<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

大晦日

さて、いよいよ大晦日。
本格的にお節料理を作りましょう。
と言っても、あとはうま煮などの煮物を作ればいいのよね。
まずは、ダシ汁をたくさん作って・・・
シイタケを煮て、タケノコを煮て、たたきゴボウを煮て・・・・
ちょいちょいのハズなのに・・・・なぜか手強い。
つまりは全然自分の物になっていなくて、本を見ながら作っているからですケド。
途中で買い物に行ったり、(年越しそばのためにかき揚げを買いに行ったり等)

でも、夕方までには何とかなって、
夕食後(年越しそばですが)お重を洗って、おとそセットあらって、お椀を洗って・・・・
どんな風に詰めるか、とか、テレビを付けっぱなしにして・・・
あら、紅白が始まりましたね・・・・
あら、終わりましたね・・・・
悪戦苦闘です。

なにしろ、どのお重に何を詰めるか、
というようにメニューを考えていないから、全然ダメなんですね。
作ってみたい物を作っちゃったって、感じ?
c0021551_22381834.jpg
くわいとか・・・・
このキレイな青・・・・皮を剥いてしまうのが惜しいのですが、
このクワイ、なかなか手強い。にがいんですね。煮こぼしたり。
ちょっと甘めの雰囲気で、ほんのり黄色く煮て、まあまあかな。
c0021551_22422591.jpg
田作り(ごまめ)とか・・・・
今回は特に小さめのたつくりでからめる味をちょっと長く煮すぎたので
飴のようにくっついてしまった・・・
ぱりぱりで美味しいけど、田作りの香りがないって言われちゃった。
くっついたのはやっぱりマズかったね。(>_<)

既製品も色々あったので・・・・
c0021551_22465661.jpg
頂き物のかぶら寿司とか・・・・
c0021551_22474959.jpg
豪華に完成!
真ん中のはデパートのお節(珍味ばっかり入っている物を大奮発!)

では、皆様、良いお年をお迎えください m(_ _)m

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-31 23:59 | 家事 | Comments(0)

お飾り

さて、今日は何をしましょうか?
一夜飾りはマズイから、やっぱり、お飾りを・・・
そのためにはもう少しお片付けとお掃除を・・・・
結局お片付けとお掃除はかなり夫が担当。
私は・・・なにやってんだか。玄関は片付けましたよ。

で、しめ縄をかけて、
名古屋風というか、こんな門松も付けて。
(白い松は向かって左、紅い松は向かって右と唱えながら・・・・)
c0021551_21191642.jpg

お庭のお花を切ってきて、花も飾りました。
あ、もちろん写真を撮ったあと、玄関に飾りました。
今、玄関に行くとロウバイの良い香りがします。
ロウバイの枝を剪定した時、そのまま外の水鉢に入れたままにしておいたら、
ちょうどいい感じに開きました。
あとは、菊、マンリョウ、センリョウ、水仙のつぼみ。
c0021551_21180602.jpg
で、夫がキレイにしてくれた、お台所(火の神様と水の神様)と、
おトイレ(トイレの神様、荒神様?)にそれぞれ、
お鏡さんとちっちゃいしめ縄。
c0021551_21214987.jpg
そして、今日作ったお節は・・・・
c0021551_21234960.jpg
きんとん。
金運きんとんと長寿きんとん、と勝手に命名。
金運きんとんは柚子風味。クチナシ・カラー。
長寿きんとんはシンプル砂糖のみ、でも火で練りました。
秋に仕込んだ栗を急遽クチナシ・シロップ煮にして、混ぜ込みましたが、
味見をするとちょっと栗の甘みは不足かな。
でも、栗の良い香りがします。

さあ、明日はいよいよ残りのおせち作りです。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-30 21:27 | 家事 | Comments(2)

お掃除

今日は、お節料理の続きをしようかしら、それともお台所のお掃除をしようかしら。

考えてみれば、台所の大掃除をするには色々消耗品を買う必要があるのですね。
そこで、まずは買い物をすることにしたのですが、
近くのホームセンターが無くなり、ミニデパートのようだったユニーもなくなり、
ダイエーも模様替えをして、台所の消耗品を買いに行くところがわからない。

とりあえず、ダイエーに行って・・・売り場をウロウロ・・・・
一部買うことができたが、まだ無い物もある。
近くのドラッグストアーに行くも、やはり無い。
結論から言うと、100均のダイソーでそろえることができた。
ついでにイオンで門松(名古屋式くくりつけ型)、お鏡さん、しめ縄購入。

玄関やら、物置状態になっている階段を片付けているあいだに
夫が台所を洗ってくれた。感謝感謝。
キレイになった台所に消耗品を取り付けてっと。
疲れちゃったので、新しくできたタイ料理屋さんへ行ってみることにしました。

土日の来方でお正月の準備の段取りが左右されますね。
働ける間は働こうとすれば、仕方のないことですね。
もっと前もって掃除をすればいいって?
でも、大騒ぎをして大掃除をするのもまた年末らしくていいかな、
と思うのは、
年末年始のない国で暮らしてみた経験から。
シアワセは歩いてこない。だから、自分で歩くんだ!

