<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

蕗味噌

今日スーパーで見つけた物は・・・
c0021551_2240351.jpg

ちいさなふきのとうのパックです。
初物ですね。早速買いましょうか。

みじん切りにして、ごま油で炒めます。
c0021551_22461845.jpg

ちょっとみじん切りが細かすぎたかな?

しんなりしたら、砂糖とミリンで練って甘くした赤みそと、西京味噌を入れて
弱火でしばらく練って
c0021551_22481121.jpg

蕗みそ完成。
ほろ苦く、ふきのとうの良い香りがします。

ご飯より、日本酒にとても良く合うので
朝食でなくて夕食用にしようと夫が言ってますよ・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-28 22:54 | 食べ物 | Comments(4)

アロエちゃん引っ越し

息子が富山の下宿で(大学で?) 飼っていた 
育てていたアロエちゃんが名古屋にまたやってきました。
あ、彼女の所にいた分かな。
東京に持って行くので危険分散で一部がここに来たらしい。
外に植えるのは嫌だというので
家の中の植木鉢はやはりハイドロカルチャーがいいでしょう。

ハイドロカルチャーは昔流行ったことがあって、
その頃はよく材料があったのですが、
最近はあまりこの辺りでは見ないので
近くの花屋さんに注文。

新聞紙に包まれたアロエちゃんはネギのようにしんなりしてかわいそう。
注文の品が届くまでは水に入れておきましょう。
c0021551_19314779.jpg

後が先輩のアロエちゃん。
手前のマグカップが新入り。ちょっとしんなりしてます。

さて、容器は?どれにしましょうか?
c0021551_19324557.jpg

植木鉢の包装に使ってあった丈夫な銀紙を出してきて
ライナーとして容器に敷きます。
以前ガラスビンに直接植えたら、
陽当たり良すぎてこけが生え、見栄えが良くなかったので
根は見えない方がよいようです。
c0021551_19385874.jpg

容器はこの2種類にします。
前に置いてあるのは使用する発泡土とブロックシリコ(珪酸塩白土)

容器の底に少しブロックシリコを入れて
c0021551_19424896.jpg

その上に半分ほど発泡土を入れます。
そしてアロエちゃんの根っこを置いて、
また残りの土を入れてアロエちゃんを安定させます。
c0021551_1944717.jpg

安定したら、水を入れます。
濃い色のところが水の入った所です。
水の漏れない容器なので水は底に貯まりますが、
ブロックシリカが入れてあるので貯まった水は腐りません。
発泡土に水が滲み上がってきて全体がほんのり湿った状態になります。
いつも水が少しだけ底に貯まった状態が理想ですが、
その水は見えないのですが、水やりは、ま、経験と勘ですね。
初心者用にインジケーターがあるようですけどね・・・・
c0021551_19484025.jpg

さあ、先輩に混じってアロエちゃんご機嫌よう。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-27 19:53 | 園芸 | Comments(0)

マーボー豆腐

マーボー豆腐の作り方がかなり一定してきたので、
この辺りでちょっとまとめておこうと思って・・・・
c0021551_193042.jpg

でも、画像的にはイマイチですね・・・・

材料:
豚肉(モモ、ロースなど脂のないところをみじんに切って)1人100g見当
長ネギ(白も緑も)たっぷり(一人1~2本か、小さなみじん切りで)
時にはナス小さめ乱切り
時にはキノコ(生椎茸など、これも細かく切って)
堅めの木綿豆腐(あるだけ2~3cmに切って)
おろし生姜、きざみニンニク
豆板醤、八丁味噌などの赤みそ、醤油、中華スープの素、
あればオイスターソース、食用油(あればゴマ油)
とろみをつけるのに粉(片栗粉か米粉)、水か日本酒

中華鍋(テフロン加工があると便利)に油を入れ、
みじんに切ったニンニク、おろし生姜、豆板醤を入れて
弱めの火で炒めて香りを出す。(唐辛子でむせることがあるので注意)

みじん切り肉を入れてニンニクなどと絡めながら炒める
少しパラパラしてきたらネギ、なす、キノコなど入れて
さらに炒め、全体がちょっとしんなりしたら
味を入れる。味噌はちゃんと溶かしてね。

味が良く回って、炒めあがった感じがしたら、
水か酒を少し入れ、ついでに水(酒)溶き粉を入れて
豆腐もここで入れて、とろみがついて豆腐が熱くなるまで煮る。
豆腐が崩れないように優しくかき混ぜる。
とろみの具合はお好みに調節して。

