カテゴリ:三味線( 221 )

三味線胴袋ぼたん花

このところ仕事もなくて出かける行事もない日が続いたので、
手つかずでしまい込んであった物が色々形になりました。
まずは端布で、作るばっかりに裁断してあった三味線の胴袋
c0021551_18102945.jpg
胴袋を作る時、柄の下になった部分が輪になっていると
大変ありがたいのですが、
コレは絵の上が輪になっていました。

こちらが裏。
c0021551_18121640.jpg
裏とはいえちゃんと梅の枝が下から上に向かっているので
逆さまにすると絵がイマイチです。

裏も表も上になった方がつながっていたと言うことは、
コレは袖だったの?
それとも肩の部分?

いずれにしても着物の柄付けは、
小紋以外は同じ方向を向いているか、
絵の上同士がつながっていますものね。
反物から好き勝手に裁断したならそうでもないですけど、
たいていは着物をほどいたか、仮絵羽状態をほどいたか、
仕立てるために裁断だけしてあったものか、
はぎれ状態でお店に並んでいる物はそんなところですものね。

そんなわけで、上を切り離して下を縫い合わせて
例の不思議な方法で(クリック)胴袋を作りました。
たまに作らないと忘れてしまいそうです。

三味線を入れてみました。
c0021551_18214233.jpg
そのうち、長袋を同じような方法で作ろうと思っているのですが、
なかなか行き着きません。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-17 18:25 | 三味線 | Comments(0)

演奏会後始末

さて、お弾きぞめの後はぐったり。
いつもなら、おやつの時間に宴会でアルコールが入ったせいか、
興奮冷めやらぬせいか、その夜はなかなか寝付けず、
次の日はしっかり寝不足。
それでも、朝から一日中仕事があって忙しい木曜日。

で、金曜は運よく仕事が入らなかったので
朝から、演奏会の後始末。
たくさん撮ってもらった写真の整理と
録音した中から、曲を切り出して、CD製作。

もっともパノラマ写真はその日のうちに作ってしまったので、
今日は写真用紙に人数分の印刷(15枚)
集合写真もやっぱり印刷しました。

でも、なんといっても時間がかかるのは曲の切り出しとCD焼き。
CDの表面にもタイトルと写真を入れたいし。
というわけで、実はまだあと少し作業が残っているのですが・・・・
c0021551_21410689.jpg
百均で見つけてきたA4サイズのクリアポケット30枚入り。
これに写真2枚とCDを入れれば、人に渡すときに便利です。
譜面をコピーした時もこれに入れれば、面倒な糊付けがない。
こりゃいいです。
百均って本当にアイデアの宝庫ですね!
さあ、あとは袋詰め作業です。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-07 21:48 | 三味線 | Comments(0)

新年お弾きぞめ

新年お弾きぞめ本番です。
お客様も大勢(と言っても・・何人?10人以上?)来てくださって、
皆様本当にありがとうございました。
笠地蔵は現代日本語だったので、好評でした。
c0021551_23014696.jpg
全部で7曲
と言っても生徒は5曲、
卒業生の応援演奏と先生の模範演奏がつきました。

本番に強い私たち?それぞれ細かいミスはあっても、
全体を揺るがすような(苦笑) 大失敗は無しで  つまり大過なくってことかな?
無事会を終えることができました。

でも、この後の新年宴会で 困ったことが発表されました。
秋に芸能発表会、つまり中日劇場での演奏発表会があるのですが、
先生以外は15人以上でなくてはならないというのです。
予算の関係らしいです・・・・(+_+)

助っ人を探さねば・・・・人員不足です(-_-;)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-05 23:09 | 三味線 | Comments(8)

新年お弾きぞめと南山歌舞伎

いよいよ明日は新年お弾き初め本番です。
2月5日(水)13:00~15:00 いつもの教室。
もしよろしかったら、お寄りください。

今回、私はタテ三味線が雛鶴三番叟(後半)、上調子が松の緑と鞍馬山。
三味線替え手が(やさしいしゃみせんより)鏡獅子(ほんの一部)
唄が笠地蔵。
あれ?単なる連れ弾きはないですね・・・・

普通の三味線と枷を掛けた上調子用の三味線と2丁必要なので
自分の三味線は持って行かないことにしました。
2丁持って行くのは無理無理。
そこで考えて、お稽古用の三味線でも、せめて糸だけは新しい物に、と、
早く行って掛け替えることにしました。
三味線の糸を替えるのって結構時間が掛かるんですよね。
かなり早く行かねば・・・良い三味線も選びたいですしね。

着物もイマイチ決まらないので、もう一度、今までの写真を確認。
あら、お気に入りの着物は2回も着ていますね。
少し赤の入った着物に決めました。
ぼんやりした大きな柄の小紋です。
舞台映えするでしょうか?

