時から始めた)
お母さんと一緒に鼓の発表をしました☆

c0021551_21533083.jpg
なんと可愛い、小学生の踊りもありました☆
ちなみにこれはリハーサルの様子
本番は舞妓さんの様な着物姿でした

その他、太棹三味線による
民謡の発表もあり
迫力の演奏が好評を博していました♪~

出演者が裏方さんもやりながらの発表会なので、
来て頂いた方に十分なお礼も出来ませんでしたので
この場を借りてお詫び申し上げます。
今日来て頂いた皆様本当にありがとうございました。

来年の発表は4月16日(日)
瑞穂文化小劇場(クリック)に決まりました。
あら、地下鉄は
瑞穂運動場西、瑞穂運動場東、新瑞橋
3駅のちょうど中間です(不便?)
頑張りましょう!

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-03 22:03 | 三味線 | Comments(2)

お弾きぞめお片付け

お弾き初めも終わり、仕事仲間の新年会幹事仕事も終わり
気分は一段落ですが・・・・
いえいえ、お弾き初めの方は、後片付けがまだ残っていますよ。

c0021551_18312868.jpg
早く片付けねば・・・
という焦りから
闇雲に作業をこなして、
さあ完成、と思った後で
落ち着いて昨年の記録を見ると・・
あら、昨年の写真は上手にまとめてありますね。

あぁ、お弾き初めの会場で写真を撮らなかったので
新年会に出られなかったお仲間が
写ってませ~ん
ごめんなさ~い!m(_ _)m

おまけに何を勘違いしたか
A5で焼いてしまいました。
以前、誰かが大きいのは嫌だと言った気がして・・・
(>_<)
違ったっけ?
ま、結構苦労して作ったので勘弁してもらおう
そして来年は昨年のを参考にして作りましょう。

そうそう、会計処理もして、報告書を作成して
さ、これで完成ね☆ほっ

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-07 18:40 | 三味線 | Comments(0)

お弾き初め舞台

お弾き初めの写真を整理しました
c0021551_22420406.jpg

一度に全体を撮ることができないカメラなので
2枚の合成パノラマ写真です
結構巧くつなげられましたね♪~

全6曲つなげたら・・・
c0021551_22473371.jpg
こんな感じ

あ、タイトル付けなきゃ・・・
これが結構大変です
あれ?
よく見ると一番下の段、左右が間違っています。
一応曲目順にしたはずなのに・・・・
また作り替えねば・・・

頑張ります

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-04 22:53 | 三味線 | Comments(2)

三味線もお弾き初め準備

準備が遅れています。
朝、一通りの練習をしたあと、
唄の譜本に扇子の上げ下ろし箇所の印をつけ、
そのあと急に・・・

c0021551_20565323.jpg
三味線をばらばらにしています。
なぜに?

c0021551_20584846.jpg
それは・・・
ばち皮にずいぶん傷が付いていることが気になって、
気になって・・・
迷っていたら、
とうとうギリギリになってしまった・・・と。

で、思いきって三味線屋さんに飛び込んで
張り替えて貰って(だから↑はキレイになってます)

ついでに・・・
c0021551_20585367.jpg
古い滑り止めのゴムをはがして・・・
(貼りゴムの話も三味線屋さんのおじちゃんに聞きましたし)

c0021551_20585753.jpg
新しいゴムを貼って・・・

お弾き初めに持って行く三味線を決めて
三味線を組み立て直し、
胴掛けを決めます。
c0021551_18392480.jpg
博多織の小布を貼った胴掛けデビューです(クリック)
滑り止めゴムの色がイマイチのままでした(^_^;)

次は糸の張り替え。
とは言え3の糸は当日張り替えるのでそのまま。
1の糸はちょっと擦れているだけでなんともないようですが
1と2を両方とも張り替えたら
まぁ~ステキな響きになったこと♪~
3の糸も自分で張り替えちゃおかしら・・・
当日は枷をかけたりしてチョー忙しいのよ・・・

さあ、荷物の忘れ物が無いようにね。

着物は決めてありますが、試着はまだ。
あ~れ~
しかも袋帯に撥水スプレーはかけましたが
まだ名古屋帯化してありませんよ・・(>_<)
やんなきゃぁ~

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-31 22:34 | 三味線 | Comments(0)

