カテゴリ:三味線( 226 )

東京準備

今朝は久しぶりの雨でした。
東京行きは今週末。
梅雨入りの予報が出始め週末はやや不安なお天気模様です。
あまり外は歩きませんが、一応・・・
c0021551_19082455.jpg
雨草履にもうまこ印を付けました。(クリック)
ただいま乾燥中なので、
今日のお稽古には間に合いませんでしたけど、
備えあれば憂い無しです。

あ、宅急便です。
もう来ましたね☆
c0021551_19084957.jpg
小さいサイズのヘアスプレーです。
大きいヘアスプレーは
次男が置きっ放しにしていったお古を使っていますが、
かなり大きいので今回の荷物には嫌だなぁと思って、
ずいぶん前から探していたのですが、
いまどきヘアスプレーは流行らないので、
見つからない。
ネットで探してもイマイチよくわからない・・・

と言うことで、こんなぎりぎりになってしまい、
ロレアルのを見つけ注文すると、コレが・・・
廃番で最後の一個売れ切れました・・・って。
えぇ~・・・
で、決心して、次に見つけたコレを注文。
がちがちになります、だそうで。

なぜ必要?
それは、長唄の舞台では、うちの流派の話で、
素人さんはそこまでこだわらなくても良いんですが、
一応、上と横はふんわり丸く仕上げ、
かんざしとか飾りは無し。
イメージとしてやや束髪っぽい感じ?
というわけで、髪の短い私は
てっぺんだけヅラ作戦で行くことにして、
しかもてっぺん用だけなら既に持っているのですが、
サイドも多少・・・ということで、
シンプルなのを以前に注文したのです。
なかなか、簡単でうまくいくのですが、
自分の前髪とてっぺんのヅラを馴染ませるのに
最後の一吹きが欠かせません。
特に今回は朝から本番まで時間があるので
がっちり固めたいわけですよね。

というわけで、こちらの問題も解決。
よっしゃ~!

[PR]
by yamamotoyk | 2015-06-03 17:28 | 三味線 | Comments(2)

あいびき小物入れ

さて、舞台ネタです。

あいびきとは業界用語で正座椅子のことです。
私は三味線を弾く時にあいびきが欠かせません。
あいびき無しで三味線を弾き始めると途中から足が痺れて
三味線どころでは無くなってしまうからです。

舞台に上がる時、長唄では色々な小物を持って出ます。
唄の時は譜本、見台(譜面台)、扇子、
三味線の場合は、三味線、撥、滑り止めの布と
私の場合はこれにあいびきが加わるので、
結構なお荷物になります。

最初はあいびきに紐を付けて、持ちやすくしました。
次はあいびきをバッグに入れ、そのバッグに他の小物も入れるようにしました。
今回は東京行きになるので、全体の荷物もなんとかして減らしたいと考え、
あいびきの中に小物も入れてしまうことを考えました。
c0021551_22554637.jpg
最初は厚手の段ボールで箱を作って
それをあいびきにして、中に小物を入れることを考えました。
そして、それを縦長の赤いバッグに入れました。

しかし、箱の上の広い面から物を出し入れして、
バッグは縦長なので
箱に小物を出し入れするのに
いちいちバッグから箱を出す必要があって
使い勝手が良くありません。

それとややあいびきが高すぎます。
厚手の段ボールは細工が面倒だったので
作り直すのもおっくうです。

何か良い物が無いかと
さんざん百均を探し回ったあげく見つけたのが、
細長いタイプの冷茶入れ(^_^;)
蓋をきちんと閉めると強度もあります。
三味線の撥は入りませんが、バッグに直接入れれば良いでしょう。
c0021551_22555647.jpg
赤い色の布(古いTシャツ)も見つけたので
併せて細長袋を作りました。

c0021551_22560272.jpg
こんな感じ。A4サイズのクリアファイルも入るので便利です。

c0021551_22560795.jpg
持ち運びの時やあいびきとして使う時はこんな感じ

さて、持ち運びの時は撥をこの袋に直接入れますが、
撥の角がとがっているのでやや不安です。
一応保護カバーもあるのですが、不安定。

と言うわけで、ついでに簡単な物を作りました。
c0021551_22561371.jpg
スナップで外れ防止
c0021551_22561934.jpg
出すとこんな感じです。

さあ、次は全体の荷物の事を考えましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-05-26 23:16 | 三味線 | Comments(0)

草履@旅の準備

人の集まる所・・・
薄暗いところに並ぶ草履・・・・

c0021551_22583443.jpg
暗くてもぱっと目立つ印を付けてみました。
金色のアクリル絵の具です。
何の印かって?
c0021551_22585607.jpg
何に見えますか?

