カテゴリ:三味線( 228 )

キャノンのプリンター

今まで使っていたプリンターの発色がどうにも悪いので、
思い切って買うことにしました。
いろいろ口コミを見ても、どれも一長一短。
使い勝手もさることながら、仕上がりが悪いのも困るので、
その観点からキャノンに決定。

近くのヤマダ電機を見てから、と言うも、
どうせ高いし、玄関まで届けてもらった方がと言う夫の意見に巻かれて(^^;)ぽちっ。
翌朝、ほかの用事でヤマダ電機を覗くと、
あらら、似たような値段ではないですか。残念でしたね。
次回からは慌てず、一応確かめてからにしましょうね。

と言うわけで、早速モノが到着して、夫に設定などお願いし・・・
c0021551_18355795.jpg
写真、印刷中です。
まだ使い方に慣れないので、ついイライラして、
夫にたしなめられています(>_<)
CDも焼かねば。
あ、CDを焼くのはパソコンですケド、
表のレーベル印刷はね、どうしようかしらね。
前のプリンターのインクもなるべく使いたいですしね。

ところで、前の記事の通勤バッグのご質問にお答え。
通勤バッグの記事はこちら(クリック
ピンクの飾りはこちら(クリック)
よかったら見てくださいね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-09 18:50 | 三味線 | Comments(0)

お弾き初め後始末

お弾きぞめの後にもれなくついてくるお仕事と言えば・・・・
c0021551_21461172.jpg
写真と録音の整理

その日と次の日頑張ったので、大体できたのですが、
問題はそのあと発生しました。
うまくプリントできない(-_-;)
色が薄~い

年賀状を刷っているころはまあまあだったのですが、
そのあとなんだか色が薄いなぁと思って、
今までもしばらく使っていないと色が悪いことはあったし、
何枚かプリントするうちによくなってくるのですが、
今回はずっと薄いまま。
テストプリントをしてもまんべんなく色が薄い。

もうずいぶん使っているプリンターです。
暮れには紙送りもおかしくなっていたことだし、
いろいろ調べるうちに、実はもうずいぶん古くて
サポートも2012年に切れているって。
もう買うしかありませんね。
ねぇ~、何がいいのぉ? ←夫に叫ぶ私でした。

夫が決めて、あ、もう注文しちゃったのね。
でも、次のお稽古には間に合わないかも・・・・
(最初いろいろ苦労しそうだから)
私も価格コムの口コミとか見て一応研究したので
すっかりくたびれちゃいました。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-06 22:03 | 三味線 | Comments(0)

新年お弾き初め会

今年のお弾きぞめ会が終わりました。
11月末の舞台の後、日にちが少なく、練習不足は明らかでしたが、
それでも、本番に強い(?)つもり、という感じで乗り切りました。

かなり直前に演奏曲目が変更になったりして、
当日配布したプログラムには滝流しがあることになっていましたが、
急遽、取りやめという事態も((+_+)) ごめんなさ~い。


というわけで、演奏したのは
c0021551_18072045.jpg

松の緑(生徒全員三味線、私上調子)
さくらさくら(新入りさんのために急きょ追加、生徒全員三味線)
小鍛冶(先生のお弟子さんのために皆で急きょ友情応援演奏、私替え手)
雛鶴三番叟(私ツレ三味線)
供奴(私タテ唄)
那須野(私タテ三味線)
先生方による越後獅子(特殊な替え手入り)

というわけで、お客さんもたくさん来ていただき、とても盛況でした。
ごめんなさ、ろくにご挨拶やお話もできませんでしたことをお詫び申し上げます。
お稽古の時間内に会場の設定と片付けもあるのですが、
幸いなことに私たちの前に同じ部屋を使うところがなかったのと、
終わったあともお掃除の方々を待たせることもなかったのは幸いです。

