<   2008年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

着付けの工夫:長襦袢

さて、友人の着物活用のお手伝いをしました。
私と同じ年代の女性なので、
嫁入り道具としての着物も持っているし、
着物好きだったお母様の着物も色々持っている。
子供の頃にはよく着ていたし、着付け教室にも通ったことがある。
しかし、今、気軽に着物を着ることができないので
なんとか、工夫できないかということです。

さて、着物が大好きで自分で色々する人以外
ちょっとした機会に着物を着るというのは、
案外面倒なものです。

私が考える一番の手間は半襟です。
着物を着るたびに半襟を付けて、脱いだあとまたはずし、
洗ったあとに次回の為にまた縫いつける。
これは、とても大変なことだと思います。
私も、これでは、よほど特別な機会(結婚式など)以外は
着物を着ようという気になりません。

今の私はうそつき襦袢を着ることでこれをクリアーしました。
数枚のうそつき襦袢に好みの半襟を縫いつけますが、
それはシーズン最初にするだけで
半襟を付けたままでうそつき襦袢を洗濯機で洗ってしまいます。
着ないので高い費用を出して絹の長襦袢を洗う必要もありません。

これを彼女に提案しましたが、難問がありました。
ポリエステルの替え袖が縫いつけてある市販のうそつき襦袢は
裄は色々ありますが、袖丈が49cmに統一されているのです。

ところが長身の彼女の着物は袖丈が
52cmあり、特に最近は54cmに仕立て直したというのです。
さらに長襦袢も色々持っているので、
それを活用したいとのこと。
そして、寒がりなのでうそつきでは寒い。
長襦袢と肌襦袢を重ねて着ることは一向にかまわない
というのです。

色々考えを廻らしたところ、良いことを思いつきました。
それは筒袖うそつき襦袢と長襦袢を両方とも着てしまうこと。
わかりやすく目立つ半襟の付いた長襦袢でためしてみました。
c0021551_23163557.jpg

こんなふうに、筒袖うそつき襦袢を着た上から、
長襦袢をさらに重ねて着ます。
衿は着物のようにうそつきの衿とは離して合わせます。
c0021551_2318478.jpg

そして着物を着ますが、衿はこのように
着物の衿から少しだけ長襦袢の衿が見えるように合わせるか、
全く見えないように重ねてしまっても良いと思います。
c0021551_2319539.jpg

このように着れば、長襦袢の衿が肌に触れることもないので
長襦袢に付いている半襟も洗う必要はありません。
洗うのはうそつき襦袢だけでOK.
長襦袢の袖(と裾の部分)が外から見えるので、
替え袖をわざわざ作る必要がなくて、
長襦袢が活用できるというわけです。
いかが?グッドアイデアでしょ?
HPに詳細をまとめてみました。こちらです
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-31 23:49 | 和装製作 | Comments(0)

ホットケーキの素クッキー

フルーツケーキを焼こうと思っていたのだけれど、
時間がないので、ホットケーキの素でクッキーを焼こう。
でも、分量とか温度とかわからない。
やはりHPにまとめておかねば。というわけで、
ブログの記事を探し、作りながら、まとめました。
ホットケーキの素クッキーです。
c0021551_21413974.jpg


:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*:・'°☆。.:*

その他も。
カボチャプリンとフルーツパイ
フルーツコンポート
豚の照り煮
焼売
あぁ、たくさんできたこと。
ノートパソコンやら、外付けハードディスクやら
立て続けにぶっ壊れたことがあって、
どうもHPが混乱していますが、
だんだん整理が進んできました。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-29 21:45 | 食べ物 | Comments(2)

バラ鍋

職場で小耳に挟んだお料理
家に帰って早速試してみました。

豚バラと白菜を交互に並べて切ってお鍋にいれ、
豚の臭みを消す為に焼酎をふりかけて水も少々入れて
蓋をして蒸し煮にすると言うもの。
本当は豚バラ鍋って言うらしくて、ネットにも出ていますが、
豚バラというのがどうしても引っかかるので
たまたま家にあった豚ロースの薄切り(特価品)の
脂身を切り取って使ったので、全然豚バラ鍋じゃない。
でも、見かけがバラみたいだからバラ鍋。

c0021551_1961723.jpg
白菜の四半切があったので、
こんな風に豚の薄切りと交互に積み重ねていきます。

c0021551_1972871.jpg
出来たところで鍋の深さに合わせて切ったら、
四等分できて、うまい具合に入りました。
あいたところにキノコを入れましたが、
ちょっと野菜が少ないですね。どうしよう。
あるサイトでは、加熱して白菜が縮んできたら
空いたすき間に春菊とか入れると書いてありましたが・・・・

c0021551_19105662.jpg
完成。
あまり縮まないですね。
豚臭かったので、キムチと一緒にポン酢を付けて頂きました。
チョー美味しいというほどではなかったけど、
やっぱ、バラ肉じゃないから?
でも、見かけ楽しいし・・・もう少し大きい鍋で
彩りのいい野菜を色々入れたらいいかも。
これでは我が家的には野菜が不足・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-29 19:24 | 食べ物 | Comments(2)

