<   2014年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ジャガイモの細切り炒め

昨夜の夕食は
昔、料理教室で習ったものの一つです。
c0021551_18200136.jpg
細く切ったジャガイモをいきなり炒めるという料理方法も
少しポリポリとした歯ごたえのあるその食感も珍しく
大変印象に残った料理だったので
未だに良く作る料理になっています。

とはいえ、オリジナルがどんなだったかもう忘れてしまって
かなりアレンジしちゃったような気もしますが、

ジャガイモ、できればメークイーン系がいいのですが、
昨今、メークイーン、男爵という種類をあまり見なくなっているので、
どんなジャガイモでもかまわない気がしています。

ただし切り方は細めの拍子切り。
5mmから1cmくらいの太さがいいようで
太すぎると硬いし、細すぎるとすぐ柔らかくなってしまいます。

切ったら、必ず、水洗いします。
でないとハッシュドポテトのようにくっついてしまいます。

豚肉もジャガイモと同じような細切りにします。
豚は細めの方が食べやすいです。長さはジャガイモと同じくらい。
彩りににんじん、ピーマン、キノコ(シイタケなど)の細切りを使います。
季節によってはタケノコも同じように切ったり、
あれば細切りキクラゲを少し混ぜるのもいいです。
彩りは食欲をそそるのに大切ですね♪~

味付けに私はニンニクのみじん切りを最初に炒めますが、
これは好み。
油を引いたフライパン(または中華鍋)に
火の通りにくい物から炒めます。
今回なら、にんじん、豚肉、シイタケでしょうか。
タケノコ、キクラゲもこの時ですね。

ざっと炒めたら、火を弱くして蓋をして蒸らします。
スープの素などを少し入れると、早くしんなりします。

火が通って水が出てきたら
蓋を取り、中火にして、ピーマンとジャガイモを入れ
再び炒めます。
ピーマンがしんなりして、ジャガイモの色が7割方透明になったら
味を調えます。
味は好みですが、
今回、中華スープの素、オイスターソース、
ケチャップ(隠し味)とチリソースを入れました。
醤油系(めんつゆ系)で和風にするのもよさそうですね。

最後に水溶き片栗粉を回し入れ、
照りを付け味の馴染み良くして食べやすくしました。
アンになるほどではなく、あくまで照り程度です。

あとは、ごはんとカップスープ。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-31 18:58 | 食べ物 | Comments(2)

熊本城おもてなし武将隊@金山駅

もう27日(月)のことになってしまいましたが・・・・
c0021551_22155612.jpg
金山駅、なんだかすごい人だかりですよ・・・・
何にも見えないので、
ケイタイを高く差し挙げて撮ったのがコレ。
おぉ~どこかの武将隊のようです・・・
熊本城?加藤清正って言ってますよ・・・
熊本城にも武将隊があるのかな?

家に帰ってから調べてみました。
熊本城おもてなし武将隊が
ANAとジェットスターの
熊本*中部空港直行便の宣伝のようですね。
中部空港の宣伝かな?

それにしても、加藤清正って
名古屋の武将だと思っていたのに、
熊本ですか?
あ、名古屋、中村の出身だけど、
熊本のお殿様になったんでしたね。
(阿波踊りの)徳島のお殿様になった蜂須賀さんと同じですね。

そう言えば、おもてなし武将隊も
名古屋が最初ですね。
いまや、日本中あちこちにあるらしいですね。
ちっとも知らない私でしたが、
ここを通っているだけで、
もう仙台と熊本と2箇所の武将隊に(クリック)
会ってしまいましたね。
viva Kanayama!

