<   2009年 07月 ( 51 )   > この月の画像一覧

伊勢木綿

実はこの夏、つい買ってしまった物がもう一点・・・
それは・・・・伊勢木綿

伊勢に行ったわけではありません。
星ヶ丘テラス(東2階)の中にあるMONONという
陶器・ガラスなど、手作り・自然素材にこだわった
モノを取り扱っているお店で、
いつも伊勢木綿を置いているということです。
そこがセールで20%OFFと聞けば、
見るだけでもと思い、仕事が早く終わった日に
ちょっと見るだけ見るだけ・・・・・

で、終わりませんで・・・つい・・・・
だって、ずっと前から欲しかったちゃんとした木綿の着物
(浴衣じゃない木綿の着物・・・)
それに、ほかの産地の木綿と比べると
色や柄があか抜けしています。
このセール期間を逃すわけにはいきません。

で、今日ふと思いつき、
雨もよいの空にもかかわらず・・・・
c0021551_22515289.jpg

いえいえ端切れを買って洗ったわけじゃぁございませんで・・・
とりあえず、水に通して乾してみました。
ハンガーを並べ立て・・・・こんな感じで良いのかしら?
木綿の扱いには慣れてませんで、チト不安。
c0021551_22555722.jpg


さあ、いよいよ雨が降ってきました。
もう滴は落ちないので取り込んで・・・・
c0021551_2382884.jpg

アイロンでも掛けましょうか・・・・・・
ちょうど良い湿り具合で・・・・と思ったのですが
約13mは手強いです。
ちょいとアイロンかけたぐらいでは、乾燥させるまで至りません。
夕食後もアイロンかけながら、美の壺も見てしまったし
とうとう金曜芸術劇場の歌舞伎が始まってしまいましたよ。
あら、金太郎君の赤いお獅子のかわゆいこと!

あら、あら、太い縞の着物
柄合わせにも初挑戦。
幅も長さもたっぷりの反物ですから、慎重に事を運びましょう。
では、次回また、乞うご期待。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-31 23:27 | 和装製作 | Comments(10)

馬帯装着(笑)

とりあえず、馬帯を締めたところ・・・装着状態です(^^;)
c0021551_18252920.jpg

遠目には意外に薄いですね。
近くに寄れば・・・・
c0021551_182654.jpg

ビーズと鈴のお陰でなんとかわかりますね。
どうすれば、もっとよく見えるかしら?
★まだ残っているパール色(?)の細かいビーズを
もうちょっとたくさん縫いつける。
★思い切って馬体の色を塗る。
★まわりをなんとかする(これは慎重にしないと・・・)

実際どんな感じに見えるのかしら?
思い切って三味線のお稽古の後で高島屋まで行き
トビウオさんに見てもらいました。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-29 18:31 | 着物 | Comments(9)

馬帯装飾

さて、なかなか好評の馬帯ですが、
のんこさんのビーズ刺繍というアイデアを試してみることにします。
c0021551_1857819.jpg

ちょうどスカートにしたインド綿の元のれんに
こんな鈴やらビーズやらがぶら下がっているのですが
歩くたびにじゃらじゃらしたり
階段を上がる時なんだかすれてちぎれて
マズイことになったりしていたので、それを活用することに・・・

で、とりあえず少しやってみました。(とりあえずお終いだけど)
c0021551_1901541.jpg

どんなもんでしょうか?ちょっと比べてみましょうか。
c0021551_19201442.jpg


細部のアップはこんな感じです。
なんと言っても表からのビーズ刺しなので
結び目が表に出てたりして、きわめてみっともないんですけどね。
c0021551_1942764.jpg

ビーズがすぐ取れてしまいそうで不安・・・・
とりあえず、明日お稽古に着ていきましょうか。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-28 19:08 | 和装製作 | Comments(11)

