<   2008年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

アンティーク・フォーマル

さて、今日はテーマがアンティークフォーマルというお食事会です。
フォーマルと言えば、私のばやい・・・やっぱぁ~留め袖?
でもって、アンティークと言えば、
おばあちゃんの留め袖は持ってないので、
母か、伯母のもの。というわけで、
c0021551_1741431.jpg
で、伯母から譲り受けた留め袖を着ました。
写真を撮ってもらって、今、初めて後ろ姿を見ましたが、
いいじゃん♪~と一人で喜んでおります。

さて、土曜日のお昼というのはなにかと忙しく
あっら~、遅刻しそう・・・・
とチョー慌てて着たので、襟元がしっくりしません(残念)

実は上等の刺繍半襟をクリーニング店で紛失して以来
良いのが見つけられず・・・
そうだ!と思いだしたのが・・・ビーズ半襟。
c0021551_17525830.jpg
ビーズ半襟を仕立て衿に縫いつけました。
仕立て衿は広衿仕立てになっています。
そこで、これを胴がさらしのポリ長襦袢の衿にかぶせ、
荒く縫いつけました。
ビーズは冷たさで夏向きに思われますが、
夏の着物に合わせた時は夏の軽い着物に対して
ぼってりと重くてバランスが悪いので、やめたことがありました。
むしろこのように重い着物に合うような気がします。
もう少し半襟を見せて着ればよかった気がします。

帯は袋帯ですが、
私の場合、袋帯はすべて芯なしで、名古屋帯化してあります。
c0021551_17583952.jpg
つまり、名古屋帯の長さになるように
タレを適当な長さで裏に折り曲げ、縫いとめてあるのです。
c0021551_17594985.jpg
これが裏。
タレの部分は横をしっかりかがってありますが、
お太鼓部分はかがってないので、二重太鼓に見えます。
こちらが表。
c0021551_1812996.jpg


行き帰りは地下鉄なので、
二部式雨コートの下だけ巻き、
上はいつものマントを着ました。
作り方はこちらから

さぁ、来年はいよいよ本当の留め袖を着る機会があります。
今回は良い予行演習になりました。
その結果、考えたことは・・・・

ビーズの半襟は良い感じでしたが、
本番ではビーズがいいかどうかわかりません。
それまでに重厚な半襟探しをしましょう。(骨董市などで)
で、見つからなければ、ビーズも致し方なしとしましょうか。
だって、バッグがビーズでもいいなら半襟だってね。

あと重い着物に対し、頭がちょっと軽い気がします。
超ショートヘアーで髷の土台も作れません。
こうなったら、ウイッグでしょうか。
今日は特にいつものようにムースでがっちりできなかったので
よけい気になりますが、これも研究課題です。

このところ、帯も着物も収納能力いっぱいになって
しかも着る機会も減ってきて
骨董市にも行く気が失せていましたが、
課題が出来るとまた楽しくなりますね。

今日は皆さん色々目の保養をさせて頂き、
本当にありがとうございました。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-29 18:39 | 着物 | Comments(6)

三つ組袋

そろそろ忘年会・・・・
三味線持ってくのって、重いんですよね。
案外でっかくてかさばるし・・・・
で、三味線は本来、三つに分解できる構造なんで、
分解して持ち運べば、少なくともかさばるという問題は解決します。
で、なるべく軽くということで、軽量ケースを買いました。

ところが分解した三味線をそのままそのケースに入れると
傷が付きそうで大変危険。
前回横浜へ持っていった時は
なんとか色んな布で包んでかつ間に和装小物を詰め込んで
これなら、と言う感じで持っていきました。

さて、しかし、いつまでもこのままではマズイので
分解専用袋物を作ることにしました。
これを三つ組袋と言います。
薄い布ではやはり傷が付くので
ネルで裏打ちをすると良いと言われましたが・・・

という訳で、今日の午後一ぱいかかって作りました。
ポリの反物大活躍です。
案外布地が必要で、他の端切れでは役不足でした。
じゃ~ん
c0021551_19848.jpg

ほらね、ちゃんと、オーバー生地の裏ですよ。
c0021551_19988.jpg

きちんと三味線を入れるとこんな感じ
c0021551_1994950.jpg

でもって、ケースに収納したところです。
c0021551_19101685.jpg

さあ、これで、どこへでも出張できますね♪~
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-28 19:14 | 三味線 | Comments(0)