昨日の新聞に南山歌舞伎の話が出ていました。
安田文吉先生が定年になられるので、今年が最後だそうで、そのためか、
私のブログの南山歌舞伎にアクセスした人が何人もいたようです。
検索されるんですね。(クリック)
結局、あの後は行けなかったのが残念です。
あの一生懸命な感じはとても良かったです。
今年3月30日、中津川の常磐座でも上演されるとか。
この日は常盤座の定期公演の日で子供歌舞伎などがあるんですね。
その一環なのでしょうか。
常盤座・・・・遠いなぁ~

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-04 19:01 | 三味線 | Comments(2)

博多織りで胴掛け

さて、一日乾かした博多織を貼った胴掛けですが、
糊があるあいだに裏も貼りたくて、夕方から頑張りました。
c0021551_22045378.jpg
でも、まずは布がぎりぎりだった端の始末です。
黒い和紙があったので、それで端を包むことにしました。
c0021551_22052880.jpg
こんな感じ。まあまあかな。
これで、端から布がめくれてくることが予防できますし、
黒いので、目立つこともないでしょう。

次は和紙の端布を探して、裏張りをしました。
c0021551_22060817.jpg
と言っても貼ったのは端だけですが・・・
薄い和紙だったので、ちょっと手こずりましたけど。

紐も付けて、さあ、三味線に取り付けてみましょうか。
c0021551_22062878.jpg
上のピンクのと取り替えてみました。
一挙に渋くなりましたね。
でも肘ゴムの色がちょっと・・・・・ですね。
何か良い色のゴムがないかしら・・・・・
別に既製品を使わなくたってね、
構造は簡単ですから、良い色の滑り止めがあれば良いんですから。
ネット通販で見ると黒とか茶のがあるので
それを注文してもいいですね。

さて、まだ糊が乾いていないので、また、はずしました。
一晩しっかり乾かしましょう。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-28 22:53 | 三味線 | Comments(2)

端切れで胴掛け

三味線を弾いていて、胴掛けがすり減って糸がピロピロ出ているのが気になって・・・
先日三越の職人展で買った博多帯の端切れを早くものにしたくなりました。

博多帯の端切れと書きましたが、
端切れというと、余り布の様な感じがしますが、
じつは、そういう意味での端切れではないのだそうです。
これは、帯地を織るときの試し織なんだそうです。
試し織をせずにいきなり織りはじめるのは危険がいっぱい・・・
なんだそうで、デザイン通りいかないとか、いろいろあるんでしょうね。

というわけで、比較的お値打ち価格。
早く胴掛けにしないと、そのうちバッグになったりしそうです(^^;)

というわけで、まずはピロピロしてきた胴掛けの布を剥がしました。
c0021551_18315345.jpg
相当古い胴掛けなので、結構簡単にはがせました。
布の糸も弱っていて簡単に破れますが、かなりしっかりした布でした。
帯地?
糸の跡がついていて筋が見える・・・と思ったら・・・・
c0021551_18320677.jpg
え?ひょっとして木目?
薄~い板でできているのでしょうか。
へぎ板のようなもの?スゴイ!
さすが古い胴掛け。古いものは面白いです。

で、次は・・・
c0021551_18321879.jpg
糊つくりです。
そういえば、賞味期限が過ぎている白玉粉がありますね。
これは水稲もち米の粉だそうなので、いいですねぇ、今日はこれを使いましょう。
なかなか粘りけのある糊になりました。
ちょっとダマになったのはご愛嬌。
最初もっと少ない水で練ってから、薄めて、
レンジでチンすべきでしたが、
思いっきりかき回して、始めちゃいましょう。

そういえば、この布は裏に金糸が渡っていて、
このままでは糊がしっかり布につきません。
金糸を切って・・・
c0021551_18321378.jpg
左が切る前、右が切った後です。
サイズがギリギリですが、2枚使うことにしました。