終わった後は同じ中日ビル内の宴会場。
移動も楽で、早い時間からお食事を出していただけるのが大変にありがたいです。
先生のお話が楽しくてついつい、馬鹿なおしゃべりをしてしまい、
あとで反省しきり・・・でも、ま、いいか、楽しかったし。
つい調子に乗る悪い癖です。

時間が早いので家に帰ってから写真の整理やら録音の整理やら。
しかし疲れているのと多少酔っているので
次の日みると、何やってんだか・・・状態でした。

それにしてもプリンターのご機嫌が悪く、
せっかくの写真の色が悪い。困りましたね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-05 18:18 | 三味線 | Comments(0)

三味線を運ぶ

いよいよ、今年の新年お弾きぞめ会が迫ってきましたが、
今回は、自分の三味線を持参します。

今までは、というと、教室にお稽古用の三味線があるので、
あまり自分の三味線を持って行きたくない気分でした。
お弾きぞめに引き続き、新年宴会があるので、
重くて大きな三味線を持ち歩くのも大変だからです。
さらにいえば、最近では上調子を弾くので、
上調子用のカセを付けたり取り外したりが面倒で
あらかじめ準備した三味線2丁をとっかえひっかえしていたのですが、
昨年、とうとう三味線の先生に注意を受けてしまったのです。

舞台では自分の三味線に上調子のカセを付けたり取ったりするもんですよ!
ってね。

本式の舞台では曲と曲の間はカセを付けたり外したりする十分な時間がある、
とは、思ったのですが、
口答えは決してためになりませんからね。
ひたすら、はい!と答え、
以後はお稽古の時も1丁使いで素早くカセをはずして
調子を合わせる練習をしていましたが、なかなかね。
練習練習 !(^^)!

ところが・・・事件発生(クリック
そして新三味線をゲット(クリック

さて、そんな三味線なので、家から持ち出すのには二の足を踏むのですが、
今回は事情が違います。
それは、6月の大舞台を控えているからです。
このお弾きぞめはその大舞台を見据えてのことになるので
是が非でも、自分の三味線を持参しなければならないのです。

さて、今まで、三味線を運ぶとなると、
近場(市内)では、ビニール製の軽量バッグ。
遠方(昔、横浜に行った)には軽量三つ折りケースの2種類持っていますが、
三つ折りケースでは、三味線を組み立てるのに手間と時間がかかります。
なにぶん慣れていないので(^^;)ゞ
で、ビニールバッグはちょうど肩のところに金具が来て痛いので、
最近ではバッグごとキャリヤーに入れて引いていたのですが、
6月の舞台にはどうするべきかと・・・

いろいろ調べると、長いトランク型のものにも
軽量の物があります。それが一番安全そうですが、
荷物と、この長い箱を提げて地下鉄やら新幹線やらで移動ですか?
バッグ型で、もう少し丈夫そうなのはありませんか?
ありましたが、意外なことに軽量長ケースより重いんです。えぇ~!
値段も高い・・・(-_-;)
しばし考えましたが、2月4日に間に合うためには決心が必要です。
頭の中でいろいろシミュレーション(*_*)

で、えいやっと
c0021551_17290143.jpg
買っちゃいました。
ごついソフトケース。
c0021551_17293846.jpg
中に三味線の胴を保護する蓋とベルトが付いています。
皮が破れるのが一番怖いからですね。
かなりゆとりがあって図体がでかくなっているのは
太竿(津軽三味線)でも入れようというのでしょうか(でも入るのか?)
それとも単なる安全のためのアソビでしょうか?

ばかばかしくでかいのですが、決め手は・・・
c0021551_17330025.jpg
この背負い紐の部分。肩に当たる金具はありません。
しかも、ファスナーの中に収納して隠せる。
これならスマートにキャリアーに入れて運ぶことも
背負って運ぶにも楽そうです。(少なくとも洋服なら楽、着物ではまだ試してません)
まっすぐ背負うことも、片掛けも、斜め掛けもできますね。

さあ、着々と準備完了に向かっています☆
がんばろう!