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-29 22:43 | 家事 | Comments(2)

初雪

今日は、28日で、土曜日で、本当なら仕事納めだし、
お昼にはお仕事お終い♪~ となるはずだったのですが・・・・
なぜか、午後から仕事がはいってしまった・・・・
いえいえ、文句を言ってはいけません。
働けるのは、ありがたいことです。感謝感謝。

と言うわけで、早い昼食後出勤。
12時、外気温5℃、冷たいです、と思ったら、雪です。
初雪~!ほんの少しでしたけどね。

ぼちぼちお正月始動ですね。
今日から休みだった夫が冷蔵庫とお風呂のお掃除を担当してくれました。
ありがとうね!

クリスマスの飾りはもうお片付けです。
c0021551_20222892.jpg
義妹が昔作ってくれたトールペイントのサンタさんとか、
友人からもらったガラスのツリーとサンタさん2人とか、
このガラスのツリーはステキな包装紙で包んであったので、
c0021551_20243166.jpg
ほら、アンティークっぽい包装紙でしょ?
包装紙のままではボロボロになること必至なので、
箱に貼ってしまったのです。
コレなら、箱に入れただけでもう包装紙に包んだようになりますね。
包装紙もボロボロにならず、ずっと、一緒☆

さあ、昨夜黒豆を浸し始めたので、今日煮始めました。
毎回、吹きこぼして怒られるし、昨年の圧力釜は、イマイチだったので・・・・
c0021551_20515646.jpg
一番でっかいほうろう鍋登場。ジャムを煮る時の大きい鍋です。
これに、オーブンペーパーと金網の落とし蓋使用。
ごく弱火で、ほとほと。コレなら、吹きこぼれません。
ずいぶん柔らかくなってきましたが、色が・・・・薄い(T_T)
煮詰めればいい?鉄をくれ~い、鉄!

そういえば、昨夜、フルーツケーキ抹茶入りを焼いたんでした。
うっすらと色が付いているところが、抹茶入りのところです。
その部分に柚子ピールを散らしました。
c0021551_21015454.jpg
お嫁ちゃんが今里帰りしているので、お土産としてそちらに、今朝、発送。
明日には着くかな?
今夜きんとんを作ろうかと思っていたのですが、
疲れたので・・・今日は止め。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-28 21:13 | 家事 | Comments(2)

ケーキ・トート

フルーツケーキを箱に入れて職場などに持っていく時、
適当な入れ物がなかったので、何年か前に、
デパートのお節料理の空き箱にデコパージュのような飾りをして、
以来それを風呂敷に包み、大きな紙袋にいれて行きましたが、
紙袋はだんだんボロボロになるし、
かわりになる大きな袋はあまりないし・・・・
思い切って、専用に一枚手提げ袋を作ることにしました。

いえね、たしか昨年も作ろうと思って、
底用の布だけは切って、線を引いてあったのに、
そのままになってしまっていたし、
今回も、また見送ってしまいそうだったので、
思いたって作ってしまった。

ちょうど、息子が中学校の家庭科の時間に使った布の残りが出てきたし、
20年物だね・・・(^^;)
c0021551_19073782.jpg
彼らしい、台所グッズの柄ですよ。
何を作ったのか、私は知らないのですが・・・

裏を付けたのですが、薄い布なのでくたくた。
だから、巾着型にしました。
c0021551_18585318.jpg
中を開けると、ふろしき包みの箱が出てきます。
c0021551_18592049.jpg
箱はこんな感じです。
c0021551_18590465.jpg
風呂敷の色も合わせたくなりましたし、
箱の中は白木のままので、なんとかしたいですね。
でも、とりあえずちゃんとした袋ができたので、
今年はコレでお終い。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-27 23:39 | 手芸 | Comments(2)

鰊の麹漬け(大根寿司)

鰊の醤油漬けをする時、ネットで少し調べたら、
鰊の麹漬けというのを見つけました。
大根を使うので大根寿司と言うらしいです。
大根、ニンジン、キャベツを麹で漬けて、戻した身欠き鰊を入れるのです。

母が昔金沢に住んでいたので、かぶら寿司という食べ物を知っています。
かなり好きです。
しかし、寒い金沢でしか作れないと言うことで、
お正月にコレにありつくと、らっき~と思っていました。

鰊の麹漬けはどうも、それに似ているようです。
コレは是非とも作らねば!

