<   2008年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いきなり麻婆なんとか

豚肉があるけど、何が食べたい?
叫んだ私に息子がすかさず、マーボードーフ!

・・・・・豆腐無いシィ
野菜が高いから節約気分でモヤシ買ってきたシィ・・・・・

夫が、マーボードーフ、いいねぇ、
豆腐がなけりゃ麻婆ナスでもいいよ。
辛いのが食べたい気分だねぇ~

ま、いいか、モヤシ入れたら多少マーボードーフに似るかも。
どこがやねん、そりゃどっちも白いけど、
似ても似つかんがねぇ・・・

というわけで・・・・・
c0021551_22274055.jpg

みじん切りの豚肉と刻みニンニクを炒めておろし生姜も。
多少大きめに切ったナスとみじん切りのオクラと生椎茸、みじん切りネギ。
そして最後にモヤシ。
炒めて水分が出てきたところに
たっぷりの豆板醤とコチュジャン(なんでやねん)と
八丁味噌と喫茶店でアイスコーヒーに付いてきたガムシロップ(またまたぁ)
オイスターソースに醤油ちょっと。以上。
みじん切りのオクラでとろみがつくのがミソ。

モヤシがしゃきしゃきしてちょっと面白い食感。
今回はいい感じの味付けになりました。
毎回味が違うのが難点(何点?)だけど・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-31 22:40 | 食べ物 | Comments(4)

大雨、涙雨

28日、29日は愛知県と関東地方で豪雨。
あちこちで浸水、堤防決壊、大変な事態だったようです。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

さて、だったようです、なんて他人事のような書き方をしました。
ぢつは・・・・

c0021551_2334278.jpg

栃木県で親戚の葬儀に参加しておりました。
で、全く関係なかったかと言えば、
結構大変でした。

28日昼頃、私は金山のとあるビル内にいて
窓から降る恐ろしいほどの雨を見ていました。
真っ暗な空と激しい風に横なぐりの瀧のような雨。
しかしほどなく止み、ほっとしていました。

で、6時過ぎに仕事が終わると、金券屋で買った
この日が期限の新幹線の回数券をにぎりしめ
JRの駅に行けば新幹線はダイヤが混乱・・・
あらら・・・・名古屋駅以外では情報無しとか・・・
ま、いいか、行こう。
新幹線は再開して、次から次へと発車しています。
ま、いいかテキトーに乗ろう・・・
ま、いいかテキトーに座ろう・・・
あスイマセンそこ私の席です。あ、ごめんなさい・・・
そう言えば、私の切符グリーンだシィ
(ぢつは賞味期限ぎりぎりの値引き商品)らっきぃ♪~
というわけで、スキスキのグリーン車に移動して、
至極快適なグリーンの旅でした。(初体験グリーン席)

東海道新幹線のダイヤはめちゃくちゃでしたが、
東北新幹線は多分大丈夫でしょう。
私がしらべておいた時刻表によると
5分で乗り継ぎのできる列車があります。
階段に近い列車位置の放送に従い、
そこまで移動して、よ~い、位置について・・・
東京駅でダッシュです。
グリーン以外は自由席の新幹線だったのでらっき~♪
列の後ろに並ぶと目の前で扉が開きます。
このような時に選り好みは絶対禁忌です。
空いた席を見つけるとすぐにあいているか尋ねて
さっと座ります。

先にホールに着いた家族に情報をもらい
到着駅でもすぐタクシー乗り場をみつけ
止まったタクシーから人が降りるのを待って
さっと乗ることが出来ました。

さて、翌日は一日雨の予報でしたが
(午前中はそれでも確率が低い)
朝からほとんど雨もなく、火葬場に移動する時も曇り。
火葬場で待つ間には陽もさしてきました。

さて、帰りです。東北新幹線は順調でしたが・・・
家族3人なのに私一人金券屋のチケットを持って
あとの2人に非難されています。
なんで一人だけ買ったの・・・帰りは3人一緒だから
3人一緒に買えばいいのに・・・・
あ、そうか・・・思いつかんかった・・・ごめん。

東海道新幹線はまたしても
岐阜羽島間の大雨で止まっていたようです。
もうややこしいことはあきらめて
私一人自由席に飛び乗ることにします。
時刻案内を見て先発の列車は混むことを予想して
次発の列車に乗ろうとホームへ向かいます。
来た列車に乗り自由席にさっと座ります。
で、あとの二人がEチケットで取った列車の方を見ると
な、なんとダイヤの混乱でその列車は運休の表示が!
どうなってんの?
急いであと2つ分の席に荷物を置いたところで
こっちこっちの声に見るとはるか前方でこちらを招く姿。
せっかくの席を放棄する気になれずケイタイ電話すると
3人分の並んだ席を確保したとのこと。
私の取った席は喫煙車だからダメだとのこと。
おやおや、大変ややこしいことでしたが
結果3人揃って座って名古屋まで帰り着いたというわけ。
自宅までの道もほんの小雨程度。
なんとらっきぃ~

