<   2010年 02月 ( 57 )   > この月の画像一覧

主?

最近時々見かける猫です。
c0021551_20182955.jpg

今年の猫だろうか?
と言ってもまだ寒いので
めったに猫の姿は見ませんけど・・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-28 20:22 | ねこ | Comments(3)

今日の着物

さて、朝はまだ昨日の雨で濡れていたので
一応ポリの着物と地下足袋草履で、しだれ梅。
青空色が写真的にはとっても良かったです。(計算外)
でも(多分)帽子のせいで人の視線を引きまくり。
でも、わたし的にはスゲ笠とかより合うと思うんですけど・・・・
(これ読んだ皆さんの反応も微妙ですよね、きっと)
c0021551_2231027.jpg


で、夕方ちょっとした集まりがあって飲み会ですが・・・
c0021551_2235884.jpg

まだ涼しい間にこのリバーシブルを着なければと・・・・
雪輪に桜の柄の(韓国)白大島ですが
ほとんど柄は見えません。
ただ白いだけのようで案外帯を選びます。
羽織を着るとちょっと落ち着きました。
私がお客なら長羽織ですが
今回は幹事なので短め羽織で、おかみさん風。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-27 22:13 | 着物 | Comments(0)

平針しだれ梅

今朝は天気予報大はずれのピーカンお天気♪~

折しも今日から平針農業センターしだれ梅祭り。
我が家のモニター梅の咲き具合から言うと
申し分のないしだれ梅びより。
偵察に行くしかありませんよ!

と言うわけで行ってきました。
c0021551_13213185.jpg


最高のお祭り初日です。
ほぼ満開の木あり、五分咲きの木あり、蕾だけの木あり。
これからの気候にもよりますが、2週間楽しめるでしょう。
今週と来週の週末が見頃で、最後の週は花吹雪かな?

今日の午後、明日の日曜日もいいですよ。
午前中が光の具合もいいし、お店の品(農産物販売)も豊富です。
この時点でショール一枚がちょうどよかったのですが、
昼頃には暑くなっていました。
春のお花見(梅、桜)は木綿ショールの気候ですね。

帰りに平針のバスターミナル東の
王将の餃子を昼食用に買って帰りました。
c0021551_13302963.jpg

かぼちゃとなすをフライパンで焼いて付け合わせました。
はじめて食べましたが、上手にできてますね。
おいしかったです。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-27 13:38 | 外出 | Comments(0)

小豆ケーキ

覚えておいででしょうか、煮ても煮ても固かった小豆を
甘納豆にしてしまった話

さて、もちろん甘納豆としてもずいぶん食べたのですが、
結構沢山あって、冷凍にしておいたのを思い出して、
この際だからと・・・・一挙にお片づけ
c0021551_18284756.jpg

フルーツケーキの生地(パウンドケーキ)に入れて
焼いちゃいました。
たっぷりの甘納豆(おまけにやや固い)で
なかなか食べでがあります。

今回気楽に焼く気になったのは、実は・・・・

友人にブラウニーの作り方を教えて欲しいと言われ、
出張料理教室となったわけですが、
その際、わかりやすいようにと
家庭用に少ない量で焼けるようにレシピを改良。
テキストとして持って行くためにHPにアップ

そのついでに普通のパウンドケーキ(フルーツケーキ)も
色々試してみたのです。
その結果、基本回帰。
パウンドケーキの語源(すべての材料を1ポンドずつ)
キャトルカールはフランス風で、1/4ずつ4種類。

つまり、バター、砂糖、卵、小麦粉を同じ重さだけ、と言うわけ。
更に量を100gずつにすると、
ちょうどパウンド型にぴったりなのです。
ところであの型はなぜパウンド型というのかしら?
パウンドケーキ型なら1/4パウンドケーキしか焼けないし
総量なら確かに1ポンド入るけど・・・・
100gケーキ型だよ・・・・って、どうでもいい話か・・・
(あぁ、パウンド型には何センチ型とかあるのね)

家庭用としては更に改良点。
中に何か入れるケーキはバターの風味が無くても美味しいので
バターではなくてサラダ油使用。塩ひとつまみ入れても良いかも。
また、小麦粉にはアーモンド粉を10gくらい入れるとしっとりします。
ふくらし粉(重曹とか、ベーキングパウダーとか)はお好みで。

さて、油をレンジで60℃くらいに温めます。
(根拠はありません、暖めなくても良いか不明です)
そこに砂糖をいれ、固まりをなくすくらい混ぜたら
卵を一個ずつ入れてしっかりかき回します。
しっかり混ぜるとちょっと雰囲気が変わってくるのが不思議です。
ここで、小麦粉を入れしっかりかき混ぜます。
よく混ざり均質になったところでオーブンを170℃に予熱。
中に入れる物を余分の小麦粉でまぶして、混ぜ入れ
パウンドケーキ型(紙製の型にオーブンペーパーをしくのが便利です)
に流し入れます。
小豆は表面が粉っぽかったのでそのまま入れました。

