<   2008年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

お弾き初め

さあ、いよいよお弾き初め当日です。
今年は私が幹事なので、え~っと準備はいいかな?
なんだか色々抜けてそうで心配ですが、
とりあえず、なんとか順調に進んでいきました。
c0021551_21442830.jpg

お客さんにも大勢来ていただけて(10名以下ですが♪~)
先生方は大喜び、生徒の方はぎょっとしている人も(苦笑)
c0021551_208891.jpg

お客様に見て頂けると言うだけで
とにかく緊張して・・・
緊張してふるえた人や、暗譜できていたのに
頭が真っ白になった人もいたようですが
緊張してかえって度胸がすわって上手くできた人もいたようです。
え?私のことだって?ん、そうかも・・・・
いえいえ私以上にそうだった人もいたようですよ♪~

私たちが披露した曲は5曲
松の緑 (わたし三味線・替え手)
寒山拾得 (わたし三味線・替え手)
五郎時致(曽我の五郎の唄です) (わたし三味線・タテ)
  休憩をはさんで
お月様 (わたし唄)
神田祭 (わたし唄)  です。

最後に先生方の余興として
出来たてほやほやの“小鍛治”の物語付き長唄

ひょっとして、これをもう少しアレンジして
秋(9月20日・土)の芸能発表会@中日劇場で、
私たちが披露することになるかも・・・・σ(^∇^;)

今日来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。
かさねて厚く御礼申し上げます m(_ _)m

あ、忘れてた・・・今日の着物 椿の訪問着(松屋大◎さん)です。
c0021551_2016860.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-30 21:54 | 三味線 | Comments(8)

手作りシュウマイ

昨日からなんだかシュウマイが食べたい気分でしたが、
昨日は忙しくで時間が・・・・・
今日は何が何でも作るぞ!というわけで、
帰りにシュウマイの皮だけを買いにいつものスーパーへ・・・

レジのおねぇちゃんが、え~!シュウマイを自分で作るんですか!・・・って
え?そんなに珍しいことなの?だって、シュウマイの皮を売ってるんでしょ?

私が子供の頃(4~50年前)、母はしばしばシュウマイを作りました。
むしろ餃子の方を作ったことがなかったのですが、
皆さんのお宅はどうでした?
これは我が家だけのことか時代の流行なのかどちらなのでしょうね。

とにかく、最近シュウマイにはタマネギを入れるのがマイブーム。
(あたりまえだって言う話も・・・)
c0021551_22161478.jpg

今回は刻みタマネギ、エノキ、白菜、粉末シイタケの軸
これらをレンジでチンして鶏挽肉(300g/3人分)と片栗粉を入れて
適当に味を付けて、混ぜましたが・・・・・
野菜の水分を絞らなきゃいけなかったかも・・・・柔らかすぎです。
でも、気を取り直して皮で包みます。
30枚の皮ではちょっと不足で中身が余りましたが
残った分は肉団子スープになりました。
c0021551_22235610.jpg

さて、簡易蒸し器に白菜の葉を敷いて15分ほど蒸します。
(一回に蒸せなかった分をレンジでチンしたところ、
あらぁ~、皮が蒸せずに硬くなってる・・・結局蒸しなおしました。)

ふふ、完成!カラシ醤油で頂きました。一人10こ平均。
c0021551_2226686.jpg

う~ん、おいしい☆ 今回はとっても本格的な味でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-29 22:42 | 食べ物 | Comments(2)

(スイート)ポテトサラダ

さて、息子がお弁当を持っていくというので
簡単に食べられるものを考えました。
ポテトサンドなんかいいんじゃない?

さて、まずジャガイモをチンして・・・・
あれ、ジャガイモがない (T_T)
めげずにサツマイモで代用しましょう。
c0021551_10402524.jpg

輪切りにしたサツマイモをちょっと水にさらして
蓋付き容器に入れてレンジでチン。
熱いうちに潰します。皮も適当にちぎってそのまま。

チンしている間にブロッコリとアスパラガスを茹でて
ちょうどあったハムを食べやすい大きさのさいころに切ります。
潰してあら熱が取れた潰し芋の中に
それらを入れてマヨネーズを入れます。
あ、クリームチーズもちょっと入れよ♪~
ちょうどサンプルをもらったばかりのサラリア~使えばぁ~
c0021551_10442675.jpg


昨日高島屋に行って一階のイタリア屋さん(PECK)で
イタリアパンの白いパン(名称忘)を買ってあったので
端に切れ目を入れると中は空洞、あらピタパンみたいね。
ちょうど2個分の中に作った芋サラダがピッタリ入りました。
(写真撮るの忘れた(T_T)
上の量がパン2個に入った一人分。

サツマイモでは甘くて変じゃないかしら、
と思っていたのですが、夜帰ってきた息子は
スンゴ~クおいしかった、と言ってくれました。
パンもおいしいし、所々にあったチーズがちょっぴりご馳走で、
サツマイモの甘さが全体のバランスとよく合っていた、んだそうで。

