<   2013年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

水無月が食べたい

まずは、不気味な1枚。
c0021551_20513959.jpg

関西の方にはもうお馴染みのようですが、
岐阜名古屋人の私としてはあまり馴染みのない頭です。
これは夏のお魚。そうハモですね。
こんな頭の入ったパックには始めてお目に掛かりましたm(_ _)mチハ

6月30日今年もとうとう半分過ぎて、ぼちぼち真夏突入の季節。
今日のマゴ会食には夏の物を色々取りそろえました。
でも慣れないことをするからしっちゃかめっちゃかで、
訳のわからんメニューになってしまったので、
巧くできたものの話だけを書きます。

予定としては、とうがん。はも。鮎。冷や麦。枝豆そして水無月。
一応クリアはしたのですけど・・・・しっちゃかめっちゃか(^^;)ゞ

はもは湯引きして梅肉ソース(刻み大葉入り)
c0021551_2132060.jpg

コレ5人分。ほんの一口ずつ。
でもって肝心のマゴ君の分を考えなかったので(>_<)みんなで少しずつ供出
マゴ君ハモが気に入ったって。ごめんm(_ _)m
鮎の塩焼きも同様。ごめんm(_ _)m

あとは飛んで・・・デザートの話題に。
6月30日に食べる水無月です。
京都の行事で、名古屋では知られていないので、あまり見ません。
しかも、本当は葛とかういろうで作るらしいのですが、
そこまで手を掛けられないので毎度わらび餅子で作ります。
三角に切るのも難しいので・・・四角(^^;)ゞ
c0021551_2192369.jpg

見かけだけは結構それらしく見えるし、すぐできて、
軽い食感がデザートにいいので、個人的には気に入ってます。

今回は「冷やしぜんざい1人分」を使ってちょうど良い小豆の量でした。
不思議なのは・・・・
c0021551_2112068.jpg

小豆の層は練って固まってきたわらび餅に小豆を混ぜて型に流したのですが、
下の層は汁の部分を混ぜて作ったわらび餅で、なぜか白く濁ってしまいました。
作り方としては、型に流した小豆部分に、
小豆なしの(濁った)わらび餅を上から乗せて2重にしてだけですが、
なかなか巧くくっついたようです。
ぶるんぶるんしたわらび餅は扱いにくいのですが、
ずいぶん慣れてきました。
もちろん、砂糖を混ぜて作ったので、程良い甘さで美味しかったです。
粗熱が取れて冷蔵庫に入れたのが食事の直前。ほとんど常温。

来年は鮎は止めてハモだけもっとたくさんにしよう。
品数押さえて・・・しっちゃかめっちゃかにならないように・・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-30 21:24 | 食べ物 | Comments(4)

コート2枚から帯1本

さて、少し前に仕上げてあったのですが、ブログの記事にまだしていなかった作品です。

いつのころだったか、魔窟の整理を思い立ち・・・・・
ターゲットは伯母達から回ってきたコート。

羽織は長さに文句を付けなければ、まだ着る機会はあります。
しかし、コートの場合、
あまりきちんとした着物を着る機会のない私の場合、
コートというのが活躍しないのです。
なぜなら、コートというのは汚れ除けだったり、防寒だったりと、
実用性が問われるのに、コート自身が汚れ除けが欲しいような物であったら?
ダメダメ、着ることは出来ませんよ・・・・もったいなくて・・・・(^^;)ゞ
とりあえず、自分のコートは持ってますしね(^^;)(全く活躍してません)
それにこの時代のコートは丈も短いんですよね。

というわけで、とりあえず、他に転用できそうなものを選んで、
解き洗いに出しました。
なぜなら、その時代の良い物と言ったら漆糸使用のお召し・・・なので、
自分で水洗いすると縮んだり硬くなったり(^^;)ゞ
ちゃんとしたプロにお願いしないとダメにしてしまうんです(経験アリ)。

さて、仕立てる段になって、気がついたのは
コートの場合、幅が狭くなっている部分が結構長いんですね。
だから、リバーシブルの帯はココを活用すれば一石二鳥。
反物の幅を切るのは躊躇しますが、最初から切れているから
ハサミを入れるのにも躊躇が無いんですよ☆