バナナなら1~2本しっかり潰して混ぜ入れます。

170℃40分。
中央に差し入れた竹串に何も付いてこなければ完成。
べたべたの時は5~10分追加で焼きます。

油の多いパウンドケーキはずっしりリッチで、
ふわふわライト好みの風潮には合わないけど
私は好きです。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-26 19:15 | 食べ物 | Comments(2)

羊毛座布団

20年ほど前に買った羊毛布団の掛け布団が
だんだん重く感じられるようになって
昨年とうとう羽布団に買い換えました。

真綿布団というのも軽くて暖かいと聞いていたので
中国製の安い物をつきあいで買ってみたのですが、
意外に重くてその割りに暖かくないので、
もちろん品質の差はあるのでしょうけれど
日本製のはあまりに高いし、話を聞くと意外に長持ちしない。
これは本質的にどこか問題があると考え、
結局夏布団として使い慣れていた羽毛布団にしたのです。

さて、結果はこの冬使って、大変満足でしたが
今回の記事は、掛け布団の話ではありません。
問題はその使わなくなった羊毛布団です。
重くなったとは言え、それは使う側の問題で
布団が壊れたわけではありません。
デカイ物なので捨てるのもちょっと準備が要ります。
というわけで、取りあえず押し入れに入っていました。

さて、先日、長年夫が使っていたスチール製の安楽椅子が
とうとう破壊(軸が折れた)。
これは私の父の遺物なのでもう何年使ったことやら
惜しくはないのですが
代わりの木製の揺り椅子が登場。
クッションがないので何か作って欲しいとの要望。

色々考え、ひらめきました!
あの羊毛布団ですよ!
鋏を出してきてじょきじょき。断面です。
c0021551_193116.jpg

きれいなモンです。
時々藁くずのようなゴミがありますが無視。
肌側にはさすがに所々毛玉があったり、粉々のくずがあったりですが、
20年以上も(冬だけですが)毎晩使っていたとは思えないほど
腰もしっかり。木綿の布団とは大違い。
木綿布団は、すぐへたってぺたんこになります。
打ち直しができるとは言え・・・・面倒。

さて、キルティングの位置で切ると
ちょうど良い大きさの物が9枚できました。
c0021551_1973836.jpg

そのうちの2枚を重ねてジーンズ布でクッションにしました。
c0021551_1991653.jpg

ハンパの一枚は更に半分に切ってそれをまた半分に折って
ミニ正座椅子にしました。
上に乗っているのが半分サイズ(厚さは2倍)の正座椅子です。

それにしてもこの腰の強さは立派です。
非常にクッション性が良い。ちょっと感動♪~
それに羊毛のつまり具合も立派。
結構高かったけど、お値打ちだったかも。

あとは周りの細長い部分が残っています。
そう言えば、古い木綿布団綿を紡いで
布を作った人の話も聞きました。
着物が出来るかも・・・・
で、羊毛綿をちょっと紡いでみましたが
これは手ごわすぎました。
弾力がありすぎて糸にならない。
撚ってもすぐ綿に戻ってしまうのです。

フェルトを作るというのが以前流行っていましたが
次回はそのフェルティングというのに挑戦しましょうか。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-25 19:23 | 手芸 | Comments(6)

歳時記

相当暖かな日が3日連続したので、花々が大あわて。
今朝開いたのが・・・
椿・四海波。我が庭の早春女王です。
c0021551_1802865.jpg

でも今年は枝を切りすぎたのか花付きがよくありません。
最近では、花自体も小振りです。女王の座が危ういです。


c0021551_1885349.jpgさて、しだれ梅最後の一本も咲きました。
農業センターで買ったしだれ3本セットの内
ピンクの藤牡丹枝垂れ
昨年はアブラムシがひどく、
心配しましたがなんとか咲きました。


c0021551_18101040.jpg
さて、暖かくなって
慌ててコートを脱ぎ始めたのが
ネコヤナギ。
ふわふわの猫ちゃん登場。

雄の木なので、もっと膨らんできて、
赤いおしべと黄色の花粉が見えれば開花ですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-25 18:15 | 園芸 | Comments(2)

今日の着物

今日は春の陽気です。
三味線仲間と栄のイタリアンレストランに行くことになったので
ちょっと早めにご用意です。
重いマントを着るのは嫌だったので
リバーシブルウールと春のショール(空色)で軽やかに行く予定。
c0021551_2261163.jpg

イタリアンですからオリーブの実柄の帯です。
帯締めは少し赤を混ぜた赤紫。帯揚げも紫。
昨日のNHKおしゃれ工房で大久保さんが言われていた
3色にまとめると良い、というのを実践です。

おしゃべりに夢中でレストランの写真も
スパゲッティの写真も忘れました・・・・・m(_ _)m

おなか一杯でお稽古中、おなかは苦しいし、
眠くてたまらないし・・・・・(T_T)
でも、とっても美味しかったし、楽しかったので
良しとしましょう。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-24 22:17 | 着物 | Comments(2)