メジロの集団

今朝の空は・・・・
c0021551_1154997.jpg

秋を感じさせる、うろこ雲、それともひつじ雲?
肌にきりっと小寒い朝です。

あら?いつもと違う鳥のさえずりが聞こえます。
ぴっ!ぴっ!と鋭く聞こえます。
あちこちの茂みが小刻みにふるえ、何かいるようです。
あ、メジロですね。
おや、ムラサキシキブの実をついばんでいるようです。
でも遠くてうまく写真が撮れません。

桜のてっぺんに来た時にうまく撮れましたよ。
最近増えた蓑虫も食べてくれないかなぁ~
c0021551_11133765.jpg

でも、ほどなくみんな道の向こうに行ってしまいました。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-29 11:22 | 園芸 | Comments(4)

お品書き

実は昨晩、デザートに紅茶を飲んだせいか、
なんだか眠りが浅く、どうも夫もそうだったらしい。
明け方にふと目を覚ますと夫が何か言うので聞くと、
昨夜、確かカキのグラタンをするはずだったのに
忘れたよね。気になって悪夢にうなされていた・・・・
げっ!忘れてた?しめさばも忘れたのに・・・・・
もうしょんぼり。

これからはメニューを考えた時に
お品書きを書いてテーブルに置いておかなくちゃ。
誰かが気が付くように・・・・
料理の鉄人でも誰か、まずはお品書きを書く人がいましたよね。
あれは料理を作り忘れない為の作戦だったのね。

という訳で、もうカキ君は死んじゃってるだろうけど
悪くなる前に食べちゃおうと言うことで
c0021551_20333866.jpg
朝起きてすぐチーズを載せて焼きました。
前回はほとんど味がなかったのに
今回は普通のカキの味と香りがしました。
これは時間が経ったカキの味だったのね。

同じく忘れられたしめさばは夕食のメニューになりました。
ここに作り方をまとめておきました。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-27 20:37 | 食べ物 | Comments(2)

大家族料理

今日は義弟が出張のついでに寄るということで、
名古屋に下宿している姪っ子も呼んで、7人の夕食です♪~
和洋折衷で料理を色々作りましょう。
日曜恒例の常備菜作りも一緒に午後からお勝手仕事です。
c0021551_2152472.jpg
          サトイモ煮

c0021551_21532997.jpg
          クリーム味おから
(ゴボウ、にんじん、レンコン、こんにゃく、ピーマン、マカロニ、カボチャの皮入り)

c0021551_2155070.jpg
        カボチャプリンに乗ったイチジク洋梨パイ

あと写真を忘れたのが、蕗の厚揚げ煮、けんちん汁
栗茸ご飯(市販ミックス利用)
生蛸刺身+葉カツオ刺身+トマト等のイタリアンサラダ

今日魚屋さんで見つけた葉ガツオ、
鰹にしては身がピンクでちょっとビンナガみたいな感じです。
トロ鰹とは違うの?
味もビンナガマグロ(=ビンチョウマグロ、トンボマグロ)
に似ています。
今調べると、カツオより歯が目立つの歯鰹が正しい名前。
模様がちょっとサバみたいです。
普通のカツオとは別の種類のハガツオという種類のようです。
もっとも鰹もハガツオもビンナガも同じサバ科ということのようです。
属は全部違います。(カツオ属、ハガツオ属、マグロ属)
ついでに見るとサワラもサバ科サワラ属だって♪~

さて、生のタコ(北海道産)を買うのは初めてです。
一番小さいパックを買ってごくごく薄く切ってみました。
吸盤はこりこりして美味しいですね。
葉鰹もごく薄くしてさらに小さめに切りました。
トマト、キュウリ、アボカド、茹でサヤインゲンを乱切り、
黒オリーブ(種抜き)の缶詰とまぜて、
オリーブ油、バルサミコ酢、スダチ一個の汁、
クレージーソルトをかけて混ぜました。
最後は息子がやったので詳細不明。
へ~、タコも鰹もすご~く合うじゃない!
写真を撮り忘れて残念至極。

姪っ子(とばあちゃん)以外は理系の家族、
夕食の会話の内容が変な話で盛り上がると
姪っ子がおかしがるが、
いやぁ、姪っ子は3姉妹。うちは2兄弟。
単に男性率が高いだけでないの?
でも本当はどうなんだろう。この記事も変かなぁ~
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-26 22:55 | 食べ物 | Comments(0)