というわけで・・・・
c0021551_22552227.jpg

こちらが悩み無用の側。光ってますが、暗い赤に黒の漆糸使用の柄です。
このお太鼓部分が一柄なので前も後ろも位置決め不要。
どこが出てもステキ。
雲の柄と思ったのですが、ツタの葉のようにも見えるし・・・・
タレはもう一枚の方のコート地。
c0021551_22572744.jpg

何ともステキな地紋♪~

問題はそのもう一枚のコート。
所々に漆糸で織り出した大きな色紙の跳び柄。
こういう大きな跳び柄ってなんとか言うんでしたよね。忘れてしまった・・・・
c0021551_233776.jpg

c0021551_2333132.jpg

c0021551_2335083.jpg

で、一番ステキな金銀の色紙が
どう考えてもいい位置に来ない(>_<)
c0021551_2343870.jpg

結局タレになりました。そしてお太鼓にくる柄が無い(^^;)ゞ
c0021551_2375060.jpg

現代風に結べば・・・(私は結ばないけど)、なんとか来ますが・・・・・
c0021551_2382946.jpg

だから前帯にも柄が来ないかも・・・・なんともはや・・・・・
苦労したのに・・・・
でも、良いんだ、やっと帯になったのだし。着ないコートより、帯の方がね。
さあ、秋が楽しみです。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-29 23:24 | 和装製作 | Comments(6)

アヤメ帯

白地のアヤメ帯、一大決心でほどき、
いつか洗おうと思っていたら
曇っていた空がいきなり晴れて陽が差してきました。
午前中庭の枝切りをしていて、そろそろ昼に、と思っていたところだったので
いきなり決心。
今洗えば、昼食後には乾くだろうと・・・・
心配した色も出ませんでした。
汚れを落とすと言うより、折りシワを取るのが主たる目的なので、
c0021551_18164034.jpg

洗って、伸子を張りましたよ。

で、遅めの昼食。
空はまた曇ってしまいましたが、さすがに気温が高いので
食べ終わるころには既に乾燥。速っ!
取り込んだところで・・・・ふ~、疲れました。ちょっと休憩。

アイロンを掛けると、茶色いシミはあまり消えてませんが、
それほど気になりません。
山折りの線は消失。
(あとでよく見ると折り線の汚れは少し見えました)

物差しと格闘しながら、長さを検討。
タレと手を逆にして50cm足し布をすれば、希望の3.8mになります。
太鼓の柄がうまく出るように、タレの位置を決めました。
あとはミシンでじゃ~っ。
中の帯芯はあまり見かけない夏用の(?)かっちりざっくりした芯で、きれいです。
一部畳んであったので伸ばして10cm足せば再利用可能。

というわけで、意外に早くできました。
アイロンを掛けて、ややよれよれしますが・・・・・
c0021551_18282325.jpg

早速試着。良い感じに柄が出ますね☆
折り線もよ~く見ないとわかりませんね。汚れも目立ちません。

前を撮るのを忘れましたが、比較的いい位置に柄が来るようです。
多分刺繍の柄が。以前はお太鼓になっていた柄です。
引き抜きで結んでもタレとお太鼓に巧く柄が来るような柄付けがされています。

白い帯なので、この後、撥水スプレーを噴射☆
この夏活躍してもらいましょう☆
感謝です!
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-28 18:37 | 和装製作 | Comments(4)

ハイソックスから布ワラジ

今履いている絹製のワラジがよれよれになって来て危険。
やはり絹は実用ワラジには向かないようです。
感触はとても良くて気分は良いのですが、
耐久性が・・・・(今の生活がヘビーデューティー過ぎるってことで・・・)

と言うわけで、その辺に転がっていた素材を急遽利用して・・・・
c0021551_1955488.jpg

穴の開いた足袋型ハイソックス(3双)です。
ハサミでジョキジョキ、なるべく長くつながるように切って、作りました。
鼻緒は絹の端布に長いのがあったのでそれを使用。
相変わらず、不細工なワラジです。

厚手で、大変クッション性が良く、履き心地の良いものができました。
ハイソックスの素材って色んな意味でワラジに向いてますね☆
でも、足袋型のハイソックスって、なかなか無いんですよね。
靴下屋さんの閉店セールでしこたま買い込んだのがいつまで保つかしらね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-27 20:03 | 手芸 | Comments(2)

