<   2010年 05月 ( 64 )   > この月の画像一覧

和蕎楽 わそら

久しぶりに蕎麦のカテゴリです。
今日は仕事が早く終わるはず・・・だったので
もし本当に早ければ行ってみようと思い、
おかずだけのお弁当を持って出勤。
で、程々の時間に終わったので、行きました。
名古屋伏見日土地ビル出口から出て
南に1本、東(左折)に2本行き、3本目の角直前に、
目指す和蕎楽(わそら)はありました。
(入り口の写真撮り忘れました)
まだ出来て1年ほどできれいなお店です。
オフィス街で周りもしゃれたお店が多いところですからね。

ジャズが静かに流れ、紗のカーテンで個室風に仕切られています。
カウンター席もありますが、2人用の席に案内されました。
c0021551_1893217.jpg


さあ、早速注文・・・と、
でも、十割蕎麦はやっぱり売り切れでした。
この時間12:45分・・・・残念でした。
取りあえず、二八蕎麦にしました。
c0021551_1812717.jpg

見た目なかなか十割蕎麦風ですね。
サラザン系のお店だそうで、
細い麺で少しざらざらっとした舌触りです。
堅すぎませんw。つゆは、すきっと辛い感じ。
c0021551_18244748.jpg

小麦粉の味はわからなかったです。
もう一回十割蕎麦食べに来なくちゃ・・・・
で、も少し何か食べてみたいかも・・・そばがきぜんざい行く?

食べ終わってしばらくすると、そば湯が出てきました。
c0021551_18171469.jpg

程よくどろっとしたそば湯です。
わざとらしくなくて良いです。多分ちゃんとしたゆで汁。
そうこうしているうちに、来ましたよ、デザート。
c0021551_18182746.jpg

白いお餅が入っているかと思いましたが
ふわふわのそばがきでした。スプーンですくえます。
甘さかなり控えめです。いいですね。
でも、お腹ふくれちゃった(当たり前でしょう)
あずきがもう少し少なくてもう少し甘い方が良いなぁ。
これではデザートという感じがしませんし、
そばがきの味もよくわからない(文句が多いヨ)
デザートではなくて、3時のおやつかな?

さて、お勘定を済ませたあとは、
ここに来る途中気になっていたところに行ってみましょう。
c0021551_18281638.jpg

科学館のプラネタリウム。着々と工事が進んでいますね。
c0021551_18291090.jpg

でっかいです。街路樹も雄大に伸びて花が咲いています。
何の花だったっけ?センダン?(これかな?クリック
運動に栄まで歩いてから地下鉄で帰りました。
(運動なら家まで歩いて帰れよ。・・・でも時間が・・・)
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-31 18:30 | 蕎麦 | Comments(6)

よもぎの散髪

ヨモギがずいぶん茂ってきました。
c0021551_2142810.jpg

ただ青々と茂るだけなら一向にかまわないのですが
よく見ればトウが立ってきています。

つまり、このまま行くと花が咲いて種ができると言うこと。
ヨモギが根っこで増える分には抜けばいいのですが
種がそこらじゅうに飛んであちこちにヨモギが芽を出すと
これはまたドクダミのようにちょっと困ります。
と言うわけでちょくちょく新芽を摘むんですが
今回は追いつかないとマズイので
c0021551_214629.jpg

根際でばさばさと切ることにしました。
切ったものの柔らかそうな芽の部分だけ摘んで
茹でて、冷凍することにしました。
5回分ほどできました。
しばらくヨモギパスタもよもぎ餅も大丈夫♪~
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-30 21:48 | 園芸 | Comments(2)

ヨモギスパ・ホワイトソース

というわで、今日の夕食は、ヨモギの手打ちパスタに
ホワイトソース、ほぐし塩鮭と空豆のせ。
c0021551_21352690.jpg

ホワイトソースはミートソースと違い
香りが弱く、ヨモギに負けるからなんとかして欲しい
と夫が言うので・・・・
GABANのイタリアンドレッシング(クリック)を入れたら
レモンの酸味もちょっと効いて、なかなかイケル風味になった。

ヨモギパスタもずいぶん慣れてきて手際が良くなった。
今日はヨモギの量が多いので緑もヨモギの香りも強い。
と言ってもそれほど気になるほど香るわけでもないが。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-30 21:39 | 食べ物 | Comments(0)

歳時記

今日咲いていた花

c0021551_2171959.jpgc0021551_2173437.jpg
柏葉アジサイ、    八重ガクアジサイ・スミダノハナビ

c0021551_1948524.jpgそしてこれは、
小さな小さな雑草の花ですが、
揃って咲くので結構可愛いです。
セダム系の雑草でしょうか?