で、取りあえず貼って、一個目ただいま乾燥中。
c0021551_18322573.jpg
2個目のすり減った胴掛けは現代ものだったので、
剥がすのに苦労しました。
糊も布もまだしっかりしていて破れてこない・・・・
でも、角がすり減っていたので、張り替えのチャンスですよね。
はさみも使って、なんとか剥がしました。

菊の花と葉が唐草模様になっていて、色が何とも言えず、粋。
同じ布で織りあがった帯もあって、もちろんステキでしたが、
いかんせんお値段が到底折り合わないので、
胴掛けで我慢ですね。(この端切れの110枚分でしたからね)

こちら側が乾いて、ちゃんとついたら、向こう側のヘリ、
そうして、もう一個の方のヘリを付ける予定。
あ、一度にできないのは、単に洗濯ばさみが足りないだけです。
探して来いよって?それも、そうですね。

では、もっとたくさん洗濯ばさみを探してきて、
残り全部まとめて貼りますか?
表の布が貼れたら、そのあと、和紙で裏を貼る予定。

今のところ、表は皺なく貼れていますが、乾くとどうなるかな?
細かいところの細工は素人っぽくて、へたっぴですが、
ぱっと見た目がうまく仕上がるといいな。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-27 19:04 | 三味線 | Comments(6)

笛・鼓・唄・三味線お浚い会

名古屋能楽堂で笛・鼓・唄・三味線、NPO講習会の発表会です。
そして第二部が福原寛先生 笛の会~箏と笛~

13時からなので途中で食べるか、食べて出かけるか迷いましたが、
わざわざ食べに行きたいところもないので
結局、あり合わせのものを食べて出かけました。

ゆとりを持って到着したのですが、
なかなかの盛況ぶり。皆さんの努力の甲斐あってのことのようです。
能楽堂は音響効果も大変よく・・・・
c0021551_22500241.jpg
こちらは越後獅子。三味線、唄、お囃子の3列。
黒い装束は先生ですが、ほかは中学生から新人さんからご常連さんまで。
皆さんすばらしい演奏ぶりです。

出し物は8曲。
笛の発表では新人さんから、数年さん、ベテランさん~先生まで、
それぞれ皆さん頑張っておられます。
年月を重ねるごとに音が良くなっていくのがわかります。
息が無駄がなく音になっていくんですね。
それでも残るわずかにかすれた感じが自然の風のような風景になるんですね。

一番前を歩くのが、演奏を終えたばかりのお仲間さん。

c0021551_23044211.jpg
終わってから、笛が巧くなるためにどうすればいいか、
寛先生の演奏を見ながら、二人で考えたのでした。
いつか、一緒に越後獅子を演奏しようと心に誓い合ったのでした!
望みは伸ばした手よりちょっとだけ高く、ですね☆
え?彼女が笛で(能管も!)私は唄と三味線ですよね、もちろん。
本手を弾いてくれる人があれば私は替え手が弾けますね。
替え手を弾きながら唄を唄う練習が必要ですね。

久しぶりにゆっくりお出かけして、いっぱいおしゃべりをした一日でした。
やるまいぞさん、りんごさん、まゆみっくすさん、そしてはごろもさん、
本当にどうもありがとうございました。

ぢつはマゴ会食を月一に減らしました。
お互い、ちょっと負担になって来てましたから。
おかげで、週末のお出かけが少ししやすくなりそうです。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-19 23:23 | 三味線 | Comments(4)

三味線胴袋 紫系

ある程度まとまった時間が無いとできない仕事もありますが、
着物を仕立てるとか、庭仕事とか・・・・
ぱぱっとできちゃう物もあります。
スカーフ系(スヌード、シュシュetc.)などですが、
ちょっと作り方が込み入っていると、それほど時間が掛からなくても、
気持ち的に気合いが入らないとできない仕事もあります。
それが、三味線胴袋。(クリック) (クリック)
友人に作ってあげると言ってから、どんだけ経ったやら・・・・
そのうち作り方を忘れてしまって・・・・余計とっかかりが・・・・

