<   2007年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

お稽古・撥皮

今日は水曜日ですが、一年には水曜日が52回くらいあって、
お稽古は1ヶ月4回なので、一年に48回。
年末年始と5月の連休、お盆、と3回休みがあるので、
あと一回は何の大義名分もない休みとなります。
それが今日というわけ。さぁ、一年に一回の大切なお休みです。

ところが・・・昨日大変な物を見つけてしまったのです。
c0021551_21444526.jpg
これは三味線の撥皮の部分。
傷が付いていましたが、とうとう破れてしまったのです。
撥の先がひっかかったのです。ありゃりゃ・・・

というわけで、今日の休みを利用して早速大須の浅田屋さんにお願いです。
でも、一目見るなり、お小言です。
これは撥の使い方が悪いというわけ。
こんなに撥皮が傷つくのは三味線の皮をたたかずに
糸を引っかけているからではないか、撥を見せてごらん。
撥を見せると、ほれ先が傷だらけと言われます。
傷ついた撥で皮をたたくから撥皮が傷が付く、とのこと。
c0021551_21485467.jpg
早速、グラインダーが出てきて研ぎにかかります。
と言っても、砥石ではなくてフェルト。
撥の先がぴかぴかになりました。

三味線は太鼓と同じで上下が革張り、
撥もこんな格好しているけど、名前はバチだからね、というわけです。
(ええ、いつも聞く話だし、一応皮をたたいているつもりですけど・・・)
もっと撥のおしりを下げて皮をたたくようにと言われます。
なるほど、糸に当たる撥の部分が違っているんですね。

さあ、いよいよ撥皮です。
c0021551_2158326.jpg
撥皮につばを付けて布で全体を湿らせます。
次に鋭い刃物ですいっ、すいっ、と、きれいにはがれました。
c0021551_2201364.jpg
これがはがれた撥皮。穴があります。
裏から撮ったので傷は見えませんが薄くなっているのがわかります。

このあと、新しい撥皮が貼り付けられて
とてもきれいになりましたが、注目は箱の中のヤマト糊。
c0021551_225174.jpg
nanoさんのブログでも話題になっていたヤマト糊です。
撥皮糊は色々あるけれど、ヤマト糊が一番いいよ、ということです
作業は台紙の上にヤマト糊を少し出し
水をちょっと垂らしてよく混ぜ、
しっかり延ばした撥皮に薄~くのばし、さらに余分の糊を取り去ったあと
貼り付け、刃物でなでつけると完成!
台紙に残った糊もきれいに拭き取ります。

そのあとさらに試し弾き。
糸巻きの穴を直して、撥の持ち方も教えてもらいました。

難しいですね。
でも、90年の人生いつも難しいことばかりですの言葉に
はい、仰せの通り。何も反論できませんね。
お稽古ですね。
いやぁ、いつ行っても勉強になります。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-31 22:44 | 三味線 | Comments(2)

生粉打ち再挑戦@丁字屋

お昼は大須の丁子屋さんで生粉打ち(十割)蕎麦に再挑戦です。
前回は二八蕎麦でしたから・・・
昼間の混雑した時間でしたが、昼は回転が速いので大丈夫。
生粉打ち、と頼むと、
二段になってますがいいですか?と聞かれます。
何も考えずに、では一段で、と反射的に言葉が出ました。
c0021551_21273647.jpg
なので、一段です。
注文を聞いてくれたおばちゃんは何を考えたのかしら?
二段でもそれほど量が多いわけではないのですが、
私の場合は家に焼き魚と茹で野菜のおかずが待っているので
蕎麦は少なくていいので、ラッキーです。
お値段半分で味わえますからね。

色は黒いですが、なめらかな麺です。
蕎麦の良い香りがほわっとします。
ほどよい歯ごたえ。蕎麦のほんのり甘い味もします。
何より、つゆはお江戸と比べるとずっと甘くて、
つまりこの辺りの標準的な味のような気がします。
ちょっと幸せな気分で帰途につきました。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-31 21:38 | 蕎麦 | Comments(0)

歳時記

c0021551_2192247.jpgc0021551_2194316.jpg昼間の陽差しは
まだまだ強いけど、
カシワバアジサイの
葉っぱが一枚だけ
とてもきれいな
色になってきました。
そしてその隣では、センリョウの実が赤くなってきました。

さて、しんのすけさんが我が家のホトトギスが元気なので
体育会系と表現してくださいました。

それを読む前に活けたホトトギスですが、
やっぱり全然お茶花的でなくて、元気な体育会系ですね。
外で活けてから玄関に飾りましたが、これは相当デカイです!
c0021551_2115487.jpg

庭でもう一つ元気な花はメキシカンセージです。
c0021551_21192043.jpg

向こうの方に見えるのがホトトギスです。
低いアングルで撮ると庭が広く見えますね☆うふ
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-31 21:24 | 園芸 | Comments(0)

歳時記

庭が出来た時から生えていたごく限られた植物。
それはヤツデ。
なのに今まで一度も花が歳時記に登場したことがありません。
背が高く、庭のはずれにあって開花に気がつかないからです。
でも、今年はちゃんと花の穂が出るのに気がつきました。
実はまだ開花してませんが、気がつかないかもしれないので・・・
いまのうちに・・・c0021551_21233476.jpgc0021551_21241830.jpg右はよく似ていますが、
これはビワの花。
最近ビワは
早い花と遅い花と
2回に分けて咲きます。
なぜ?
これは早い花。