お稽古と着物

もう昨日になってしまいましたが、
お稽古に着ていった着物です。
c0021551_2281496.jpg

グレーのシルクウールに
着物の端切れを縫い付けた帯。
んん・・・着物と帯がイマイチ、ミスマッチかも・・・・
織りの着物に染めの帯、というわけにはいかなかったようです
グレーの無地(織り模様のみ)が寂しい感じだったので、
派手な帯で気分を盛り上げようとしましたが、
うまくいきませんでしたね。
この上にこのところずっと着ている絞り羽織を羽織ったので
最終的にはまとまったと思いますが・・・・

さて、お稽古の方はお弾き初め5曲のうち4曲まで合奏しました。
まだまだ皆の息が合いません。
少しずつ合っていく過程が楽しいですが、
どこまで合うようになるか・・・・
楽しくもあり、不安でもあり。

個人のお稽古をされている方が、
前回のお弾き初めでは一緒に参加されましたが、
今回も参加されるといいな。
本当の舞台に上がるのはとても大変ですが、
この内輪のお弾き初めはそう言った意味では
緊張と気軽のバランスが良いので
まだまだ経験の浅い者にとってはありがたい機会です。

そういう意味でも、ほどほどの人数のお客さんに来て頂けるのは
とてもありがたいので、お時間があれば、
是非足をお運びください。m(_ _)m
1月14日(水)13時から、名古屋栄です。
詳細な場所をお知らせしますのでメールをください。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-27 22:56 | 着物 | Comments(4)

歳時記

うっかりしている間に、すっかりサザンカが咲き誇っていました。

c0021551_21583136.jpgc0021551_21585933.jpg
                             白いサザンカは白楽天
                        ピンクの方は名も無い木です。

万両の実がかなり赤くなってきました。
今年もよく実が付いています。豊作ですね。
c0021551_2205778.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-27 22:06 | 園芸 | Comments(0)

ひょんなトンネルウオーク

さて、昨日の日曜日。
夫に付き合って、名古屋周辺のモミジも見ようと・・・
手近に定光寺はどうでしょう?

さて、定光寺の駅を降りると・・・
なんだか廃線トンネルを歩く会だそうですよ。
面白そうですね、ちょっと行ってみましょうか?

現在の中央線ができる前、
明治時代にはイギリスから技師さん達を呼んで
山肌にへばりつくように線路を造り、
数多くのトンネルが掘られました。
大きなトンネルが掘られた為にその線路は廃線となり、
40年後、発掘調査が始まったというわけです。
3,4,5,6番のトンネルが現在歩けるようになりつつあります。
c0021551_16571882.jpg
ここを線路が走っていたわけです。
c0021551_1658727.jpg
所々美しい紅葉が見られます。ここは竹藪ですね。
まず最初は第4トンネルに着きました。
c0021551_16592025.jpg

第5トンネルの出口付近から
第6トンネルの入り口を見るところです。
c0021551_1731665.jpg


これは一番長く、頑丈に作られた第6トンネル。
c0021551_1772955.jpg

330mあるので、中は・・・・・
c0021551_1701281.jpg
真っ暗です。
前を歩く人影がうっすら見えますよ。
京都の夜より真っ暗でした。
はっきり言って、真ん中辺りは何も見え無い100mでした。
さて、第6トンネルの先は道路に隔てられ、
線路の発掘は終点になっているので引き返します。
落ちていた竹を拾って帰りは杖にします。
来た道と反対方面に第3トンネルがありますが、
ここは中にがれきが積み上げられています。
これが反対側の終点です。
c0021551_1711551.jpg

ここの断崖絶壁にもモミジの巨木があります。
対岸からも見えるほど大きな木です。
c0021551_17133715.jpg

そうなんです。ここを降りて対岸に行く橋から見ると・・・
c0021551_1716827.jpg
中央やや左に見えるのが
現在の中央線のトンネル。
歩いたところは、そのすぐ隣の山肌です。
現在の駅も山からはみ出しそうになってます。

さて、偶然参加しちゃったトンネルウオークでしたが、
本当は事前の申し込みが必要だったようです。
現在、ここの整備運動の参加者を募集しているようです。
定年後の生き甲斐に皆さんいかがですか?