瀧流し@勧進帳

あと2週間で中日文化センター長唄教室のお弾き初め、ミニ発表会です。
2月3日(水) 午後1時~3時 途中でおまんじゅう付のティーブレークもあります。
もちろん入場無料ですが、お稽古の一環なので、いつもの教室で行います。
もしよろしければ、見に来てやってください。

で、本題は・・・

その発表の演目の一つが勧進帳の中で演奏される間奏曲のような
瀧流しと呼ばれる部分を演奏するのですが、
たまたま4月の3日(日)に芸文センター小ホールで行われる
NPO法人伝統芸能・音楽教育サポートネットワークの発表でも、
瀧流しが演目に上がっているので、
私は両方とも三味線を弾くことになっています。

同じ曲なので練習半分で良いじゃない♪~
と思ったら、そうでもなくて、
文化センターの方で私は上調子を弾くし、
NPOの方では本手を弾くので・・・
だったらNPOでも上調子にすれば良いじゃない?
と思ったら、NPOの方は瀧流しの後の段切れ(終わりまで)あって、
段切れの上調子の譜がない(探しても見つからない)ので
上調子を弾くわけにいかない、ということなんです。

さて、そんな時、お稽古をしていて気づいたことがあります。
それは・・・

一カ所音が違うところがあるのです。
もちろん両方のグループはもとの先生が違うので
多少の違いはこの他にもあって、それは納得できるのですが、
音が違うことに関して更に面白いなと思ったのは、
私が文化センターの教室の先生に頂いた上調子の譜本の音が
NPOで弾いている音と同じで
文化センターでは他の人と音が違っているから直せ、
と言われた音だったのです。

ややこしいですね。繰り返します。
文化センターでは青柳本の譜を使って演奏している。
上調子の譜は先生の手書き。これが上の青柳本と違っていて、
先生に違うと指摘された。
上調子の譜はこの先生が書いたものでは無いのか?
NPOがどの譜本を使っているのか知らないが
私が貰った文化センターの先生の手書きの譜と同じ音で演奏していた、
様な気がします・・・(^^;)(自信が無い)
でも上調子の音が今ひとつよくわかりませんが、
どうやら譜が間違っていたわけではなくて、
先生によって?あるいは流派によって?採用する音が違っている
ということらしいですね。
となると、あの上調子の譜はどこが起源の譜だったのかしら・・・

ちゃんと出版された譜本で上調子の載っているものがあればいいのに。
出版予告だけで結局出ていないんですね・・・
先生間の違いが大きすぎてまとめられなかったとか?
横書きの譜本(文化譜)も持っていますが・・・
ちょっと探し出してきて、一度検討してみようかしら。
とはいえ、文化譜に瀧流しは載っていないという、この面倒さ・・・
でも、うまく練習できるようなら両方、上調子にします?
例の音の問題完全解決とは行ってないんですけどね・・・

ほとんどの読者の方に縁の無いお話で申し訳ありませんでしたm(_ _)m

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-18 19:14 | 三味線 | Comments(0)

in名古屋

何が in 名古屋ですか?
c0021551_21574780.jpg
ここはたしか古川美術館の別邸:為三郎記念館ですよね。
たしかに名古屋ですけど・・・・

ぢつはちょっと省略されてまして、
正式には
三味線音楽に親しむ会
in名古屋

今まで他の都市でも行われてきましてin都市名
今日は名古屋なのでin名古屋・・・と言うことなんです。

一連のシリーズで、
小規模の演奏会をあちこちでおこなって
三味線音楽(長唄ですけど)に親しんで頂こう
という試みだそうです。
c0021551_21580948.jpg
為三郎記念館のお庭に檜舞台をしつらえ
そこで再構成された長唄の演奏会と
対談が予定されているのです。
観客は窓を開け放してお座敷からということ。
演奏が始まれば、撮影も録音もダメなので
今、ちょっと雰囲気だけでも・・・

今回は大先生のウズベキスタン国際音楽会出演
という大イベントの
お話とその時の演奏、
奥山女史との対談
そして道成寺の再構成長唄
(娘道成寺と紀州道成寺のいいとこ採り)

