カテゴリ:三味線( 231 )

笛鼓長唄交流会本番

さあ、いよいよ3月1日の発表会当日です。
先週のリハーサル練習の時の録音にあわせて
この一週間一生懸命唄のお稽古をしていました。
昨日の土曜日は一週間分の食料品買い出しと
ホームにいる母親にヨーグルトを持っていきながら
話し相手になるという仕事もあるので、
しかも直前一夜漬けに近い練習も欠かせなくて
ブログの更新も出来ませんでした。

お風呂の中で、当日の朝のスケジュールを考え(いかにも泥縄)
やっぱ、6時起きかぁ~
6時からお弁当(おにぎらず)を作って(クリック
6時半から朝食を食べて
7時から大ばあちゃんの朝の作業(着替えさせ、洗濯機を回しお風呂を洗う)
7時半から髪の毛(ま~るく盛る)とお化粧
8時から着物を着て
8時半に出発
9寺集合。
やり残したことは夫に、あとよろしくね~♪
家族の協力あってです。
今夜の食事は昨夜塩鮭のコロッケを焼くばっかりに作って冷蔵してあるのでOK!

というわけで、午前中はリハーサルです。
c0021551_20471018.jpg
今回、幕を使わなかったので
出演者は客席の左端に陣取り、
そこから舞台へ上り、またそこへ帰る、
という形式でした。
なんか、講演会の発表みたいでいいですね☆
スケジュール表をちらちら見ながら、
あっ、次出番だ!とかドキドキしていました。

芸文センター小ホールは、
小さいながらも幕も照明も設備はあります。
でも、舞台は巨大な箱を置いて作ってあります。
c0021551_20512709.jpg
客席はこんな感じです。椅子は非固定式?
最低限の予算で、手作り、ボランティア頼みの開催です。
本当にありがとうございます。
お客様もちゃんと来てくださりありがたいことです。
(私はお誘い出来ませんでしたケド・・)
お客様あっての舞台ですからね☆

それにしても、朝からろくに声も出していないので
リハーサルでは声が出ないこと・・・(>_<)
変に力んでのどが痛くなってしまいました。ありゃりゃ。

c0021551_21062025.jpg
午後からは、いよいよ本番ですが、
いかんせん自分の舞台の写真がありませんね、残念。
心配した声は一番最後にやっと出るようになりました。
で、コレは最後の出し物。
笛の伴奏で会場全員で花は咲くの合唱です。

終わった後は、お客様をお見送りして、
c0021551_23282766.jpg
近くの喫茶店で反省会。(ただいま集合中・・・)

本番が一番いいできでした、とか、
三味線の音が聞こえなくて唄がうまく唄えなかったから、
やっぱりマイクが必要、とか
色々意見はありましたが、
いえいえ、本当に皆さん、頑張ったと思います。

中日劇場の経験によれば
いくらマイクがあっても、自分たちの音や声は
意外に聞こえないものです。
一番最初の舞台で、自分の弾いた三味線の音があまりに小さく
ひどく動揺した経験があります。
それほど聞こえないんですね。
でも、客席からはよく聞こえたよ、と。
そうなのね~・・・

それにしても、このように素人集団で
もちろん先生方のご指導のもとではありますが、
お囃子まで入った長唄を作り上げていけるなんて
何という贅沢!
それほどうまく演奏出来ないのは当然で、
それが少しでもうまくいった時の達成感は
先生方のサポートで自分一人上手に演奏できたときの比ではない気がしますが、
あ、でもそれは私が思うだけで、
立派な演奏が出来る方がよほどいいと思う人も当然いますね。

ま、色々な思いがあるから
いろんな団体があるということですね♪~

で、来年度からの長唄は末広がりに決まりました☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-03-01 22:25 | 三味線 | Comments(2)

舞台のビデオ

今日は仕事がらみの用事で、お稽古をお休みしたので、
着物は無し。残念です。
花曇りの春らしい暖かさ。
コートではなくジャケットで出かけましたが、
帰ったら、ちょっとうれしいような、どきどきするようなモノが届いていました。
c0021551_17422237.jpg
昨年秋、11月29日の中日劇場での発表会のビデオです。
もう終わったことだし、出来れば見たくないのですが、
ダメダメ。ちゃんと客観的に反省しないとね。