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-30 22:59 | 外出 | Comments(0)

リバーシブルポリ江戸小紋

昨日のお出かけでこの時期のリバーシブル着物に味をしめたので、
今日もそれで行きます。
c0021551_19212047.jpg
今日は昨日の裏(クリック)
黄土色の角通し、江戸小紋です。
かなり分厚いので、お端折りのもたつくこと。
帯は昨日と同じ、ほとんどアンティークの本の帯
昨日と少し結び方を変えたので
もう少しゆったりとしたお太鼓になりました。
もう少し結びやすく仕立て替えられないかと考えますが、
きっと作業の割りに効果は薄いかも・・・という気になります。
結んでしまえば、それなりに落ち着いてしまうようです。
昨日は白い長襦袢で、気分が落ち着かなかったので
急遽、ツタの半襟をいつもの半襦袢に付け替え、
気分が落ち着きました。(一応モミジのうそつきということで)

帯留めにおたふくさん(箸置き)を付けましたが、
唐突でイマイチ、でしたね(^^;)
いえね、平安女史にあやかったつもりでしたけど。

気候的にぴったりでしたね。
昼直前出かける時は日射しが強かったので
黒のツバ帽子にシルクスヌード。
あとは、寒からず、暑からず。
と言っても講義の最後の方は部屋がやや暑くなってきて・・・
(だから眠くなってしまったけど、なんとか我慢)
皆さん暑いと言ってたし、大したことはなかったので
ま、大丈夫ということで。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-29 19:42 | 着物 | Comments(2)

源氏物語はサブカル?紫式部はアニヲタ?

今日は、貴重なお稽古のない水曜日。
このところ毎週水曜日に古川美術館で(クリック)
奥山景布子先生による平安文学講座というのがあったのですが、
お稽古があって行けなかったので、今日がいいチャンスというわけ。
で、お稽古のお仲間達と行くことになりました。
c0021551_18560959.jpg
今日のお話の副題は、
紫式部は地獄に堕ちた?~王朝に生きた女性と「信仰」
です。いったいどんなお話でしょうか、期待が高まります。

大学で永年平安文学を研究されて
歴史小説を書かれるようになった奥山氏のお話、
細かくも広くも、お話が広がっていくので面白いですね。

今回のお話のキモは、
源氏物語はサブカルである。
紫式部は今でいえば、私ぢつはアニヲタなの・・・

今でこそ源氏物語は立派な文学ですが、
当時は女性が仮名で物語(作り話)を書くというのは大変卑しいこと、
恥ずかしいこと、とバッシングに近い感じで受け止められた、らしい。
それが、後の世に、紫式部は地獄に堕ちたとか、
清少納言の晩年は惨めだったとか、
史実に反した辛いことを書かれる原因だったとか。

現代の日本でも女性の地位が・・・という話は盛んです。
世界には女性が教育を受けられない国がまだある、と言って、
日本はそれを非難できるのか?ぢつはちょっとマシ程度ではないのか?
それが平安時代から、似たような状態が続いていて、
それでも、多くの “女流" と言われる人たちが頑張ってきたんだと思うと
日本は進んでいるのか遅れているのか・・・
複雑な気分になります。

終わったあとは呈茶券もあったので
c0021551_19042687.jpg
別館の為三郎記念館に行って
お茶(お抹茶+生菓子)を頂き、
館内の展示とお庭をぐるっと回って来ました。
おまけ:今回、発見したのは
お庭にあるお茶室「知足庵」の近くに
雪隠発見。
ってなに?と不思議そうなOさん。
若い人知らないよね☆せっちん:ト・イ・レ♪~
小さな建物に石組みでいかにもトイレ風の構造
使われていたのかしらね?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-29 19:15 | 外出 | Comments(2)

初おろしリバーシブルしょうざん

昨夜から、ぐっと気温が下がってきました。
今日は良いお天気で陽が差すと暑いほどですが、
でも、ちょっと買い物に出かけた感じでは、
ずいぶん気温が低い感じです。
もちろん、冬と言うほどではありませんけどね・・・

というわけで、ひょっとしてこれはチャンス?
って、何の?
c0021551_18444060.jpg
さんざん悩んで決めたウールとポリのリバーシブル着物
今回の表がしょうざんの薄手ウール(クリック)
裏が黄土色のシルック江戸小紋角通し