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-02 17:54 | 三味線 | Comments(4)

舞台の準備

このところ、発表会の準備で忙しいです。
文化教室は2月4日のお弾き初め。
NPOの講習会の方は3月1日の愛知県芸術劇場小ホール。

例年お弾き初めの方はいろいろ作り物で忙しかったのですが、
今年はだいたい小物も揃ったので、そちらはいいのですが、
練習開始が遅れたので、肝心の曲の練習が・・・・

三味線の場合は多くは暗譜するのに忙しいのですが、
唄の場合は譜本を見ながら唄えるのはいいのですが、
曲が飛び飛びでページをめくるのが大変です。
しかも、本番で譜本を探したりとウロウロするのが心配。

かねてより、譜本をスキャンして
パソコンに保存しようと目論んでいるのがなかなか進んでいません。
この機会に保存しておけば、こういう時に便利です。
というわけで、今回使用する譜本をスキャンはじめましたが、
これが意外に大変。
スキャンした後では、今回使うところだけを切り出したり、
いらないところを消したり。
最近は100均でポケットファイルが買えるので、
c0021551_21591247.jpg
こんな具合にプリントアウトさえすれば、
すぐ本にできます。

だたし、ここで盲点。
A4サイズのファイルを買ってきたら、
譜面台より大きすぎるのです(-_-;)
自分だけ譜面台からはみ出す大きさの譜本はマズいです。

というわけで、小さいサイズにプリントアウトしなおして
ポケットファイルの表紙を切って
譜面台に合わせました。
完成☆

お弾き初め用にも、たくさんの曲目を一冊にまとめました。
やはりA4サイズですが、これを作り直すのは大変。
譜面台も手作りなので、もういいことにしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-26 22:21 | 三味線 | Comments(0)

象牙撥さらにひと削り

前回、象牙の撥をサンドペーパーで削って、
かなり楽になってきましたが、
慣れようと思って、その後、ずっとその象牙の撥ばかり使っています。
しかし、やはり持ち始めは指が痛くて力がうまく入りません。

よし、今日、もう一回家での練習の前にペーパーを当てようと思います。

c0021551_20422136.jpg
普段あまり活躍していないミニ掃除機。
活躍しています。
カメラのシャッターを左手で押しているので
片手で削っているように見えますが、
本当は斜めになると困るので
両手で慎重に支えて削っています。

少し削っては、撥を手で持ってみて、
指に当たるところをまた削って、という具合に
慎重に作業を進めた結果、
随分いい感じになってきました。

気に入っている撥と形を比べてみると、
まだ少しだけ太いのですが、
お気に入りのは好みよりやや細いので、
たぶん、一番いい太さになった気がします。

重心もまあまあのいい位置です。
撥の重心の位置は握る場所と関係するので、
おいそれとはいじれません。
多少改良の余地はありますが。
とても難しそうなので、またいつかですね。

それにしても、撥をもって振って、
どの指のどこが当たるか、と細かく削っていく作業の繰り返し。
これは、三味線屋さんが嫌がるのも無理ありませんね。
手に合わせて微妙に削らないと持ちやすくならないんですね。
細くなればいい、というものではないんですね。
それが分かっただけでも良かったです。

さて、つや消しになった表面、
ふと思いついて、三味線用のカルナバワックス蠟を塗って
磨き上げてみました。
あら、いいじゃない?光ってきましたね。
まだまだらですけど・・・
もう少し真面目に磨けば、もっと良くなりそうです。
実行するかどうかは微妙ですが・・・・
本番の6月に間に合えばいいですからね。

さ、いい感じになった撥で三味線弾こうっと☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-18 21:26 | 三味線 | Comments(0)