と言うわけで恐る恐るパソコンで再生します。
c0021551_17391389.jpg
全体が写ったり、アップになったり。
ソロで唄うとカメラが寄ってきます。
唄は得ですね。
三味線は弾いている人がわかりにくいので、ソロでもなかなか写してもらえません。
今回は三味線が後ろの段でしたから、なおのこと写ってませんね。
自分の撥さばきとかじっくり見たい人は残念なことだろうと思いますが・・・

さて、そんな見たくない自分の映像ですが・・・
スナップ写真でも見たとおり、やたら口が大きい(T_T)
大きな口を開けて大きな声を出そうと頑張ったのは確かで、
結構大きな声が出たと自己満足していたのですが・・・
確かに声は大きいが、口がいかにも大きすぎ~!

大口を開けて声を全部外に出しちゃうのはぢつはマズいんです。
と言っても、その後から言われたことで、
本当は知っていたんですが、
昔のことで、もうすっかり忘れていましたね。
鼻の奥とか頭のてっぺんに響かせるとか、
先生方の言われることはなかなか自分では実感出来ないのですが、
唄の先生方はあまり口を開けていないので、
これからは口の中で響かせ、口はあまり開けないように、と
練習してみましょう。

もう一点、かなり気になるのは
どうしても唄にあわせて頭を振ってしまうことです。
振ってはいけない、目立つ、と言われることがあって、
気をつけてはいたのですが、やはり振ってます・・・(T_T)
いや、揺れてますm(_ _)m
しかもだんだん体が前屈みになっていきます。
コレは三味線の時も同じなので、
よほど注意せねば。

愛知芸術劇場小ホールでの発表会の前に反省出来て
よかったと考えましょう。
鏡の前で唄ってみますか?
(そのためには唄も三味線同様暗譜せねば・・・)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-25 18:46 | 三味線 | Comments(2)

都鳥

6月の大舞台に向かって那須野は練習が続いていますが、
新しい唄のお稽古も始まりました。

それは、都鳥。
私が入ったばかりの頃、この唄を練習していました。
万博の舞台でも前弾きを披露した懐かしい曲です。(クリック)
でも、私の場合はまだ駆け出しだったので、
まだよくできないうちに次に進んでしまったので、
未完成の曲です。
そして、もちろんほとんどの人にとっては初めての曲です。

前回の時のお手本(カセットテープ)が出てきたので、
またデジタル化とCD化の作業。
昨日からの作業で、やっと完成しました。
c0021551_22593119.jpg
たぶん10年以上前の録音です。
当時は三味線が大先生、唄が唄の先生と分業しています。
昔の録音が出てきたと言ったら、唄の先生、
え~っ10年も前の私の唄は聞きたくないわね、って
さもありなん。
だからね、先生方の分は無し。ナイショ版にしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-19 23:12 | 三味線 | Comments(0)

キャノンのプリンター

今まで使っていたプリンターの発色がどうにも悪いので、
思い切って買うことにしました。
いろいろ口コミを見ても、どれも一長一短。
使い勝手もさることながら、仕上がりが悪いのも困るので、
その観点からキャノンに決定。

近くのヤマダ電機を見てから、と言うも、
どうせ高いし、玄関まで届けてもらった方がと言う夫の意見に巻かれて(^^;)ぽちっ。
翌朝、ほかの用事でヤマダ電機を覗くと、
あらら、似たような値段ではないですか。残念でしたね。
次回からは慌てず、一応確かめてからにしましょうね。

と言うわけで、早速モノが到着して、夫に設定などお願いし・・・
c0021551_18355795.jpg
写真、印刷中です。
まだ使い方に慣れないので、ついイライラして、
夫にたしなめられています(>_<)
CDも焼かねば。
あ、CDを焼くのはパソコンですケド、
表のレーベル印刷はね、どうしようかしらね。
前のプリンターのインクもなるべく使いたいですしね。