完成!
豆板醤をた~っぷり入れると辛いでぇ~、おいしいでぇ~!
これじゃ、量がわかんなくて、参考にならないって?
その適当さ加減が家庭料理の基本です。
適当に味見しながらね♪~
ショウガを入れるようになって、なんか安定した気がします。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-27 19:24 | 食べ物 | Comments(0)

今日の着物

さて、今日は朝から雨。
水曜日のお稽古の日にはとても珍しいこと。
でも、午後から止むという予報です。
でもね、一応対策だけは・・・・
c0021551_17115085.jpg

私が最初に自分で買った着物。
しかも初めてのシルック(ポリエステル)。
一応、既に着付けに興味はあったのだか、
へ~、ポリなのに縮緬と見分けが付かない、と驚いて
雨に日に便利と言われて買ったのだが、
それ以降着物を再発見したのか・・・・

いずれにしても、まだ父が元気な頃なので
1994年のことですね。・・・・・・もう15年?

さて、帯は留め袖用の反物。
ちゃんとした留め袖は仮絵羽仕立てになっているんですが
これは模様の位置を決めて反物のまま染めてあった物。
(多分)中国製で(多分)借り衣裳屋からの注文流れ品。
ラベルにそんなようなメモ書きがありました。

さて、今日は東京のお師匠さんの日。
新入りさんに特別講義。
でも私たちにもとても勉強になります。
そして、橋弁慶の模範演奏。

勧進帳の唄を少し唄ったところで、
まだ録音がないということがわかって、
急遽、勧進帳も録音用模範演奏です。
と言っても、全曲ではなく、抜粋です。
今回はここだけお稽古しましょうという箇所です。
(有名なところは、ほぼ網羅)

どちらも、まだ新しい人たちにも唄いやすいと言うことです。
一年かかってゆっくり行きましょうね。
唄というより台詞が多いので大丈夫ですよ。
唄えるようになりましょうね、ということです。
もちろん弾ける人は弾いてください。

橋弁慶は、曲というより、チャンバラの効果音たっぷりです。
なんと言っても弁慶と牛若丸が“京の五条の橋の上~♪”で
やりあうシーンですからね。
ぴゅ~っ!とか、ちゃんちゃんばらばらとか。
譜面を見ている場合でない感じですね。
こりゃ楽しい~♪ がんばるべぇ~!
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-25 17:55 | 着物 | Comments(2)

カレー・ルー

さて、フルタイムで働いていた頃は、
まだ子供達も小さく(最終的には成人しちゃったけど)
夕食の準備をするのが結構大変で
毎週1~2回はカレーとかシチューとかを
前の晩に作っていました。
たっぷり野菜とお肉が入ってバランスが良いし、
シャトルシェフで作ると煮込み効果が加わって便利でした。
とりあえず、出来てさえいれば、
誰かに食べさせてもらうこともできますからね。

しか~し、徐々に私のコレステロール値が上昇し・・・
とうとう高マークが付いてしまい・・・・

その頃、少々過労気味になって仕事を減らしたので
夕食前に夕食の準備が出来るようになって、
(つまり前の晩に作り置きする必要が無くなって)
カレーもシチューも滅多に作らなくなりました。

ただシチューはともかく、問題はカレー。
カレー粉を買って、たまにはカレーを自作と思っても、
なかなか家人の評価が得られません。
毎回、これはカレーじゃない、という訳。
でも、本格的なカレー作りをするほどの時間はありません。

で、ふと思ったのは、カレールーの問題点は脂かなと。
しかも、豚脂とか牛脂(ラード、ヘッド)でルーが作られていること。
脂の量が変わらなくてもせめて動物脂でない方が良くない?
というわけで、色々調べると(箱の裏を見ると・・・)
c0021551_22344260.jpg

植物性の油脂だけで出来ている物があるんですね。

なので、たまにカレーを作ろうかなと思った時は
こういった植物性油脂だけを使った物を買うようにしました。
もちろん以前よりず~っと回数は減ってますけどね。

ただ、こうなると気になるのは、トランス脂肪酸のこと。
植物性油脂を使っても、ルーのように固形のものは
ひょっとして、トランス脂肪酸ができるんでない?
う~ん、考えると植物性かどうかって、関係ないかも・・・

ま、いいか、もうルーでカレーやシチューは滅多にしないから。
そのうち日本もトランス脂肪酸禁止とか、
少なくとも量の明示とかの規制がかかるようになるでしょう。
ん?当分ならない?ありえるね。
やっぱり自己防衛ですか・・・・

自己防衛、その2
水の量をずっと減らしました。
水の量が少なければ、ルーは少なくても大丈夫。
カレーの量が少ないように見えても野菜やお肉は同じ。
(今までが多すぎたかも)

その1は?もちろん回数減らすこと!
その3は?・・・・また考えます。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-24 22:59 | 食べ物 | Comments(2)

開き留め袖

今日はすごく久しぶりに平日のお休み。嬉しい~
午前中たまっていた雑用をこなし、午後から・・・・
c0021551_23125530.jpg


これは?