ところで、去年、ビワの花の受粉を媒介するのはなにかしら、
という話題を書いたことがあります。
もう蜂の姿は見ないし・・・・
c0021551_21363024.jpg
でも、ほら、見つけましたよ。
蜂でなくても、いろんな虫が出入りしているんですね♪~

c0021551_21391156.jpg
草引きをしていて、面白い物を見つけました。
長芋の芽が出ていたので引っ張ると・・・
あら、長芋の皮から芽が出ていたんですね。

今きれいなのが、ホトトギス
c0021551_21475447.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-30 21:49 | 園芸 | Comments(2)

桜両面帯

縮緬の鮮やかな桜柄の布がありました。
古そうな物ですがあまりしぼは目立ちません。
布の形から、羽織の身頃かと思われます。
長さの半分ほどが狭く断ち切られているからです。
それにしてもなんときれいな羽織だったことでしょう。
ずいぶん着られたようです。
ひょっとしたら羽織になる前に着物だったかも知れません。
肩の辺りが薄くなっていて、裏から継ぎが当たっていたり
スダレのようになっている箇所もあります。

でも、充分な長さがあるので、帯になりました。
洗うとさっぱりするかと思ったのですが、
色落ちしたり、布がさらに弱ると困るので、
そのまましっかりした黒い帯に縫いつけました。

しっかりして巾の広い箇所はお太鼓に。
幅の狭いところは半幅部分に。
弱っている箇所は一巻き目、
つまり外から見えないところになりました。
c0021551_23142397.jpg

裏は紫のタイ製ヘンプ布を縫いつけました。
c0021551_2314404.jpg

桜布を縫いつけた方は冬向きの黒繻子地の面。
夏向きのヘンプ布は夏向きの絽地の面に縫いつけたので、
春先から真夏まで使えます。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-28 23:25 | 和装製作 | Comments(10)

縄張り監視

塀の上を黒白ネコが歩いています。
ぎゃ~!という声にふと見ると、
どこから現れたのか2匹の黒白ネコが狭い塀の上でけんかです。
カメラを取るより追われた方が一瞬早く塀の下に逃げます。
c0021551_22593020.jpg

どちらの黒白が勝ったのかわかりませんが、
勝った方は塀伝いに隣へ行き、
T地路であたりを睥睨・・・

現在我が家に来る黒白ネコは3匹。
一番デカイヤツは滅多に来ませんが
でっぷりと太った様子ですぐわかります。
よくわからないのは中くらいのと小さい黒白。
顔つきはそっくり。マスクのZOROみたいです。
半年違いの兄弟ではないかと思うのですが、
詳細は不明。
今回勝ったのは多分中くらいの方。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-28 23:05 | ねこ | Comments(0)

歳時記

猛暑が去って、雨が降ると庭の草木が生気を取り戻しました。
で、やっと最近庭の花たちが元気になってきました。
そんな中で今日開花したのを見つけたのは
c0021551_2248567.jpgc0021551_2250978.jpg
フジバカマ(右)

そして、
カシワバアジサイが
紅葉してきました。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-28 22:56 | 園芸 | Comments(0)

お江戸でうろうろ

たまたま、ネットで見つけたおそば屋さんが
いつも泊まる宿の近くなのを発見したので、
時間を何とかやりくりしてちょっと行ってみようと・・・・
でも、早朝におそば屋さんを探すというのは結構大変・・・・
のれん出てないし・・・・この辺かなと当たりを付けて、いざ夜に。
c0021551_22103545.jpg

でも、木挽町の湯津上屋(ゆづかみや)さんはもうこの時間満席。
お客さん(御常連?)達にじろっとにらまれ・・・すごすご・・・・

ま、いいか・・・では、次のお店に・・・
c0021551_2210791.jpg
のれんの向こうは下におりる階段。
こちらはもう少し広いので、大丈夫でした。

ざるそばを一枚。美味しいおそばでした。
でも、おつゆがね、辛すぎるというか・・・・今までにない味。
薬味がわさびだけでネギがないというのは知っていたんですが。
お江戸の味はやはりなじめないのかしら。ちょっと寂しですね。
宿に戻る足許を照らす灯り。
c0021551_22423822.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-27 22:53 | 蕎麦 | Comments(2)

忙中閑あり

c0021551_21574415.jpg

実は先週、夫が見つけた昼寝猫。
ホワイトソックス氏と思われます。
最近では庭の草木が茂ってきて猫の姿が見つかりません。

ところで、今週は実にばたばたとあわただしく、
木曜夕方からは東京出張だったので、
暇つぶしの楽しい話題をアップしておけば良かったんですけど、
予告の記事を出す暇もなく・・・と、いまごろ言い訳しています。
メールの返事もろくに出さず、うやむやにしてしまいました。
ごめんなさいm(_ _)m
[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-27 22:53 | ねこ | Comments(4)

今日のお稽古

十月は芸術の秋ですね。
という訳で、お師匠さんも大変お忙しいようで
今月はお師匠さんのお稽古日がありません。
その代わり唄の先生が2回みえて唄のお稽古がみっちり出来ます。
しつこく神田祭です。
でも、次回はもう新しい曲に入っていますね、ということで、
あらら、しっかり唄のお稽古つけてもらわねば・・・・

昨夜は十三夜、栗名月と言うことでドングリの帯止めです。
c0021551_1835519.jpg

ところがこのドングリ、どう見ても形はナス・・・
色だけドングリなんですが、箸置きだから仕方がない?
シイの実なら似てるかしら?
c0021551_18394889.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2007-10-24 18:41 | 着物 | Comments(2)