お庭にある滝の水音のなかでの演奏
野趣あふれるというか・・・・
と一般的な話はやめて
ワタシが喜んだのは
一人だけの男先生が
最初の曲では各種太鼓と三味線担当で
あの太鼓この太鼓鉦とまるでドラムスを叩くように
一人で忙しく演奏。
太鼓(お囃子)が入るとぐっと長唄がステキになるんですね。

あぁ~良いわぁ~、ワタシも太鼓叩きた~い!
鼓も笛も体験会で一瞬にして挫折しましたが
締め太鼓や大太鼓なら楽しそう!
でも、太鼓ってやっぱり若くないとダメかも・・・
あのスピードに乗れないかも(T_T)
こんなにあちこち痛くてはねぇ~

次の対談。
奥山女史、
ますます冴えます!
大先生との対談のなんと話のかみ合うこと。
言いたいこと、言わせたいこと
言わねばならないこと・・・
遅くも早くもなく歯切れの良いしゃべり方で
聞き取りやすく(それは大先生も同じ)
お話を引き出し、
さりげなく次の道成寺の内容に迫っていきます。

道成寺
僧安珍に恋をして裏切られ
その怨念により蛇に化身するが経により成仏する・・のか?
という流れにより再合成された二曲
最後のお経、コレは習ってない曲ですが
これ良いわぁ~!(譜本買おうかしら・・・)

自分の備忘録のような記事になってしまいましたが、
思い切って行って良かったです。
今回は小さな椅子席になっていて楽でした。
しかも満席。
直前に希望を出していた友人は席あったのかしら?

今日の着物は(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-06 23:10 | 三味線 | Comments(0)

三味線の皮張り

浅田屋さんのおじちゃんに皮を張ってもらった三味線、
こだわりの皮だったし、もう仕事も辞められたので、
家からは出さずに大切に弾いていたのに、
この夏ちょっとしたことで傷を付けてしまい、
秋になってとうとう破れてしまったんです(T_T)

は~・・・

先週やっと修理に持って行き、
今日、受け取りに行ってきたんです。

c0021551_19175625.jpg
猫は品薄で値段が高いのでどうしましょうか・・・
と聞かれましたが、
裏が猫のままで表を犬皮にしても、
この際仕方が無い、と言われたので、
犬皮にしました。
浅田屋さんのおじちゃんだったら、
ダメと言われること間違い無しなので
ま、良しとしましょう。

c0021551_19180355.jpg
救いは、
いい音してますよ。と言われたこと☆

虎は死して皮を残し、
人は死して名を残すと言われます。
牛も豚も羊も馬も
肉を食べたあとは良い皮革を残します。
牛は角も骨も製品化されます。
(三味線の舎利駒は牛の骨で作られています)
なのに(殺処分された)犬も猫もめったに皮を使ってもらえないのは
残念なことです。

環境変化で河原に住む鼠が減って
蒔絵用の漆を塗るよい筆が作れなくなっているのは別件ですが、
なんとかできそうなことなのに、それができなくて
伝統の道具が危機にさらされているのは、悲しいことです。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-13 22:29 | 三味線 | Comments(0)

.amrファイル変換ソフト

昨日、ケイタイのボイスレコーダーで撮ったお手本、
パソコンに取り込んでみると、ファイル形式がamr・・・
どうします?

今朝、ネットで変換ソフトを探してみるに、
我が家のパソコンはウインドウズ10にしたばかり(夫が)
ダウンロードしてもうまく動かない可能性があります。
それに、慣れないソフトって・・・大変だし・・・
と思ったら、ネット上で無料変換してくれるのを発見。
以前、利用したときはファイルが大きすぎて、
一部しか変換出来ませんでしたが、
今回はケイタイの容量が不安だったのでお手本ぎりぎりの録音で
しかもお手本は全体の曲の一部だったので、
うまく変換出来たようです。(まだ細かい所は検討していない)

自分の慣れた編集ソフトはwav形式にしか対応していませんが、
編集する必要も無いのでmp3に直接変換。
コレならすぐiPodに入れられます☆

さあ、これから、来年の4月に向けて神田祭の唄と滝流しを
練習のメニューに入れますか。
などとやっているので、肝心の練習時間が取れないですよ(>_<)
頑張りましょう。

さあ、いまから昼食、そして出勤です。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-14 10:49 | 三味線 | Comments(0)