<   2010年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

今日の着物

今日はお稽古の日ですが、
今日からJR名古屋タカシマヤ10階でくるりの夏着物展です。
愛のささやき(鮎の笹焼き)帯を見て貰いたい人がいる、
というのもあって、お弁当を持って早めに出かけました。
c0021551_17142834.jpg
これがその鮎の笹焼き・・・・
生平の麻をヨモギで草木染めにして
墨で料理写真を見ながら描いた物です。
10年以上前の物ですが
さすがにちょっと色が褪せてきたかしら・・・
9日の帯(クリック)の裏側です。

さて、10階に着くと何故か人だかりが・・・・
今までとはなんだか様子が違います・・・・
くるりの夏着物ですが、それだけではなくて
リサイクル着物くるりテイスト、がたくさん。
3千円、5千円ものが結構沢山積み上がっています。
皆さん情報をお持ちだったのね。

今日の着物はこちら
c0021551_17201842.jpg

江戸時代の型を使って化学染料で染めた復刻浴衣です。

くるりのリサイクル着物はちょっと良い物もありましたが、
良いなと思ったのは・・・・
くるりの夏もの、竹楊柳(竹の繊維?)の大きな黒白格子。
(見つけましたこちらクリック)
小千谷縮みと似ていますがもう少しソフトな肌触りです。
格子の感じが良い・・・・・
値段はこんなもんかなぁ、比較的お値打ち?
もともと麻は高いし、仕立て上りなら便利?
Sがマイ・サイズで、通販もありますから・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-30 17:29 | 着物 | Comments(4)

歳時記

このところ仕事も忙しく、朝から一日中家を空けていると
庭仕事もままならない。
(もちろん着物の仕立てもストップ)

それでも、なんとか庭に出ると
c0021551_22432015.jpg
しっかり刈り込んだヨモギは、ずっと地面が見えていましたが
梅雨の雨と高温であっという間に茂ってきました。

ついでに
c0021551_22441116.jpg
建物横のテイカカヅラも蔓を伸ばすので
通る時にチクチク・・・近いうちに刈り込まねば・・・

そして梅を見ると既に実が落果
急いですべて取り込みました。
落ちたのも1個以外は無事。
c0021551_22481158.jpg
小さな盆栽上がりの木でよくぞこれだけ・・・・

本日見つけた花
c0021551_22491480.jpg
センリョウです。
今年もちゃんと実を付けてくれるかな?
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-29 22:51 | 園芸 | Comments(2)

梅味噌

収穫した完熟梅は洗って水に沈めておきました。
c0021551_22554471.jpg

処理する時間がなかったからです。
夜、梅を計ると250gほどあるので
砂糖を200gくらい瓶に入れ乾かした梅を入れ、
上から味噌(今回は麹味噌)を詰めました。
あとから調べると梅と同重量の味噌らしいです。
梅の倍以上入ったよね?
c0021551_2259773.jpg
混ざってないじゃん・・・
ま、少しずつね。梅の水が出てきたら
混ぜやすくなるでしょう。

懐かしいローマイヤーの瓶詰めハムの瓶です。
70年代の瓶をしつこく使ってるってこと?
もうこんなご大層なのは無いんじゃない?
え?復刻版が出てるって?
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-29 22:34 | 食べ物 | Comments(2)

7月のメモ

7月も催事の予定がメッチャ盛りだくさんです。
あまりに多いので、またリンクを付けて下に下がって頂きます。

キラキラママ☆プロジェクト(クリック)
  7月11日 金山アスナルで1ディイベント
  河村市長(!)12:00~ステージ
  ガタガタゴーさんがビビビコンテストで優勝

JR名古屋タカシマヤ 10階着物サロン
  2010年6月30日(水)~7月6日(火)
  表参道くるり「夏きもの展」

名鉄百貨店本店 本館10階 クローバーサロン
  6月30日(水)→7月6日(火)
  夏の逸品リサイクルきもの掘り出し市

松屋大丸 サカエチカ店
  決算処分市 第1弾 7月1日~
           第2弾 7月15日~

円頓寺・四間道界隈着物日和
  7月3日(土)~4日(日)
  着物で行くと色々特典あり

松坂屋名古屋店 本館7階大催事場
  日本の職人展
前期展 7月6日(火)~12日(月)
後期展 7月13日(火)~19日(月・祝)

松坂屋名古屋店 本館7階大催事場
  7月21日(水)~8月2日(月)
  岩合光昭写真展「ねこ」
併催/ダヤンと猫の仲間たち 猫のアート&グッズフェスティバル
○入場料(税込):一般、高・大生500円(中学生以下無料)

三越名古屋栄店(8F 特選呉服売場)
  7月28日~8月3日
  黒田商店(下駄)出店

三越名古屋栄店 7階催事場
  7月14日(水)~19日(月・祝)
  第10回 めんそ~れ!沖縄フェスティバル

berry工房大須店開店
  7月18日(日)

名古屋骨董祭(吹上ホール)
  7月30日(金)~8月1日(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下時々広告
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-29 17:35 | イベント予定 | Comments(0)