歳時記

昨日から、また寒くなってきて、今日は雨が降り、
そして小菊が開花していました。
雨に濡れてとても綺麗な色です。
c0021551_21425811.jpgc0021551_21431370.jpg
遠くを見るとヤツデの花芽も伸びているようです。
ヤツデは毎年花を咲かせて実を結び
冬には小鳥たちに餌を提供しているようですが
高いところなのでよく見えなくて
今まで一度も歳時記に出したことはありませんでした。
でも、一応これも庭の花だし・・・ネ!
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-26 21:47 | 園芸 | Comments(0)

落語に三味線

さて、今日は長唄の会もあるし、
三味線の仲間と連れだって桂吉弥さんの独演会にも行きます。
そこで、早速昨日作った(古布を縫いつけただけですが)帯です。
c0021551_22164891.jpg

ちょっと激しい色ですが、友達とはぐれないように・・・
というか、帯と合う着物を選んだら、こうなったというわけです。

さて、長唄の会では、いくつか良いことがありました。
まずは、小学生かわイイ~
c0021551_22293549.jpg

緋毛氈では白や黒の着物が目立ちますね。
(何見とるんじゃ)
そして、五郎は日舞つき♪~
デジカメに6分間の動画が撮れる明きがあったので
めいっぱい撮りました。
ここまで見てしまったので、
落語の前にお茶にをご一緒する約束が・・・・
・・・・ごめんなさい。

さて、私はまだ落語初心者です。
お金を払って落語を聞きに来たのも数えるほどしかありません。
前回は最初の3人ほど笑いすぎて
最後の方では疲れて眠くなってしまったとか・・・・
今回もチト不安でしたが・・・・
あ、でも大丈夫でした。
最後まで愉快に楽しませてもらいました。
1~2題は聞いたことのあるお話でしたが、
落語の色んな楽しみ方に接することができた気がして、
ちょっと嬉しかったりして。

たくさんの宣伝チラシを見ていて、発見も。
12月16日の柳家喬太郎さんの会では
ゲストに長唄三味線ユニットの伝の会の名前が・・・
東京方面のブログでは時々眼にします。
あら、これは・・・是非見たい・・・・長唄三味線を・・・・
本末転倒と言われるかもしれませんが・・・
で、早速会場のチケット売り場でご購入~♪
(これで、ちょっとだけ考えていた正倉院展は、即中止)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-25 23:30 | 外出 | Comments(2)

帯2本

今日は朝から雨・・・・仕事もない・・・・
となれば、溜めてあった趣味の仕事を思う存分・・・・・
え~っと、何があったんだったっけ?

明日は他流派の三味線発表会を偵察の後
落語を聞きに行くんだ♪~
いつもの三味線仲間で行くので、
せめてそんな時こそウールじゃなくて絹物を着なくちゃね。
という訳で、箪笥の引き出しをあれこれ。
そうそう、白鳥の骨董市、
蝉丸さんで買った端切れで帯を作るんでしたね。
時期もちょうどの秋の葉布を帯にして、早速締めていきましょう。

という訳で、三味線の練習をしたあと
午前中から夕方までちくちく。
思いの外時間がかかったのは
案の定、間違えて上下逆に縫いつけて、縫い直したり、
突っ張りすぎでまた縫い直したりと
3本分の時間がかかってやっと2本できたから・・・・
c0021551_18293389.jpg

なかなか良い感じの縮緬帯になりましたよ。
葛の葉と花でしょうか。葛葉帯と名付けましょうか。
見えるところだけにちょうど合う長さの端切れで、
うまく模様を出すことが出来ました。
明日はこの帯を締めていきましょう。

さて、もう一本もやはり縮緬のようですが、
ほとんどシボはありません。
一部刺繍があります。
汚れの様子から考えると帯だったようです。
写真に撮ると半分汚れているのがよくわかりますね。
どこを前に持っていこうかと広げると、
なんと、一部が切れています。あらら・・・・
でも、タレにちょうど良いのはきっともともとタレだったせい?
それにしては半分に折られているのは解せませんが。
ま、いいけど・・・というわけで・・・・
c0021551_18374037.jpg

はい、フラミンゴ帯の裏に縫いつけて
帯の前はフラミンゴ君を利用しようという魂胆です。
お魚の帯留めなんかが合うんでないかな。
漁師帯と命名しましょうか。
渋い帯なので黒っぽい着物に合いそうです。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-24 19:04 | 和装製作 | Comments(0)

今日の着物

今日はお稽古日。
でもその前に愛知県美術館の国展に行きました。
高校同期の仲間が出展していて、案内状が来たんです。
国展は絵だけでなく、立体作品、染色、織物、写真もあって、
面白いです。
隣の会場ではNIC(名古屋イラストレーターズクラブ)の展覧会もあって
 すご~く 面白かったです。
で、今日の着物。またしても引っかけ応用結び
c0021551_2363695.jpg


今日は東京のお師匠さんとお家元までいらしてちょっとびっくり。
豪華指導陣♪~ちょっとお得だったかも(そういう問題とちゃうやろ)
[PR]
by yamamotoyk | 2008-10-22 23:13 | 着物 | Comments(2)