と言うことで、買い物に出かけたついでに麹200gパックを買ってきました。
ネットで見つけた作り方と、麹の裏書きを参考にして・・・・・

身欠き鰊(ソフトならそのまま)を糠水に一晩漬けて戻す。
今回は醤油漬けを使うので、この行程パス。

大根1本、キャベツ1/4(もとのレシピはキャベツ1個)、にんじん1本
薄く切り(もとのレシピは大根拍子切り、私はイチョウ切り)
野菜の重量の3%の塩をカップ1の水に溶かして
ジプログに入れた野菜に掛け、水が出るのを待つ。
c0021551_18443019.jpg
一方で、麹の準備。
c0021551_18413267.jpg
ほぐれている麹と板状にかたまっている麹があり、
かたまっている方が安かったのでそれを使用。
まず、ぱらぱらにほぐし(結構楽しい作業)
60℃に冷ました湯をひたひたになるように掛けておく。

野菜をモミモミしているうちに水が出てきたので、
麹を投入。
身欠き鰊2~3本分の薄皮を剥いで5mmくらいに切って投入。
レシピにはショウガと書いてあったのですが、
唐辛子と柚子皮に変更。
c0021551_18453443.jpg
わぉ~、大きいジプログがいっぱいになっちゃいましたよ。
3日くらいから食べられるそうですが・・・・
結構長く持つらしいので、お正月にもいいですね!

で、3日もしないうちに試食 (^^;)
c0021551_19221280.jpg
おいしい!まだ浅漬けですが、おいしいです。
かぶら寿司と遜色ないですよ~☆
かぶら寿司が料亭の味なら、この大根寿司は庶民の味ってところ?
身欠き鰊がもっと入っていても良いような気がしたので、
さらに数本薄皮を剥いて、5mmに切って投入。
醤油漬けのを全部入れちゃってもいいかな?
あ、それとも、コレを食べちゃったらもう一度作る時まで残しておこうかな?

大根とにんじんとキャベツという組み合わせが不思議だったのですが、
キャベツが合いますね!いいです、キャベツ。
時々香る柚子もいいです♪~
漬け物というと白菜系に馴染みがあるのですが、
麹漬けはキャベツが合いますね。
キャベツは、もう少し多くても袋に入りそうなので次回は1/2個にしましょうか。

毎週作っている白菜漬けと同じ野菜重量の3%の塩を使いますが、
大根寿司はカップ1の水が入るし、麹と、麹に入れた水500ml弱が入るので
全体の塩分濃度はぐっと下がります。
白菜漬けはそのまま食べるにはちと塩辛いのですが、
コレはいわゆる漬け物というより、野菜料理のような塩加減。
その意味でも、食べやすくていいですね。

追加で入れた鰊は醤油を洗い流さなかったので、
その後、全体が少し茶色くなりました。
やっぱり白い方がきれいなので、次回はちゃんと洗おうかな?
色を気にしなければ、醤油が入った方が美味しいかな?

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-26 19:13 | 食べ物 | Comments(3)

クリスマスですが・・・・

クリスマス当日ですが、何を着ましょうか。
いろいろ探していて、このところ出番が少ないサファリうまこさんに決定。
一応クリスマスカラーで、漆雲竜帯(とたった今、命名)
c0021551_18210270.jpg
帯〆は目立たせようか、カモフラージュにしようかと迷って、
c0021551_18214551.jpg
同じ色採用。それにしても同じすぎる・・・・
一応赤と緑だけど、全然クリスマスっぽくないですね。
綺麗ですらない・・・・
もう少しきれいな色があった方が好きなので、
この組み合わせはイマイチということにします。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-25 18:29 | 着物 | Comments(0)

宴会小物 大天狗と牛若丸

忘年会も終わりまして、たくさんの小物を少しずつ家に持ち帰ってきています。

今日は大天狗の衣装を持ち帰りました。
直前まで掛かって完成させたのは、なかなか本格的。
天狗さん達というのは、どうやら山伏の格好をしているらしいので、
ネットで調べて・・・・
どうも、昨年作った琉装が役に立ちそうです。(クリック)
大天狗を頼んで人はとても大柄なので・・・・
お面の眼はずいぶん大きな穴を開けました。
c0021551_19094601.jpg
一番丈の長い琉装が運良く黄色だったので、
とてもそれらしい感じになりました。
帽子のようにかぶる物は頭襟(ときん)といいます。