♡♡さんありがとうね。
まだ極楽へたどり着いてないと思うんだけど
(だって、49日間は家の屋根の上にいるんでしょ?)
大した力だがね!
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-29 23:40 | 着物 | Comments(4)

お稽古着物

27日お稽古の着物、何にしようかと考えました。
このところの雨模様のおかげで
もうすっかり涼しくなった名古屋ですが、
考えてみればもう8月も終わりです。
まだ着ていない夏物を着なくては。
涼しいと言ってもいわゆる普通の薄物、絹の薄物には
ちょうど良さそうな程度、
つまり30度前後の蒸し暑さです。

折しも日曜日に替え袖付きの袖の長い着物に合わせて
袖無し長襦袢を着たので
この際もう一度その長襦袢を着ようと思って
替え袖付きの夏物を着ることにしました。
c0021551_22491766.jpg

ずっと以前、まだ夏物を持っていなかった頃
古着屋さんで買った紗の着物。
裄が短いので替え袖が付けてあります。
紗の着物は特に安い値段が付けられていました。
恐らく現代ではほとんど着られていなくて
需要が少なかったのでしょう。

紗の着物はサラサラと肌触りがよく、
しかも紐を締めたところは
粗い織り目の布同士ががっしりとかみ合い
動いてもずれないので着崩れが少なく、
気に入っています。
しかし今年の猛暑ではさすがに着る気になりませんでした。
この日の気候にはぴったりです。

お天気が多少怪しかったので帯はいつものポリ。
紫の丸い模様がありますが
カメラの設定が着物に合ったので
模様の色が飛んじゃいましたね。
結局雨には遭いませんでした。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-29 23:00 | 着物 | Comments(2)

バテイックバッグ

スカートの残り切れをバッグに縫いつけました。
ちょうど以前に縫いつけた布がすり切れてきていたので
新しくなって、良い感じです。
c0021551_23592722.jpg

ただし今回は裏表同じです。
(リボン無しというわけ)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-27 00:01 | 手芸 | Comments(4)

糠漬け

今年はキュウリを2本植えて、
毎朝キュウリの糠漬けを食べようとたくらみました。
キュウリは比較的順調に一日1本程度なりましたが、
ちょっとくたびれたようでこのところなりません。
液肥をかけて、この涼しさで元気回復して欲しいです。

さて、糠漬け夏の初めに作ったのですが
しばらくして良い感じになったところで
指にけがをして、糠をかき混ぜる時に滲みて痛いのと
そうこうするうちになんだか匂いがおかしいのと
数日留守をするので、とうとう中断してしました。

止めてしばらくすると、家族がやはり糠漬けが食べたいと言い出し、
折しもためしてガッテンで糠漬けを科学していたので
それを見て研究しました。

まず糠漬けをかき回すのは空気を入れる為と思っていたら、
実は糠床の底と真ん中辺りと表面には
違った種類の菌が住んでいて、
それの場所を毎日替えることによって旨みが発生する。
これは目から鱗ものです。

というわけで、糠漬けの方法を変えました。
1)糠漬け容器は底の深い物。
ただし名古屋はメチャ暑いので真夏は冷蔵庫保存の為
冷蔵室に入るサイズ。

2)糠の場所を入れ替えるには手を使うより
スプーンの方が便利
c0021551_22191416.jpg

スプーンで底の方の糠を表面に掻きだします。
それによって表面の糠を中~底へ移動させます。
もちろん酸素も必要なのでかたまりを崩しながらします。

3)容器は小さめなのでキュウリは2つ切りにして入れます。
2~3本はなんとか入ります。
c0021551_2226426.jpg


4)糠漬けの立役者・乳酸菌はあまり酸素が好きではないので
キュウリを埋めたあとはしっかり空気を抜いて表面をならします。
c0021551_22293871.jpg


5)過去の経験からキュウリの水分が出て
糠がべちゃべちゃになるので水分を吸わせる為に
表面をならしたあとペーパータオルをのせます。
c0021551_222813100.jpg


6)水分を蒸発させる為と空気を通す為
蓋の代わりにハンカチを乗せ、輪ゴムで留めておきます。
c0021551_22304786.jpg

これで水が貯まらないので
ペーパータオルは不要かも知れません。

手を糠床に入れないので
手洗いを神経質にする必要や雑菌の心配もなく
何かをするたびに糠だらけの手を洗う必要もなく、
糠の減りも少なくなりました。
そして何より、糠漬けがとても美味しくできるようになりました。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-25 22:40 | 食べ物 | Comments(2)