ところで、前の記事の通勤バッグのご質問にお答え。
通勤バッグの記事はこちら(クリック
ピンクの飾りはこちら(クリック)
よかったら見てくださいね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-09 18:50 | 三味線 | Comments(0)

お弾き初め後始末

お弾きぞめの後にもれなくついてくるお仕事と言えば・・・・
c0021551_21461172.jpg
写真と録音の整理

その日と次の日頑張ったので、大体できたのですが、
問題はそのあと発生しました。
うまくプリントできない(-_-;)
色が薄~い

年賀状を刷っているころはまあまあだったのですが、
そのあとなんだか色が薄いなぁと思って、
今までもしばらく使っていないと色が悪いことはあったし、
何枚かプリントするうちによくなってくるのですが、
今回はずっと薄いまま。
テストプリントをしてもまんべんなく色が薄い。

もうずいぶん使っているプリンターです。
暮れには紙送りもおかしくなっていたことだし、
いろいろ調べるうちに、実はもうずいぶん古くて
サポートも2012年に切れているって。
もう買うしかありませんね。
ねぇ~、何がいいのぉ? ←夫に叫ぶ私でした。

夫が決めて、あ、もう注文しちゃったのね。
でも、次のお稽古には間に合わないかも・・・・
(最初いろいろ苦労しそうだから)
私も価格コムの口コミとか見て一応研究したので
すっかりくたびれちゃいました。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-06 22:03 | 三味線 | Comments(0)

新年お弾き初め会

今年のお弾きぞめ会が終わりました。
11月末の舞台の後、日にちが少なく、練習不足は明らかでしたが、
それでも、本番に強い(?)つもり、という感じで乗り切りました。

かなり直前に演奏曲目が変更になったりして、
当日配布したプログラムには滝流しがあることになっていましたが、
急遽、取りやめという事態も((+_+)) ごめんなさ~い。


というわけで、演奏したのは
c0021551_18072045.jpg

松の緑(生徒全員三味線、私上調子)
さくらさくら(新入りさんのために急きょ追加、生徒全員三味線)
小鍛冶(先生のお弟子さんのために皆で急きょ友情応援演奏、私替え手)
雛鶴三番叟(私ツレ三味線)
供奴(私タテ唄)
那須野(私タテ三味線)
先生方による越後獅子(特殊な替え手入り)

というわけで、お客さんもたくさん来ていただき、とても盛況でした。
ごめんなさ、ろくにご挨拶やお話もできませんでしたことをお詫び申し上げます。
お稽古の時間内に会場の設定と片付けもあるのですが、
幸いなことに私たちの前に同じ部屋を使うところがなかったのと、
終わったあともお掃除の方々を待たせることもなかったのは幸いです。

終わった後は同じ中日ビル内の宴会場。
移動も楽で、早い時間からお食事を出していただけるのが大変にありがたいです。
先生のお話が楽しくてついつい、馬鹿なおしゃべりをしてしまい、
あとで反省しきり・・・でも、ま、いいか、楽しかったし。
つい調子に乗る悪い癖です。

時間が早いので家に帰ってから写真の整理やら録音の整理やら。
しかし疲れているのと多少酔っているので
次の日みると、何やってんだか・・・状態でした。

それにしてもプリンターのご機嫌が悪く、
せっかくの写真の色が悪い。困りましたね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-05 18:18 | 三味線 | Comments(0)

三味線を運ぶ

いよいよ、今年の新年お弾きぞめ会が迫ってきましたが、
今回は、自分の三味線を持参します。

今までは、というと、教室にお稽古用の三味線があるので、
あまり自分の三味線を持って行きたくない気分でした。
お弾きぞめに引き続き、新年宴会があるので、
重くて大きな三味線を持ち歩くのも大変だからです。
さらにいえば、最近では上調子を弾くので、
上調子用のカセを付けたり取り外したりが面倒で
あらかじめ準備した三味線2丁をとっかえひっかえしていたのですが、
昨年、とうとう三味線の先生に注意を受けてしまったのです。

舞台では自分の三味線に上調子のカセを付けたり取ったりするもんですよ!
ってね。

本式の舞台では曲と曲の間はカセを付けたり外したりする十分な時間がある、
とは、思ったのですが、
口答えは決してためになりませんからね。
ひたすら、はい!と答え、
以後はお稽古の時も1丁使いで素早くカセをはずして
調子を合わせる練習をしていましたが、なかなかね。
練習練習 !(^^)!