ヒント
c0021551_22582229.jpg

この中の何かに似ていませんか?
2010年覚王山春祭りの時の写真です。(クリック)

そう。馬の顔のつもり。

でも、遠目に見ると馬そうろうでは無くて
ぼんやりと何かのマークに見えるかも、
と期待。
草履の一番すれない、足踏まずのあたりに書いたつもりです。

もし、調子が良ければ
葬式用の草履などにも順次書いていこうかと・・・
その場合は銀色が良い?

[PR]
by yamamotoyk | 2015-05-22 23:11 | 三味線 | Comments(4)

旅の準備・草履

東京行き。
新幹線で数人の道中。
でも重い三味線抱えて東京の地下鉄をてくてく歩きたくないので、
なるべくタクシーを使いたいと思いますが、
どうしたって歩きますよね。

更に言うと、
着物が大勢一カ所に集まるという事でもあります。
着物好きが集まる会ではないので、
多少の事情は違うとは思いますが、
最近着物好きの集まりで感じるのは、
カレンブロッソの草履を見かける事が多いのです。

いえね、はいている時は別にいいんですが、
舞台では履き物を脱ぐので
脱いだ草履が何足も並んだ時に、
カレンブロッソは目立つんですね。
一足だけなら目立っていいんです。
自分の草履だってすぐわかりますから。
でも、何足も並んだら、却って間違いのもとになります。

というわけで、悩みが深くなります。

なぜならわたしのカレンブロッソは低底。
普段履きですが、とても歩きやすいので、
歩き回る時にはぴったりですが、
上の理由により、ためらわれるというわけ。
しかも、着物も帯も格が高めで、草履だけ普段履き?
というのもねぇ・・・・
誰も足もと見ないし・・・と、思う事にしても・・・・
c0021551_23175714.jpg
歩きやすそうな草履を並べてみました。
左上がそのカレンブロッソ、低底です。

右隣はふわふわ底で粗い布の草履になります。
鼻緒が縞で粋でカジュアルな感じです。
底はほどほどの厚さでそれほど普段着っぽい感じはしないかな。

その下も多少ふわふわした台で鼻緒も粋な感じです。

その左は上品でやや粋な感じ。
台もふわふわ。
見た目には一番いい感じです。

というわけで、左下の草履を試しにはいて、
やや長時間歩いてみました。

焦って早足になると足をくじきそうになります。
台もつるつるで多少滑ります。
う~ん・・・
やはりつるつるの草履は上品ですが
ぱこぱこ歩く時にはやめた方が無難ですね。

となると・・・必然的に
右上のざらざら素材のふわふわ台草履となりますね。
じつは、この草履、TPOがイマイチで
それと、もったいなくて、今までほとんどはいてませんでした。
しばらく集中的にはいて、慣れようかな。

それにしても、この地味~な草履。
薄暗い所(舞台袖)で、見分けられないかも・・・
なにか、目立つ印を付けようかしら・・・
どんな?台の真ん中に何か書きますか?
名前(うまこ)とか?絵(馬の顔)とか?

[PR]
by yamamotoyk | 2015-05-17 23:46 | 三味線 | Comments(4)

お手本CD

6月7日東京国立劇場小劇場での舞台(吉住まつり)では、
お囃子が入ります。

今回私はタテ三味線ではないので、タテである先生の撥を見て、
その通りに弾けるように努めますが、
一応、お囃子がどんな風に入って来るのか、
知っていた方がいいので、
古いラジオの録音やら、昔の演奏会の時の録音やらをお借りして
まとめてみました。
c0021551_22584332.jpg
8日のお稽古の時の演奏も
編集してまとめてみました。
先生のダメ出しをまとめるも大変でしたが
なんとか、できたたようです。

録音の編集は音が出るので一人の時でないと難しいので
今日中にできてよかったです。
次の水曜までにできないと困りますからね。
人数分(特に唄の人用)焼くのは単純作業で、いつでもできますけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-04-10 23:04 | 三味線 | Comments(2)

笛鼓長唄交流会本番

さあ、いよいよ3月1日の発表会当日です。
先週のリハーサル練習の時の録音にあわせて
この一週間一生懸命唄のお稽古をしていました。
昨日の土曜日は一週間分の食料品買い出しと
ホームにいる母親にヨーグルトを持っていきながら
話し相手になるという仕事もあるので、
しかも直前一夜漬けに近い練習も欠かせなくて
ブログの更新も出来ませんでした。

お風呂の中で、当日の朝のスケジュールを考え(いかにも泥縄)
やっぱ、6時起きかぁ~
6時からお弁当(おにぎらず)を作って(クリック
6時半から朝食を食べて
7時から大ばあちゃんの朝の作業(着替えさせ、洗濯機を回しお風呂を洗う)
7時半から髪の毛(ま~るく盛る)とお化粧
8時から着物を着て
8時半に出発
9寺集合。
やり残したことは夫に、あとよろしくね~♪
家族の協力あってです。
今夜の食事は昨夜塩鮭のコロッケを焼くばっかりに作って冷蔵してあるのでOK!