馬の帯

うまこと名乗っておりますが、
肝心の馬の帯は案外持っていません。
・・・・だって、売ってないんだもの・・・・

というわけで、ずっと以前自分で作ろう・・・
でも、絵を描く自信がない・・・・
と思っていたら、エスニックショップ(というのだろうか?)で
インドのハンコを見つけたので早速購入。

前の午年の時には(2002年)年賀状に使ったりしましたが
ある時ふと思いついて夏帯地の安い物を見つけたので
桜で部分染めにして(緩く巻いて斜めに染め液に浸けた)、
このハンコに布染め絵の具をつけて
フリーハンドでぽんぽん押して一丁上がり!
(芯を入れて仕立てましたが、ぢつは巧くできていない・・・)
c0021551_19152552.jpg

前の片面は・・・馬がたくさん
c0021551_19162380.jpg

もう一面はまばらな馬
c0021551_1917320.jpg

そしてお太鼓部分は・・・
調子よくぽんぽん押していったら、だんだん斜めに・・・・マズイ!
c0021551_1918227.jpg

大丈夫大丈夫、お太鼓に結べば、
そんなに見えないから目立ちません。

で、今日、ふと思いついたのは・・・
このお太鼓の裏は無地!ジャ~ン☆
ハンコをまねして描いちゃおう!
まねっこなら、なんとか格好が付くでしょう。
c0021551_19201442.jpg

いきなり描いたわけではありませんよ。
まず紙にまねっこ絵を描いて、それを切り出し、
帯に置いて黄色で輪郭を写してから、
本番の色で描いたわけです。でも、各部のバランスが難しかった。
綺麗な色を付けたかったけど、どうも自信がなかったので
ハンコとなるべく似た雰囲気にしました。

うふ♪~これで大きな馬の絵の帯一本!
嬉しいかも☆ねこさんありがとうございました。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-27 19:29 | 和装製作 | Comments(10)

やぶれ網戸

さて、網戸の破れ目発見!
c0021551_23342839.jpg

一昨年、一番よく開閉する網戸の破れ目を発見して
自分たちで張り替えをしたところ、結構大変で
その上一部ぶかぶかと緩んでしまったのにがっかりしたのと
今回複数の網戸に破れ目が発見され
いよいよ寿命かと・・・・
もし何枚も必要なら、プロに頼んだ方が良いか・・・・
という気になってきました。

さて、近くの商店街のの畳屋さんに
“網戸張り替えます”の張り紙発見です。
昨日訪ねると、1枚3500円とのこと。
夫にいうと、う~んやっぱり自分たちで張り替えようか・・・
という気分濃厚に。

子細に破れ網戸を探すと、結局穴が見つかったのは4枚だけ。
ならばと結局近くのホームセンターで材料購入・・・・・
一枚は贅沢して、外から見えにくいぎんぎん網戸
というのにしたのだけれどそれでも、4枚分3500円也(道具込み)
あら、一枚分で4枚張れるじゃん♪~
前回の残りのゴムやローラーもあるし・・・・
c0021551_23364587.jpg


いよいよ、古い網戸をはずして駐車場の屋根の下で店開き
c0021551_2339172.jpg

さて、まずは古い網戸の押さえゴムをびよ~んと引っ張って
ゴムがはずれると網が浮いて取れてきます。
c0021551_2338337.jpg


さて、次が問題です。
前回は一人が網を押さえ、もう一人がゴムを溝に押しこむ、
という作業ですが、これに大変手間取りました。
今回はクリップを挟む方法を売り場で発見。
専用クリップ購入・・・です。
しかし、2個入りクリップだけでは結構大変。
それに、これただのクリップじゃん、と言うことで
家の中にあるほかのクリップも動員して作業続行。
押さえゴムをはめ込む時、ちょうど反対側をクリップで挟むように
こまめにクリップ位置を調節すると良いようです。
c0021551_23473770.jpg