雨の日に気分爽やか

今朝から本格的な雨です。じつに梅雨らしいというか・・・・
夕方には激しくなるかも・・という予報なので、
何を着ていこうか、考えますに、
順当なところではポリの楊柳。
実は昨年の東北支援浴衣募集にポリの浴衣を出してしまったので
ポリは昔からの楊柳しか残っていないのです。
あるいは濡れても良いところでは木綿の浴衣ということで・・・
c0021551_1747528.jpg

この組み合わせを考えました。
シマウマこさん浴衣とヒョウ柄帯にウォンバットのブローチ帯留め。
シマウマと豹とウォンバットは同じ土地にはいないはずですが、
色がきれいだったので(^^;)あ、モチ、オーストラリア土産です。
c0021551_1752752.jpg


でも、お昼、着物を着ようと思ったところにピンポーン凸クロネコです。
あら、ステキなサプライズプレゼントです。
c0021551_17533841.jpg

ちょっとめげていたので慰問袋の差し入れだそうです。
本当にありがとうございます。m(_ _)m
この帯の白さがなんだか心にしみました。きれい~☆
c0021551_1755879.jpg

コレはもう、着るばっかですよ!
c0021551_17554591.jpg

着物もがらっと替えて土曜日に着ていった麻の波着物。
短い帯をなんとかすべく、たまたま昨夜見ていたCHOKOさんのブログ、(クリック)
こちらにタレを斜めにして三角に出す結び方があって、
ちょっと真似っこさせていただきました。
帯結びそのものはいつもの引き抜きなので関係ないんですけどね。

実は雨に濡れた時、木綿はべたっと張り付いて
なかなか乾かないので、あまり気持ちよくないのですが、
バリッとした麻は、濡れても比較的気分良く過ごせるのです。
ただ今日は気温が低いので、どうかなと思っただけなんですが、
この帯なら、当然黄色い雨合羽なので決して寒くはありません。
むしろやや蒸し暑いほど。
汚れ除けにもなってちょうど良かったです。

さて、慰問袋の中身はと言えば・・・・
c0021551_180466.jpg

懐かしいですね。
真ん中の本の最後に実は私のホームページが紹介されているんです。
と言ってもプロバイダーが代わる前なので
今このまま探しても出てきませんが、
大丈夫、この欄右横に書いてある、うまこの着物部屋と同じです。
何と言ってももう10年も前ですからね。
今なら人気、趣味の着物サイトなんてゴマンとありそうですけどね。

時間ができて、晴れた時にこの帯はほどいて洗って、
長く仕立て直そうと思います。ついでに、ちりめんの型染め船帯も。
せっかくなので柄がうまく出せるように、そして結びやすいようにね。
またちょっとしたパズルですね。

もう一度、どうもありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-26 18:19 | 着物 | Comments(2)

フレーミング

NHK白熱教室という番組で映画のフレーミングについての講義を見ました。
それにしても講師の英語は比較的わかるのに、
生徒の答えが全然聞き取れないのはなぜ?
あっ、そっか、せめて言葉がわかりやすいように(内容が難しいので)
平易な表現を目指しているのね。納得。

とそんなわけで・・・・講義の内容を平易に応用('-^*)/
c0021551_9512595.jpg

まぁ、何てすばらしいお庭でしょう!
これだけ見ればね(^^;)ゞ
自分でうっとり。こう言うの、夢だったのよね。
渋い煉瓦に涼しげな緑、そしてたわわに実る木イチゴの実。

現実の玄関先でも、こんな風に見えて、うっとりできるんですけれど、
現実の風景はこの部分はホンの狭い範囲。
カメラで広いアングルを撮ると何処にも見えないんですね。
どこにこんな部分があるのってくらい。
興味のない人の眼も同じ。
この画像を見せて、さあどこでしょうと言ってもきっと見つけられない。
見せたとしても、うっそぉ~!という反応。
人間の眼って、本当、えこひいきというか客観的でないというか。。。。
ついでに言うと、この渋い赤い実はこれからだんだん黒くなっていきます。
美味しそうに熟したときは見た目は美味しそうでない・・・というかなんというか