というわけで、午前中はリハーサルです。
c0021551_20471018.jpg
今回、幕を使わなかったので
出演者は客席の左端に陣取り、
そこから舞台へ上り、またそこへ帰る、
という形式でした。
なんか、講演会の発表みたいでいいですね☆
スケジュール表をちらちら見ながら、
あっ、次出番だ!とかドキドキしていました。

芸文センター小ホールは、
小さいながらも幕も照明も設備はあります。
でも、舞台は巨大な箱を置いて作ってあります。
c0021551_20512709.jpg
客席はこんな感じです。椅子は非固定式?
最低限の予算で、手作り、ボランティア頼みの開催です。
本当にありがとうございます。
お客様もちゃんと来てくださりありがたいことです。
(私はお誘い出来ませんでしたケド・・)
お客様あっての舞台ですからね☆

それにしても、朝からろくに声も出していないので
リハーサルでは声が出ないこと・・・(>_<)
変に力んでのどが痛くなってしまいました。ありゃりゃ。

c0021551_21062025.jpg
午後からは、いよいよ本番ですが、
いかんせん自分の舞台の写真がありませんね、残念。
心配した声は一番最後にやっと出るようになりました。
で、コレは最後の出し物。
笛の伴奏で会場全員で花は咲くの合唱です。

終わった後は、お客様をお見送りして、
c0021551_23282766.jpg
近くの喫茶店で反省会。(ただいま集合中・・・)

本番が一番いいできでした、とか、
三味線の音が聞こえなくて唄がうまく唄えなかったから、
やっぱりマイクが必要、とか
色々意見はありましたが、
いえいえ、本当に皆さん、頑張ったと思います。

中日劇場の経験によれば
いくらマイクがあっても、自分たちの音や声は
意外に聞こえないものです。
一番最初の舞台で、自分の弾いた三味線の音があまりに小さく
ひどく動揺した経験があります。
それほど聞こえないんですね。
でも、客席からはよく聞こえたよ、と。
そうなのね~・・・

それにしても、このように素人集団で
もちろん先生方のご指導のもとではありますが、
お囃子まで入った長唄を作り上げていけるなんて
何という贅沢!
それほどうまく演奏出来ないのは当然で、
それが少しでもうまくいった時の達成感は
先生方のサポートで自分一人上手に演奏できたときの比ではない気がしますが、
あ、でもそれは私が思うだけで、
立派な演奏が出来る方がよほどいいと思う人も当然いますね。

ま、色々な思いがあるから
いろんな団体があるということですね♪~

で、来年度からの長唄は末広がりに決まりました☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-01 22:25 | 三味線 | Comments(2)

舞台のビデオ

今日は仕事がらみの用事で、お稽古をお休みしたので、
着物は無し。残念です。
花曇りの春らしい暖かさ。
コートではなくジャケットで出かけましたが、
帰ったら、ちょっとうれしいような、どきどきするようなモノが届いていました。
c0021551_17422237.jpg
昨年秋、11月29日の中日劇場での発表会のビデオです。
もう終わったことだし、出来れば見たくないのですが、
ダメダメ。ちゃんと客観的に反省しないとね。

と言うわけで恐る恐るパソコンで再生します。
c0021551_17391389.jpg
全体が写ったり、アップになったり。
ソロで唄うとカメラが寄ってきます。
唄は得ですね。
三味線は弾いている人がわかりにくいので、ソロでもなかなか写してもらえません。
今回は三味線が後ろの段でしたから、なおのこと写ってませんね。
自分の撥さばきとかじっくり見たい人は残念なことだろうと思いますが・・・

さて、そんな見たくない自分の映像ですが・・・
スナップ写真でも見たとおり、やたら口が大きい(T_T)
大きな口を開けて大きな声を出そうと頑張ったのは確かで、
結構大きな声が出たと自己満足していたのですが・・・
確かに声は大きいが、口がいかにも大きすぎ~!