丸い玉が付いているのは結袈裟、後ろにも2個付いた物が下がっています。
丸い玉(房)は白い印象があったのですが、
調べると、結袈裟は白、房は黒のバージョンが多いし、
材料的に都合が良かったので、それを採用。
つまり白い部分は古い帯芯。黒い玉はマントの端切れ。
丸く巾着のように縫って、中に布屑を詰めました。

天狗のうちわはちょうど骨だけになった団扇があったので
それに頭襟を作った材料の残りを付けて完成。

牛若丸さんには青の琉装を着てもらいました。(クリック)
サイズも小さくて、色もぴったり。
平安時代ですからね、琉装と似た衣装ということで勝手に納得。

なかなかぴったりで良かったです。(無理矢理納得)

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-24 19:39 | 手芸 | Comments(2)

障子張り

ばあちゃんちの障子がなんだかあちこち破れてきています。
もう何年も張り替えてないので、お正月までに張り替える、いいチャンスですね。

と言うわけで、ホームセンターに行ったついでに物色。
ふむふむ、最近ではアイロンで貼る障子紙という便利そうな物があるんですね。
お値段もまあまあなので、柄のない物を購入。

というわけで、この連休に・・・・
c0021551_18425699.jpg
障子紙ビリビリ。
そういえば、障子張りというのは子供のころに(つまり責任がない時代)
手伝ったことがあるだけで、主体的にやったことがないんでした。
結婚してから住んでいる所には障子がないんですね。
一応手順はわかっているつもり。
障子ビリビリの次は桟に残った紙と糊を固く絞ったぞうきんで拭き取る。
コレは細かいゴミが出るので外でやりましょう。
c0021551_18464371.jpg
比較的簡単にできました。
この部分は大人がやってたのよね、きっと。
あとは、放置して、乾燥。

さて、いよいよ夕方、夫と共同作業。
c0021551_18483013.jpg
昔とはここが違うんですね。紙を広げて枠に乗せ、
四隅にアイロンをあて、仮固定したあと、少し大きめに紙を切る。
中央から、アイロンをゆっくり桟の上に滑らせて接着。
接着したら、良いサイズにカッターで切り、端まできちんと接着する。
最後に立てて、裏から、未接着箇所を探して、接着して、完成。

一人でできないこともない作業ですが、
二人いる方が何かとやりやすい。

あ、気づきました?上の写真。私じゃないんですね。
どうも私がやると、シワになるんですね。
このようなきちんとした作業は苦手らしい (^^;)
私はもっぱら、長い定規の端を押さえていたり・・・とか、補助要員。

コレは布の接着芯と同じですね。
糊で貼るよりず~っと簡単。
最後に霧吹きを掛けて紙のシワを取るという作業がないのが残念ですけど。
次の日、ヘルパーさんに感心されてしまったけど、
最近では自分でやらないで、人に頼む物なの?

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-24 19:04 | 家事 | Comments(2)

骨抜き丸鶏の詰め物焼き

一年に一度は焼きたい丸鶏。
今年は何も予定してなかったので、成城石井に行ったら、
1kgと2kgの2種類の丸鶏があった。
今回は子供も含めると7人、2kgのにしましょう。

と言うことで、
c0021551_20563511.jpg
すだち鶏と書いてありますね。2.3kg。
例年のように、骨を抜きます。ジビエナイフ大活躍。

詰め物は、
c0021551_20581876.jpg
タイの香り米が残っていたので、コレを炊いて、具材と炒め、詰めました。
c0021551_20591595.jpg
中骨が抜いてあるので、中にたっぷり入ります。
2合分のタイ米チャーハンが全部入っちゃいました。
170℃(180℃~途中で160℃に下げる)100分
c0021551_21020030.jpg
途中何度か下に垂れた油を表面に塗りました。

そして、抜いた骨は(要するに鶏ガラですけど・・・・・)
c0021551_21065736.jpg
実だくさんスープになりました。
ま、ミネストローネですね。
風邪気味だったので息子に味の調整を頼んだら、
良い具合の薄味で美味しいスープになりました☆
今回、熟しすぎのトマトが見切り品で出ていたので、
缶詰の替わりにそれを使ったら、イイ感じのトマトスープになりました。

鶏はかなりぱさぱさで、ちょっとがっかりでしたが、
ご馳走としては、よかったよかった。チョー満腹。
明日のお弁当用に2人分残って、ちょうど良かったかな。

来年は、やっぱり、◎◎市場の三河赤鶏を予約するか、
ネットでフランス七面鳥を早めに注文しようかと思った次第。
え?名古屋コーチンですか? う~ん、また考えてみます。
そう考え出すと、鴨とかもね。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-23 21:32 | 食べ物 | Comments(2)