上下反転

さて、しょうざんウールの印付けは昨日完成したつもりでした。
しかし今日、ぼんやりとしているときにふと思いついたのは・・・・

昨日前の柄合わせをしていたとき
前身頃の柄が下向きでおくみは上向き。
それで結構良い感じになっていました。

と言うことは模様の上下が反対の方が
同じ向きの柄をずらして合わせるより
良い感じになるかもしれない・・・・・ということ。

特に前はおくみの選択で柄合わせが簡単ですが
後ろの場合は右と左の身頃の位置関係が
そのまま出ます。
ということは・・・・・

一番大切なのは後ろ姿かも。
よし!左右の身頃の上下を替えてみましょう。

やや!これは模様がつながって絵のように見えますよ♪~
c0021551_2251999.jpg

これはどうでしょうか?
いやぁ、なかなか大人しくて渋いですね。
年齢を考えると良い?
c0021551_231474.jpg

こちらは?
小紋調の規則正しい配置ですね。
無難ですが、面白味に欠ける?
c0021551_2313379.jpg

当然ですが(と言いながら気づいていなかった)あと一組。
おや、これもまとまっていてゴブラン織りの雰囲気。
c0021551_23222188.jpg


前は、意外にもおくみで調節されてあまり変化がありません。
特におくみは赤い柄を選んだのでどのみち派手です。
脇は自分同士なので柄は変わりますが、うまく合います。

さてごしゃごしゃした柄なので、
柄合わせなんか、あまり関係ないかと思ったのですが
初の柄物。侮れません。意外に難しいです。

派手な赤い花があるのと無いのではずいぶん印象が違います。
後ろを派手にするか、しっとりさせるか・・・・・
着た後も自分ではまず見ないところの印象なので
どうしたものか・・・・・

さて、迷ってしまったときは・・・・
印付けが一番簡単なものを選ぶと・・・・
実は・・・・2番目の大人しいものが一番簡単。
これは白い印付けだけなので青で修正すれば良い。
大変わかりやすいです。

しかも前の柄を試すと顔に近いところがおとなしい。
つまり顔の近くに赤が少ないんです♪~

決まりですね!決定!2番です。
さて、まとまった時間が出来たら印付けを開始しましょう。
なんだか良い感じになりそうで嬉しいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-23 23:57 | 和装製作 | Comments(2)

しょうざんウール

迷っていてもしょうがないので、いざ決心。
やや長めの丈(教科書のMサイズ)で裁断。

そのあとで並べてみて・・・・・
前(おくみも乗せてあります)
c0021551_2344473.jpg

後ろ(袋は帯のつもり)
c0021551_2354512.jpg

この時点で、用尺が長かったのは
柄合わせのためだったかと・・・・やっと気づく (>_<)
(気づくの遅いよ・・・)

織り柄ですが、裏表ははっきりしています。
つまり入れ替えられるのは左右と前後のみ。
しかも柄は一方付け。(柄に上下がある)
上下があると言ってもあまり目立たないと思って、
おくみを正しい上下にして柄は前を逆さ、
後ろを正しい上下にしました。

襟とおくみは意外にも派手な部分と落ち着いた部分が
左右で分かれているので
派手をおくみに、地味を襟(特にかけ襟)に分けました。

しんのすけさんのブログで脇の柄合わせもある、
と知ったので、一応合わせてみると・・・・
左脇
c0021551_23113391.jpg

右脇
c0021551_23124735.jpg

あら、意外にも合ってるじゃない?

忘れないように裏にチャコでメモ。
最後には袖も左右と前後
ああでもない、こうでもないと・・・・・わけわからんくなりそう。

これを裁断する前にやんなくちゃいけないんだよね、きっと。
無理無理。
伊勢木綿の大きい格子柄は
切る前に格子柄合わせをしましたが
大きいので簡単でした。でも、これは大変。
一模様の長さを測っておけば悩まなくてもよかったかな?
ま、でも割にうまくいったのでよしとしましょう。
たぶん、普通サイズの丈にしたのが幸いしたのではないかと・・・

さて、その次がいつもの難関、印付け。
案の定、何度も間違えて・・・・・
c0021551_2319639.jpg

最初に引いた白い線がすでに複線化。
で、左右違ったことに気づき、青で修正チャコ。
それもまた違ってまた複線・・・・(>_<) ったく・・・・
教科書通りに重ねて印を付けると全く行方不明になるので
一枚ずつ付けたのにぃ~

ま、でも、これで一番の難関を越えたから、
あとは暇を見つけて頑張るのみ!
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-22 23:35 | 和装製作 | Comments(4)

歳時記

昨日はまだつぼみかと思ったのですが・・・
c0021551_22551422.jpg
やっぱり咲いてますね、白のクリスマスローズ。

そして、日だまりのスミレ。・・・ピンぼけ・・・・・
c0021551_22570100.jpg

[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-22 22:58 | 園芸 | Comments(2)