お弾きぞめ分け口

昨年の芸能発表会、今までは、夏の終わりか、秋口だったのが、
11月29日と言う年末に近い日程だったので、
色々とあわただしいことになりました。

と言うのも、お弾きぞめまでの日にちが少ないからです。
芸能発表会が終わるまでは、お弾きぞめのことを話題にできないので、
(話題にしている時間がない)
12月になってやっと、お弾きぞめに話題が移ったのですが、
それでも舞台の反省や感想などの話題ばかりで、やきもき。
なんとか12月中に曲目が決まって、三味線や唄の担当も決まりました。
1月に入って、つぎは唄のソロパート(分け口と言います)が決まりました。

お弾きぞめは、2月最初の水曜日なのであと3回しかお稽古日がありません。
しかも、直前の水曜日はリハーサルです。
個人の好みを優先しつつも、なるべく皆が平等に三味線や唄、
そして、主役であるタテを分担できるように分けられるのですが、
ふと気づくと唄の担当の無い人があったり・・・
曲によっては三味線の人数が少なかったりで、また変更。

というわけで、私は
三味線が 松の緑の上調子と滝流しは全員が三味線、雛鶴三番叟、那須野のタテ三味線
唄は 供奴のタテ唄のみ

最初は雛鶴も唄だったのですが、三味線の人数が少ないので急きょ変更。
あ、練習してない・・マズい!雛鶴も弾かなくては。

松の緑と滝流しと那須野ばかり練習していましたからね。
雛鶴も弾かんとかんね。あと3週間。がんばりましょう。


~~~~~~~~☆☆~~~~~~~~

というわけで、皆様、来る2月4日(水)13:00~15:00
中日文化センター長唄教室内でお弾きぞめ会を行います。
お茶とお菓子も出しますので、どうぞ手ぶらでおいでください。m(__)m
つたない演奏ではありますが、息の合ったところをお見せできれば、と思っています。
先生方の素晴らしい演奏もあると思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~☆☆~~~~~~~~


[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-09 19:42 | 三味線 | Comments(0)

撥仕事

おぉ~お正月休みも残すところ今日一日。
明日からは・・・また日常の世界が始まります。
最後の一日パ~っと何処かへ行きますか?
でも、なんだかちょびちょび仕事が残っています。
いじいじといろいろ考えていたら、
三味線も弾かないうちに(食糧買出しとかしたし)午前が終わってしまった。
では、仕事と母親の介護で年賀状書く暇もないと年賀状メールをくれた友人に
ひょっとして、今日あたり会う時間があるかな?と電話すると、
近況報告が電話で済んでしまった(^^;) 私と同じか私以上に忙しそうだったので、
じゃ、またいつかね、ということで・・・

あきらめて三味線を弾いてから、
のびのびになっていた仕事をすることにした。
夫が面白そうなお正月番組の録画を見ていたので、
それを見ながら・・・・

はい、見ながらできる仕事・・・
c0021551_21375604.jpg
象牙撥の研ぎ作業。

もう三味線も10年になるんですね。
始めたころは結構力自慢でやや重めの撥の方が弾きやすかったのですが、
だんだん腕も、指も力がなくなり
このヤフオクで落とした象牙の撥の重さが
こたえるようになってきました。
さらに握る部分がやや太いので、
指も痛くなります。
一曲弾き続けられないほどです。

今使っている軽めの撥がしなりもよく大変弾きやすいのですが、
マズいことに撥先が鼈甲(または鼈甲もどき)なので、
人前では使えないのです。
長唄の舞台では白い撥を使いますからね。

道具入れの引出しをあけると、まっさらの紙やすりが入っていました。
というわけで、太すぎる柄の部分を削ったわけです。
ちょうど、新しいかまぼこ板が何枚もありますからね。
かまぼこ板に紙やすりを乗せ、平らにして研ぐのです。

ちょっと話題が横道にそれますが、
今年のかまぼこ板は紀文のも鐘崎のも
かまぼこの離れがいいのです。
なんだか新しい処理済み?

一番荒い120番のやすりでこすると粉がどんどん出て