前回、身頃を切り取った残りから
袖部分を切り出そうというわけですが、
なんとか紋をうまく利用したいですね。

留め袖の脇と袖の下と横を解いて開きにしました。
 魚じゃあるまいし 
たいらにする為に、衿もはずしました。

紋には上下があるので
このように開いたところに袖の型紙を乗せると
紋がうまく利用できそうです。
紋の位置を左右合わせる為に型紙に紋用の窓を開けました。
これで型紙を裏返しても
ちゃんと同じような場所に来るはずです。

さらに背中心の紋は立ち気味の衿の
後中心に持ってくることにしました。

各パーツを布から切り出すのに
午後いっぱいかかってしまいましたよ。
さあ、縫うのはいつできるかしら?
当分平日の休みはないし・・・
今週末はやはり無理そう・・・・σ(^∇^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-23 23:26 | 手芸 | Comments(4)

ピタ・サンド

日曜日のお昼・・・・
ああそう言えば、塩鮭があったんだ・・・・
でもなんだか、普通のものは飽きちゃったし・・・
何かちょっとだけ変わったものはないかしら?

あ、成城石井に行ったらピタパンがありましたよ。
というわけで・・・・
c0021551_230233.jpg

ピタパンは円盤状の白いパンで
半分に切ると(これはミシン目が入っていて、手で簡単に切れました)
中が空洞になっているので
そこに具を詰めることが出来ます。

茹でほうれん草と輪切りトマト、そして
焼いてほぐした塩鮭を詰め込みました。
あとはつぶつぶコーンの缶詰をミルサーで潰して
牛乳を入れて暖めたコーンスープ。

カマの部分の塩鮭は脂がよくのっているので
サンドイッチにするとすっごくおいしい~♪です。

ピタパンは自分でパンを作る時も
フライパンで焼いてわりに簡単に作れるのですが
最近は全然自作してません。
でも、市販品をよく見るようになったのでありがたいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-23 23:09 | 食べ物 | Comments(2)

e-tax

さて、昨日の土曜日には東海高校で
サタデープログラムという催しがあり、
その中の落語の講座にお誘いを頂いていたのですが、
今年は確定申告があって、なかなか書く時間が無く、
結局、土曜日もそれに時間を取られてしまって、
行けなくなってしまいました。
誘って頂いたのに、ごめんなさいm(_ _)m

さて、確定申告は、ネットで書くことができるので、
それに挑戦してみました。
できあがったのですが、今ひとつ自信がありません。
今日は広い会場で説明会があるというので、
夫と二人、開始時間の30分前到着を目標に出かけたのですが、
おやおや、予想通り既にすごい人の行列です。
ま、でも、一応ちゃんと書き上げてあるので、
それほど時間もかからずに提出できました。

確定申告は手続きをすれば、ネットで提出もできるのですが、
う~ん、どうなんでしょう・・・・やや不安です。
自分に自信がないということで・・・・
このような精密な事務作業はとても苦手です。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-22 23:49 | 家事 | Comments(6)

留め袖コート

孫の結婚式に出席するばあちゃん、
留め袖を着る気充分だけど・・・・・ちょっと不安。
ま、いろいろあって・・・・
そこでいざというときの為に留め袖ドレスを作ろうと考え、
(ネットでも色々頼めるようですが、高いし、多分手間)
大胆にも大須へ出かけた。
そして、コメ兵一階でめぼしい(しかも安い)留め袖を見つけたが・・・・
自分用にも何となくあこがれているようなものを見つけてしまった。
c0021551_18355713.jpg
大丈夫、ピンクラベルの2000円以下商品。
(コメ兵は安い品はいちいち値札を付けないでラベル分けします
一斉に値段を替える時便利だからかな)
c0021551_1839326.jpg

左右の褄に同じくらいの模様。
c0021551_18401374.jpg

手前の裏にだってたっぷり模様がありますよ。
こんな古そうな留め袖なので、もちろん比翼無しです。
それにしても胴裏がきれい。真っ白。何となく違和感。
c0021551_1843059.jpg

腰紐で擦れる部分がすり切れたようで裏から継ぎが当ててあります。
一度仕立て直して裏地を新しくしたのかしら?
ま、そんなことはさておいて・・・・

c0021551_18445275.jpg

着物リメークの本がこんなにたまっています。
でも、見るだけで、一度もまともに作ったことがありませんでした。
ちょっとアイデアだけ拝借して挑戦したことがありますが・・・・
結果がイマイチで・・・・そりゃちゃんと説明通りしないから・・・・

