<   2009年 10月 ( 60 )   > この月の画像一覧

十三夜

十三夜だそうで・・・すっかり忘れていました。
いやいや十三夜は昨日でした。んじゃ十四夜か
気を取り直して、ベランダに出て・・・・
c0021551_22192829.jpg

雲が出ていました。
長男がいいカメラを持ち出してきました。
c0021551_22264459.jpg

やっぱケイタイのカメラとは違うわ~
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-31 22:27 | 園芸 | Comments(4)

ギョウザ

今夜の食材が無くなったのでスーパーに行って・・・
ふとギョウザの皮(50枚入り)が目に留まりました。
一番安いお肉はアメリカ産の豚ヒレ300g/3人分・・・・

冷蔵庫の中を見るとタケノコ(水煮)、セロリ、ネギがあったので
豚ヒレも干し椎茸の戻したのも全部刻んで・・・・
醤油、酒、椎茸戻し汁少し、片栗粉、五香粉を入れて混ぜて・・・・
c0021551_2140549.jpg

まぁ、なんて上手なんでしょう!
材料がぴったり合いましたよ。
夫と二人でせっせと、でもテキトーに包んだんですけどね♪~
でもさすがに最後の2個はお肉がほとんど無くて
あちこちにひっついていた野菜ばっかり。

焼きギョウザにして、
ラー油とレモン汁で頂きました。
ふ~、おいしかった!
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-31 21:47 | 食べ物 | Comments(6)

歳時記

ピンクの小菊が咲き始めました。
c0021551_21245033.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-31 21:24 | 園芸 | Comments(2)

エコバッグ

何かの景品でエコバッグをもらうことが多くなったが
時にはエコ過ぎて生成の薄手の木綿のバッグだったりすると・・・
c0021551_23534468.jpg


これは、布用スタンプで模様が押してあるのだが
どうにも使い勝手がよろしくない。
くたくたで中身を入れても、持っても、サマにならない。

というわけで、今日またもらったのだが、
思いついた時にさっさとカイゼンすることにした。
c0021551_23561188.jpg

一番困るのは底の部分が決まらないことだったので
端切れの山からジーンズ布を探し出し、
ボール紙を入れて底の部分に縫いつけた。
柄の布は実はもとワンピース。
華やかな色に魅せられ15年ほど前にワンピースを作ったのだが
いざできあがってみるとちょっと派手すぎて・・・・
結局着ずじまい。
バッグになってちょうど良かったかも。
横の部分には
ペットボトルと折りたたみ傘を入れるポケットも作った。
中にもポケットを作った。
外はパンフレットなどが入る平たいポケット。
c0021551_084468.jpg

これでくたくたバッグがしゃっきりトートになった。
中はもう少し物を入れるポケット作りたいが
今日は取りあえず、これでお終い。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-30 23:56 | 手芸 | Comments(0)

コンポートフルーツパイw袋

道具をなるべく使わないで
コンポートフルーツパイを作って見ました。

材料などは前と同じです。
c0021551_22243359.jpg

最初から袋に材料を入れていきます。
バター(または、マーガリンorショートニング)は
刻んで入れます。
c0021551_22275889.jpg

水は今回はやや少なめの80mlを直接袋の中に少しずつ入れました。
c0021551_22285979.jpg

なんとかまとめて、冷蔵庫に入れ最低1時間おきます。
c0021551_22301287.jpg

時々冷蔵庫から出して袋の上から伸して二つ折りします。
時間が出来るまで2日ほど待ちました。
c0021551_22321223.jpg

2個に分け、めいっぱい伸ばしました。
パン粉をしっかり置いた上にフルーツを並べます。
今回は煮リンゴと生イチジクを使いました。
上からもう一枚を乗せてしっかり端を閉じて窓を切明けます。
オーブンの天板にいっぱいの大きさになりました。
c0021551_22353259.jpg

しっかり予熱したオーブンで200℃25分焼きました。
c0021551_2335825.jpg

パイ皿も無しで道具が少なくて済みました。
サクサクのパイの完成です。

先日、洋梨のラフランスを買ったのでまた煮ておこうと思います。
それにしてもラフランスは意外に安いんです。
高いイメージがあってあまり売れないから?
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-29 23:20 | 食べ物 | Comments(2)

キンモクセイ☆ケーキ

今朝ふと思いついてキンモクセイケーキを焼きました。
三味線仲間に試食してもらおうと思って・・・
いつもの1/3の量を焼きます。
つまりいつも卵3個使うところ1個分ということ。

焼く温度165℃、時間は30分とやや控えめ。
量が少ないので焼きすぎになりそうだから。

で、上手くいきましたよ。
c0021551_18592585.jpg

熱いあいだはほんのりという感じでしたが
しっかり冷めてから食べると・・・・
かなり香りますね。
これ以上香れば、芳香剤みたい?

息子はこれって中国っぽいね、と言います。
ジャスミン茶や杏仁豆腐のように
ちょっと変わった香りを楽しむ食べ物は
中国のものというイメージがあるのかな?
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-28 19:02 | 食べ物 | Comments(0)

今日の着物

着物にとってもいい季節になりました。
c0021551_1804532.jpg

いっつもウールばかりの普段着じゃ、
見ている皆さんもつまんないかと思い、
引き出しを見て色々考えるも・・・・
お召しはまだ暑そうだし・・・とか(古いお召しは地厚なので)
黄色のアンティーク(小椿柄)が薄くて良さそうだけど、
見つからない見つからない(>_<)
で、結局またウール・・・・若草ウールです。