ところが・・・事件発生(クリック
そして新三味線をゲット(クリック

さて、そんな三味線なので、家から持ち出すのには二の足を踏むのですが、
今回は事情が違います。
それは、6月の大舞台を控えているからです。
このお弾きぞめはその大舞台を見据えてのことになるので
是が非でも、自分の三味線を持参しなければならないのです。

さて、今まで、三味線を運ぶとなると、
近場(市内)では、ビニール製の軽量バッグ。
遠方(昔、横浜に行った)には軽量三つ折りケースの2種類持っていますが、
三つ折りケースでは、三味線を組み立てるのに手間と時間がかかります。
なにぶん慣れていないので(^^;)ゞ
で、ビニールバッグはちょうど肩のところに金具が来て痛いので、
最近ではバッグごとキャリヤーに入れて引いていたのですが、
6月の舞台にはどうするべきかと・・・

いろいろ調べると、長いトランク型のものにも
軽量の物があります。それが一番安全そうですが、
荷物と、この長い箱を提げて地下鉄やら新幹線やらで移動ですか?
バッグ型で、もう少し丈夫そうなのはありませんか?
ありましたが、意外なことに軽量長ケースより重いんです。えぇ~!
値段も高い・・・(-_-;)
しばし考えましたが、2月4日に間に合うためには決心が必要です。
頭の中でいろいろシミュレーション(*_*)

で、えいやっと
c0021551_17290143.jpg
買っちゃいました。
ごついソフトケース。
c0021551_17293846.jpg
中に三味線の胴を保護する蓋とベルトが付いています。
皮が破れるのが一番怖いからですね。
かなりゆとりがあって図体がでかくなっているのは
太竿(津軽三味線)でも入れようというのでしょうか(でも入るのか?)
それとも単なる安全のためのアソビでしょうか?

ばかばかしくでかいのですが、決め手は・・・
c0021551_17330025.jpg
この背負い紐の部分。肩に当たる金具はありません。
しかも、ファスナーの中に収納して隠せる。
これならスマートにキャリアーに入れて運ぶことも
背負って運ぶにも楽そうです。(少なくとも洋服なら楽、着物ではまだ試してません)
まっすぐ背負うことも、片掛けも、斜め掛けもできますね。

さあ、着々と準備完了に向かっています☆
がんばろう!

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-02 17:54 | 三味線 | Comments(4)

舞台の準備

このところ、発表会の準備で忙しいです。
文化教室は2月4日のお弾き初め。
NPOの講習会の方は3月1日の愛知県芸術劇場小ホール。

例年お弾き初めの方はいろいろ作り物で忙しかったのですが、
今年はだいたい小物も揃ったので、そちらはいいのですが、
練習開始が遅れたので、肝心の曲の練習が・・・・

三味線の場合は多くは暗譜するのに忙しいのですが、
唄の場合は譜本を見ながら唄えるのはいいのですが、
曲が飛び飛びでページをめくるのが大変です。
しかも、本番で譜本を探したりとウロウロするのが心配。

かねてより、譜本をスキャンして
パソコンに保存しようと目論んでいるのがなかなか進んでいません。
この機会に保存しておけば、こういう時に便利です。
というわけで、今回使用する譜本をスキャンはじめましたが、
これが意外に大変。
スキャンした後では、今回使うところだけを切り出したり、
いらないところを消したり。
最近は100均でポケットファイルが買えるので、
c0021551_21591247.jpg
こんな具合にプリントアウトさえすれば、
すぐ本にできます。

だたし、ここで盲点。
A4サイズのファイルを買ってきたら、
譜面台より大きすぎるのです(-_-;)
自分だけ譜面台からはみ出す大きさの譜本はマズいです。

というわけで、小さいサイズにプリントアウトしなおして
ポケットファイルの表紙を切って
譜面台に合わせました。
完成☆

お弾き初め用にも、たくさんの曲目を一冊にまとめました。
やはりA4サイズですが、これを作り直すのは大変。
譜面台も手作りなので、もういいことにしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-26 22:21 | 三味線 | Comments(0)