というわけで、今回最新号のこれに挑戦することにしました。
c0021551_1847224.jpg

ヤフオクで落札した商品が包んであった包装紙があります。
こんなに大きな紙は滅多にないので後生大事に取ってあったのです。
c0021551_18484158.jpg

義理の弟の大きな製図板にその紙と型紙を乗せて
ピンで留め、線の上を針で刺して跡を付けていきます。
このピンに見覚えのある人は御常連様サマです。
(自家製柳の枝伸子の固定に使ったピンです)

さて、切り取った型紙を着物に乗せると・・・・
c0021551_18542237.jpg

すばらしい!自分の低い背に感謝です。
(当然本の見本より短い)
衿をほんのちょっと解くだけでいいし、
前身頃と後ろ身頃を合わせると、ほぼ真ん後です。
見本は後にひだを取るのですが、
縫い代分だけでひだ分はないので
もし・・・・もし、余力があれば、
きれいな色のひだ布を足しても良いです。
(多分余力は無く、全く解かずにぐるり利用します)

これで、前は全く端の始末無しで
そのまま裏の模様が利用できます。

このあと同様に袖と衿も型紙を作りました。
袖は多分、着物の袖と、背中辺りの布を使えば
あまり解かずに裏地もそのまま利用できそうです。

この本の良いところは着物地を利用しやすいように
型紙が工夫されていて、
(それ用だから当然といえば当然ですが)
しかもデザインがあまりに着物キモノしていないところ。

さあ、早くしないと、春が来てしまう・・・
出来れば、来週末に着たいけど・・・間に合うかな?
(誰?無理無理って言ってるの)
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-20 19:17 | 手芸 | Comments(2)

今日の着物

土日、異常な暑さでしたが、また元に戻りました。
寒い寒いと言いながらも、あまり寒くない気がするのはなぜ?
c0021551_17502090.jpg

半襟に合わせて選んだのがサマーウール・・・・たまたまですが。
このところ出番の多い、絞りの羽織を着てショールをすれば大丈夫。
お正月は過ぎましたが、梅の季節ということで
また梅の帯です。

きょうの三味線は前に進みませんでした。
そんなにどんどん進んでもねぇ~
勧進帳だから、弾ける弾けないの差が広がり過ぎちゃいますよ。
どうせ弾ける人は最初から弾ける人なんですからね、
うちの教室の場合。
暇さえあれば、瀧流しをシャラシャラ弾いてる人もいるし。
何となく節を聞き知ってる人も多いし。

まだ新しい人は、次はまだ誰もやったことがない曲をしたい、
と言ってたそうだけど・・・・・多分そんな曲無い。
例えあっても、その人が期待するように進み方が遅いとか、
自分もハンディなしで一緒にできる、とかいうことはないんですよね、
長唄のバヤイ・・・・・

だって、長い人は(多分)70年以上のキャリアがあるんですよ!
どうあがいたってその人に近づくことは出来ません。
大抵の曲は知っているし、
(名取りさんではないんですが)プロ並みに(特に唄が)巧いし、

長唄は三味線も唄も似たような節回しや手があちこちに出てくるので
長唄である限り、どんな新曲でもどこか似たところがあります。
それに譜を見て弾く反射神経もあるので、
ほいほいと弾くだけなら、すぐ出来ちゃいますからね。
聞いていて弾けてると思っても、
それは譜をなぞっているだけで、
本当の意味で弾けてるわけじゃないから
そんなにビビること無いんですよ・・・・・

三味線は、ただ曲が弾けるというだけでなく
正しい音が出せるとか、いい音で弾けるとか、暗譜で弾けるとか、
もっと言えば、見かけよく弾けるとか、
唄い手さんをうまく唄わせるように弾けるとか、
みんなでうまく揃って弾ける(ように掛け声をかける)とか、
替え手、上調子をうまくあわせられるとか、
最高の目標は、聞かせるように弾けることですかね。

だからやることは山のようにあります。
当分飽きている暇はないですから、新入りさん、そんなに焦らないの。
趣味の世界だから、自分にあったことやればいいし、
他人と競争することじゃないし、
(それがたまにいるんですよ、負けて悔しくてやめちゃう人が)
皆が皆、先に進もうと思っているわけじゃないんですけどね。
どんどん新しい曲を覚えたい人も中にはいるわねぇ~
(はい、約1名いることは知ってますですよ・・・・not me)
[PR]
by yamamotoyk | 2009-02-18 18:40 | 着物 | Comments(4)