帯はナイトガーデン帯
ハロウィーン帯留め
帯の柄がゆがんでいるのですが
わからないよと友人は言ってくれましたが。。。

さて、三味線は今日から娘七種(むすめななくさ)
一気に3ページも進んでしまいました・・・・・
初めての曲は譜を見ながら反射的に弾いているだけです。
唄も譜を見ますが、こちらは三味線のようにきっちりとはいかないので
先生の唄を聞きつつ、譜を見つつ・・・三味線の音を聞きつつ
なんだか曲芸をやっている感じです。

かといって、自分で譜を見て一人で弾いていると
なかなか進まない。
細かいところにこだわりすぎてしまうのです。

そうだ!まずはお手本の録音を聞いて
譜にどこで唄が入るのかメモ書きするんだった・・・
それを忘れていましたね。
今週の宿題はそれかな?
最初にそれをきちんとしておかないと
いつまでもテキトーな唄い方をしちゃうんですよね。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-28 18:14 | 着物 | Comments(0)

歳時記

c0021551_1902162.jpgヤツデの花の穂が一本だけ出てきて
変だなぁと思っていたら
今頃、他の花穂がたくさん出てきた。
上の大きいのが最初ので、
先日(10月8日)の台風で、ぼろぼろ。
次のはまだ穂が出たばっかりです。


c0021551_1984486.jpg
ゴミ埋めをしながら見回すと
椿・西王母が開いていました。
今年は蕾がいくつか付いているようで
ちょっと嬉しいです。


付録の映像(ケイタイカメラじゃ、こんなもんですか・・・)
今日の帰り、笑ったお月様にえくぼ。
c0021551_1995354.jpg

半月過ぎのお月様と木星らしいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-27 19:23 | 園芸 | Comments(4)

錦秋の予感

昼間は汗ばむほどだったりしますが・・・・
でも今日は昨夜からずっと雨で暑くはない。(ちょっと小寒い程度)

c0021551_17335310.jpg

玄関先の柏葉アジサイの葉っぱがキレイ
きっと夜は寒いんだね。

夕方、自転車で買い物に出かけると・・・・
c0021551_17345615.jpg

わぁ~、もうキレイ~
もっと進むと更に・・・・
c0021551_17353435.jpg

雨に濡れ、更に色増す、紅葉かな

自転車を留めようとすると・・・・・
c0021551_17364163.jpg

ここは本当に名古屋なのだろうか?
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-26 17:40 | 外出 | Comments(0)

飛騨・美濃歌舞伎大会@各務ヶ原

行ってきました!念願の芝居小屋での地歌舞伎♪~

今日(10月25日)にあると
永遠のお子様計画’のkaechanさんのブログで知りました。
この地方で公共交通機関で行ける
古い芝居小屋での地芝居(歌舞伎)を
一度見てみたいと思っていたので、渡りに船と
朝もはよから・・・と言っても意外に簡単(所要時間1.6時間)でしたが、
c0021551_2210105.jpg

4点セット(地下足袋、傘、お弁当、歌舞伎扇子)で
いざ出発です。

さて、犬山から各務ヶ原線岐阜行き普通に乗り換え
苧ヶ瀬で降ります。
地図を見ながら何の目印もない道を進みます。
畑のあいだの細い道で念のため道を尋ね、無事たどり着きました。
駅から約2km、30分の道のりです。
c0021551_2291865.jpg

最初の鳥居をくぐり、進めば、神社が見えてきました。
c0021551_22131370.jpg

赤い橋を渡ると・・・神社の左手に見えるは確かに芝居小屋
舞台が南を背にしています。採光のためでしょう。
c0021551_2214121.jpg

おもてに回れば、もうずいぶん人が集まっています。
開演1時間前です。
c0021551_22155062.jpg

いきなり舞台が見えますね。木戸とか、ありません・・・・
天井を飾るのは、お祝儀(の金額等)を書いたビラ。
c0021551_2216186.jpg

自分の場所を確保してから、
しばらく周りを探検して時間を潰します。

最初は可児歌舞伎同好会の南部坂の別れ
大石内蔵助が討ち入り直前
浅野内匠頭未亡人・瑶泉院に会いに行く場面です。
なんとkaechanさんはその瑶泉院をされているのです。
c0021551_22234463.jpg

かわいい~上手~と観客の人の評判です。

あとは全部子供歌舞伎でした。
郡上市の高雄歌舞伎保存会の野崎村(お染め久松)
瑞浪市の美濃歌舞伎伝承教室の本朝廿四孝 十種香の段
村國座子供歌舞伎保存会の絵本太閤記十段目尼崎閑居の場
c0021551_22413132.jpg

それにしても郡上市の野崎村はダントツのうまさ。
お光役の中学一年生は、まるでお光その人のよう・・・
c0021551_2248593.jpg

浄瑠璃の義太夫さんと三味線さんがすばらしいし、
大向こうのかけ声もきまり、
たとえせりふが棒読みでも
客席のどよめきや拍手が場を盛り上げます。
お芝居の世界に引き込まれますね。

幕間に奈落の見学をさせてもらえるので行きます。
c0021551_22374389.jpg

これは今日は使っていないのですが、
人力で動かす回り舞台を下から見たところです。
この村國座は明治初期に作られ、
今年の春、傷んでいたところだけを新しい材料にして
昔のままの材木を使った大修理が終わったところなのです。

あぁ、しかし・・・脱いだ地下足袋におしりを乗せていますが
次第に足や膝が痛くなってきました。
悲しいことです・・・・
携帯用座椅子を加えた5点セットが必要ですね。
さて、電車は30分に一本なので、暗くなる前、
最後のお芝居の途中で帰ることにしました。
c0021551_2244758.jpg

帰りにタカシマヤに寄り(大北海道展でお弁当を買おうと)
トビウオさんに写真を撮って頂きました。
(帯は勧進帳)
ありがとうございました。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-25 22:57 | 外出 | Comments(6)