出来上がってみたら、ずいぶん分厚くなっていたので、
ん・・・・・と思っていたものですが、
今日はコートを着るほど寒くなくて、
皆さん結構厚着なので
建物の中もまだそれほど暖房が効いていない。
つまり、この着物が一番合う季節かも☆
というわけです。

帯はかなり久しぶりに登場の
かなり古い(ほとんどアンティーク)名古屋帯(クリック)
本の柄なので、今回の作品展にいいかな、とか、思って・・・
で、帯留めにハロウィーンの飾りボタン製。(クリック)

案の定、ちょうどいい季候でした。
ハロウィーンの飾りが大受け♪~
で、行った先は(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-28 19:07 | 着物 | Comments(0)

K氏三人展

高校の同級生が家族の三人展をすると言うので
初日の今日、行ってきました。
(他の日は期間中ずっと行けないの・・・)
たまたま今日は仕事が入らなかったので、ゆっくりできます。
らっき~☆

c0021551_18085478.jpg
なんでも、お母様が編み物をされていて、
次第に進化し、この20年は手編みの帽子にはまり、
作品展だけでなく、教室もされているとか・・・
きっと私の母と同じ年代のはず・・・
スゴイです。

で、お妹さんが、20年ほど前から、
カリグラフィーを始められ、やはり現在教室をもたれるほどの腕前。

私の同級生は仕事のかたわら、趣味の写真をしていて、
前回は写真のサークルの作品展に出していましたし、
自分のブログにも発表していますが、
2人に付き合って、作品を発表しているだけだ、
と言うことですが・・・・

それでも、栄のギャラリー彩ですからね、
いい場所ですね☆

色々たまった雑用を片付けたあと
(久しぶりの晴れでお洗濯とかもね)
せっかくだから、着物に着替え、すっ飛んでいきました。
おぉ~、いいですね~!
カリグラフィーはゲイジツ的です。
へ~、字なんだぁ~、というほど、絵画のような作品も。
ステキなお部屋に飾りたいようなすっきり都会的な作品ばかりです。

で、帽子は・・・・
c0021551_18171950.jpg
いや~ん、どれも、まるで私のために編んでくださったかのような
しゃれた帽子ばかり。
お母様先生の前で
ほとんど全部の作品を試着させていただいちゃいました。
皆さんにも、へ~、着物に帽子って合うんだぁ・・・・って。
案の定、会場も同窓会状態になって
(毎度のことですが)
すっかり話し込んじゃって暗くなり、
あらら、と大慌てで帰ってきました。

あ、同期会で出した胡蝶蘭もちゃんとチェックしてきましたよ☆

え?同級生の写真は?
あぁ、いつもブログで見せてもらってるから、いいの。
素人写真だから・・・
でもね、そう言いつつもぢつは素人離れしてるな、
都会的なセンスが、あと一歩でプロみたい、
と、かねがね思ってたのですが、
やっぱりゲイジツ一家のお人だったんですね。
仕事の片手間で趣味の域を出なかったからだけで、
もし本気になっていたら、
あちこちの広告写真が実は・・・・
あの雑誌にもこの雑誌にも・・・だったかも。
(はい、ちょっとおべんちゃら書いてますね♪~)

そんな慌てて着ていった着物は(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-28 18:34 | 外出 | Comments(0)

サザンカ始動

晴れ間の時間を見つけては・・・・バッサリ、伐採仕事・・・
今回(日曜日の話ですが)切ったのはビワの背高枝、南天の無駄葉、桃の徒長枝
その合間に見つけたのは・・・・
c0021551_18195143.jpg
左:ツバキ西王母
中:ツワブキ
右:ピンクのサザンカ

先週だったか、どなたかのブログでツワブキが咲き始めた、
と書いてあったのに驚き、え、もうそんな季節?
と、慌てて庭に行き、やっぱね、咲いてないよね、
なんて思いながらも蕾を見つけ、
この日見れば・・・あら、咲いてるじゃん(^^;)