あ、ついでに(?)定光寺も行きました。
長い長い石段が鞍馬山と京都競歩とトンネル砂利道歩行で
くたびれた足には結構きつかったです。
c0021551_17243443.jpg

c0021551_1725171.jpg

c0021551_17254885.jpg

c0021551_17264339.jpg

こんな感じですね。結構な人出でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-24 17:41 | 外出 | Comments(6)

走れ走れ@京都

さて、朝はよく歩きましたね。
仕事の後、夜の時間も大切にしたいですね。
よし、夜間ライトアップのお寺を回りましょう。
という訳で、地下鉄ですぐ行けるお寺を探しました。
最初の番は青蓮寺と知恩院
大変結構な夜景でございますが、
いかんせん私のちっちゃなカメラではうまく写せません。
人間の目がいかにすばらしいか、
(だいぶボッコになった私の目ですら)
改めて驚かされます。
(写真がない言い訳です)

さて、次の夜は南禅寺と永観堂禅林寺です。
南禅寺までは地下鉄からすぐでしたが、
暗いですね、道が・・・・さすが京都です。
さて、案内のお兄さんは永観堂は
もう受付時間が終わりではないかと言います。
ええ~!そ、そんなバカな・・・
いえ、まだそれほど時間が過ぎているわけではありません。
行き方を聞いたので早足で行きましょう。
幸い前方から人が帰ってきます。
それ行け~!ところがなかなかたどり着きません。
だんだん心配になります。
いよいよ闇が深くなります。だんだん小走りに・・・・
焦らない、慌てない、でもあきらめない
あと二つの‘あ’は、何だったっけ・・・

着いた時には聞いた時間から10分過ぎていましたが、
まだ人も車も多く、時間は良いようです。ほっ!
来てよかったです。すばらしいモミジです。
ここは写す事が出来ましたよ。
建物の中からお庭を拝見する所です。
c0021551_1642021.jpg

せっかくここまで我慢して読んでくださった方の為に・・・
もう一枚。夜は余分なものが見えないので
一層すごさが増しますね。
c0021551_1644425.jpg

本当はどのお寺も池に映る風景が特に美しいのですが、
とても、私のカメラには写すことが出来ません。
残念ですが、本物をご覧になってください。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-24 16:48 | 外出 | Comments(2)

歩け歩け@京都Ⅱ

さて、鞍馬山、着物と地下足袋傘の杖、
ずっと歩いて鞍馬山奥の院から西門に出たわけですが
c0021551_1675682.jpg

そこから貴船神社まではすぐでした。
c0021551_1681478.jpg
貴船神社の本殿は新しい建物で
本殿の前も後も紅葉が美しい。
c0021551_16101024.jpg

せっかくお弁当を持ってきたのに、お昼前で鞍馬山が終わってしまい
なかなか食べるところがありません。
仕方なく貴船神社奥の院まで歩きます。
c0021551_16135743.jpg

奥の院はあっさりと静まりかえっています。
あ、これはきっと拝殿ですね。
裏に回ると・・・・
c0021551_16152736.jpg
本宮と、隣に貴船(黄船)を隠した船形石があります。
c0021551_16192310.jpg
そぼ降る雨は一向に止む気配がありません。
やっと11時を回ったので、そろそろお昼を食べても良いかな。
あ、あのベンチだけが木陰にあって濡れてませんよ。
という訳で・・・お弁当、いっただっきま~す!
ここにも美しい紅葉の木がありますね。
c0021551_16215724.jpg

帰り道も美しいですね。
夏はこの川原でお食事をするのかな?
c0021551_16234012.jpg

時間が早いので時間を有効に使おうと、
叡山電車まではバスに乗っていきましょう。
駅のモミジも綺麗ですね。
c0021551_1627540.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-24 16:27 | 外出 | Comments(0)