月に一度、夫はばあちゃんのお伴で
じいちゃんのお墓参りに行きます。
庭に花がある時は花を準備します。
月に一度の日曜日に
ちょうど花が咲いているというわけでもないので
作れない時もありますが、今日はなんとか・・・・
c0021551_21104635.jpg

これから以後作れた月は記録しようと思いました。
本日はムラサキツユクサ(白・紫)
ラベンダー、アジサイ・スミダノハナビ

お墓の花の条件は花束を作ってから、
お墓に参るまでの1時間あまりの間、咲いていればいい。
2組ほぼ同じ大きさのものがあること。
お墓の花立てにちょうど良い大きさであること。
他人のひんしゅくを買わないこと。

今日は花があるのか不安でしたが
ムラサキツユクサがあったのは幸いでした。
夫はドクダミの花が可愛いと言いましたが
さすがにこれは他人のひんしゅくまたは失笑を買うと思い、
止めました。(夫はドクダミの花とは知らなかったようです)
スミダノハナビが色づき(白ですが)始めていたのも幸いでした。
ラベンダーはちょっと離れるともう見えないので
あまり効果的とは言えません・・・・

実は庭を造る時
お墓の花、というのは一つの挑戦(または目標)でした。
最近は1年12回のうち結構準備できるので嬉しいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-30 21:20 | 園芸 | Comments(2)

ウール上布

さて、三味線仲間さんから古い反物を頂きました。
あら、シルクウールですね♪~
手織り駒上布と書いてあります。
手織りはともかくかなり透けるシルクウール。
せっかくなので、急いで作って着ましょうか。
寸法を測り始めた化繊ウールの反物を脇に置き
シルクウールに挑戦。
(だって、シルクウールの方が化繊ウールより涼しそうだし)

今回はしゃりしゃりした布で印を付けたチャコがすぐ消えてしまうので
作る分だけ印を付けることに・・・・
しかも要所要所マーカーペン(黄)で補強。
布をぎりぎりいっぱい使い、余分は揚げに入れました。
本当は後ろと前に揚げを入れると
背の高い人にも仕立て直せるのだけど、
前はどこに入れて良いかわからなかったので
取りあえず後ろの揚げがたくさんです。
c0021551_0132981.jpg

今日午後から今までかかって身頃だけ、形を付けました。
ずいぶん透けますね。
下に置いたわらじが透けて見えてます。

さあ、間違えないように(既に印付けを一回間違えたけど)
上手に頑張ろう・・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-30 00:19 | 和装製作 | Comments(2)

赤い羽織コート

さて、赤い羽織をほどいて作り始めたコート(こちらをクリック
c0021551_23571642.jpg
                   完成!
c0021551_235625.jpg

アイロンを掛け、防水スプレーを掛けて
外に干されています。

羽裏を利用して袖と、肩の辺りだけに裏を付けました。
(布が十分になかったからです)

tamtamclayさんのボタンを飾りに付けました。
c0021551_011488.jpg

c0021551_013288.jpg

背中のボタンは純粋に飾りなので
もう少し上の方(紋の位置)にした方が良いかしら・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-29 23:57 | 手芸 | Comments(4)

蕎麦繋がりのガレット

でもカテゴリは蕎麦ではなくて、外出です。

新聞でちょっとした記事を読んで、比較的ご近所の話なので
ちょっと興味を持ちました。
(でも実際に行くには時間がかかるが)
次男に聞くと、うん知ってるよ、
ジャズドリームにもあるよ・・・・
さすが車の中に甘ぼんとかカフェぼんとかころがしてあるだけあって、
知ってる・・・・・彼は甘党なのか?

と言うわけで、カフェタナカに行ってきました。
c0021551_23312323.jpg

きのこのガレットを食べました。
お勧めのシードルはアルコールが入っているので
“本日のアイスティー”を頼むと
デザートのケーキセットの方が安いというので
c0021551_23321352.jpg

でも、紅茶がケーキと一緒に来たので
ガレットの時は水しかなかった・・・・(-_-)
紅茶を先に持ってきて貰うよう頼めばよかった・・・・
それに本日の紅茶が何か聞いて、ガムシロップは
要らないからミルクが欲しいと頼んでみればよかった。
アールグレーだったから。

帰りに店頭の焼き菓子を味見に少し買いました。
もし美味しかったらお使いものにするのに
タカシマヤにお店が出てますからね。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-28 23:44 | 外出 | Comments(0)