西王母は早咲の椿なので、
いよいよ椿の季節と思っても、
さすがに他のツバキはまだまだですが、
この調子でいけば、サザンカはボチボチ咲き始めるかも。

例年の記録を見ると、
西王母は10月に咲き始めていますが、
ツワブキ、サザンカ、ビワは
11月に入って、モミジやユズ、姫リンゴが色づく頃咲くようです。
と言ってもツワブキは物陰に植わっているので、
見つけていないだけかもですけどね。

街ではハナミズキが紅葉しはじめ、
すいどう道のソメイヨシノも高い枝が紅葉始めています。
あ~、うかうかしていると、どんどん本格的に秋が深まっちゃいます。
頭が付いていかない?
頑張れ自分。
人工的なイベントばかり気にしていないで、
時には自然を見に行った方が良かないか?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-27 18:53 | 園芸 | Comments(2)

七五三

今日の天気予報は晴れ。
大安の日曜日。
マゴ君は元気。
三条件揃っている今日がチャ~ンス!

で、何の?
c0021551_22480276.jpg
七五三@熱田神宮

しか~し・・・

朝になったら天気予報がなぜか、午前中雨の確率が上昇 (>_<)
ありゃりゃ
晴れていたら着るつもりだったのは、
柏の葉が墨で書かれている小紋と黒紋付き羽織(クリック )
柏の葉に子孫繁栄の意味を込めているためですが・・・・
雨は困ります。

と言うわけで、今日の着物は
c0021551_22534857.jpg
急遽ポリに変更
先日着たグレーの万筋ポリ江戸小紋
羽織は松竹梅の小さな柄が飛んでいますが、
遠目には、黒羽織りに見えるので、
c0021551_23093248.jpg
せっかくなので、このような時のために見つけておいた貼り付け紋
先日の尾張職人展でゲットしたばかりの貼り付け紋があります。(クリック)
他の羽織では衿の所から6cmに紋があるので、
測って、そこに貼り付けました。
こうして写真に織ってみると、結構目立ちますね。
一挙に正式感が出たので、よかったとしましょう。

帯は唐船ドーイ帯(クリック)
もちろん人生の門出、って意味も盛り込んでいます。

で、雨は?
はい降りました。
写真を撮った所でぱらりと。
慌てて持ってきた傘を差しましたが、
すぐ止んでしまいました。
はい、備えあれば憂い無し、を実行できましたね。

さて、世の中の人も皆同じことを考えたようで、
今日の熱田さんは、大変な賑わいでした。
結婚式も何組か写真を撮っていましたし、
七五三の男の子も女の子もかわいい着物姿
そのお母さん方の豪華な着物、お宮参りの祝い着。
今日の名古屋は熱田さんも街中も
着物率が大変に高かったです。

実はこの後NPOの長唄教室があったので
夫と2人栄で降りて牡蠣フライを食べて、
そのあと私は津賀田のコミセンへ、夫は帰宅。
なかなか充実の一日でした。

おつかれさま~☆

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-26 23:44 | 着物 | Comments(4)

お誕生会

今日は、マゴ君達みんな元気でお誕生会をすることにしました。
と言っても、もうマゴ君②は先日(クリック)
バースデーケーキのろうそくを吹き消しちゃったんですが・・・・
ぢつは10月はマゴ君②を含め3人お誕生日の人がいます。
(お嫁ちゃん①、大ばあちゃん)
だからやっぱり、マゴ君もう一回代表でろうそくプ~ってやってね。
c0021551_20191336.jpg
マゴ君②はろうそくが上手に吹き消せるので、得意顔
ろうそくに火を付けた途端にぷ~って。
写真撮る暇がないよ・・・・
c0021551_20383636.jpg
ぢつは昨日何を作るのか考えるので頭がいっぱいで
ケーキの予約を忘れていたのに気づいたのが・・・・