たまたま見たいテレビの番組が無かったし、夫も面白そうなビデオを見ていなかったので
(戦争物を見ているらしかった)邪念無く、専念できて、無事完成☆
c0021551_19084076.jpg
どうも赤系の発色が悪いカメラで、もっとキレイな赤紫の小紋柄です。
そして裏地はれいの平安貴族。
c0021551_18254641.jpg
うまい具合にすぐ見えるところに来ました。
c0021551_18263928.jpg
御所車がちらりと見えて、フジ、ぼたん、菊、桜、梅、アヤメもあって、
華やか花づくし。
ちょっと薄手でしたが、気に入ってもらえると良いケド。
先生に、胴袋は使われますか、とお尋ねしたら、
長袋しか要らないって・・・言われたので、今回は見送り。
長袋は少しばかりの端布ではできないし、手間も掛かりますからね(^_^;)
作った長袋を思い出してみましたが、結局まだ作り方がまとめてないですね。
作れるように材料はまとめてありますから、(青紫の古いちりめん紅葉柄)
作り方をまとめておかないと、またわかんなくなりそうです。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-12 18:50 | 三味線 | Comments(4)

録音整理

今日は仕事がなかったのですが、
やっぱり風邪で、イマイチです。
昨日は緑の中の作業でとても気分が良かったのですが・・・・

そんな時間をもてあますような時に、とっておきの仕事がありましたねぇ~
なんだ全然、時間余ってないじゃん・・・・
c0021551_21180292.jpg
このところまとまった時間が無くて、撮りっぱなしになっていた長唄のお稽古や演奏会。
だらだら撮ってあるものから、必要な部分を切り出すって
相当時間が掛かるんですね。
そして、切り出してある物でも名前付けがなされていなかったりして・・・・おっとっと
聞いて名前を付けて・・・おっとっと

ちょいちょいっと片付けるつもりだったのに・・・
三味線を弾くのも買い物に行くのもみ~んな後回し・・・
あらら、朝から夕方まで掛かっちゃいましたよ。うっそ~
三味線と買い物の方をちょいちょいっと夕方に片付けることになっちゃいました。

しかし、苦労した割には成果が無く、
笠地蔵は前半だけしか見つけられなかったし(役立たず)、
雛鶴三番叟の模範演奏は既にまとめてあったし。
でも、ipodには入れてなかったので・・・・
c0021551_21293888.jpg
それにしても古いipodですね。
このブログと同じくらい古いですが、(クリック) (クリック)
機能的にもサイズ的にも練習用にはちょうど良いんですね。

やっとipodに三番叟が入りました。
これで、明日からのお稽古に使いますね。
今日は?
いえね、入れ終わる前にちょいちょいっと済ませちゃったから (^^;)ゞ

どうしてもリズムが取れない箇所があるのですが、
ipodに入っている先生の模範演奏と一緒に弾けば、身体に入りますからね。

それにしても自分の演奏って、
どうしてこんなに気ぜわしいんでしょう。
な~んか、焦ってる (T_T) 性格出てるかも。落ち着け落ち着け。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-30 21:45 | 三味線 | Comments(4)

むなしい長唄作業

お弾き初めの演目である笠地蔵では、私は唄をうたいます。
最近とみに練習に割ける時間が減っているので
(もちろんばあちゃんの世話があるからです)
鞍馬山と雛鶴三番叟で手が一杯だからです。
ぢつは、雛鶴三番叟もデモ録音を探す時間が無く、
とてもちゃんと練習できているとは言い難い状態です。

普通、唄のパートは自分の唄う部分をしっかり練習すればいいのですが、
今回の譜本は繰り返しが多く、
唄いながら、自分がどこを唄っているのか迷子になるのです。

もちろん練習不足なんですが、
目がちらちらして、練習する気にならなかったり、
ちゃんとしたデモテープが無くて
要領良くできないのもあります。
あ、もちろん作ればいいのですが、やっぱり時間が無い。
(言い訳ばっかり)

そこで前々から考えていた、
繰り返しも全部書いてある譜本を作りゃ良いじゃん、
と言うことで、譜本をスキャンして、
ペイントで余分な書き込みを消してプリントアウト、
それを切り嵌め。
c0021551_18273691.jpg
今日の朝、練習する代わりにその作業。
なんとか、繰り返しが多いページを完成。

しか~し・・・・

唄って、譜本を見て唄う代わりに
皆とページめくりをそろえるんですよね。
生徒だけなら、生徒の分をそれぞれがコピーすればいいのですが・・・・
え、え・・・先生は~

風邪引いて頭がぼんやり・・・
もうだめだ・・・・
どうしたら良いのかわからない・・・・
あと2ヶ月もあるから・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-27 18:31 | 三味線 | Comments(2)