バテイックスカート

大塚屋さんへ行きたいのをぐっと我慢していましたが、
とうとう我慢できずに行って・・・夏物セールで買ってしまった
安物プリントバテイック。一応インドネシア製だけど・・・・
で、先日以来格闘してその成果が、これ
c0021551_2272316.jpg

前回のスカートを参考にするつもりが
布のサイズが違っていたのと、
長い両辺に端模様があったので、それを生かす為に
裁断の寸法を変えたら、フレアーが多すぎてしまい、
またお直しをして・・・・とちょっと手こずりました。
前回の寸法が一番私には似合います。
これはちょっと全体が短くて裾のフリルが長すぎる感じです。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-25 22:20 | 手芸 | Comments(4)

お出かけ

今日は叔母がお寿司をご馳走してくれるということで
いそいそとお出かけです。
天気予報は雨だったので、小千谷縮みとポリ紗帯
という組み合わせを考えていたのですが、
朝起きると鳥が鳴き西は青空です。
ラッキ~。おまけに涼しい!

というわけで、骨董市で買った高級そうな夏紬(?)
今回初めて着ます。
袖が長いので特製替え袖縫いつけ済みです。
c0021551_23103245.jpg

時間がなくて帰ったあとで写真を撮ったので
後が皺になっていますね。
帯は先日加工した紗の鶴帯。
c0021551_23115513.jpg

さて、涼しい日だったのでのですが、
時々じわ~っと暑くなってきます。
やはり透けるほど薄くても絹は暑いか・・・
と思って脱いだあとよく見ると
透けるところは全て薄いモスの裏が付いています。
恐らく、これの作られた時代はもっと寒かったか、
寒い地方だったのでしょう・・・
ほとんどウールの袷・・・・暑いはずです。

合わせ仕立てになっているわけではないので
衿の縫い目をちょっと解けばはずせるでしょうか?
でもちょっと自信がありません。
洗い張りに出して仕立て直してもらう?う~ん・・・・困

やはり夏の絹を着るということは
それなりに甲斐性が必要ということかしら。
結構皺にもなっているからこれもなんとかしないと。
その点、まだ紗の着物の方が気が楽。
やはりよく着られているものには、理由があるということですか。
自分でなんとかしてみるか・・・・・悩
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-24 23:39 | 着物 | Comments(3)

お稽古着物

もう昨日のことになりました
c0021551_21501818.jpg

小千谷の着物に久しぶりに登場の鮎の帯です。
絽の帯に絽の端切れを縫いつけた物です。
裏はまだ黒い布のまま。
リバーシブルにしようと思えば出来ますが・・・

昨日は唄の先生で小鍛冶の唄を
細かいところまで指導され、とても充実していました。
しっかり舞台稽古ができたという感じです。

長唄は三味線と唄がかなり独立して唄われるため
簡単そうに聞こえる唄でも
複数の人(特に素人)が揃って唄うためには
出だしの場所、何拍まで伸ばすかなど、
かなり事細かに決めないと揃いません。

三味線はその点拍子がきっちりしているのでまだいいのですが
締めるところ(ゆっくりになるところ)の速さ(遅さ)が
揃わないとこれまたみっともない。
あんがい大変なんですよね。
本来はタテ三味線が掛け声を掛けて引っ張っていくのですが
まだそこまで出来ないので先生頼みです。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-21 21:52 | 着物 | Comments(0)

縁談

最近ブログの更新が滞りがちです。

実は親戚やら友人やらの縁談話を色々頼まれて
そのことで電話したり、連絡したり、
ご近所のお世話をされている方に頼みに行ったり
こういうことに意外に時間を取っているからなんです。

最近はこういうことをされている人も減り、
かといって職場での出会いも少なかったり、
まわりの結婚年齢が上がっているので本人達ものんびりしていて
気づくといい年齢になっている・・・
で、親が慌てる・・・・

私、ついついお節介の性分が顔を出し、
橋渡しを買って出てしまっているという状態です。
できれば、いい組み合わせが生まれると良いなと思うので
思わず一生懸命になってしまいます。

たった一度の人生だもの。
色々経験出来るといいですよね。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-20 22:57 | 家事 | Comments(2)

着物関連セール

8月20日(水)から呉服の売り出しがあるのが、
松坂屋と名鉄の各デパート

8月27日(水)からはJR高島屋の恒例、呉味の市

ずっと先では大須の松屋大丸(10月?要確認)

とりあえず、明日は名鉄に行って、
胡蝶履の履きやすい草履と鼻緒すげを見てこなくては。
ここの幅広の草履が履きやすいので好きです。
ちょっとした礼装にも良さそうな物があれば、と思っています。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-08-19 22:57 | イベント予定 | Comments(4)