歩け歩け@京都

なんだか忙しくって・・・あまり準備もなく・・・・
直前に仕事の合間の待ち時間に鞍馬山のことを調べたので・・・
とりあえず、時間を捻出して出かけてみました。
c0021551_2232429.jpg
モミジのトンネルを通り抜け
行ってきました、鞍馬寺。
c0021551_22332840.jpg
門をくぐり、石段をずんずん登って・・・・
本殿前の六芒星の魔法陣がこれですね!
この中心に立って目を閉じ手を合わせ、
感謝の祈りをささげ
白い光に包まれる感じを味わいました。
c0021551_22334914.jpg
さらに本殿脇の小門をくぐり
奥の院を目指します。
c0021551_22395187.jpg
牛若丸が天狗と剣術を磨いた場所も過ぎ
石段の道はどんどん山を登っていきます。
c0021551_22425127.jpg
冬のように寒い日には
地下足袋とマントと杖代わりの傘が大活躍
c0021551_22451169.jpg
奥の院である魔王殿まで来ました。
するとあろう事か、雨が降り出しました。
杖にしていた傘を本来の目的の為に使用すると、
杖が無くなるんですよね・・・・
後は下りで、杖がないと不便なんですけど・・・
でも手すりが完備しているのでありがたいです。
ちょっとぐらつくので要注意です
下りはかなり急でした。
鞍馬から貴船に抜けるほうが
人気があるということが納得できました。
・・・・では、続きはまた
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-22 22:59 | 外出 | Comments(6)

庭の紅葉

昨日からぐっと冷えて、
庭のサルスベリがいよいよ美しく紅葉してきました。
c0021551_191091.jpg

夏の花はまだろくに咲かせないこの木ですが、
紅葉のほうはキレイですね。

今日の名古屋はまた一段と冷え込み
お天気は良いのに、まるで冬です。
で、件のサルスベリ君、
もうこの半分ほどの葉っぱの数になってしまいました。
昨日撮っておいてよかった・・・・

木によって紅葉の時期が違うので
一斉に比べられないのが残念ですが、
最後に紅葉八景とでも銘打って、
庭の紅葉葉っぱ自慢をしてもらいますか・・・・

さて、明日午後から仕事で京都に行きます。
どこかで時間を取って秋の京都を垣間見てきたいのですが、
鞍馬寺はもう遅いかなぁ・・・大河内山荘の方が良い?
三千院はバスが、ちょっと不安・・・
明日の夜もどこか・・・・(疲れるって?確かに・・・・)

というわけで、
ちょっとお休みします。土曜日の夜には帰るのですが、
書いている時間があるかどうか・・・というわけで、
時間つぶしに、俳句、狂歌、川柳、など、
テーマは紅葉とか秋とか・・・・
お待ちしています。

紅い葉に 眠気すっ飛び 朝の庭
サルスベリねと カメラ持ち出し   うまこ
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-19 19:41 | 園芸 | Comments(3)

今日のお稽古

今日の名古屋は、はっきり言って寒いです。
急に冬になったみたい・・・・
でも、お稽古の部屋は暑いんです。
なぜなら、直前の教室は茶道で、火を使っているから。
先週などは、炉に残り火が・・・・
さすがにちょっと問題だったので、来年1月からは
教室も時間も元通り。よかった~!

c0021551_18491114.jpg

というわけで、まだまだ涼しい格好ですが、
さすがに、これにショール一枚はチト寒かったですが、
帰りはほかほかなので大丈夫。帰り道は真っ暗なのにね。
なぜほかほかかって?
暖かい部屋で、緊張して三味線弾いたり唄ったりで、
ほ~んと、暑いくらいなんです。

今日は特に京都で源氏物語を題材にした
三味線の舞台があって、
主たる先生方が皆さんお留守。
なんと、また、お家元が直々のご指導♪~うふふ
一番前の人はさぞや緊張・・・私うしろの席だからいいも~ん。

いやぁ~いいですね。
お家元は唄が専門なので、
すばらしい唄声をしっかり聞かせて頂いて・・・
というほどのんびりしてません。
唄いながら、弾きながら、唄を盗み聞きながら・・・・
忙しかったです。
お陰で、お弾き初めの五曲、一通り全部お稽古できました。
あ、まだ、書いてませんでした?
順番は未定で、唄の分け口も一部未定ですが

松の緑(生徒は全員三味線)
鶴亀(私はタテ唄)
末広がり(私はツレ唄)
元禄風花見踊り(私は替え手)
吾妻八景(私はタテ三味線)

花見踊りはまだ2回しか合わせたことがなくて
三味線は結構バラバラ。完成にはほど遠い状態。
さて、後1ヶ月あまり。
揃えて弾くことの難しさです。
三味線がバラバラしては、唄も合わせようがありませんからね。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-19 19:15 | 着物 | Comments(2)