ン、いい感じになってきましたね。
ちゃんと面取りもしましたよ。
最後に2000番で艶出し。
でも、象牙の表面が少々ざらざらしている方が
指が滑らなくていい感じですが、
艶を出すためには、極細目バフで仕上げないとダメかな?
どうしても艶が必要なら三味線屋さんで磨いてもらいましょうか。

いえ、一度は聞いてみたのです、三味線屋さんに。
少し細く削ってもらえないかと。
しかし、好みが微妙過ぎて苦情が出るのでやらない、と言われてしまった。
仕方がないですね。
というわけで今日の作業になったのです。
ま、艶出しくらいならやってもらえるでしょう。

お弾きぞめ(2月4日)には象牙の撥が必要になるので
なんとか、弾きやすくしないとね。
6月7日の国立小劇場ではさらに必須ですからね。
このあと一曲弾いてみました。具合よさそうです。
しばらく弾き続ければ、もっと慣れてくるでしょう。
要領がわかったので、もう少し削ることもできそうです。


[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-04 22:22 | 三味線 | Comments(2)

14芸能発表会@中日劇場

夫が写真を撮ってくれなかったので、
あきらめていたのですが、
友人が撮ってくれたので☆
c0021551_20223662.jpg
ありがとうございます。

私の唄っているところのアップもあったのですが、
おやまぁ、誰よりも大きな口を開けていますね(^-^;ゞ
おまけに肩やら腕やらに力入りまくりです・・・
背中とお腹だけでいいのにねぇ~

途中、ちょっと集中力が切れて、つばを吸い込んでむせそうになり、
声が小さくなってしまいましたが、咳が出なくてよかったです。
何はともあれ、無事終わりました。

皆様、ありがとうございました。

次回の発表会は教室でのお弾きぞめ。
2月4日(水) 13:00~15:00です。
おまんじゅうも出る、手作りのミニライブ(?)です。
もしご都合がよければ、ぜひ、中日ビルの教室までおいでくださいm(__)m

・・・・・・・

データ整理を終えてから気づいたこと:
カメラの設定をブログ用の小さいサイズのまま撮影したので
記念の集合写真の解像度が・・・最小 (>_<)サイアク
どうしましょう・・・・今泣いてます
しかもこっそり撮った録音は、私の声ばっかり入っていて(T_T)
恥ずかしくて他人様には聞かせられない

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-29 20:43 | 三味線 | Comments(0)

新三味線

皮を張りに三味線屋さんに行っていた三味線が帰ってきました。
c0021551_19075919.jpg
三味線屋さんのおじさんに、
大変良い三味線だと誉められました。
やった~ぁ!
この前、色々教えていただいたので、
一生懸命吟味して探しました、と答えました♪~

今まで持っていた三味線より微妙に大きいので
天神袋(キャップのこと)もちゃんと入るのがないし、
せっかくステキな布を張った胴掛け(クリック)さえも入りません。
やっと入るのを見つけて掛けていったのですが
家での練習用に使うのが欲しいなぁ、
と思っても、とてもきれいな値段の高いのしかないんですね・・・・
天神袋と糸と胴掛けゴムだけ買って、
あとはゆっくり考えることにしました。

さて、さっそく家に帰ってから、弾いてみます。
うふ♪~かなりステキかも☆

よく見れば、演奏会用にと思っていた胴掛け、
既に角がすり減っています。
してみると、普段用を手に入れるのではなく、
演奏会用を買って、今付けてあるのをそのまま練習用にするのも手かも。
で、いよいよすり減ってきたら、布を張り替える。
または減った所だけ補強する。
それとも
今のうちにテープを貼って補強しておきます?

次回必要なのは来年初めのお弾き初め、その後は6月。
まずは、ゆっくり考えましょう。(ネットで探しましょう)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-02 19:05 | 三味線 | Comments(0)