6月の予定

取りあえず、今までの6月の予定は下に行きます。
必要な方はこちらをクリックして確かめてください。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-29 17:00 | イベント予定 | Comments(2)

とろバンジー

今日の名古屋は34℃。
このところの雨水の残りもあって、蒸し暑いことこの上もない。
名古屋らしいというか・・・・(慣れねば・・・・)

夜の室内32℃。わが家的には微妙な室温・・・・
ちゃんとエアコンが効くか(壊れてないか)試してみようと・・・・
無事動きました・・・・・(要するに口実です)

さすがに熱いものは食べたくないです。
前回試した創作料理をもう少し改善しようと・・・・
c0021551_21422064.jpg

鶏のササミ1人100g
茹でる野菜は今日はサヤインゲンとニンジン。
どちらも細く斜めに切ります。
とろろに混ぜる野菜はオクラとミョウガ。

ニンジンは水から入れて、
次にササミも一緒に茹でて、
茹で時間から逆算した時間にサヤインゲンを入れます。
湯を切り、さっと水で冷ましササミを手で裂きます。

一方長芋をおろし、刻んだミョウガとオクラを混ぜ
麺つゆで味を付け、ユズコショウも混ぜ込みました。

お皿に鶏、ニンジン、サヤインゲンを盛り、
上からとろろ野菜をかけました。
c0021551_21465940.jpg

前回は味付けにレモンドレッシングを使いました。
お好みの野菜、味付けで、雰囲気が変わりますね。
あまり冷たくするより、熱くない程度の方が食べやすいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-28 21:49 | 食べ物 | Comments(2)

町内会、防災訓練

今年は町内の組長の番が回ってきました。
今までは全部姑におんぶにだっこで
町内のことは何もしてきませんでした m(_ _)m

でもさすがに、もう頼めなくなったので
夫婦二人でふうふう言いながら、こなしてます。
(それほどたいした仕事がある訳じゃないのですが
何せ、どこに誰が住んでいるかもわからなくて・・・・(^^;)

今日は学区の防災訓練。
集合場所(災害時に集まる一時集合場所)に行くも
誰もいないし・・・
頼りにしているお向かいさんのおじいさんが
あ、じゃ、もう学校に行きましょうか・・・・・って・・・・・
そんなんでいいの?いいらしい・・・・・(^^;)

体育館には消防署のレスキュー隊のお兄さん達と
地元消防団のおじさん(おじいさん?)達が集合していますが
三三五五人々が集まってきて
まぁ、みなさん組長さんだったり役員さんだったり
子供会のお母さん達だったり・・・
c0021551_21121487.jpg

程よい人数で救命活動やAEDの使い方を実習したり・・・

c0021551_2113222.jpg

バケツリレーの効果的な方法や三角バケツ
消火器の実習(消火液の替わりに水が噴き出して楽しい)

c0021551_21162955.jpg

地震で下敷きになった人の助け出し方も実習
車のジャッキを使って上に乗っている物を少し持ち上げたら、
隙間にまな板や雑誌の束を少しづつ差し込んで持ち上げ、
皆で引っ張り出します。
このお人形さん30kg。でも重いです。
決して少人数で引っ張らないように(自分の腰を痛めます)。
救助される人が救助される側に回らないように!
できるだけ大人数を集めましょう!というお話も。

感心したのは応急担架の作り方。
じっと説明を聞いていたので、
今、復習をかねて再現してみました。
c0021551_21185852.jpg
まず、毛布を広げ(見本はタオルですが・・・)
1/3位の所に物干し竿などを置きます。
c0021551_21205563.jpg
竿の上から毛布を折りたたみます。
c0021551_21223196.jpg
畳んだ上にもう一本竿をのせます。
畳んだ上のぎりぎり端ではダメで
このように少しゆとりを持って乗せます。
c0021551_21241190.jpg
反対側の毛布の端を竿の上から折りたたみます。
これで完成。
え?これで?どう使うの?
c0021551_21251178.jpg
ほらね、2本の竿の間にけが人を乗せます。
適当なお人形がなかったので・・・
毛布を使うので、大体身長と同じ長さになるんです。

担架を運ぶときはまず、頭側の人から立ち上がります。
だって、足が先に上がったら、頭が落ちそうでしょ?
で、足が先になるように進んでいきます。
このときもなるべく大人数で運ぶと運ぶ人の腰を痛めない・・・
(街中は老人ばっかりですからね)

いやぁ、毛布の摩擦で滑り落ちないんですね。
ズボンを洗濯竿に干すときと同じ原理かぁ~!