ン、2個しか買わなかったあのパンなので、他の人は味わえず。
また名古屋駅に行ったら買ってこよう。
で、お弁当用にストックしておこう・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-29 10:57 | 食べ物 | Comments(0)

草履の鼻緒

私が着物をよく着るようになったのは
嫁入り道具としての着物類を買ってもらってから
20年以上もたってからのことです。
着物は多少の色柄以外は問題なく着られたのですが、
問題だったのは礼装用と普段用の2足の草履でした。
どうにも足が痛くなるのです。そこでおしゃれ履きを1足買いました。
ところが、ある日、礼装用を履いて参加したパーティーで、
道中、どうにも足が痛くなり草履を買う羽目になりました。

足が痛くなったのは鼻緒のせいだと思い
礼装用の草履の鼻緒を柔らかい物にすげ替えて貰いました。
ところがやはり足が痛いのです。
では台の幅が狭く高いからだと思い、
もう一足の普段履きの方に自分で鼻緒をすげ替え、
礼装用の台は捨ててしまいました。

ところがやはりすげ替えた普段履きも痛いのです。
なぜでしょう?
叔母に貰った同じような形の草履は痛くないのに・・・・
おそらく長く履いていなかったので台が硬くなったのか、
最初から硬かったのか、とにかくこの台もダメと結論しました。

さて、叔母に貰った草履というのは履きやすいのですが
台も鼻緒も黒いエナメル地なので地味というか、
喪服の草履のような気がしてなじめないのです。

そこでまた一大決心です。
ようし!こちらの台にまた自分ですげ替えよう。
c0021551_22315588.jpg

白い草履が古い普段履き。
黒いのが叔母から貰った草履。
オレンジ色がすげ替える予定の鼻緒です。
前回普段履きにすげた時はちょっと緩かったので
今回はニッパーで草履の穴を大きくし、
なおかつニッパーで思いっきり鼻緒を押し込んで
さらに思いっきり引っ張ってしっかり結びました。
んどうやら、巧い具合にすげ替えが出来たようです。
しかし、引っ張ったり押したりで、鼻緒はすっかりよれよれ。
もうすげ替えは無理です。
c0021551_22471815.jpg

それにしてもまるでこの台のための鼻緒ですね。
鼻緒にも同じ菊の模様が刺繍されています。
色も合います。
黒い台は持っていないので、とても嬉しいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-27 22:52 | 和装製作 | Comments(4)

今年のわらじ

世の中では物価上昇、給料変わらず、とさかんに放送しています。
そんなことを言われると不安になりますが、
う~ん、数字に弱い私は細かな家計簿を付けたり
予算を組んだりするのが苦手です。
なので、思いつくままに節約しようと考えます。

とりあえず、不要布(すり切れたシーツや服など)が切ってあるので、
しかもかなりの量になっていて邪魔者扱いになっているので、
昼間の日が当たっていて暖かい窓辺で、わらじを作りましょう。

前回、いつもの倍以上の巾に切った布で作ったところ
ぐんと早くできたので、今回は既に切ってあった細い布も
2本取りで使ったところ、早くできました。結構・結構☆
c0021551_20581643.jpg

細めで小さめに作るのがコツですね。
だって、一回履くとすぐ潰れて長く広くなってしまいますからσ(^∇^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-26 21:03 | 手芸 | Comments(4)

歳時記

寒い日が続いています。名古屋も今朝は零下です。

c0021551_2254505.jpg
玄関先の鉢の水も凍っています。
でも、雪は・・・降りませんね。

c0021551_22564679.jpgc0021551_2257384.jpg
日本スイセンが
この寒さの中で
咲き始めました。

右のスイセンは八重咲きのようです。
左のスイセンは同じ一本の茎に付いた花なのに
一個は一重、もう一個が八重です。
こんな事があるんですねぇ。
3つめの蕾はどんな花が咲くのでしょうか。

庭にある鉢の水も凍っていました。
ぶる!ちゃっぷい・・・・です。
c0021551_2322837.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-25 23:07 | 園芸 | Comments(2)

手作り菓子皿

お弾き初めが次の水曜日に迫ってきました。
お菓子をお懐紙にのせて出す予定ですが、
お懐紙にのせるだけでは、お出しする時にちょっと手がかかります。
お皿があるといいけれど、普通のお皿20枚はちょっと大変です。
何とか良いアイデアはないかしら。
前々回のお弾き初めで使った、木製の台
ちょっと大きくて持ち運びが大変です。

何年も前の年賀状の山が目にとまりました。
夫に早く処分するように言われているのですが・・・・
さらにデパートなどの紙袋も整理しないとどんどん増えてきます。

そうだ!年賀状ってちょうどお皿に良いサイズよね♪~
小麦粉を水で溶き煮れば糊がたっぷり出来ます。
あまったら庭に埋めればいいわ、文字通り薬品無添加だから。
厚手で色のきれいなふつうサイズの紙袋をはがきサイズに切ります。
はがきを3枚貼り合わせ、両面にきれいな紙袋紙を貼り付けます。
乾く前に4隅をちょっと折上げるとちゃんとしたお皿に見えるでしょ?
c0021551_21301396.jpg