大口を開けて声を全部外に出しちゃうのはぢつはマズいんです。
と言っても、その後から言われたことで、
本当は知っていたんですが、
昔のことで、もうすっかり忘れていましたね。
鼻の奥とか頭のてっぺんに響かせるとか、
先生方の言われることはなかなか自分では実感出来ないのですが、
唄の先生方はあまり口を開けていないので、
これからは口の中で響かせ、口はあまり開けないように、と
練習してみましょう。

もう一点、かなり気になるのは
どうしても唄にあわせて頭を振ってしまうことです。
振ってはいけない、目立つ、と言われることがあって、
気をつけてはいたのですが、やはり振ってます・・・(T_T)
いや、揺れてますm(_ _)m
しかもだんだん体が前屈みになっていきます。
コレは三味線の時も同じなので、
よほど注意せねば。

愛知芸術劇場小ホールでの発表会の前に反省出来て
よかったと考えましょう。
鏡の前で唄ってみますか?
(そのためには唄も三味線同様暗譜せねば・・・)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-25 18:46 | 三味線 | Comments(2)

都鳥

6月の大舞台に向かって那須野は練習が続いていますが、
新しい唄のお稽古も始まりました。

それは、都鳥。
私が入ったばかりの頃、この唄を練習していました。
万博の舞台でも前弾きを披露した懐かしい曲です。(クリック)
でも、私の場合はまだ駆け出しだったので、
まだよくできないうちに次に進んでしまったので、
未完成の曲です。
そして、もちろんほとんどの人にとっては初めての曲です。

前回の時のお手本(カセットテープ)が出てきたので、
またデジタル化とCD化の作業。
昨日からの作業で、やっと完成しました。
c0021551_22593119.jpg
たぶん10年以上前の録音です。
当時は三味線が大先生、唄が唄の先生と分業しています。
昔の録音が出てきたと言ったら、唄の先生、
え~っ10年も前の私の唄は聞きたくないわね、って
さもありなん。
だからね、先生方の分は無し。ナイショ版にしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-19 23:12 | 三味線 | Comments(0)

キャノンのプリンター

今まで使っていたプリンターの発色がどうにも悪いので、
思い切って買うことにしました。
いろいろ口コミを見ても、どれも一長一短。
使い勝手もさることながら、仕上がりが悪いのも困るので、
その観点からキャノンに決定。

近くのヤマダ電機を見てから、と言うも、
どうせ高いし、玄関まで届けてもらった方がと言う夫の意見に巻かれて(^^;)ぽちっ。
翌朝、ほかの用事でヤマダ電機を覗くと、
あらら、似たような値段ではないですか。残念でしたね。
次回からは慌てず、一応確かめてからにしましょうね。

と言うわけで、早速モノが到着して、夫に設定などお願いし・・・
c0021551_18355795.jpg
写真、印刷中です。
まだ使い方に慣れないので、ついイライラして、
夫にたしなめられています(>_<)
CDも焼かねば。
あ、CDを焼くのはパソコンですケド、
表のレーベル印刷はね、どうしようかしらね。
前のプリンターのインクもなるべく使いたいですしね。

ところで、前の記事の通勤バッグのご質問にお答え。
通勤バッグの記事はこちら(クリック
ピンクの飾りはこちら(クリック)
よかったら見てくださいね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-09 18:50 | 三味線 | Comments(0)

お弾き初め後始末

お弾きぞめの後にもれなくついてくるお仕事と言えば・・・・
c0021551_21461172.jpg
写真と録音の整理

その日と次の日頑張ったので、大体できたのですが、
問題はそのあと発生しました。
うまくプリントできない(-_-;)
色が薄~い

年賀状を刷っているころはまあまあだったのですが、
そのあとなんだか色が薄いなぁと思って、
今までもしばらく使っていないと色が悪いことはあったし、
何枚かプリントするうちによくなってくるのですが、
今回はずっと薄いまま。
テストプリントをしてもまんべんなく色が薄い。

もうずいぶん使っているプリンターです。
暮れには紙送りもおかしくなっていたことだし、
いろいろ調べるうちに、実はもうずいぶん古くて
サポートも2012年に切れているって。
もう買うしかありませんね。
ねぇ~、何がいいのぉ? ←夫に叫ぶ私でした。

夫が決めて、あ、もう注文しちゃったのね。
でも、次のお稽古には間に合わないかも・・・・
(最初いろいろ苦労しそうだから)
私も価格コムの口コミとか見て一応研究したので
すっかりくたびれちゃいました。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-06 22:03 | 三味線 | Comments(0)