ヤマザキマザック美術館

4月29日の記事で紹介したヤマザキマザック美術館
やっと今日行く機会がありました。
c0021551_21395790.jpg

午後から時間が出来たので、
まず、三越の夏の全国職人の技展に行き、
トビウオさんお勧めの輪奈ビロードを見学して
ほかのお店も色々冷やかして、
次にJR名古屋高島屋にも行って
でも白州夫妻の展示は見ずに
豪華な人間国宝の藍染め着物を見てから行ったので
時間ぎりぎり。

一日乗車券を提示すると、100円引きになって900円。
おつりの100円でロッカーが使えます。
(お金は使用後戻ります)
どこかで、書き込みがあったためか
今日はちゃんとお姉さんがロッカーいかがですかと勧めてくれた。

イヤホンガイドも無料。
c0021551_2142173.jpg

(無料に弱い私、ちゃんと試してみました)
番号の付いている作品の前でその番号を押すと
解説が始まります。
不真面目な私は解説を聞きながら別の作品を眺めます。
だって、じっと立って聞いているのにがてだもん・・・

でも、それは最初の部屋だけで
あとの部屋は大丈夫。ソファが至るところにあって
掛けてゆっくり聞くことも出来ます。

今日のお客は何故か中年男性、それもサラリーマン風の人ばかりです。
まさかマザックの社員?ってことは無いでしょうけど・・・

まず5階から始まります。そこは絵画ばかり。
いえ、ロダンの彫刻がところどころにあります。
一点だけはルノアール!
しかも母と子 ( アリーヌと息子ピエール )の絵と同じ構図

さて、入場券を買うところでカメラはフラッシュをたかなければいい、
ということでしたが、絵の写真を撮るのは気が引けたので・・・。
4階は家具とガラス細工です。
c0021551_21563483.jpg

とある部屋に置いてあった巨大オルゴールです。
実演があるそうです。
c0021551_21571714.jpg

最初の部屋は家具がトータルコーディネートされています。
(壁も扉もダイニングセットも暖炉も戸棚もぜ~んぶ統一デザイン)

でも、部屋全体の写真を撮るのはケイタイカメラでは無理なので、
ほんの一部ですが別の部屋のベッドの
フットボードとヘッドボードです。
c0021551_222436.jpg

模様のフジの花は寄せ木細工です。
ベッドのテキスタイルはウイリアムモリスかな?

家具の部屋が終わると次はガラス。
エミール・ガレの作品が中心です。
でも、最後まで解説を聞く前にもう時間切れになりました。

たっぷり時間があれば、
ソファに掛けてゆったりと絵を眺めていたいかも。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-27 22:52 | 外出 | Comments(4)

今日のお稽古着物

今日は結構肌寒く、お天気も不安定。
こんな時こそ木綿を着なきゃ・・・(はよ着んと時機を逸するに)
c0021551_19191879.jpg

厚手の伊勢木綿のこの着物は案外暖か。
近くで見ているとちょっと柄行に飽きが来て
しかも暑苦しい感じ。

もう夏だし、さっぱりとした帯を合わせたくて
色々並べてみました。
c0021551_19214337.jpg

左が粋で良い感じです。
右は真夏過ぎる?可愛すぎる?
悩んで、結局、今日の唄の先生の雰囲気に合わせて
真ん中にしました。
c0021551_19233176.jpg

帯留めに作ったばかりの蝶。
その蝶に合わせた扇子。(揚羽蝶の紋が雲英で描いてある)
半襟は綿レース(鉤編みレース)

着てから見ると帯締めがイマイチ寝ぼけた感じになったので
グレーに替えましたが・・・

気候的にはぴったりでした。
(薄着の服装の人は寒いって・・・・)
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-26 19:29 | 着物 | Comments(2)

食事中飲料

お食事会などで飲み物、と言う時
あまり酔いたくない時はウーロン茶とかしかなくて
(でも以前はバヤリースオレンジしか無かったから、まだマシ)
お腹がダブダブになるので嬉しくないのですが、
最近はキリンフリーがあるのでちょっとありがたいです。

でも、キリンフリーの味、イマイチ人工的で
もう少し別物がないかなぁ~、と思っています。
私としては炭酸緑茶または炭酸ウーロン茶でも良いんだけど
と思っているのですが
見つけたのは緑茶コーラ
なるほど、これ良いかも・・・(試したい)
でも、甘いというところが引っかかるんですけど・・・
甘い必要ないと思うんですが、
やっぱ静岡なら単純に炭酸緑茶は、いかがでしょうか?
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-26 19:20 | 食べ物 | Comments(0)