象牙撥さらにひと削り

前回、象牙の撥をサンドペーパーで削って、
かなり楽になってきましたが、
慣れようと思って、その後、ずっとその象牙の撥ばかり使っています。
しかし、やはり持ち始めは指が痛くて力がうまく入りません。

よし、今日、もう一回家での練習の前にペーパーを当てようと思います。

c0021551_20422136.jpg
普段あまり活躍していないミニ掃除機。
活躍しています。
カメラのシャッターを左手で押しているので
片手で削っているように見えますが、
本当は斜めになると困るので
両手で慎重に支えて削っています。

少し削っては、撥を手で持ってみて、
指に当たるところをまた削って、という具合に
慎重に作業を進めた結果、
随分いい感じになってきました。

気に入っている撥と形を比べてみると、
まだ少しだけ太いのですが、
お気に入りのは好みよりやや細いので、
たぶん、一番いい太さになった気がします。

重心もまあまあのいい位置です。
撥の重心の位置は握る場所と関係するので、
おいそれとはいじれません。
多少改良の余地はありますが。
とても難しそうなので、またいつかですね。

それにしても、撥をもって振って、
どの指のどこが当たるか、と細かく削っていく作業の繰り返し。
これは、三味線屋さんが嫌がるのも無理ありませんね。
手に合わせて微妙に削らないと持ちやすくならないんですね。
細くなればいい、というものではないんですね。
それが分かっただけでも良かったです。

さて、つや消しになった表面、
ふと思いついて、三味線用のカルナバワックス蠟を塗って
磨き上げてみました。
あら、いいじゃない?光ってきましたね。
まだまだらですけど・・・
もう少し真面目に磨けば、もっと良くなりそうです。
実行するかどうかは微妙ですが・・・・
本番の6月に間に合えばいいですからね。

さ、いい感じになった撥で三味線弾こうっと☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-18 21:26 | 三味線 | Comments(0)

お弾きぞめ分け口

昨年の芸能発表会、今までは、夏の終わりか、秋口だったのが、
11月29日と言う年末に近い日程だったので、
色々とあわただしいことになりました。

と言うのも、お弾きぞめまでの日にちが少ないからです。
芸能発表会が終わるまでは、お弾きぞめのことを話題にできないので、
(話題にしている時間がない)
12月になってやっと、お弾きぞめに話題が移ったのですが、
それでも舞台の反省や感想などの話題ばかりで、やきもき。
なんとか12月中に曲目が決まって、三味線や唄の担当も決まりました。
1月に入って、つぎは唄のソロパート(分け口と言います)が決まりました。

お弾きぞめは、2月最初の水曜日なのであと3回しかお稽古日がありません。
しかも、直前の水曜日はリハーサルです。
個人の好みを優先しつつも、なるべく皆が平等に三味線や唄、
そして、主役であるタテを分担できるように分けられるのですが、
ふと気づくと唄の担当の無い人があったり・・・
曲によっては三味線の人数が少なかったりで、また変更。

というわけで、私は
三味線が 松の緑の上調子と滝流しは全員が三味線、雛鶴三番叟、那須野のタテ三味線
唄は 供奴のタテ唄のみ

最初は雛鶴も唄だったのですが、三味線の人数が少ないので急きょ変更。
あ、練習してない・・マズい!雛鶴も弾かなくては。

松の緑と滝流しと那須野ばかり練習していましたからね。
雛鶴も弾かんとかんね。あと3週間。がんばりましょう。


~~~~~~~~☆☆~~~~~~~~

というわけで、皆様、来る2月4日(水)13:00~15:00
中日文化センター長唄教室内でお弾きぞめ会を行います。
お茶とお菓子も出しますので、どうぞ手ぶらでおいでください。m(__)m
つたない演奏ではありますが、息の合ったところをお見せできれば、と思っています。
先生方の素晴らしい演奏もあると思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~☆☆~~~~~~~~


[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-09 19:42 | 三味線 | Comments(0)