もう一枚。
c0021551_1033662.jpg

柏葉アジサイの色が変化してきました。
なんだかイギリスっぽい渋い色合いです。
日に当たらない裏側は白と緑の二色。
全体を見れば
c0021551_1051134.jpg

頭が重くて、地面に付きそう・・・・(T_T)がんば・・・
どこまで色って変化するのかしら・・・・・
枯れた花をそのままにしてるって思われそうですが・・・・・
コレもちょっとあこがれだったのですね。

玄関先の伸びたツルやら枝やら・・・・
今日は涼しくて園芸日和ですが・・・・・
もう少し休養しましょう。
その間に花木さん、存分に伸びて栄養を蓄えてください。
私がもうちょっと元気になったらチョキチョキしますからね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-25 10:17 | 園芸 | Comments(0)

初ブルーベリー

家でゴロゴロしていましたが、どうにも生ゴミがたまってしまったので(^^;)
庭に出て、埋めに行きました。

そこで見つけたのは・・・・
c0021551_21442864.jpgc0021551_21445530.jpg
初ブルーベリー収穫と、初ブルーベリーの害虫(>_<)イラガのチビちゃん集団です。
いくらカワイイ言葉を使っても、コレは絶対に許せない虫なので
決して触らないように注意して葉を下に落として、しっかり踏みにじっておきました。
早い時期に見つけてらっき~☆
実は2階からこの葉を見つけて、目星を付けておいたのですが、大正解でした。
この茶色く変色した部分には
目に見えないほど小さなイラガのチビ毛虫が大量に並んで
葉っぱを食べているんです。きゃ~!
イラガはちょっとでも触ろうものなら、キョーレツ!を通り越すほどの痛み。
だから、高い木のてっぺんに巣喰う分には無視できるのですが、
人間に近い部分には決して存在して欲しくないんです。

もし万が一触ったなら、イラガの毒針が刺さって、
何百本の針を一気に刺されたようなキョーレツな痛みを起こします。
決してあわてて痛む部分を触ってはなりません。
そ~っと離れ、散水ホースのジェット水流で洗い流し、
あと、ドクダミの葉の汁を付けておけば症状は治まります。
一度経験すると決して忘れませんが、できれば、経験したくないですね。

さあ、これから、害虫探しに忙しい季節になりますね。

このほか、見つけたのは
c0021551_220736.jpgc0021551_2203167.jpg
真っ赤になったアジサイの花と小さな小さなミツバの花。
白かった部分も全部赤くなりましたね☆
来年からはこの状態で、歳時記に出しましょうかね。

ところで、立食パーティーで飾ってあった花、
c0021551_2255139.jpg

終わりに皆で分けてもらってきましたが、
長男曰く・・・・
おしべのないユリの花って・・・・・・(何か足らないよね)
夫曰く・・・・・・
でも、おしべがあったら(服が汚れるから)恐ろしくて近寄れないだろう。
私の意見としては、
花粉の付かないおしべだったらいいのにねぇ~。
でも、花粉の出ないおしべより、葯のないおしべを考える方が
研究の方向性としては順当でしょう。
フツーの人、デザイン的に考える人にとっては
葯は必要ないと思うでしょうから。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-24 22:23 | 園芸 | Comments(2)

今年の仔猫

久しぶりの猫話題。
今朝久しぶりに仔猫の鳴き声が聞こえたので
慌てて、ベランダに出て、眺め渡すと・・・・・
c0021551_1992492.jpg

いるいる。
もう大分大きい仔猫ちゃん達です。
誰の仔でしょうか?
黒い方の仔のこの色合いを見れば、ひょっとしてまだら母さん?