22枚も出来ちゃった・・・・あぁ肩が凝ったこと。
ほら、小さめのおまんじゅうにちょうど良いサイズですよ~☆
これで年賀状も紙袋も少しだけですが捨てずに役に立ちました。
特別な支出も無し♪~
これからも使いたいのでニスでも塗ると良いかな?
ニス、どこ?・・・・捨てちゃった?これだから捨てられないのよね。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-25 21:49 | 三味線 | Comments(2)

メキシコ産カボチャ

私は昼のお弁当用に各種温野菜を茹でます。
茹で専用にしているチタン中華鍋に水を入れ、
まずは乱切りにんじんとサツマイモの輪切り
煮立ってきたところで、カボチャとカリフラワー、
一息ついたところでサヤインゲン(太さによって時間を決めますが)
カリフラワーがわずかに透明になったら
ブロッコリーとアスパラガス、
ブロッコリーが少し透き通った色になったら
(カラー)ピーマン、って感じです。

毎週同じような野菜を買っていると
季節によって順に野菜の産地が変わっていきます。
中でも面白いのがカボチャ。
同じように見える普通のカボチャでも
ゆで加減や味が違います。

去年のこの季節、どこの売り場のカボチャもメキシコ産になったとき
買ってみると、なんだかとっても変でした。
切る時にはむちゃくちゃ硬くて難儀するのに
茹でるときにはすぐ煮くずれるのです。
味もなんだか変でぼそぼそして、おいしくないというか、
たいてい煮くずれて破壊して形を成していないし・・・

という訳で2回ほど買って懲りて以後買いませんでした。
で、カボチャの代わりにサツマイモを増やしました。
それにしてもメキシコ産でもトンガ産でも、
日本から種を持っていって栽培しているはずだから
メキシコで作ったカボチャがおいしくないのは
メキシコのせいじゃないと思うんですよぉ~
なのにどうして~?

今年も引き続き、カボチャが全てメキシコ産になった時点で
カボチャなしのサツマイモ増量にしました。

世の中の評判がひょっとして悪かったのでしょうか、
今年こんなカボチャを見つけました。
c0021551_19233316.jpg

タキイのカボチャ?タキイのタネを使ったことね。
という訳で買ってみました。
用心して少し青いのを・・・(完熟で硬いと嫌だと思ったから)

ほっこり133と書いてありますね。
切るとき割れるような堅さはありませんね。
茹でたときも煮くずれることもなく、
食べるととろっとした感じで、おいしいです。
ほっこりという感じとはちょっと違うような気もしますが、
ちょっと日本カボチャのような食感で、私好みです。
しかも西洋カボチャのように甘い。いいじゃない(^▼^)/~~~
(完熟するとほっこりとはなるのかしら?)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-24 19:35 | 食べ物 | Comments(2)

今日のお稽古

さぁ、いよいよお弾き初めが来週に迫ってきました。
雨なのでポリの着物(リバーシブルで裏はペイズリーウール
c0021551_1841161.jpg

一列になって、タテ唄タテ三味線が真ん中に来て
分け口通り演奏しますが、今日の先生は唄が専門なので
う!細かいぞ唄の指摘・・・・
三味線は焦ってどんどん早くなります・・・大丈夫かい。

いいんです。これも経験。
お客さんの前で演奏することがとても大切な経験なのです。
せっかく長唄を習っているんだから、このような機会に
普段できない経験をさせてもらえるということはありがたいことです。
だからお客さんはとても大切なのです。
もちろん上手な演奏を見て頂けるように頑張るのですが、
他の人に見て頂くと言うのが大切なことであって
うまいへたは後の話なのです。
見に来て頂ける方に本当に感謝です。m(_ _)m
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-23 19:02 | 着物 | Comments(0)

守口漬けではないけれど・・・

ウリなどの粕漬けは奈良漬けという方が通りが良いでしょうか。
名古屋には守口漬けというのがあります。
木曽川河畔の砂地で栽培したきわめて細長い大根を
奈良漬けと同じく、一旦塩漬けにしたあとで
粕に漬けた物ですが、長い期間粕を替えながら漬けるので
白い大根が透明感のある茶色になっています。

ということは、のんびり者には好都合の漬け物です。
大根を塩漬けにして粕に漬けてあったのを思い出して
あぁ、そうそう、もう食べなくちゃと出してきて、刻みました。
c0021551_18301539.jpg

いつ漬けたのか忘れてしまうほど前に漬けたもので
しかも粕を替えるなどとしゃれたことはしてませんが
中までしっかり透明かつ茶色くなって見た目は守口漬け♪~
味はもちろん勝てないし、
歯ごたえも守口大根と比較するとちょい頼りないですけどね。
でも、忘れていてもカビが生えたりしないし、粕漬けは便利~
粕に漬けるのを忘れた塩漬けはカビが生えます・・・σ(^∇^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-01-23 18:36 | 食べ物 | Comments(2)