そして全周嵌め終わったら余った網を切るのですが
それも専用カッターを買ったので結構簡単です。
c0021551_23475658.jpg

途中ものすごい土砂降りに見舞われますが
屋根の下なのでさほど濡れず(ちょっとは濡れたんですが・・・)
涼しい作業(苦笑)

結局午後から4枚のうち2枚完成。
楽勝じゃ~ん。夫は疲れた~って。
ま、確かに力仕事やってくれたよね。ありがとうね。
2枚目はあたしがかなり一人でやったけど・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-26 23:53 | 家事 | Comments(2)

国立能楽堂コレクション

土曜日(昨日)午後からは
松坂屋美術館での国立能楽堂コレクション展に行きました。
c0021551_2210167.jpg

能面がすばらしかったという人が2人いたので
ちょっと気になっていましたが
以前、能面を打ちの会の発表会に行って
さんざん見たので、今回はあまりじっくり見る気にならず
それより、能や狂言の衣装が多数展示されているのを
しっかり見てきました。
どれも、大変古い物で、それにもかかわらず、
大変保存状態の良いのに驚きました。
ただ、肩の所はどれもほころびが目立つのは
折り目がある上に腕の所作で力が掛かるためかと思いましたが、
物によっては縫い目があるようなので、それが気になりました。

というのは裏はどうなっているのかしらと
大変興味深く見ている人がいるので
なぜ裏に興味があるのかと尋ねると、
この着物(厚板という一番立派な着物)の模様は
全部模様の上下が正しい方向を向いているが
反対側は逆になっているのか?と言われるのです。
そして、ああ、刺繍ならそれも難しくはないか、
と言われるけれど、見ている物は唐織りなのです。
これは唐織りという織り模様なんですよ・・・・
隣には刺繍(縫箔)の厚板もありました。
刺繍なら模様の向きはお好みにできますね。
そして、あぁ、上に縫い目があるから
そこで正しい方向の布を縫い合わせてあるからいいのか。
と言われる。しかし、本当に縫い目があるのか不明なのです。
確かに縫い目の見えるのはあるけれど、
それはいかにもほつれを繕ったような簡単なものに見えます。
普通の着物なら肩に縫い目はありませんからね。

確かに考え出すと知りたくなりますね。
大変に高価な物であれば、訪問着のように
織る時にできあがりを考えて正しい方向に織り上げるのか
とも、考えられるし、能衣装なら肩に縫い目があるかもしれない、
という気もします。
確かに、長絹(ちょうけん)という薄い一番上に着る物は
肩に縫い目があるように見えます。

さて、狂言の衣装は一転して麻の染め物のように見えます。
豪華というよりしゃれた柄行の物があり、
特に裃の上のような肩衣という物は
何ともはや大胆な絵が描いてあります。
次に興味を引いたのが、紋。
大きな紋で雪輪(物によっては雲?)に花無しタンポポのようなのと
あと2種類くらいあるのですが
どなたさんの紋なのでしょうか?

さて、終わり近く、大きな映像コーナーでは
ビデオ上映があり、能と狂言の解説ビデオが流れています。
結構ていの良い休憩室になっていて、お昼寝中の方も・・・
あら、やっぱり野村万作さんたちの紋もタンポポですね。

そして能は井筒。なるほど、能の衣装は
肩の折り目がしっかり付いたまま着ていますね。
そこに縫い目があるのかどうかは全くわかりませんでしたが
あの状態ではそこに破れ目が生じやすいことは
容易に想像されます。

さて、そんなこんなで
研究課題が見つかってちょっと嬉しいです。
さて、ビデオ上映室の壁には色々な写真がありますが、
なかでも衣装の付け方という一連の写真もあります。
そういえば、以前名古屋の能楽堂で
能衣装の付け方を見学させていただいたことを思い出しました。
写真ではさらりと解説がありますが、
あの実物の見学はなかなかインパクトがありました。
ちょっと不思議に見える能や狂言の姿勢が
実は姿を誇張させて見えるような詰め物や張り物で出来ている、
そんなことがとても面白かったことを思い出しました。