それにしても我が家の周りにはケーキ屋さんがたくさんあること☆

一番有名なのが、多分、フォルテシモアッシュ・・・
でも、大人にはすごく美味しいけど、小さな子供にはちょっとね・・・
fikaはまだリベンジが果たせてないけど・・・(クリック)
予約無しでは絶対無理(たぶん)

んじゃ、前回、比較的快く作っていただいたお店にまた行ってみる?
フォルテシモアッシュは11時開店。
ダメなら、そこへ行くと言うつもりで
10時30分ころ出発。
めざすお店は10時30分開店で、もうドアが開いていました。
お店の前には以前と同じようにケーキの写真の立て看板。
中に入ると丸いホールケーキは置いてませんでしたが、
女性の店員さんに聞くと
まぁ、嬉しいことに40分~1時間で作ってくださるという。

見本帳を見てフルーツの載った(ショートケーキと言うらしい)のに
ハッピーバースデーと書いてくださるって♪~
11時30分なら充分間に合いますよね。
なにか記憶と雰囲気がちょっと違うんですが、
とても美味しいケーキ。
フルーツも全部美味しかったし、
中の生クリームにはとても馴染みのいい柔らかいリンゴが混ぜてあったし。
目指したとおり、大人子供もどちらも美味しく頂けるケーキでしたね。

前と同じお店のつもりで行ったお店は
実は違うお店になっていたんですね。
どうやら、対応してくださった方がオーナーの
女性パティシエ(パテシエール)さんらしい・・・

食べログによると前のninoは半田に行ったんですか?
で、昨年、居抜きでこのスパイスさんにかわったんですか?
ぢつはこの辺りスイーツ激戦区だったりするので
頑張って欲しいですね。
あ、お店の外観はお店の名前以外はほとんど同じです(上のクリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-25 21:29 | ベビー | Comments(2)

ばっさり、歳時記

今年はアシナガバチが少なく、
かわりにコガタスズメバチ(かな?)が盛んに飛び回っていたので
あまり庭に行きたくなかったのですが、
やっと姿を見かけなくなったので
ゴミを埋めるついでに木の枝を少しばっさり・・・
奥の藪で、ムクゲ、藤ヅル、長く伸びたモッコウバラの枝、
壁に張り付いた種々のツタ類、
ついでに紫モクレンを根元から切ってしまった。

やっと顔を出した椿やサザンカのつぼみを避けながら枝をバチバチ。
さらに奥に進み白花ズオウもギコギコ切ろうとすると、
猫がはーっと威嚇する声を聞いた。
奥を覗くとぽっかり空いた空間に
いつもの鼻白ねこがおやまぁ、チビちゃん2匹と隠れているではありませんか。
カメラを持って無くて残念。ケイタイのカメラではちょっと撮るのは無理そう。
夫が聞いた仔猫の声って君達だったのね。
ま、元気にやっとくれ。花ズオウの木を切るのは当分止めるから。

代わりにずっと手前の姫リンゴとサクランボの枝を剪定して、
ビワの無駄枝を払おうとすれば・・・
c0021551_18282899.jpg
ビワの花が咲いていますね。
藪のなかもミズヒキソウが咲き誇っていましたが、
藪の外の小さいのをパチリ
c0021551_18294621.jpg
ミズヒキソウにピントを合わせるのはケイタイのカメラでは無理

それにしても、あまりにひどい庭の様子。
2階から眺めている分にはきれいなんですけどね、
実際に降りてみると、荒れ果てています。

時間を見つけて、ばっさりバッサリやりたいです。
一番の大物
育ち過ぎたしだれ桜もなんとかしたいです。
花を待つか、花の前に大々的に枝を切るか・・・・
悩む所です。
え、なぜって花が咲いてしまうと枝ぶりがわからなくなるからです・・・
それとも、冬の間に切る枝に印をつけておく?
ついでに長い梯子も探しておかねば・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-24 18:32 | 園芸 | Comments(2)