最近まだら母さんを東側でよく見る。
隣の家の冷房室外機の上で昼寝をしていたり。
東の通路をうろうろしていたり。

この仔猫たちがいるところは西の塀の上。
たまにこういうことを見ます。
母猫は敵の目を欺くためにわざと仔猫のいるところと反対側に姿を見せるのです。
わざわざ大回りしてやってくるのを目撃して、
何やってんだかと思うことも時にありました。

ココを縄張りにしている鼻白も最近は姿を見せません。
どこかで子育てしているのか、たまたまいないだけか・・・・
全くわかりませんけど・・・

珍しいのはこのときすぐ横の屋根の上では・・・・
c0021551_19213176.jpg

知らない雄が傷の手当て中。
単なる朝の身支度かと思えば、赤い傷が見えるし・・・
こうしてみると体中傷だらけ?
仔猫たちは気づかないだけか、別の事情があるのか、全く不明です。
黒い方の子はとりあえず三毛になるのかな?なら牝かな?
もしまだら母さんの仔なら父親はこの黄色い仔と同じ毛色かな?
ってことは、この黒い奴じゃぁない?・・やっぱり猫の事情はわかりません。
(片手間のフィールドワークでわかろうって方がおこがましいよね)

見ていると黄色い子はあっちへ行ったりこっちへ行ったり
c0021551_19284445.jpg

一度は失敗した屋根登りも、再度の挑戦で成功し・・・・
その間黒い子はじ~っと、しています。
色による性格の違いか、性別による違いか・・・
しかし、私は以前のようにこの様子をずっと眺めているわけにはいきません・・・
あ~ぁ。この子達が何処に行くのか知りたいのに・・・・
さあ、次にお目にかかれるのはいつでしょうか。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-23 19:46 | ねこ | Comments(2)

クラッチバッグ

さて昨日持って行ったバッグは・・・
c0021551_1583729.jpg

金糸使いのなんだか綺麗なバッグです。
どれくらい古い物か、はたまた実は新しい物か、
さっぱりわかりません。
しかし現代物なら腕にかける紐とかチェーンとか付いていそうなので
多分古いのかな、という気はしますが、
バッグについての知識がないので不明です。

伯母からもらった物ですが、
伯母はコレを買ったのか、もらったのか、
はたまたお使い物にしようとしてそのままになった物かも不明です。
ご大層な桐箱に入っていますが、
昔は何でも桐箱に入れたので
それだけで上等とも言えませんが、
私が買おうと思わないような値段の物であることだけは確かです。
もっとも、骨董市で見つけたら話は別ですけど(*^_^*)

ただしぃ~
抱えることしかできないバッグは
立食パーティーでは極めて不便です。
もっとも、あとから思いついたのは
不便なときは、帯のお太鼓に入れればいい。
あるいは中にエコバッグを入れておいて、
その中に入れればいい。
とそんなことですが、
もっと簡単で、もっとしゃれた方法で、対処しました。
というか、過去にしてありました。
多分ブログに書かなかったと思うので、今回記事にしましたが、
二番煎じだったらごめんなさいm(_ _)m

それは・・・・
c0021551_15193072.jpg

ネックレスを利用すること。
むか~し買ったプラスティックのおもちゃのようなネックレス。
切れないように紐を新しくしてついでにちょっと長さや珠も換えて、
コレを・・・
c0021551_1522343.jpg

こんな風に蓋に通すだけ。
蓋をきちんと閉じれば・・・・・
c0021551_15224265.jpg

こんな感じ。
ネックレスは固定してないので
好きな場所を出せばOKです。
コレを腕にかければ、ちゃんと食べ物を取ることができますね☆

昔はこの会でカメラマンもやっていましたが、
いつのころからか専属カメラマンが付くようになったので
カメラも必要ありません。
会に参加してすぐ帰るだけなので、
お金と地下鉄の券とハンカチ程度なので、コレで充分。
会の資料はお太鼓に収納可能。扇子もケイタイも着物ならOK。
夜なので日傘も不要。
最近便利なのは地下鉄もICカードなので
バッグごとピッと触れば通過できます。便利だわぁ~☆
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-23 15:37 | 手芸 | Comments(2)

着物で懇親会

例年この時期にある会合です。
壁の花ですが、とりあえず、着物を着るチャンス。
でも、今年は風邪ですが、なんとか出席だけしました。
c0021551_20483216.jpg

着物を選んでいるときはなんだか婆くさい着物だと思ったのですが、
着てみるとさほどでもない気がして・・・ま、いいか。

帯の後ろは帆船です。大海に船出。
c0021551_20551036.jpg

前帯には絵がないので、
c0021551_20504231.jpg

大海のカジキマグロです。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-22 20:51 | 着物 | Comments(2)