さらに竿がないときは
毛布の端をくるくる丸めて太くして
人1人乗るくらいの幅を残して、端を丸めたら
その丸めたところをなるべく多くの人が持てば、
比較的安定して人を運べます。
堅い棒がないので小回りがききます、だそうです。
なるほど端を丸めて持ちやすくするのね。
頭イイ~ッ!
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-27 21:40 | 外出 | Comments(2)

初麻着物

北京旅行のしわ寄せというわけではないのでしょうけれど
なんだか毎日仕事も忙しく、
(写真の整理もあるし・・・言い訳)頭の中が混乱しています。
で、今日は午前仕事で午後からちょっとした会合。

昨夜、慌てて着物をバッグにまとめておいて、
朝、それを持って慌てて仕事に出かけ、
終わってから着物に着替えて直接会合に行きました。
雨の予報でしたから、透けない小千谷縮み。
(ただし襦袢はまだ木綿です)
涼しそうな帯。でも、雨コートに思いが至りませんでした。

地下鉄一日券買ったのに・・・・
ざあざあ降りでタクシー。一日券元が取れなかった(-_-)
コートさえあれば・・・・
麻着物はともかく、帯は濡れるとヤバイかも
(撥水スプレーしてあったかしら?)
c0021551_2254058.jpg
あら・・・前帯が緩んでいます。
どことなくだらしなく着崩れてますね・・・
総会資料をお太鼓に入れたので
お太鼓がきっちりしてますね。
c0021551_2259079.jpg

全く着物は便利です。
小さな物は帯に挟めるし、
A4サイズくらいの物(プログラムとか)はお太鼓にぴったり。
立食パーティーなので写真でははずしていますが
いつもの斜めがけバッグに貴重品とカメラが入れてあります。

それにしてもプロのカメラマンさんに
自分のカメラを渡して撮ってもらったので
気が利いていますね。
ちゃんと帯のアップを撮ってくれてました。
これは花柄絽つづれの帯を芯にして
紗の帯布地(ツルの刺繍)でくるみました。
こちらクリックです。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-26 23:12 | 着物 | Comments(2)

北京の瓦屋根

さて、北京市で最初に訪れたのは(空港の次ですが・・・)
c0021551_1762279.jpg

かの有名な天安門。
これは門と名前が付いているので城門です。
この前は昔は建物が建ち並んでいたそうですが
現在では、天安門事件で有名になった天安門前広場になっています。
この広場、広大です。50万人、立てるそうです。
モスクワ赤の広場より広いとガイドさんの自慢話。

さて、これは門なのでここをくぐって通り抜けます。
c0021551_1793010.jpg

するとまた次の門がありました。
ここも通り抜けましょう・・・
c0021551_171024.jpg
やっぱりまた門ですね。
そこも通り抜けましょう。
c0021551_17103567.jpg

あぁ、やっと映画ラストエンペラーの冒頭シーンに出ました。
と思ったら、これもやっぱり単なる門です。
もう一度通り抜けます。
c0021551_17114684.jpg
ひえ~!ここでやっとあの映画のシーンの場所に到達です。
どんだけ歩くん?

取りあえずあそこまで・・・
でもぉ~、その横をくぐるとまた建物群がありますよ。
そして庭園があって、皇族の住居群があって・・・
延々そこを歩くと・・・やっと・・・
c0021551_9265175.jpg

裏門と裏山の見えるところにやってきました。

普通は裏山があるとそこでお仕舞いなんですけどぉ~
あとでその山に登って反対側を見ると・・・
c0021551_1739241.jpg

え~!まだ向こうに建物群があるよぉ~
どんだけぇ~!(古い?)

で、もうお気づきでしょうが、どの建物も城門も
壁は赤色で屋根瓦は黄色です。
黄色は皇帝の色で、この配色の建物は
中国では皇族にしか許されない色だそうです。

で、昨日の話の続き・・・・天壇です。
c0021551_1722328.jpg

ちょっと雰囲気違いますね。
ここは屋根瓦が青。
実は天と名が付くだけあってこれは天を表しているのだそうです。
だから形も天を象徴する丸。
そして天壇の立っている場所は四角。
四角は地球を象徴しているのだそうです。

ここは天に関する行事、
大切な雨乞いなどをおこなったそうです。

北京の話題はもうこのあたりにとどめておきましょう。
長々とお付き合い、どうもありがとうございました m(_ _)m
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-25 17:27 | 外出 | Comments(6)

雨乞い☆天壇

北京の初日、故宮を訪れ説明を聞きながら歩くうちに
前方高いところに何か塔が見えました。
c0021551_2324369.jpg

その形が私の古い記憶を呼びます。
c0021551_23252258.jpg

切手にもなっている梅原龍三郎画伯の天壇の絵です。
天壇がどこにあるのかも知らなかったのですが、
ガイドさんに尋ねました。天壇によく似た建物ですね。
ガイドさん曰く、天壇は3日目に行くことになっていますが、
前方ではなく、後方になります、とのこと。
・・・・あぁ、行くんだ、天壇に・・・・
(団体旅行の場合、予習しない方が楽しいので知りませんでした)
・・・・続く

さて、ぢつは・・・・
上の梅原画伯の名前を梅沢と間違って書いていました。
間違いには無意識が出ると言いますが・・・・
そうです。きっと私の中では梅・・・と書いたとたんに
梅原ではなく・・・
c0021551_18383590.jpg
この人の顔がちらついていたに違いありません・・・
もう1人梅原と書こうとすると思い出すのは・・・・
c0021551_18391887.jpg
梅原猛サマ・・・
読み出すと面白くて止められないのですが、
ぢつはあまり読んでません・・・・

どうでも良いよけいな話でした(^^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-24 23:30 | 外出 | Comments(2)