いやぁ、いろいろ見学すると後から辻褄が合ってきて面白いです。
今後の課題も見つかって、楽しいかも。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-26 23:50 | 外出 | Comments(2)

着物その1

先日高島屋のリサイクル、アンティーク着物展で買った着物を
試着して、トビウオさんに会いに行きました。
c0021551_074829.jpg

帯はポリ紗ですが、流水模様。
帯留めは鮎。着物は水辺の風景で、鼻緒は青海波
川から海へと続く水模様とちょっと繋がりましたね。

上品な柄行で、良いところへも着て行けそうです。
(礼装という意味ではありませんので念のため)
お出かけ用に分類できそうです。
ただちょっと幅が広めで、糸も弱っているようなので
そのうち縫い直すかも・・・・

高島屋では琉球の絣と布展を見せてもらいました。
芭蕉布もあって、お値段の桁が・・・・・すご~い
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-26 00:16 | 着物 | Comments(2)

着物その2

さて、午後は、明日までの国立能楽堂コレクション展
松坂屋美術館です。
昼一旦家に帰って昼食の準備をしたので
着物を着替えました。この暑さで古い着物を着続けるのは
ちょっと不安だったからです。
というわけで、自作の小千谷です。
気分をちょっと変えて馬のはんこ帯
(9寸帯地を桜で半分染めて布絵の具で馬のはんこを押した物)
c0021551_052495.jpg

案外するする滑る帯でちょっと不安でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-26 00:06 | 着物 | Comments(2)

着物その3☆キリンシティ

今日は浴衣でビールというオフ会を計画してくださった方があって
名古屋駅前のキリンシティで浴衣です。
浴衣を浴衣として着ることが滅多にないので良い機会です。
名古屋駅ですからね、こんな所へ行く浴衣は
渋い物では浮いて・・・いえ、沈んでしまいますね。
派手なところへは派手な物を着ていくのが礼儀。
(と勝手に解釈)
というわけで・・・・
c0021551_23472387.jpg

真夜中でも迷子にならない浴衣です。
足許にちらりと見える緑は?
c0021551_23492835.jpg

鼻緒ずれ予防の・・・(誰かに言われた・・・)足パンツ・・・って

さて、一杯目は、ステキな泡の・・・(3度に分けて注いだ泡の傑作)
c0021551_2353374.jpg

美味しく頂きましたが、
なんだか眠くなってきません?
これではいけないと・・・・2杯目、3杯目は・・・・
アルコール0、キリンフリーです。
c0021551_23534880.jpg

いいですね~、美味しいお料理と飲むならこれですね!
こういうところでは十分美味しい。
何より下戸にはありがたい。キリンさん感謝!
[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-25 23:57 | 着物 | Comments(10)

お化けキュウリ

さて、毎朝、ぬか漬けを朝食に食べますが、
そのとき、次の日のキュウリの収穫に行きます。
今週は成績が悪く、とうとう市販のキュウリを使いました。
ところが・・・・
今朝、キュウリを見ると・・・な、なんと!
c0021551_23285786.jpg

こんなにでっかいキュウリが物陰から出現!
何故こんなにでっかくなるまで気づかなかったのか・・・・(T_T)
これに全部栄養が行ってて他のキュウリが大きくならなかったのね!
参った・・・・
上が普通のサイズ。これだけをぬか漬けにしました。

さて、恐る恐る3つに切ると・・・・
c0021551_23304562.jpg

タネは意外に小さく、これなら食べられますね。
でも、せっかくなので・・・・
両端はまたしてもQちゃんにします。
c0021551_2332184.jpg

そして、真ん中部分は厚さ5mmほどに切って、乾します。
どうなりますか・・・
c0021551_23324475.jpg


Qちゃんは無事出来たようです。味はいつもと同じ。よかった・・・
c0021551_23341827.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2009-07-24 23:36 | 園芸 | Comments(4)